2012.11.06 (Tue)

白いシーツをまとった裸の男女、153人が明け方の森に集う

121106a2.jpg

BuzzFeed
4日早朝、「死者の日(Festival of Skeletons)」の祝日だったメキシコ、グアナフアトのサンミゲル・デ・アジェンデ、ロス・センデロスの村に、白いシーツをまとった裸の男女、153人が集まり、ポーズをとって写真に収まりました。
企画を行ったのは、集団ヌードフォトグラファー、スペンサー・チュニック氏(45)。今年6月にミュンヘンのマックス・ヨーゼフ広場で、赤と金に塗り分けた人々を撮影して以来の仕事となりました。

Read more...

Weird News | (0) comment  EDIT

Comment

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME |