--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2009.11.03 (Tue)

豚肉を食べ、酒を飲まされ、ミニを穿かせられたイスラム教徒の妻が夫を殺害未遂―ニューヨーク

91103c.jpg

NY Daily News
夫から豚肉を食べ、酒を飲むことを強制されたイスラム教徒の妻が、夫をナイフで殺害しようとした事件がニューヨークで起こりました。

「私の心臓は早鐘を打つようでした。夫の喉を切るために最善を尽くしました」と5ページにわたる手書きの供述書に記した妻は、パキスタンからの移民、ラビア・サルワール(37歳)。
サルワールが夫のシェイク・ナジーム(41歳)と結婚したのは5ヶ月のことでした。すでに2回の離婚を経験していたナジームは、サルワールと結婚するにあたって、自分は敬虔なイスラム教徒だと語ったといいます。しかしサルワールはまもなく夫がユニテリアン(キリスト教プロテスタント系の宗派)だということを知りました。

結婚後、ナジームはサルワールに豚肉を食べさせ、酒を飲むよう強いたほか、ミニスカートを穿くことを強制しました。また夫が好きだという本がサルマン・ラシュディの著書(イスラム教徒の怒りを買った「悪魔の詩」が有名)だったことも、彼女を苦しめました。
「夫はパキスタン人でイスラム教徒だって言ったんです。それなのにニューヨークではパキスタン人とノルウェー人のハーフだということになってました。私と結婚する前は白人の女とデートして、酒を飲んでいたことも後になって知りました。夫はパキスタンを憎んで、パキスタン人が嫌いなのに、どうしてパキスタンの女と結婚したんですか」

募るストレスはサルワールを殺人へと向かわせます。ベッドに入った後に夫を殺害しようと思い立ったサルワールはキッチンからナイフを持ってきて横たわり、勇気が湧くのを待ち、30分後に飛び起きると夫の首にナイフを向けました。
しかし、かわされ、ナイフを取り上げたナジームがアパートを出て助けを呼んだため、事件が発覚し、サルワールは殺人未遂容疑で逮捕されました。

25,000ドルの保釈金を積んで釈放されたサルワールは、「私は罰せられなければなりません。その覚悟はできています」とも供述書に認めたということです。

Weird News | (72) comment  EDIT

Comment

2ならHEAVENに行ける。
裸族のひと | 53121 | 2009年11月03日 14:36 | URL 【編集する】

何とも言えないなぁ
裸族のひと | 53122 | 2009年11月03日 14:36 | URL 【編集する】

美人だなー
dafdj | 53125 | 2009年11月03日 14:43 | URL 【編集する】

異教徒と結婚するとこんな例はよくあるんだろうか?
2-getter | 53130 | 2009年11月03日 14:51 | URL 【編集する】

騙した上に妻が嫌がる事強要した男が悪いだろ、これは。
嫌がらせで結婚したとしか思えないけど、実際はどうなんだろう。

でも殺人未遂より前に出来る事はあったと思うな。
めいぷ | 53132 | 2009年11月03日 14:58 | URL 【編集する】

滅多にないでしょ、ここまでのは。
うち、カトリック(キリスト教)とユダヤ教で結婚したけど、問題なし! 
お互い親の都合でそういう宗教だったからな。
でも、親同士も全然問題なし!

>2-getter
裸族のひと | 53135 | 2009年11月03日 15:01 | URL 【編集する】

殺人はいくないけど、こういう熱心な教徒にとって宗教って自分の生き方の全てじゃん。
殺されても文句言えないわ。
  | 53145 | 2009年11月03日 15:09 | URL 【編集する】

夫のシェイク・ナジームはサディストだったのでは?ニューヨークでは罪として立件できない罪、飲酒と豚肉の摂取で妻が苦しむのを見て満足していた。一種のドメスティックバイオレンスのドランカーみたいな状態、彼女は殺人未遂で刑に服するべきだがその後はよくカウンセリングを受けモスレムの福祉団体のなかで生活すべきだと思う。
歓喜天 | 53146 | 2009年11月03日 15:11 | URL 【編集する】

嫁に来てもらいたいくらい美人だな
お風呂あがりの774さん | 53147 | 2009年11月03日 15:15 | URL 【編集する】

この美人のヨメを取るか
酒と豚肉を喰い続ける事を取るか

もの凄く悩んでいる俺がダメ人間だって事は知ってる。
まさに裸族のひと | 53154 | 2009年11月03日 15:44 | URL 【編集する】

離婚出来たのかなぁ
裸族のひと | 53155 | 2009年11月03日 15:51 | URL 【編集する】

酷い夫だな彼女に同情はするけど、何故離婚を選らばなんだ?
人を殺めるのも神の教えに反するだろうに。
jyo-ken | 53158 | 2009年11月03日 16:13 | URL 【編集する】

イスラム教徒は女からは離婚できないよ。
裸族のひと | 53159 | 2009年11月03日 16:39 | URL 【編集する】

無罪だな、感情的には
裸族のひと | 53161 | 2009年11月03日 16:56 | URL 【編集する】

これでイスラム社会にかえったところで
豚肉食った、酒飲んだ、ミニスカはいたってことで死刑になっちゃうんだろうな…
裸族のひと | 53162 | 2009年11月03日 16:58 | URL 【編集する】

宗教のことは全然わからないけど
彼女からしたらDVに相当する苦しみだろうね。
夫も罰せられるべきだと思う。
裸族のひと | 53165 | 2009年11月03日 17:33 | URL 【編集する】

宗教上仕方ないことですね
裸族のひと | 53167 | 2009年11月03日 17:47 | URL 【編集する】

逆のパターンなんて山ほどあるけどね
家から出るな、だの服装制限したり、金づるにしたり
酷いと本国から第一夫人呼び寄せて先進国妻を口減らしにパキに送ったり

日本の女性も被害にあってるし、
韓国の掲示板じゃパキやバングラ男との結婚警告文が最近やたら多い
ドイツの女性もよく被害にあってるらしい

因みに「非イスラム教徒」や「海外ではアラーが見てないから戒律なんて関係ない」
と言いながら女性に近づくらしい


あ、勿論この米人夫もクズだと思います
裸族のひと | 53170 | 2009年11月03日 17:59 | URL 【編集する】

イスラムは好きじゃないが、これは夫が悪い
  | 53172 | 2009年11月03日 18:33 | URL 【編集する】

古代エジプト研究の吉村教授が、チャーシューメン食ってるのを奥さん(エジプト人・ムスリム)に見つかって離婚したとか聞くしな。
生活を事細かに縛る宗教だと、他の文化圏の人と一緒に生活するのは難しい。
明らかな精神的DVだから、米国なら多少情状酌量の余地がありそうなとこなんだけど、ムスリムなのがネックになっちゃうかも。
裸族のひと | 53173 | 2009年11月03日 18:34 | URL 【編集する】

うんみゃあ、37のわりにゃあしゅんごいびゅじんだね
ベーゼン | 53175 | 2009年11月03日 18:48 | URL 【編集する】

お転婆ラビア・サルワール悪女王は最低、卑劣、猫被り、凶暴、弱がり、現役SM女王、昔から不良、雌蟷螂、「ピーターパン2」のお転婆ジェーン、元虐められっ子、「ライオンキング2」のジラ、洋装全然似合わない、殺人鬼、悪妻、鬼嫁、妖怪、怪物、化け物、猛犬、危険生物、怪力、悪党、ドロンジョ、マージョ、獰猛、鬼ババ、身長180cm以上の大柄、貯金極少、合計債務60000ドル、手取り月収1000ドル足らず、やくざ・プロレスラー予備軍、謹み知らず、おかま、男勝り、素顔は不細工、実年齢より数年は老けている老顔、虫歯・シミ・シワ・噴出し物だらけ、強気・尻敷きだ。
そいつは独身時代、同居していた厳格な伯母の体罰・叱責・束縛・暴力・暴言・威圧・脅迫・干渉・小言・罵声等の仕打ちを食らっていたのだ。
勿論一人暮らし・寮生活・一人旅の経験は一切無しである。
衣類は民族衣装ばかり着せられていたのだ。
祖国に居た時、毎日のように幼少期からの鬼先輩の虐め等の仕打ちも食らっていたのだ。
小学校時代には、同級生・上級生の虐めも食らっており下級生にも馬鹿にされていたのだ。
過去に通り魔・鬼先輩・厳格な伯母等にも包丁やナイフ等で首・手首・脚・腹等を切り付けられたりしていたのだ。
烏 | 53177 | 2009年11月03日 18:51 | URL 【編集する】

こいつ本当は美人ではないぞ。ベールのようなものを取ったら不細工でどブスだぞ。
釈放されるなんて間違っている、このような奴は終身刑にして一生檻に入れておくべきだ。さもないと被害が広まる。


裸族のひと | 53179 | 2009年11月03日 19:09 | URL 【編集する】

お転婆ラビア・サルワール悪女王は、言うまでも無く生まれ故郷であるパキスタンへ強制送還されるわ。
その後、独身時代に逆戻りして「一人での行動・外出は一生禁止」という罰則が下されるわ。
老後は老人ホームへ入所して、そこの鬼介護スタッフの叱責・体罰・威圧・脅迫等、他の入所者の仕打ちとかも受ける運命だ。
裸族のひと | 53186 | 2009年11月03日 19:22 | URL 【編集する】

日本人からして観れば目元がシャープっぽい
ってだけで美人認定してる連中は
日本ののっぺりブスをアジアンビューティー扱いしてる
馬鹿白人を笑えないw
裸族のひと | 53187 | 2009年11月03日 19:23 | URL 【編集する】

おいおい、包茎治療の広告画像じゃないんだから、口の周りを覆うなよ。

あとさ、こういうの見ると、すぐDVとか言ってさ、夫を悪者に仕立て上げるやつ、いるけど。見苦しいね。取り上げてんの、女の言葉だけじゃねえか。夫婦関係の真実なんか当事者しかわからねえんだよ。他人が安易に一方を悪役にして批判するじゃねえの。

裸族のひと | 53188 | 2009年11月03日 19:27 | URL 【編集する】

これは美人
たらこ唇なら話は別だが
裸族のひと | 53199 | 2009年11月03日 21:17 | URL 【編集する】

酒も豚肉も強制しませんから嫁に来てください。
裸族のひと | 53203 | 2009年11月03日 21:22 | URL 【編集する】

そもそもイスラム教徒は他教徒との結婚はゆるされない。
それに、他の宗教に改宗することもできない。
まあ、どんな宗教を信じるかは人の勝手だが、
イスラムは、他の宗教に対してもう少し寛容であるべきではないのかな。
裸族のひと | 53212 | 2009年11月03日 22:15 | URL 【編集する】

酒とミニスカートまでならまだしも 豚肉で堪忍袋の緒が切れたんでしょうか。

豚はダメなんでしょうね。(犬も)
イスラム国のスーパーマーケットでは 豚肉のみレジが別になってるくらいですから・・・。
買ったベーコンを買い物カゴに入れたまま 一般レジに持って行くと「出してよ!」って怒られました。
触るのもダメみたい。(マレーシア)
裸族のひとり | 53219 | 2009年11月03日 22:47 | URL 【編集する】

八百万神がおわします本邦に住むワタシにしてみれば、
このイスラム教ほど理解に苦しむ宗派はないねぇ。
馬小屋 | 53221 | 2009年11月03日 22:48 | URL 【編集する】

マユ太が似合っているね。
久々に見た、まゆ美人。
裸族のひと | 53223 | 2009年11月03日 22:58 | URL 【編集する】

この未亡人がムスリムかどうかよりも、夫に保険がかかっているかどうか、
遺産はどれぐらいあるのか、その受取人は誰かを調べた方が良いね!
カヲナシ | 53226 | 2009年11月03日 23:28 | URL 【編集する】

ラビア・・・・・・・・・・
裸族のひと | 53229 | 2009年11月03日 23:40 | URL 【編集する】

世界から宗教無くなれば平和になるかもね
ALI | 53241 | 2009年11月04日 00:09 | URL 【編集する】

騙されたという事が一番重かったんじゃないかな。
裸族のひと | 53245 | 2009年11月04日 00:28 | URL 【編集する】

美人無罪
地球外のヒト | 53249 | 2009年11月04日 00:37 | URL 【編集する】

こんないい女と毎晩やれんなら豚と酒くらい我慢するっての
もちろん外でガッツリやるけどな
ホントキリシタンとムスリムはゴミばっかだな、女以外みんな死滅しろ。
y | 53252 | 2009年11月04日 00:46 | URL 【編集する】

>> 53135さん

亀レスですが、事例紹介(?)ありがとう!!
ケースバイケース、 この事例が特殊であってほしいですね。

※この事例も含め、あくまで他人事ではありますが
異教徒間の夫婦だと冠婚葬祭がどうなるのかが一番気になります。
2-getter | 53254 | 2009年11月04日 00:51 | URL 【編集する】

あれだ。倉田てつをだ。
裸族のひと | 53265 | 2009年11月04日 01:53 | URL 【編集する】

いい女だから騙してでもモノにしようとしたんだろうなぁ
自分を偽って異性に近づく人間ってのは
相手を物としてとらえてる
いい男、女は「セックスできる(したい)物体」という感じ

もちろん、知識の上では「生きてるし、人間だろう」とは分かってるけど
基本的にそんなの関係なくて
「自分がこの異性で気持ちよくなれるかどうか」だけが問題
だからこういった性的虐待、精神的虐待も平気
またロクに相手を調べもせずに股開くこの女の人にも問題はあると思う

東京では今年もハロウィンだとか言って外人が暴れたそうだけど
それにぶら下がってる女どももこういった苦労するといいと思う
名無しさん | 53267 | 2009年11月04日 01:55 | URL 【編集する】

うちの嫁さん、こうやって目から下隠すとこの人にかなり似てるが残念な事にそんなに美人じゃないぞ。。。
裸族のひと | 53295 | 2009年11月04日 10:45 | URL 【編集する】

宗教なんて元々は人々の救いでもなんでもなく、統治の道具でしょう?
近代の世の中ではそんなものは不要、時代遅れの連中が勝手にやってりゃいい。
この妻にしたって、殺意を覚えるほど自分を追い込むなんてマヌケだね。
教義もクソもねぇ、騙される奴が悪いんだ。
裸族のひと | 53306 | 2009年11月04日 13:49 | URL 【編集する】

そりゃ、仮に一般的な習慣の日本人に当てはめたら、
・夫が異教徒だった→夫が創価学会や幸福の科学などカルトの信者だった
 (イスラム教信者から見ると他の宗教はこのレベルのカルト)
・豚肉を食べさせられる→人肉を食わされる
 (それぐらいのタブー。身体に悪いとか毒があるとか云々じゃなく、タブーな食い物)
・酒を飲む→麻薬を吸わされる
 (酒は麻薬と同列の扱い)
・夫が「悪魔の詩」の本が好き→夫が非常に過激な内容のカルト本が好き
・夫がアンチ日本人でイエロージャップとか言われる
で、しかも周囲には相談する相手もいないし、
日本人の言うことなんか(この場合は女性の言うこと)誰も取り合ってくれない、
みたいな感じだからなあ。
しまいにはノイローゼみたいにもなるだろうよ。
この夫は何を考えていたんだか。
裸族のひと | 53311 | 2009年11月04日 14:40 | URL 【編集する】

宗教KOEEEEEEEEEEE
裸族のひと | 53318 | 2009年11月04日 15:42 | URL 【編集する】

日本に来てるイスラム教徒を見習え。
でつ | 53320 | 2009年11月04日 16:30 | URL 【編集する】

宗教嫌いだけど、これは夫が全面的に悪い。
なぜ結婚したし。
裸族のひと | 53330 | 2009年11月04日 17:13 | URL 【編集する】

夫は本当はイスラム教が大嫌いで、こういう計画のために敬虔はイスラム教徒の妻を娶り、嫌がらせをしたのだとプロファイル。
nobu | 53338 | 2009年11月04日 17:42 | URL 【編集する】

西洋かぶれのキリスト教徒だとイスラム教徒は「野蛮人」と思ってたとかいうのもありそう。
自分は進歩的な考えを持つ寛大な男だから愚かで哀れなイスラム女を改心させてやるんだーみたいな
ヘンな使命感を持ってたとか。
裸族のひと | 53344 | 2009年11月04日 19:22 | URL 【編集する】

別れようとするのではなく殺そうとすること自体おかしい。
殺意を抱くこと自体はわかるけれど。
今ある宗教って文化的にはおもしろいけれど
全体として実際は幸福を生み出さない方向のものに
なっているのかなあ。
美人なイスラム教徒の女に豚、酒、ミニスカートをはかせて
変化させてみたいというのはわかるけれど。

裸族のひと | 53348 | 2009年11月04日 20:32 | URL 【編集する】

ひとつウエノ男
に見えた
三十路チェリー | 53350 | 2009年11月04日 21:16 | URL 【編集する】

妻が夫を殺そうとしたのか、宗教が夫を殺そうとしたのか。
裸族のひと | 53387 | 2009年11月05日 19:05 | URL 【編集する】

イスラム教の教えってきっと奥さんを束縛したい男が、綺麗な女多いから顔を隠して露出を控えるように教えたのかも知れない。
異常性ばかりだもの。
豚肉も嫌いで、酒も嫌いだから、そういうことしてるんかも。
もっと自由になるはずなのに
名無し | 53399 | 2009年11月05日 22:14 | URL 【編集する】

何にしろ、こやつらはすぐ殺して済ませようとしすぎなのではないか?
裸族のひと | 53409 | 2009年11月05日 23:33 | URL 【編集する】

無罪
裸族のひと | 53410 | 2009年11月05日 23:35 | URL 【編集する】

>>53330さん
「宗教的禁忌を破らせること」に刺激を感じていたのではないかと。
2-getter | 53438 | 2009年11月06日 04:08 | URL 【編集する】

イスラムは砂漠の宗教

砂漠の宗教であるイスラムをアメリカにまで持ってくるのがおかしい。
中東の砂漠の中でなら、酒を飲まないとか、豚肉を食べないなどの
イスラムの厳しい戒律は守れるだろうが、
アメリカなんかで実行すれば頭がおかしくなって当然ですよ。
播磨亜相 | 53441 | 2009年11月06日 05:06 | URL 【編集する】

>>53399
肌を隠すのは砂漠で地肌を晒すと日光で皮膚がやられるので、かえって全身布で覆った方が安全だからです。
ちなみに女だけじゃなく男も戒律があって髭を伸ばさないといけないとか、ヘソ下膝上は露出してはダメとかある。

豚肉は火を通さないと有鈎条虫に感染して死ぬから、
燃料の木材が少ない砂漠で食料に使うのを避けてる。

酒が禁止されてるのも砂漠で飲みすぎると脱水症状を起こすから。

一応、過酷な環境で生きていくための知恵としては一理あるんだよ。
科学の概念が無い古代人は、その方が良い理由を言っても分からない人が多かったので、宗教という形でライフスタイルを共有した。
  | 53458 | 2009年11月06日 11:08 | URL 【編集する】

分かった事は、酒や豚肉を食わなくても、
立派に人は育つという事だ。
裸族のひと | 53471 | 2009年11月06日 14:18 | URL 【編集する】

宗教にこだわって見てる人が多いみたいだけどさー、誰だって食べたくないもの(特に肉類とか)無理矢理食べさせられたら精神的ショック大きくないか? 

この女性の場合、たまたまそれが豚だっただけだと思うわ。(そしてその理由がたまたま宗教上の理由だった、と。)これが猿の脳みそとか、馬のペニスとか、クマの手とか、子牛の脳みそとか、そういう一般人がゲテと思う動物性タンパク質だったらもっと同情できたってか?

ミニスカートだって肌出したくない人からしたら辱め以外のなにものでもないわけで。。。

男性陣はイチモツの形がハッキリ分かるよーな極小水着を無理矢理着させられる事を想像すれば、その居心地の悪さが想像出来るかもよ?
めいぷ | 53484 | 2009年11月06日 19:16 | URL 【編集する】

ちなみに、牛肉・鶏肉であっても イスラム教徒が作法に沿って殺し さばいた肉でないと食べれません。 豚の入った餌を食べた鶏なら 肉も卵もダメです。
(made in イスラム国の食品なら ハラルマークの表示があります。)

ハラル(ハラール)食品でないとダメなので 敬虔なイスラム教徒の彼女は アメリカでかなり不自由していたと思います。(何を食べていたんだろう・・・)

それにしても、寝てたのにナイフをかわすなんて「すごい!」 ウソ寝してたのか?
裸族のひとり | 53494 | 2009年11月07日 00:16 | URL 【編集する】

>世界から宗教無くなれば平和になるかもね

宗教ごとにすみ分けして暮らせばいいと思う
必要な時だけ貿易するとかを希望
宗教や思考は人の基礎にあるもの・モラル・社会を平和に保つもの・大体の行動規範
人をだますことを良しとする集団と、悪とする集団は一緒に暮らしていけないことと同じく

世界はおぞましい | 53526 | 2009年11月08日 02:08 | URL 【編集する】

にょめにこいお
ベーゼン | 53537 | 2009年11月08日 07:21 | URL 【編集する】

>>53526
それができない、というか、むしろなぜかできてるのがエルサレム。
  | 53606 | 2009年11月09日 13:05 | URL 【編集する】

くだらない教えは必死に守るのに、
人殺しは平気なのね、この宗教やってる人たち。
裸族のひと | 54079 | 2009年11月11日 15:49 | URL 【編集する】

>人殺しは平気なのね、この宗教やってる人たち

「そもそも人殺しが悪い」という観念自体も教育の結果な訳で
”ゴキブリを殺す”のと異教徒を殺すのは同意義にするのも教育次第

ちなみに、この事件を現代日本に置き換えて、
「非処女が穢れてる」と忌避する奴等が女が処女というので結婚したが、実は元風俗嬢+結婚後も他の男とやりまくり状態 という形を想像すれば理解できるんじゃね?
しかも、離婚は(何らかの理由で)絶対できない となれば・・・

てーかイスラム女は顔を含めて手(と足)以外の肌は夫以外に見せてはダメって言う常識を知らん奴多すぎw
ちなみに奴等はパスポートだって黒頭巾なんだよw
774 | 54498 | 2009年11月12日 21:04 | URL 【編集する】

覚悟決めた目をしてるよねー。
自分も裁かれる覚悟で夫の殺害を決心したんだろうな。
裸族のひと | 54702 | 2009年11月13日 20:55 | URL 【編集する】

殺したのだがら、彼女は裁かれて当然だが
旦那も相当悪いな。
結婚しなきゃいいのに。
qtyam | 55003 | 2009年11月15日 02:35 | URL 【編集する】

>>55003
殺してないよ。未遂だよ。
裸族のひと | 55899 | 2009年11月19日 04:45 | URL 【編集する】

「私は罰せられなければなりません。その覚悟はできています」
っていうのが立派だよな。殺人という行為はともかく、こういう人はまず見たことがない
裸族のひと | 56120 | 2009年11月20日 22:03 | URL 【編集する】

大した価値もない人間の命は大切に扱うのに
他人の価値観への干渉は平気なのね、このゆとりたち

こうですか!
わかりません^^;
裸族のひと | 80167 | 2010年06月15日 04:01 | URL 【編集する】

お転婆ラビアサルワール悪女王は今頃、祖国で厳格な伯母の体罰・叱責・小言・暴力・暴言・罵声・威圧・脅迫・怒号・干渉等の仕打ちや制裁を食らっているのだ!
裸族のひと | 141117 | 2012年07月17日 17:10 | URL 【編集する】

コメントを投稿する

(ハンドル無記名の方は「裸族のひと」と表示されます)

▲PageTop



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。