2012.11.25 (Sun)

14歳の巨足病の少年、無料で手術に

121124d1.jpg

Daily Mail(英)東方網(中)
今年14歳になる広西ヤオ族の少年、小蒙は先天性の巨足病にかかり、いままでにただの一度も靴を履いたことがありません。

生後1歳、小蒙も「あんよ」を学ぶ時期でした。しかし足指の間が広がるばかりです。そのうちに変形の度合いは大きくなり、特に右足はひどく形を変えました。
もちろん両親は心配して地元の病院に連れて行きましたが、治療費が高いことを除いても、地元にこの病気を治せる医者はいませんでした。

両親は、就学年齢を迎えても歩けない小蒙を、朝背負って学校に行かせ、夕に再び背負って学校から帰らせます。
だんだんと寒さが増すこの時期、それでも靴のはけない小蒙は裸足でバスケットコートにいました。仲間と元気にボールをまわして遊んでいます。

Read more...

Medical | (0) comment  EDIT

Comment

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |