2015.05.13 (Wed)

刑務所から持ち出した夫の精子を使って妊娠する女たち―ガザ

150513b1.jpg

国際在線IBTimes
ハナ・アル・ザーニンは、投獄された夫、ティマーとは2006年を最後に会っていません。けれども彼女は昨年、ティマーの子供を産みました。2年前に刑務所からこっそり持ち出したティマーの精子を使って妊娠したのです。

二人の息子ハッサンは、2014年1月に生まれました。ガザで初の「プリズンベイビー」は、イスラエルによる50日間の砲撃で崩壊した街、バイト・アヌーンで育てられています。
ティマーは殺人未遂幇助およびイスラミック・ジハードのメンバーだったことでイスラエルの法廷で有罪判決を受け、12年の懲役を言いわたされました。イスラエルはティマーが逮捕された時点で妻のハナの面会を禁じています。


150513b2.jpg

詳細は明かされていませんが、ティマーの精子は同じく投獄されているハナの弟の幼い息子が着ていたジャケットに包まれて持ち出されたといいます。イスラエルの検問をすり抜けたティマーの精子は6時間かけてガザのラボに運び込まれ、人工受精を経て胚をハナの子宮に着床させました。

ハッサンはガザで生まれた初のプリズンベイビーですが、イスラエルの刑務所から同じ手口で持ち出された精子ですでに6人の女性が妊娠に至ったといわれています。

「1967年から、75万人のパレスチナ人がイスラエルに捕まり、長期にわたって服役している」。人工受精を介助したラザンメディカルセンターの医師、セーラム・アブ・カイザランは言います。「家族の苦しみを解放してやるのが我々の仕事だ」。
一方でイスラエルの刑務所の広報担当者は「セキュリティと訪問者に対する規則を乗り越えてこうしたことが起こるとは考えにくい」と述べています。

150513b3.jpg
150513b4.jpg
150513b5.jpg

Tags : Weird_News |

Weird News | (6) comment  EDIT

Comment

1ゲト
裸族のひと | 170267 | 2015年05月14日 00:17 | URL 【編集する】

1・・・^_^
裸族のひと | 170268 | 2015年05月14日 00:29 | URL 【編集する】

途中で他人の精子に入れ替わってそう
裸族のひと | 170272 | 2015年05月14日 03:01 | URL 【編集する】

子供に罪はありません。
すくすくと成長することを祈るばかりです。
Mr.金欠 | 170284 | 2015年05月14日 10:10 | URL 【編集する】

刑務所に入っているからといってこの場合イスラエルとガザ地区の人の問題なので、この収監者が道徳的な罪人かどうか・・・。
地球外のヒト | 170302 | 2015年05月14日 22:50 | URL 【編集する】

ウナギの精子と犬の卵子で、ウナギいぬ。

ブ | 170320 | 2015年05月15日 22:03 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |