2013.05.15 (Wed)

ホンダ、15年からF1復帰へ

130515c1.jpg

数日前から噂されていましたように、ホンダがかつての盟友、マクラーレンにエンジンを供給するかたちで、2015年からF1に正式に復帰することが決まったようです。
エンジンは、来年度のレギュレーション変更をもとに1.6リッターV6ターボ、ERS(エネルギー回収システム)ム)搭載とのことです。

11日のGrand Prixなどの報道によると、ホンダはマクラーレンにはエンジンを無償で提供、その他数チームとカスタマー契約を結び、開発費の補助としたい考えで、ザウバーとロータスがこれに興味を示しているといわれているそうです。

1シーズンでのエンジン供給価格は、フェラーリが1,500-1,700万ユーロ(約20億-22億円)、メルセデスが1,700-1,900万ユーロ(約22億~25億円)、これに対してルノーは2,000万~2,300万ユーロ(約26億~30億円)と高いことから、同紙では、14年以降も契約があるもののロータスがホンダエンジンに乗り換える可能性が高いとしています。

Tags : Cars | F1 |

Cars | (4) comment  EDIT

Comment

待ってました
次はNSXの発売かー
裸族のひと | 149280 | 2013年05月15日 14:37 | URL 【編集する】

F1での活躍も楽しみですが、
国内発売車のラインナップをもう少し何とか・・・

2+2のライトウエイトオープンカーが欲しいんですが・・・
タナトス | 149300 | 2013年05月15日 18:41 | URL 【編集する】

ホンダのF1復帰はたいへん喜ばしい!
しかしそれにも増して可夢偉の復帰を望む。
F1の表彰台のてっぺんにのぼる日本人が見たいんだよう!
まさに裸族のひと | 149334 | 2013年05月16日 08:39 | URL 【編集する】

祝復活

前回は、最後のほうはマネージメントをイギリス人の誰だかに一任して、資金の使い途が変なことになって、シオシオパーになったんだよな。

今度はその失敗を糧に組織と金のマネージメントをしっかりやってもらいたい。日本人と外国人は考え方違うんだから、ぶつかってなんぼ。信頼は結果論だ。最初に有るべきものじゃない。
上海の裸族 | 149381 | 2013年05月17日 00:11 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |