2013.02.15 (Fri)

Opened Mic


ロシア、ウラル山脈東麓にあるチェリャビンスクに隕石が落下。地元警察の情報では、日本時間19:00現在、500人以上が病院で手当てを受けたということです。うち3人が重傷、死亡者はいない模様です。爆風などで被害を受けた現地の住民はまるで映画『アルマゲドン』のようだったと話しています。
なお、天文学者によると、日本時間で明日の明け方、4時25分に地表から2万7,000kmの距離まで接近するといわれている小惑星「2012 DA14」とは無関係で、今回の隕石の落下は単なる偶然だということです。

さて週末、フリートークの時間です。どちらさまもお気軽にご参加くださいね。
 

 

Tags : Salon |

Salon | (29) comment  EDIT

Comment

No title

YouTubeで動画見たけど音も光も激しかったわね
ロリィタ・パンクス | 151940 | 2013年02月15日 19:00 | URL 【編集する】

No title

やばいな~ディセプティコンだろ?
裸族のひと | 151941 | 2013年02月15日 19:00 | URL 【編集する】

No title

ロシアの防空体勢は意外に脆弱なんじゃない?
裸旅のひと | 151942 | 2013年02月15日 20:01 | URL 【編集する】

No title

管理人さんお疲れ様です、何時も楽しく拝見してますよ。

小惑星とは無関係じゃないでしょうなぁ

明日が最接近するみたいですねエ・・・
裸族のひと | 151943 | 2013年02月15日 20:20 | URL 【編集する】

No title

小学校低学年の頃に観た東宝の「怪星ゴラス」を思い出した。
歓喜天 | 151944 | 2013年02月15日 21:48 | URL 【編集する】

No title

小惑星が明日静止軌道の内側を通るタイミングだから、そういった星のかけらの集団を地球が通過してるのかもしれない。
無関係かどうかは疑問。

・・・隕石ならね。

写真や映像では二本の左右対称な渦をこの隕石が引いているのが分かる。
この引き渦が航空機の翼端部から発生する翼端渦に良く似ている。渦の方向が逆だが。

なんかモノスゴイ高速で短い翼の機体が背面飛行で突っ込んだみたいに見えるんだよな。
地球外のヒト | 151945 | 2013年02月15日 22:22 | URL 【編集する】

No title

タイミングから考えて完全に無関係とは思えないねぇ。
親子じゃなくても、兄弟かもねぇ。

今回のこの隕石落下は事前に言われてなかったから完全に見落とされてたんだろうね。
プロもアマチュアも悔しいだろうなぁ。
でも、それ以上にさまざまな映像に興奮して喜びの方が大きいか。私みたいにね。
qtyam | 151946 | 2013年02月15日 22:26 | URL 【編集する】

No title

宇宙ものの映画が大好きです。
クリント・イーストウッド主演の「スペース・カウボーイ」なんか、もう最高。
特にラストのシーンで、フライミートゥザムーンの音楽とあの映像。 しびれる。
時々この曲は寝る際の音楽にチョイス。
アンチェインド・メロディーもいいですね。多くのアーティストが歌っていますが、
エルビス・プレスリーの歌い方もなかなか。声域の広さと声量に驚きます。
シンディ・ローパーのアンチェインドメロディー・も好きだなあ。
あの曲、タイトルが何故アンチェインドなのか不思議なんですよね。
詳しいことは忘れましたが、刑務所映画が発端らしい。
つまり鎖からの開放かな。歌の内容とタイトルが合致しないのですよね。

宇宙ものというかMIBも好きです。まあ、トミー・リー・ジョーンズが好きなのだが。
MIB3はストーリーとして傑作だと思います。久しぶりに感動した。

感動と言えば涙。涙と言えば「七人の侍」
何度見ても開始32分後の「この飯、おろそかには食わんぞ」のところで嗚咽します。
吉幾三の「娘に」で歌われる「背中より~でかかった~赤い~ランドセル~」の部分
と同じくらい嗚咽します。
幸せを実感する気持ちのいい嗚咽。嗚咽最高。
吊 | 151947 | 2013年02月16日 00:00 | URL 【編集する】

No title

ニュースと動画で見ました。
すごい衝撃波でしたね。

で、思った事。

最近のビルってガラスを多用しているものが多いですよね。
結構繁華街やオフィス街に見受けます。
3.11の時もそうでしたが、
このガラス群が上から落ちてくると思うとかなりの恐怖があります。

頭の真上に平面で「バン!」って落ちるならまだタンコブで済みますが、
縦に落ちたら空気抵抗少なくて速度は速いし、
首筋にでもかすれば大出血。

かといって、正確な予測をするのも難しいし。
無事上空で燃え尽きるのを祈るだけだわさ。
タナトス | 151948 | 2013年02月16日 01:31 | URL 【編集する】

No title

で、あまり気にしても仕方がないので明日はお散歩&ランチ♪
仲の良いママ友と街歩き。
ウインドショッピングしながらウオーキングだいえt(略

そして美味しそうなお店を見つけたらランチ♪
その後食べた分は歩く!
食べない方がだいえt・・・別にいいじゃんw

しっかりと食べないと筋肉が落ちて基礎代謝が低くなるもんね ^^
それに運動しないと全部身についてとんでもないし ^^;

ネットも楽しんで、二次元も楽しんで、リアルを楽しんで歳をとる!

明日の料理の下ごしらえも済んでるし♪
さぁあっそぼ♪
タナトス | 151949 | 2013年02月16日 01:41 | URL 【編集する】

No title

ボクの隕石も社会の窓を破りそうです>_<
まさに裸族のひと | 151950 | 2013年02月16日 02:18 | URL 【編集する】

No title

クリント・イーストウッド…わたしも大好きな俳優さんです。
ほとんど全ての作品を観ていますが、なかでも『続・夕陽のガンマン』と『マディソン郡の橋』は残っていますね。『マディソン郡の橋』は、メリル・ストリープの演技も大きかったと思いますけれど。

『Fly Me to the Moon』のシナトラ版はテンポが心地よく、それでもjazzに未熟なわたしなんかはアップテンポのジュリー・ロンドンの方が好きだったりもします。

最近、映画を観て目が潤むことが多くなりました。昨晩の『三丁目の夕日』を観ていても、映画館でいちど観たはずなのに、目を潤ませてしまいます。

で、ひとつご質問。吊さんがこれまで一番、涙を誘われた映画って何でしょう?
Chiquita | 151951 | 2013年02月16日 03:38 | URL 【編集する】

No title

10トンの隕石ならNORADが事前に気がついていたはずなんだが。
黙ってたのかな?

しかしまあ、この程度の隕石でこの被害。1000人近く怪我したらしい。ジオンのコロニー落しがいかに無茶な作戦かって話しだ。
地球外のヒト | 151952 | 2013年02月16日 05:17 | URL 【編集する】

No title

まさに晴天の霹靂の確率なんだろうけど、その動画が沢山記録され世界中を駆け回る現代の情報世界の方がもっとすごい。
隕石の落下を観測しそれが隕鉄(霹靂)だと確認した中国人のいた時代と大きな差があるな。
歓喜天 | 151953 | 2013年02月16日 06:27 | URL 【編集する】

No title

チキータさん。いつもありがとうございます。お世話になっております。

「マディソン郡の橋」いいですよね。
ただ、映画より先に本で読んで自分なりにイメージを固めてしまっていたから
映画版は感動が今ひとつでした。映画を先にすればよかった物語の一つかな。

さて、ご質問の件ですが。
観た回数や涙誘われ度を、涙の累積総量に換えてお答えいたします。(順不同)

フラガール 大さじ1杯/先生が乗り込んだ列車の横のホームで生徒達が踊りで感情表現するシーン。
Love Letter(中山美穂)中さじ1杯
街の灯(チャップリン)中さじ1杯/ラスト、手をつかんで判明したシーン。
クレイマー、クレイマー 中さじ2杯
おくりびと 小さじ2杯
ペイ・フォワード / 可能の王国 大さじ3杯
カラーパープル 2カップ/妹、子供達との再会シーン。

映画は食べ物と同じで、勧められたものが必ずしも自分の口に合うという訳でもないですよね。
よくある泣ける映画ランキングの上位の映画は殆んど観てますが特に感動しないものばかりです。
例えば、ライフイズビューティフルではあの主人公がどうしても好きになれない。

泣いた後ってすっきりしますよね。それを求めて本能的に泣けるものを好むのじゃないのかな?と思います。
泣くには映画だけではなく、本などでも十分泣けますね。
JAL123便事故について書かれた本でも随分泣いたものです。
一杯のかけそばでは1カップです。白い巨棟で1/2カップ。

でもやっぱり一番好きなのはCカップ。
おそまつ
吊 | 151954 | 2013年02月16日 07:16 | URL 【編集する】

No title

たぶん今週末は多くのビル開発業者がガラスばっかりの建物つくって地震は考えてたけど隕石どーしよー(どう説明しよう)と悩んでると思います。
こういった悩みは結局設計事務所やゼネコンが聞かれるので今週末は聞かれたらどーしよーと悩んでると思います。

週末で良かったと思ってる人も多いかと(考える時間があるという意味で)

そして週明け。
サッシメーカーとガラスメーカーに質問が来るのです。「衝撃波ってどのくらい大丈夫?」
日本の超高層建築物のガラスの強度はいろいろ規格があるのでロシアと同じ状況にはならないでしょうが、そもそも衝撃波の大きさや力のかかり方がわからないと解析しようがありません。

そしておそらく1週間後位かなぁ?
どっかの工業会とゼネコンと国交省と建材メーカーと大学が組んで調査に行こうかという話しになって
一ヶ月か二ヶ月くらいでどんな衝撃を受けたか調査してシュミレーション結果をコンピュータ解析して
んんんん。今回のロシア程度の隕石爆発の衝撃波なら超高層のガラス外壁は大丈夫・・・でも繁華街のガラス窓はアブナいよ。って結果が出ると思います。

ひょっとしたらもっと早いかもしれない。
あるいはどっかのゼネコンの研究所で爆薬つかって実地試験やるかも。

万に一つの可能性とはいえ見えちゃったほころびを放っておけないのが日本人なので、たぶんこんなんをやると思います。
危険が無くなる訳ではありませんが。

今回の教訓。
ぴかっと光ったら。原爆でも隕石でもビルの中か離れた所に避難しましょう。
衝撃波が来るまで時間があるかもしれません。
地球外のヒト | 151955 | 2013年02月16日 07:55 | URL 【編集する】

No title

落下してくるガラスはとても危険ですよ。
ガラスは比重が約2.5です。
ですから、ガラスの厚み(mm)×面積(㎡)×2.5でガラスの重さが求められます。
例えば、厚み10mm、面積2㎡の場合、10×2×2.5=50  50kgとなります。

ガラスは割れやすいので、窓枠(サッシ)の中で浮いているようにはまっています。
下辺にはゴムを2ヶ所、台として置かれていて、そのゴムの上に置かれます。
四周は表裏ともに柔らかいシーリング材でサッシに固定されています。
つまり、地震などで建物(サッシ)が変形してもガラスに変形を伝えないように施工しています。
万一破損の際には、四周のシーリング材がガラスの落下を少なくするように働くのですが、
記事の写真でも分かる通り、中央部の破片はどうしても落下します。

落下する破片は外の通行人にとって危険なものですが、サッシに残った破片も
大変危険な凶器になります。
割れた窓から脱出や進入を図る場合や、不本意に窓にぶつかって割れた場合は
残った破片で怪我をする可能性が非常に高い。
転んで頭でガラスを割り、残った三角状の破片で喉を切って死ぬ例が沢山あります。

ビルの場合は風当たりが強いので丈夫なガラスの使用が義務付けられますが、
基本的に厚いガラスになります。厚いと重くなります。
あまりに厚くなる場合は強化ガラスの使用となりますが、強化ガラスの場合は割れると
全面にひびが入って落ちてきます。そうならないように飛散防止フィルムを全面に貼ります。
ところが、そのフィルムの貼ってある部分がそっくりサッシから抜け落ちる場合があります。
想定外の大きな力で割れた場合と、ガラス施工時の手抜きの場合とです。

実験の結果、ガラスは板状なので、落下の際に空気の抵抗によりあおられます。
施工している地上高さと同じだけの水平距離まで到達することがわかっています。
ですから、ガラスが上方で割れたら、建物から離れるのではなく、建物に逃げ込んだほうが
安全と言えます。

いずれにしても割れて落下してくるガラスは大変危険です。
手にしてるカバンや近くの看板などを頭の上にかざして体を守りましょう。
吊 | 151956 | 2013年02月16日 08:06 | URL 【編集する】

No title

隕石の衝撃波への対策はやりませんよ。
毎年恒例のものならやるでしょうが。
要は確率論ですから。
高層ビルの外壁は200年に1回、300年に1回という確率の暴風などに備えて設計しています。
調査の必要性も全くありません。
吊 | 151957 | 2013年02月16日 08:14 | URL 【編集する】

No title

予測されていた小惑星通過との因果関係は方向が全く違うことから無関係、らしいよ。
裸族のひと | 151958 | 2013年02月16日 10:37 | URL 【編集する】

No title

隕石が飛んできても、この広い地球の、人のいない所に落ちるもんだと勝手に思っていた。
ロシアの100万人都市で、死者が出なかったのが不幸中の幸いだけど、重症者もいるとのことで・・
明日は自分に降ってくるかもしれない、毎日を大切に生きよう。
カオリン | 151959 | 2013年02月16日 22:09 | URL 【編集する】

No title

私も、「マディソン群の橋」は本も映画も嗚咽しましたよ。
メリルの「ソフィーの選択」と共に2カップ・・
カオリン | 151960 | 2013年02月16日 22:34 | URL 【編集する】

No title

ナイスチョイス!
裸族のひと | 151961 | 2013年02月16日 23:14 | URL 【編集する】

No title

間違えて核戦争にならなくて良かった。
裸族のひと | 151962 | 2013年02月16日 23:23 | URL 【編集する】

No title

うん知ってるよ。
で?
裸族のひと | 151963 | 2013年02月17日 01:24 | URL 【編集する】

No title

『マディソン郡の橋』の原作本は、先々代のチワワを連れて行った伊豆の
ペンションで読みましてね、恥ずかしながら、ひと晩泣き通しでした。
わたしはカオリンさんと同じく、クリント・イーストウッドの映画を見ても
それほど情はそがれませんでしたね。

雨の中、彼の乗ったピックアップトラックのウィンカーが瞬いて、一瞬、
メリル・ストリープが、夫の運転する車の助手席のドアノブに手をかける…
あのシーンは涙が止まりませんでした。

たしかそれから数年後に日本では同じ不倫を扱った「失楽園」が流行した
と思うのですが、やはり原作を先に読み、森田芳光監督の映画には
あまりの絵の汚らしさに怒りを覚えたほどでした。

そうそう、お訊きしたからにはわたしも答えなければいけませんね。

いちばん涙した映画はおそらく子供の頃に観た『子鹿物語』あるいは
『チコと鮫』。動物ものということを除けば、「別れ」というキーワードに
弱いような気がします。で、現実にはイヤと言うほど別れを経験していたり
するのですが…。

そんなわけで、録画予約をした今週の『とんび』も、観ようか観まいか
悩んでいたりするのです。

『フラガール』は実父の出身が、いわき市湯本ということもあって逆に
泣けませんでした。『ライフイズビューティフル』が泣けなかったのは
吊さんと同じですね。「一杯のかけそば」はどうしてみんな泣けんの?って
思ったクチ。いちどじっくり映画談義をしたいかなあ。
しばらくは「Opened Mic」にてお話しできたらと思います。
Chiquita | 151964 | 2013年02月17日 21:52 | URL 【編集する】

No title

隕石落下と小惑星の接近が重なって、この週末は天文ファンの夫にパソコンを独占され、
やっとこちらにこられました。

とりあえず、大きな隕石の閃光を見たら、急いで頑丈な建物の中に逃げ込んでガラスから離れる、
ということが教訓のように思ったこの週末でした。
あの閃光を見て、何だろうと窓際に寄った人が多かったことが、けが人が多く出た要因だそうなので。
極楽パンダ | 151965 | 2013年02月18日 01:08 | URL 【編集する】

No title

外で大きな音がしたり見慣れない光を見たら誰だって窓から様子を窺いますよね。
そのための窓なんですから。透明なガラスをはめているのは光を通すためで、
採光と透視とをするため。
今回の衝撃波による破損というのは極めて稀なケースであって、今回の大きさの
隕石衝突は100年に1回だとか。
100年に1回、それも地球のどこになのか場所も特定出来ない事象に対して対策
はする訳がないです。
そんなことに検討の時間を割くくらいならば、通学路の整備のほうが余程現実的
なのは呆れるほど明確。
全ては限られた時間の人間の、限られた予算の中でしか動かない。
ロシアの隕石落下のことなどとっとと忘れて、聞き慣れない音、見慣れない光が
あったら窓から外を窺うべし。
安全のためには早期発見、状況把握が一番であることに変わりはないのですから。
吊 | 151966 | 2013年02月18日 12:59 | URL 【編集する】

No title

出ーたーなー、久しぶりの吊さん偏屈じじいモード!
あのね、私の文章ちゃんと読んでくださいよ。
相っ変わらず遊び巾のない杓子定規なところは玉に瑕ですよ。

100年に一度、しかも地球上のどこかで起こる、大津波が来るよりも
遥かに遭遇確率の低い事象であることは誰だってわかっていますって。
それ前提に、それでも何か一つ教訓を自分の心に刻むくらい、全否定されるほどのことではない。
しかも私は、
「とりあえず、大きな隕石の閃光を見たら、急いで頑丈な建物の中に逃げ込んでガラスから離れる」
って言ったんです。
つまり、隕石の閃光であることが明白な場合の対処方法です。
今回、閃光があってから爆風が届くまで三分くらいあったそうです。
それくらいあったら、十分に対応できるから、外を歩いているときに
「あ、巨大隕石だ!」とわかるようなことが万が一にもあったら、
ぼんやりしていないで丈夫な建物の中に避難するとかぶっとい木の陰に隠れるとか、
今回のことを教訓に生かせるなと、あるはずのないことは承知で対処方法を空想しただけです。
誰が、「すわ、次は隕石対策だ、学校に意見書を出そう、家のガラス窓をすべて強化しよう、
年に一度は隕石落下防災訓練をしよう」なんて非現実的な対策を考えますか、ばかばかしい。
ましてや子供の通学路の安全管理よりも優先して。

だいたい、そういう先人の経験が後世に伝わることで、100年後に同じことが起こった時に
難を逃れる人がいるかもしれないんです。
前回地球のどこかにこのクラスの隕石が落ちた時には、ガラスだらけの建物なんて
なかったのでしょうから、今回のケースは新たな経験として、私たちのDNAに刻むべきです。
それには予算も時間も必要ないんですから。

今後、自分の一生には関係がないから、自分は目先の安全のことだけ考えて
今回のことはすべて忘却しようなんて考えで近視眼的に生きていらっしゃるとしたら、
ご自分の安全は保障できても、吊さんの孫子の安全ははなはだ心配なことです。

あーもう、吊さんの気まぐれな挑発に乗る辺り、私もアホですね!
極楽パンダ | 151967 | 2013年02月20日 05:45 | URL 【編集する】

No title

それとですね、これは、偏屈への喧嘩腰の反論じゃなくて、今回真面目に考えたこと。

建物の中にいて、窓から強い閃光が差し込んだときに考えられる原因は何でしょう。
落雷、原爆(核爆発)、隣のビルに飛行機が突っ込んだ、近くで何かが爆発した、隕石が落ちた。
こんなところでしょうか。

このいずれの場合も、窓に寄って事態を把握しようとするのはとても危険なのではないかと思うのです。
むしろ窓から離れ、五感を使って迅速かつ冷静に事態を把握するべきではないかと思うのです。
窓に寄って外を眺めたくなるのは人間の本能ですが、自体が把握できていないうちに不用意に窓に寄ることは大いに危険である。
隕石に限らずね。

これは、今回の教訓として生かしてもいいのじゃないかなと、思うのです。
極楽パンダ | 151968 | 2013年02月20日 06:04 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |