--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2013.09.10 (Tue)

「第6回 初めてのボディペインティング」まとめ

第6回 初めてのボディペインティング


さて、申し訳ありません。私事ですが身内に不幸があった(甥が亡くなったの(TT))こともあり、大変遅くなってしまいましたが、「第6回 初めてのボディペインティング」をまとめさせていただきます。まとめに入る前に、締め切り直前に応募されたお二方の作品をご紹介しましょう。

----

130901a0.jpg

まずはハンドルネーム「山葵」さんの作品。仕事の空き時間にマジックで描いたものとのことですが、描かれた文様はトライバルをイメージしながらも、それをはるかに超えた精緻な作品に仕上がっています。マジックあるいはサインペンでここまで描けることに脱帽です。

130901a1.jpg

今回、最後の作品は、これまでの「初めてのボディペインティング」で、圧倒的なパフォーマンスを示していただきました、凜さんの作品。ずっとお待ちしておりました。
今回の作品は、お子さんが大きくなられ、それに伴い新たにお仕事を始られ、そんな合間でのご投稿だったようです。非掲載希望とのことでしたが、やっぱこの大会、凜さんなしでは締められません。お許しください。また来年は今回の分までガンバって投稿されるとのことですので、楽しみに待ちたいと思います。


今回もたくさんのご応募ありがとうございました。参加された皆様のチャレンジ精神に深く敬意を表します。
昨年にひき続き応募作品が2桁に届かなかったのは少々残念でしたが、回を重ねるに従って素晴らしい作品が増えてきて、記事として載せる前にしばらく見とれてしまうこともしばしばでした。ありがとうございます。本当にお疲れさまでした。

さて、それでは今年のまとめに入らせていただきます。例年のごとく順位は付けず、シンクロ風にまとめてみたいと思います。そう、シンクロ風…、思い起こせば第1回開催は北京オリンピックの年でした。それから5年、環境がぐるりと変わってしまったことを考えますと、7年先はいったいどうなっているのでしょうと。

でも、ひとつの区切りが示され、おそらく多くの方が一昨日は、自分は何歳になるか、そのとき身の回りを含め、周囲の環境はどんなふうに変わっているのだろうと自問したことに大きな意味があるのだと思うのです。
目標を設定すればそこから逆算もできる。毎年毎年新たな目標をたてて暮れにひとり反省会をしていたのが、再来年の飛躍のためには来年1年を雌伏の年とする考え方もでてきます。

今回、オリンピックのホスト国として世界から認められ、7年後には遠来より多くの外国人が訪れ、なかには日本の自然遺産に足を伸ばされる方々もいらっしゃることでしょう。さすれば、普段よりちょっとだけジェスチャー多めに「May I help you?」、たったこれだけで、印象はがらりと変わる筈です。なんか最近、犬の散歩がてら、外国人に道案内ばかりしているわたしが言うのですから本当です(^^;。

さて長々とおしゃべりが過ぎました。申し訳ございません。それではまとめに入らせていただきます。


130910b1.jpg
「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.1
「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.5

まずはアーティスティック・ インプレッションはこちらのお二方。

左の画像は、コメント欄の常連、極楽パンダさんの作品です。彼女の素晴らしさは作品それぞれにモチーフ、思想があるということ。そして雑誌の編集をされていたこともあり、そのモチーフをどう表現すれば相手に間違いなく伝わるかということを考えていらっしゃるように思います。

右はトライバルを意識された、ハンドルネーム「山葵」さんの作品。
皮膚に一過性の下地をシュッとスプレーする、そしてその上にペインティングできるといった薬液でも開発されれば、日本人にとってもトライバルの図案はもっと身近なものになるかもしれません。
そういえば学生時代、うちのアパートの部屋に5,6人集まっていて、泥酔して眠ってしまった友人の顔にマジックでウルトラマンの三面怪獣ダダに似せたペイントを施したことがありました。
起きても気づかないように鏡を全部隠してね(^^; 夜、池袋のライブハウスでうちのバンドのギグがあり、社会人だったので勤務先から駆けつけた友人の顔にはまだうっすらと目の周り、ぐるぐるの文様。ええっ、もしかしてあの顔で電車に乗ったの?新宿のコンコースを歩いたの?って大爆笑。
「おまえらなあ、会社に着いて、たわしで顔こすったんだぜえ」。はい、思いっきり奢らされました(^^;


130910b2.jpg
「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.2
「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.3

ラブリー・インプレッションはこちらの4名の方々です。

まずは上段左、第4回、第5回、そして今回第6回と参加いただいたTackongさん。飼っていらっしゃるヤモリ&トカゲ愛に満ちあふれた作品は、いつも癒やされます。きっと愛らしいトカゲを腕に乗せ、まんまるの瞳と視線があい、お互いを認識する瞬間がたまらないことでしょうね。わたしは犬を飼っていますが、飼い犬の思考の流れには推察するのが好きでしてね、おそらく作品を拝見する限り、Tackongさんもこうしたらどんな表情をするのかな、こうやってみたらどんな反応を示すのかな、なんて毎日新たな発見があることでしょうね。

右はハンドルネーム「kikizombie」さんの作品です。
つぶらな牛の瞳がすべてを物語っているように思います。きっとkikizombieさんは実生活では、優しくおおらかな方なのでしょう。ニップルピアスは他の部位とちがって乳腺を傷つけるために手入れが大変だと思いますが、その点だけご留意くださいね。お美しい乳房。どうぞ来年はkikizombieさんの生まれもっての財産を存分に使ったアーティステックな作品に挑戦してみてくださいね。


130910b3.jpg
「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.4
「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.6

左は、ハンドルネーム「暗黒少女」さんの作品です。
愛らしい作品にほっこりと癒やされました。
これだけの画力をお持ちでしたら、描きにくい腕よりも太ももの方がよかったかもしれません。あとはやっぱり色が欲しいかなと。色を載せれば光源を意識しなければならず、その光源をどこに設けるかだけで物語性が広がります。物語性が広がり、見る者の感情移入を引き出せれば、もうこっちのものです(*^^*)。

右は「初めてのボディペインティング」女王の凜さん。
凜さんといえば、mixiの「Stairway to HEAVEN」の管理人であり、またHEAVENのエポックを画した記事「貧乏人にはあまりに高い医療費―火傷の跡が潰爛し、脳液が流出している少年」をフォローし、日中友好協会に掛け合って、林永くんのその後を報じていただきました。
そうした彼女の行動力は半端なく、今では声優への道をひた走っていらっしゃるとのこと。その行動力には驚くばかりで、もしかして彼女の行動力は興味をもてば、政界への進出もありかもしれません(^^;。




はーい。ということで「第6回 初めてのボディペインティング」を終了させていただきまーす。
参加された方々、そしてあたたかいコメントをお送りいただいた方々、そして閲覧された方々、すべての方に感謝します。それでは来年の8月、ふたたび熱い作品に出会えることを願って。このイベントを楽しみにまた一年、長いなあ…。

Tags : Bodypainting |

cool | (8) comment  EDIT

Comment

先ずは甥御さんの御冥福をお祈りします。



でと。
山葵さんの作品、ほんとシンプルなアートって感じですよね。
皮膚の上にこれほど細かく書かれるのは集中力が半端じゃないと思いますし、
指先に(^о^)いれるとかそれだけでない感じがしてニコニコしてしまいます。

凛さんの作品もチキータさんがあえて掲載した気持ちもわかる作品。
そうですよね、凛さんがいないとはじまらないし終われませんよね。
 (と、来年も見せてねとお願いしているw)

画力が無いからネタに走る自分。
ネタがまとまらなかった自分に反省して来年の力にさせていただきます。

今年の参加者の皆様、そしてチキータさん、
ありがとうございました。
タナトス | 157782 | 2013年09月10日 05:21 | URL 【編集する】

チキータさん、この度はご愁傷様です。お悔やみ申し上げます。

ボディペインティングは、皆さんそれぞれ自由な発想で個性がありスバラシイ。
タナトスさんと同様、画力やネタにこだわった私・・
来年出来るかどうかわからんけど、もっと肩の力抜きます、何事も・・。

カオリン | 157783 | 2013年09月10日 09:16 | URL 【編集する】

非掲載希望の意味がわかんない。
裸族のひと | 157805 | 2013年09月10日 14:49 | URL 【編集する】

おまんこが、くぱぁ~なペイントキボン。
裸族のひと | 157806 | 2013年09月10日 16:15 | URL 【編集する】

チキータさん この度は誠にご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます。


山葵さんの作品はとても細かいですね!
仕事の空き時間と言う事は、上司に見つからないように描いたのでしょうか
いやはや、それにしても凄いです タトゥー顔負けですね

凛さんの作品もまた可愛い
水色に白い水玉模様が可愛らしいです
これも綺麗に塗るのに相当時間がかかったと思います お疲れ様でした!

自分はこういうのを見せる画力も知恵も何もないので
見る専一直線です
ちゅっちゅ | 157825 | 2013年09月11日 02:33 | URL 【編集する】

今回はまづ、お悔やみ申し上げます。


絵心もネタもないので見て楽しんでいます。作品の繊細さに、ただ脱帽。
Humpty.A.Dumpty | 157885 | 2013年09月12日 23:11 | URL 【編集する】


甥御さんの御冥福をお祈りお悔やみ申し上げます。

掲載ありがとうございます!
落書きマジックで今回用に描いたものではなかったのですが、盛り上がれてよかったです\(^o^)/
次回もなにかしらで楽しみたいです\((^o^))/
山葵 | 157886 | 2013年09月12日 23:19 | URL 【編集する】

甥御さんが亡くなられたとのこと、心よりお悔やみ申し上げます。
自分も男の子を育てておりますので、お母様の悲しみを考えると、胸が痛みます。
ご親戚の内でも、若い命が失われたことは深い悲しとご推察いたします。
一日も早く、皆様に笑顔が戻られますよう、お祈りいたします。

さて、気持ちを切り替えさせていただきます。

まずは山葵さんの作品、男性らしく逞しい手というキャンバスに、繊細なラインの対比が素晴らしいです!
仕事の合間にということは、おそらく下書きもなしですらすらと描かれたのでしょうね。
描きながら構図をバッチリ決められるというのは、天性のセンスなくしては出来ないワザです。
ぜひ、今後も作品を拝見したいです!

そして、凜さん!
お待ちしていました~!
投稿があって、本当に嬉しいです。
肌の上に、広範囲にわたって均一に色を塗るのはとても難しいです。
こんな風に一色をムラなく塗って、境に乱れなく白い水玉を描けるなんて、簡単なようで技術がないとできないことです。
作品もさることながら、凜さんの行動力に驚くとともに、改めて敬服いたしました。
私も感心するばかりでなく、見本として行動したい。
主婦のパワーは、そこらのリーマンには逆立ちしたってかなわないことを、よーく知っているのです。

チキータさん、今年も開催ありがとうございます。
今年は、猛暑のためか、参加を検討していた人もインスピレーションに恵まれなかった様子。
でも、これから7年、お祭り前のアゲアゲムードが続くのですから、期待大と思っています。
「再来年の飛躍のためには来年1年を雌伏の年とする考え方もでてきます。」
この言葉、とても好きです。

私も雌伏の時が長いので、そろそろ飛躍の時に移らなきゃなぁ。
なんちゃって。
極楽パンダ | 157905 | 2013年09月13日 12:43 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。