2015.03.25 (Wed)

息子と警官に支えられて10キロマラソンを涙のゴール―米

150325a1.jpg

NY Daily News
21日、米ケンタッキー州ルイビルで行われた10キロマラソン。参加者が次々とゴールするなかでエイジア・フォードははるか後方にいました。ようやく前に進んでいるといった彼女の姿を見て医療班が声をかけます。「止まってない。私はまだ止まってないわよ」彼女はそう答えました。

一時は215キロに達した体重。しかし元夫が糖尿病の合併症で足を失った時、彼女は自分が同じ目に遭わないように、3人の子供たちを守るために自堕落な生活を立て直さなければならないことに気づいたといいます。
2年間、必死の思いで98キロものダイエットに成功、そしてこのマラソンに挑戦しました。


150325a2.jpg

何か月ものトレーニングをこなしたフォードでしたが、8キロを過ぎたあたりで呼吸が苦しくなりました。過去に患った肺炎がまだ完全には治まっていなかったのです。
立ち止まりそうになる彼女を見て支えに入ったのは息子のテランスでした。そしてそこに加わったのはルイビル署のグレゴリー大尉です。2人に支えられた彼女は残りの2キロを歩き通しました。

写真をフェイスブックにアップしたのは市長です。「この市には思いやりがある」彼はそうコメントしました。

150325a3.jpg

Tags : Weird_News |

Weird News | (12) comment  EDIT

Comment

素敵な記事ですね!
裸族のひと | 168671 | 2015年03月25日 03:35 | URL 【編集する】

太ってるけど結構美人さんですね
裸族のひと | 168674 | 2015年03月25日 08:39 | URL 【編集する】

飯食えなくて餓死している人側から見ると噴飯ものだな。
裸族のひと | 168676 | 2015年03月25日 09:18 | URL 【編集する】

貧困層ほど肥満化する、という図式は最近の日本にもあてはまりつつある。
セブンイレブンのCMをみてたらなんか気分が悪くなる。
ようやく日本人もマックの正体に気づいてきたと思うんだけど。
裸族のひと | 168688 | 2015年03月25日 11:37 | URL 【編集する】

デブがダイエットしたり社会復帰したりしたら、何かといい話として取り上げられるよな。
家族や周りに迷惑をかけまくって食べまくって寝まくったただのバカだろ!!

迷惑をかけるだけの動けない役立たずデブは、マジで死んで欲しい
イルボン速報@名無しさん | 168695 | 2015年03月25日 14:12 | URL 【編集する】

まず、誰の手も借りずに一人で走れるようになってから挑戦しろ
裸族のひと | 168703 | 2015年03月25日 14:59 | URL 【編集する】

みんな厳しな。
一度堕ちたら、這い上がるのは大変なんだよ。
この人は偉いと思うけどなぁ。
裸族のひと | 168712 | 2015年03月25日 18:49 | URL 【編集する】

えー話なんですが。こりゃ先は長い。ワタシも他人のことは言えないのですが。

ところで日本のスポーツ用品店って、ほんっとにデブ向けのサイズがない。デブは運動するなと言っているように見える。

すっげー頭にくる。
地球外のヒト | 168715 | 2015年03月25日 19:40 | URL 【編集する】

芸能人の金にモノを言わせたダイエットと違いこの人のはまず自分のだらしなさを認めないとできない事。
それって結構勇気がいる、見た目の醜さにも目を向けなきゃならないし。
素晴らしいと思う。
こうやって取り上げられたことに満足して舞い上がって天狗になってリバウンドしなければいいけど・・・。
仁 | 168731 | 2015年03月26日 05:11 | URL 【編集する】

いいんじゃない? 頑張ることは。
気づきと反省と行動は大事だよ。
スーパーでかご一杯に食材と飲み物を買っている太った人には、
殺意すら起こるよ。
吊 | 168829 | 2015年03月27日 18:09 | URL 【編集する】

魂が揺さぶられた
裸族のひと | 169116 | 2015年03月29日 17:32 | URL 【編集する】

元夫は他山の石かい
裸族のひと | 169247 | 2015年03月31日 18:41 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |