--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2012.12.18 (Tue)

アーティスティックな義眼技工―ゲルハルト・グライナー


Daily Mail(英)
けがや病気、事故などの結果、目を失うことは肉体的な面ばかりではなく精神的にも大きなダメージを受けます。

一連の画像はドイツ、ミュンヘン在住の義眼技工士、ゲルハルト・グライナーによるガラス製の義眼の製造過程。シリコン全盛の時代にあってもリアルさを求める人々は少なからずおり、グライナーはその人たちの求めに応じて、ブンゼン式バーナーの上でガラスを吹きます。
大きさはもちろん、虹彩の色、まわりの静脈のありようまでも正確に再現されたオーダーメイドの義眼は、約350ユーロ(約39000円)。グライナーはこれを約1時間かけて制作します。











































Tags : Pics | Medical |

Pics | (21) comment  EDIT

Comment

No title

それはつまり多少角度がついた位置から撮ってるってだけのことでは。
つまり、この写真が撮影された瞬間、この人から見て鏡の中に写っていたのは自分の顔ではなく撮影したカメラだった、ということでしょう。
また、この人の右目(開いている方の目)は鏡の方向(=カメラの方向)ではなく、鏡からちょっと外れた方向に目線が向いているようです。
カメラマンが注文してか偶然かはわかりませんが。
passerby | 150306 | 2012年12月20日 17:14 | URL 【編集する】

No title

でも、やっぱり目の焦点は合ってないよね。
裸旅のひと | 150307 | 2012年12月18日 20:58 | URL 【編集する】

No title

すげー
裸族のひと | 150308 | 2012年12月18日 19:45 | URL 【編集する】

No title

安すぎる、日本だったらこの数倍の請求書が届きますね。
歓喜天 | 150309 | 2012年12月18日 22:01 | URL 【編集する】

No title

うーん、凄いお医者さんだぁ。
ごく少数の為に腕を振るう職人って好きだな。
裸族のひと | 150310 | 2012年12月18日 22:20 | URL 【編集する】

No title

すごい本物みたい。もはや芸術品の域だけど、安いね。
これは本当に助かってる人多いだろうな。
こんな職人さんがたくさんいればいいのにな。
義眼てまん丸いボールみたいなのだけかと思ったら違うんだな。
奥が深いな
qtyam | 150311 | 2012年12月18日 23:09 | URL 【編集する】

No title

こういう技術は後世へ広く受け継いでいって欲しいわね。
もちろん優しさと共にね。
タナトス | 150312 | 2012年12月19日 19:03 | URL 【編集する】

No title

やっすいなぁ!芸術品並みの出来だと思う。ガラス製だと割れたりしないのかな?
赤い海綿体 | 150313 | 2012年12月19日 03:14 | URL 【編集する】

No title

1時間で39000円、材料や燃料原価はそんなにかかってないだろうから、ざっくり30000円の収入として1日6個作ったら18万円需要やらなんやらで実働日数15日と見ても月収270万円!手取りはもっと減るんだろうがすごいね。職人が評価されてるということか、あるいはこの人が特別なのか。日本だと職人がの評価低いし。
地球外のヒト | 150314 | 2012年12月19日 08:12 | URL 【編集する】

No title

顔面補綴で検索する。
裸族のひと | 150315 | 2012年12月19日 10:07 | URL 【編集する】

No title

22の写真のミステリー。
何でしょう?
裸族のひと | 150316 | 2012年12月19日 11:09 | URL 【編集する】

No title

上で金の計算してる奴、なんか嫌いだ。
裸族のひと | 150317 | 2012年12月19日 11:40 | URL 【編集する】

No title

22の写真、ホントだ不思議だね。

ちなみに23は?

23の患者さんを見つめる、グライナー氏のやさしさが伝わってきますね。

高い技術には、ある程度の高い報酬があって当然でしょう。
裸族のひと | 150318 | 2012年12月19日 13:34 | URL 【編集する】

No title

22の写真のどこがミステリーなのかわからない…。
鏡に写っている(鏡越しに撮影した)だけじゃないの?

23は、表裏両面に鏡のついた手鏡を覗いているところでしょう。
うちにも昔あった。(うちのは片面が凹面鏡になっていて、そっちは拡大して写る仕様でした)
passerby | 150319 | 2012年12月19日 19:15 | URL 【編集する】

No title

鏡に対して角度がついてないところからの撮影なのに
撮影者が写ってない
裸族のひと | 150320 | 2012年12月19日 22:07 | URL 【編集する】

No title

これはすごい。こういう技術って大好きだ。
Humpty.A.Dumpty | 150321 | 2012年12月20日 00:14 | URL 【編集する】

No title

なるほど
カオリン | 150322 | 2012年12月21日 15:39 | URL 【編集する】

No title

こんなに安く義眼を提供してもらえるなら
何がなんでもこの人の義眼が欲しい人は居るだろうなぁ

ってか1時間でできるんだ

この人みたいな経験豊富な職人がたくさん居たらいいのに
ピー汰 | 150323 | 2012年12月22日 15:23 | URL 【編集する】

No title

ドイツの職人…
うん、いかにも頑固そうだ。
確かに安いけれど、素材はガラスだし、製作時間一時間だから妥当な値段では。

はじめ、ガラスの義眼と聞いて、ビー玉みたいな丸いのかと思って、重くてゴトリと落っこちるんじゃないか
なんて考えたけれど、表面だけなんですね。

それにしても、この患者(?)さん、めっちゃくちゃお洒落だな~。
お髭もきちんと手入れして、髪も真っ白にして短くそろえて。
芸術的に美しい義眼が出来て、嬉しいだろうなぁ。

ドイツの頑固じいちゃん同士の素敵な交流の一幕という印象です。
極楽パンダ | 150324 | 2012年12月25日 00:43 | URL 【編集する】

No title

その通りと思います。不思議なことじゃない。
このカメラマン、鏡の効果をうまく生かして撮影しているだけです。

また、おじいちゃんの右目がカメラ目線でなく少しずれているのは、
そのズレがそのまま、鏡とカメラの角度のズレだと思います。
つまり、おじいちゃんは鏡で自分の顔を見つめている。
だから真正面から撮れば、カメラ目線になる。が、カメラマンも写ってしまう。
それを少しずれた角度から撮っているから、カメラ目線にはならないのです。

また、裏面の鏡にグライナーさんの顔が写っている写真も、あえてこういう角度で
撮ったのでしょう。
なかなか憎いテクニックの素敵なカメラマンだと思います。
極楽パンダ | 150325 | 2012年12月25日 00:50 | URL 【編集する】

No title

Greinerさんでは、ありませんが同じドイツのガラス製義眼作りの動画ありました。
http://www.youtube.com/watch?v=ZkeszA7BHTc
裏側がどうなっているのかなど良く分かります。
腰痛部 | 150326 | 2013年01月02日 17:38 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。