--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2014.01.22 (Wed)

動物と子供たちの優しい時間―Elena Shumilova (14p)

140122a0.jpg

Daily Mail, 500px.com

5歳のヤロスラフと2歳のワーニャという2人の息子が、小さな動物たちとふれあう優しい時間を撮り続けるのは、エレーナ・シュミロワ(Elena Shumilova)。ロシアのトヴェリ州西部、アンドリアポリ(Andreapol)に住むフォトグラファーです。

美しい構図は、学校を卒業してから絵の勉強をしたことによるものだそう。そして子供たちと動物は彼女の人生そのものです。多くの時間を農場で過ごすという彼女は、四季の光と影を直感でとらえます。


140122a1.jpg
140122a2.jpg
140122a3.jpg
140122a4.jpg
140122a5.jpg
140122a6.jpg
140122a7.jpg
140122a8.jpg
140122a9.jpg
140122a10.jpg
140122a11.jpg
140122a12.jpg
140122a13.jpg

Pics | (26) comment  EDIT

Comment

あ゛~、なごみました。
裸族のひと | 162437 | 2014年01月22日 13:45 | URL 【編集する】

子供たちや動物たちを取り巻く自然の美しさ・・・
光と影・・優しい時間に包まれているようですね。

あぁ・・やっとコメント出来ました。
カオリン | 162440 | 2014年01月22日 14:08 | URL 【編集する】

良い写真だ
久しぶりに素直にそう思えた ありがとう
名無しさん@ニュース2ちゃん | 162442 | 2014年01月22日 14:29 | URL 【編集する】

チキータさんのギャップがサディスティックだねw
裸族のひと | 162443 | 2014年01月22日 14:31 | URL 【編集する】

超望遠のレンズを買うかと、一瞬クラっときました。
歓喜天 | 162453 | 2014年01月22日 19:54 | URL 【編集する】

涙が出そうなくらいふつくしい・・・
裸族のひと | 162454 | 2014年01月22日 19:57 | URL 【編集する】

10年後が楽しみな写真。
裸族のひと | 162456 | 2014年01月22日 21:18 | URL 【編集する】

言葉にできないくらいに優しく
また、命の大切さを静かに訴えるような
本当にすばらしい絵画のような写真ですね。
チキータさん、ありがとうございました。
裸族のひと | 162457 | 2014年01月22日 23:11 | URL 【編集する】

きれい
裸族のひと | 162460 | 2014年01月23日 00:32 | URL 【編集する】

カレンダーみたい

いい意味で

ジグソーパズルでもいいね

もちろん、いい意味で
山田@8888でこっぱち | 162471 | 2014年01月23日 09:51 | URL 【編集する】

なんか、このサイトの記事で一番良かったです。
ちなみにこのサイト歴は2年くらいかな??
裸族のひと | 162473 | 2014年01月23日 10:04 | URL 【編集する】

すばらしい写真をありがとうございます。
豊かな時間ですね。
犬と少年の後ろ姿が一番好きだな。
こんな風に暮らしたいと願いながら、実行力のない私。
白パンダ | 162474 | 2014年01月23日 10:12 | URL 【編集する】

構図の勉強したからって、良くもまぁ~
動物とガキンチョ相手にこんなすんばらしい写真を狙って取れるもんだねぁ~。
裸族のひと | 162484 | 2014年01月23日 13:11 | URL 【編集する】

涙が溢れてしまいそうで一枚一枚じっくり見られない…
裸族のひと | 162502 | 2014年01月23日 17:07 | URL 【編集する】

動物と触れ合って成長していく少年の未来が楽しみだ。
そして素直に羨ましいと思う。
裸族のひと | 162520 | 2014年01月23日 21:32 | URL 【編集する】

初めてコメント書きます。

良い写真だ。

嘘偽りの無い動物と子供の写真を見ると己が健気だった頃の記憶が垣間見える。

世界の子供たちがこういう状況であれば多少とも平和な世界に向えるのに・・
裸族のひと | 162529 | 2014年01月23日 23:00 | URL 【編集する】

やっぱり、この手の写真は”被写界深度”命だね。
吊 | 162532 | 2014年01月23日 23:14 | URL 【編集する】

と、写真の撮り方を知らない人が言っています
裸族のひと | 162547 | 2014年01月24日 04:28 | URL 【編集する】

吊さん
それは違うと思います。
写真のテーマと
被写体(こどもと動物)の関係性
が素晴らしいんだと思います。

裸族のひと | 162556 | 2014年01月24日 12:40 | URL 【編集する】

友人か逝って、、、最後の写真は、涙が出ます
裸族のひと | 162567 | 2014年01月24日 21:19 | URL 【編集する】

James Taylor

James Taylorの「僕の友達(You've got a friend)」って歌が、バックに似合いそぅな画像ですね。

先日、Youは何しに日本へ?の放送で、散歩中のインタビューで大型犬に引き摺られていたおばさんw
もしも大型犬が、極限の飢餓に襲われた時、このおばさん家族を喰っちまぅだろうな~と、そう思いました。
FOE | 162579 | 2014年01月25日 01:08 | URL 【編集する】

被写体も撮り方も魅力的ではあるけど、安定しすぎてあんまり印象にのこらないなぁ。
裸族のひと | 162621 | 2014年01月26日 18:38 | URL 【編集する】

最近被写界深度って言葉をおぼえて使いたくて仕方がないんだろうなぁw
裸族のひと | 162973 | 2014年02月04日 23:42 | URL 【編集する】

少年格好いいなあ
大人になった時、部屋に飾るだろうね
裸族のひと | 163106 | 2014年02月10日 18:24 | URL 【編集する】

作品としてはいい雰囲気だけど、
写真としては合成が多くてちょっと残念。
いじるにしても、もう少しシンプルでよかったかも・・・。

イメージフォトとしては、アリだと思います。
ねね | 163220 | 2014年03月02日 22:07 | URL 【編集する】

被写体付近だけピントがあってるのは
望遠レンズを使っているからで
バックのぼけ具合は広角レンズではでない。

被写界深度のことを言ってるのは
画像の美しさとしてそういうことを言ってるのであって
写真のテーマと被写界深度という言葉は関係ない。


裸族のひと | 163446 | 2014年04月26日 01:55 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。