2013.03.08 (Fri)

片思いの女性に「洗顔クリーム」と称して、チューブいっぱいの精液を送りつけた男―重慶


今視新聞 (中)新華網 (中)The Sun (英)
22歳の男子学生が、同じ学部の女子学生に「洗顔クリーム(中文では洗面奶)」と称して、チューブいっぱいの精液を送りつけ、逮捕されました。

逮捕されたのは郭という名の男子学生で「悪意はなかった。ただ彼女への思いを口に出すことができなかった。そこで究極の方法を考えた」と供述しています。
いっぽうで被害者の曾という名の女子学生は、この洗顔クリームを半分ほど使用、同居している女子学生から「そのクリーム、ヘンな臭いがするわね」と言われて警察に届け出ていました。

警察では郭を逮捕後、根気よく教育を行った末、2人の間の調停を行い、1,748元(約26,600円)の慰謝料を郭に言いわたしました。
しかしながら、釈放された郭は、自分の行為は誤っていたと理解しながらも、被害者の女子大生に対する愛は変わらないと語っているということです。

Tags : Weird_News |

Weird News | (15) comment  EDIT

Comment

No title

詰め込んでると考えるといやだw
裸族のひと | 153508 | 2013年03月08日 01:29 | URL 【編集する】

No title

全く気づかないなんて…
精液のニオイを知らない子なのかしら?
ロリィタ・パンクス | 153509 | 2013年03月08日 01:42 | URL 【編集する】

No title

>自分の行為は誤っていたと理解しながらも、
>被害者の女子大生に対する愛は変わらないと語っている

結局相手の事は考えられない。
自分自身が一番好き。
変わってないわね。

この先さらに事件を起こさないように願うだけ。 :(
タナトス | 153510 | 2013年03月08日 01:49 | URL 【編集する】

No title

やれやれだわさ。
裸族のひと | 153511 | 2013年03月08日 02:21 | URL 【編集する】

No title

チューブいっぱいの精液を送りつけた男―重慶が
チューブいっぱいの精液を送りつけた男―童貞

に見えた
裸族のひと | 153512 | 2013年03月08日 02:31 | URL 【編集する】

No title

こういうの、「ウィークエンダー」というTV番組で見たことがあるような。
@マニラ | 153513 | 2013年03月08日 07:04 | URL 【編集する】

No title

ww究ww極wwのww方ww法wwをww考wwえwwたww
ベーゼン | 153514 | 2013年03月08日 07:19 | URL 【編集する】

No title

顔射が愛の告白になるなんて :oops:
まさに裸族のひと | 153515 | 2013年03月08日 07:50 | URL 【編集する】

No title

肝心な事に触れていない!
お肌の調子は良かったのか!!
裸族のひと | 153516 | 2013年03月08日 09:09 | URL 【編集する】

No title

チューブいっぱいの精液はいったい何回分の射精なのか、250gのチューブなら100回は根気よく保存せねばなるまい。
歓喜天 | 153517 | 2013年03月08日 09:34 | URL 【編集する】

No title

この子処女か?って私も多分わかんないけど

でも臭いんだよね?
てか泡立たないよね?

洗顔代が浮いたとしか考えてないんだろうか

1日で詰め込めると思えないし
衛生面も気になる。。
ピー汰 | 153518 | 2013年03月08日 11:20 | URL 【編集する】

No title

26,600円ぽっち払って終わりなんだ
裸族のひと | 153519 | 2013年03月08日 11:49 | URL 【編集する】

No title

8-O 腐らないんだ。。。
裸族のひと | 153520 | 2013年03月08日 14:55 | URL 【編集する】

No title

カピカピになる時点で、
それは「クリーム」とちゃうやろ!(笑)
に | 153521 | 2013年03月11日 16:10 | URL 【編集する】

No title

送った男のヘンタイっぷりもキモイけど
どっちかというと半分使うまで気が付かなかったほうが驚き。
裸族のひと | 153522 | 2013年03月23日 00:03 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |