2015.04.20 (Mon)

将来の蘇生を願って2歳の幼児を冷凍保存―タイ

150420c1.jpg

Mirror
昨年4月、バンコクの病院で脳室上衣芽細胞腫(脳室の壁を作る上衣細胞が腫瘍化したまれな腫瘍)と診断され、昏睡に陥った2歳の幼児、マテリン・ノアバラトポンの脳と身体が、米アリゾナ州で「冷凍保存」されることになりました。
医療が発達した将来、娘が再び生をうけることを両親が願った故の処置でした。ちなみに極低温で保存される人間としては世界最年少となります。


診断の結果、脳の左側に11センチの腫瘍が見つかったノアバラトポンに対して病院側は、12回にも及ぶ手術、化学療法および放射線療法を続けてきましたが、病状は回復せず、ノアバラトポンは脳の左側の80%を失い、今年1月に両親は娘の生命維持装置を切ることへの承諾を迫られました。しかし諦められなかった両親は娘の蘇生を信じ、米アリゾナ州にあるアルコー延命財団アルコー(Alcor Life Extension Foundation)にコンタクトをとり、娘の脳と身体を極低温で保存することに決めました。

アルコー延命財団のスタッフはバンコクに飛び、ノアバラトポンの体をアリゾナに空輸、摘出した脳と身体とを切り離さずに液体窒素でマイナス196℃に保ったステンレス製の真空容器のなかに保管しました。
ただ、アルコー延命財団は、2002年、打撃の神様と呼ばれたテッド・ウィリアムズの親族との一連の騒動で有名になった経緯もある団体。会員権だけで年間770ドル、2010年時点で80の頭部を冷凍保存していますが、全身冷凍保存にはおよそ3500万円もの金額を要求します。

ノアバラトポンの母親はこう述べています。
私たちは少なくとも科学の発展のために娘の生命と身体を捧げたの。そしていまは別々のところにいるけど、この世に娘がまだ生きてるってこと。それが慰みになってるわ」。


冷凍された女性の頭をめぐって、娘家族と人体冷凍保存団体が争議―コロラド州
冷凍保存遺体が解け出して火葬

Tags : Medical |

Medical | (28) comment  EDIT

Comment

どうなんだろうね?冷凍保存。
設備入れ替えで容器から取り出した写真を見たことあるけれど、
鼻が根元から欠けてたっけ。作業員がぶつけたんだね。
冷凍だから割れちゃうんだね。
新台入替出血サービス!
吊 | 169760 | 2015年04月20日 21:11 | URL 【編集する】

原則は遺族の自己満足なんだろうが、こんな可愛くて小さい子供を失うことを考えたら。やっぱりやれるならやろうという気になるかもしれない。
そしてどのような可能性であれ、ゼロではないのかこういったビジネスのミソだ。

この手のサービスは頭部だけというのもあるらしい。ボディは将来サイボーグ見込みでやるんだそうな。
それも可能せはゼロではない。ほとんどゼロでも。
地球外のヒト | 169761 | 2015年04月20日 21:35 | URL 【編集する】

問題は、治療が確立された時に解凍されても、人権や戸籍などの問題だろうなぁ。
それまでに会社が持つかの問題もあるし。可能性をかけるのは悪くないけどね。
倫理部分をちゃんと解消しないとね。
裸族のひと | 169764 | 2015年04月20日 21:57 | URL 【編集する】

ただね、こういうのは技術的問題と倫理的問題との二面があるんだよね。
私は冷凍保存には反対かな。豚肉じゃあるまいし。
その時代に生きたなら、その時代なりに死を迎えればいいと思うがね。
吊 | 169765 | 2015年04月20日 22:00 | URL 【編集する】

う~んどうなんだろうなぁ…これってもう死んだ状態だよなぁ。もし解凍できてもしんでそう
裸族のひと | 169767 | 2015年04月20日 22:32 | URL 【編集する】

冷凍からの蘇生は可能だ!
ただし冷凍時に○○の処置さえやっておけば

あ、ソレやってないの?
じゃあダメじゃん

ってSFあった
裸族のひと | 169768 | 2015年04月20日 22:39 | URL 【編集する】

自分の子供だったら
親ならば
なんでもしてあげたいと願うだろう。
今、出来うる事をしてあげたいと思うだろう。
それが良いか悪いかではなく


び | 169769 | 2015年04月20日 22:43 | URL 【編集する】

どんなに医学が進歩しようと、左脳の80%、ほぼ脳の半分を失っていたら、どうする事も出来ないと思うのだが?
裸族のひと | 169770 | 2015年04月20日 22:47 | URL 【編集する】

ほぼ親の自己満。

喪失感を抱いて生きたくない、「これだけのことをしてあげた」といういいわけを作れば楽。
仁 | 169772 | 2015年04月20日 23:02 | URL 【編集する】

たしかに子どもを失うよりも、
生きているとも死んでいるともいえない状態の方が幸せかもな。
名無しの壺さん | 169774 | 2015年04月20日 23:32 | URL 【編集する】

冷凍焼けして黒くパッさパサだよー
イルボン速報@名無しさん | 169777 | 2015年04月20日 23:50 | URL 【編集する】

人間ほどの大きさのモノを液体窒素で急速冷凍させると、
内部と外部の温度差でボロボロになる。
ゆっくり凍らせると当然氷の結晶が出来てしまい、
細胞にダメージがある。
今の技術じゃなんともならんね。
裸族のひと | 169778 | 2015年04月20日 23:59 | URL 【編集する】

アルコーといえば猫缶
ニューロカン | 169783 | 2015年04月21日 00:43 | URL 【編集する】

コメントが理論的というか?
机上の空論というか。

自分の子供だったら、どう考える?
ラム酒ひっかけて | 169787 | 2015年04月21日 02:51 | URL 【編集する】

自分の子供もつくったこともない?
ラム酒ひっかけて | 169788 | 2015年04月21日 02:55 | URL 【編集する】

情けない
ラム酒ひっかけて | 169789 | 2015年04月21日 02:58 | URL 【編集する】

将来生き返ったとしても、孤児状態

親の気持ち的には何とかして生きて欲しい・・だが、子にしてみれば生きていけるようになった時
親がいないというのは・・・
そもそも親が収入無くなった時、その後の保存費はどうする
何年間蓄え?
裸族のひと | 169791 | 2015年04月21日 06:18 | URL 【編集する】

「どうか生き返って欲しい」
それは彼らの切望。

我々は時が経てば
それを理解しながらも無かったことにしてしまう。

どうして技術が熟するまで待てなかったのか、
なぜ棺を開き彼を展示物にしてしまったのか、

彼女がその日まで眠りつづけられますように。
裸族のひと | 169796 | 2015年04月21日 08:47 | URL 【編集する】

確かに身内が死んだって伝えられるよりずっと知らされず過ごしていく方が快適な気がする
裸族のひと | 169799 | 2015年04月21日 10:37 | URL 【編集する】

とても可愛らしいお嬢さんですね。子どもの死は本当に痛ましいものです。
ご両親はわかっているんじゃないでしょうか?2度と目を覚ます事がないと。
我が子の病気も死も受け入れられず、平常ではない精神状態で、財産があった。
我が子を亡くした親の悲しみは壮絶だと思います。
カオリン | 169801 | 2015年04月21日 12:50 | URL 【編集する】

>自分の子供もつくったこともない?

子供はいるが、失ったことはない。
あなたは失ったことがあるのかい?
裸族のひと | 169803 | 2015年04月21日 13:31 | URL 【編集する】

何かをやってあげられた、という感覚はエンバーミングなんかで得られる
ケアに似ているかもしれない。
でも、いつか生き返るということ前提だからご両親はいつまでもお子さんに縛られたままなんじゃないかな。
それで本人たちが良いなら何も言わないけれど…。
裸族のひと | 169804 | 2015年04月21日 15:34 | URL 【編集する】

こうして彼女の2年の一生は終わったv-12
裸族のひと | 169806 | 2015年04月21日 16:50 | URL 【編集する】

叶うといいな、なるべく近いうちに
裸族のひと | 169809 | 2015年04月21日 21:23 | URL 【編集する】

>あなたは失ったことがあるのかい?

失ってはいないが暫く会ってない。

とても会いたい。
ラム酒ひっかけて | 169812 | 2015年04月21日 22:39 | URL 【編集する】

アメリカかどっかでこの手の企業(そこは脳だったかな)が倒産して冷凍庫の電源が切られるってニュースがあったな
裸族のひと | 169813 | 2015年04月21日 22:54 | URL 【編集する】

仮に冷凍保存からの蘇生が可能になったとして記憶も保存されて復活するんだろうかね?
記憶は消えてしまうような気がしているんだけど。。。
裸族のひと | 169838 | 2015年04月22日 13:20 | URL 【編集する】

心中はお察しするが、やってはいけないことを決断されたように思う
裸族のひと | 169924 | 2015年04月27日 16:23 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |