2008.05.28 (Wed)

ベルリンの壁と結婚していた女性 エッフェル塔と結婚した女性

80528b.jpg

The Sun
セクシーだという理由で、「ベルリンの壁」と結婚したスウェーデン女性の記事が27日付サン紙に報じられています。

この女性は、Eija-Riitta Berliner-Mauerさん(54歳)。
「わたしたち二人は既に長年の愛情を育んでいます。「彼」に出会ったのは1961年のこと。わたしはひと目ぼれでした。「彼」は年下ですが、年の差を感じたことはありません。真実の愛は年齢を問題としないのです」
と自らの愛と結婚の軌跡をブログでつづるEijaさんは、1954年5月20日にスウェーデン北部、リデンの街に生まれました。ところが多感な少女時代に恋に落ちたのは、テレビに映った「彼」の写真。それは61年に建設された東西ドイツを隔てるベルリンの壁でした。

後に「Objectum-Sexuality(対物性愛)」と診断されるEijaさんの症状は、基本的に命をもたないモノに対して恋愛感情を発生するといった一種のフェティシズム。これに囚われた当時7歳のEijaさんは、ベルリンの壁の意味するものより、そのセクシーなボディラインに魅せられてしまったようです。
それからというもの、Eijaさんは「彼」の写真の収集につとめ、ついに1979年、6回目の訪問、1979年6月17日の6回目の逢瀬で「彼」と結婚に至りました。姓は彼の名を用い、「Berliner-Mauer」としたEijaさんは、今年で結婚29年目を迎えるといいます。

Eijaさんにとってのセクシーなものとは、長く、スリムな水平線。過去には中国の万里の長城に恋したこともあったそうですが、ベルリンの壁に比べると厚いぶんだけ魅力が劣ったのだとか。
そんなEijaさんが悲しんだのは、いうまでもなく、1989年11月9日の壁の崩壊。
イデオロギーなどとは全く関係なしに「ただ夫の体が破壊されること」を嘆き悲しんだというEijaさんは、以来壁のあった場所に訪れることはなくなったそうですが、家に夫の体の一部をもち帰り、これまで通り夫婦いたわり合う日々が続いているそうです。

サン紙によれば、「人間相手では処女」というEijaさん。「愛しあうときには、もちろん私一人で楽しまずに夫に歓んでもらうことも忘れないわ」とのことだそうです。



80528c.jpg

Independent
こちらは、おなじく「Objectum-Sexuality(対物性愛)」の女性、Erika La Tour Eiffel さん(36歳)。彼女は名前からもおわかりのようにエッフェル塔と結婚しているそうです。

Erikaさんは現在サンフランシスコに住む元アメリカ陸軍兵士。英インデペンデント紙によると、アーチェリーの前世界チャンピオンという経歴をもつErikaさんもまた、少女時代より命をもたないモノへの信仰にも似た愛情があり、まずは槍、そして弓矢の矢といった先端が尖ったものに対して心を惹かれていったようです。

そんなErikaさんが最終的に夫として選んだのはエッフェル塔。昨年友人たちとパリを訪れたErikaさんはこの巨大な鉄のモニュメントと現地でささやかな結婚式を挙げ、永遠の愛を誓い、自らの姓も「La Tour Eiffel」と変えました。
「でも公共のオブジェを愛するのは、いろいろ面倒もあるのよ」とは彼女。
いちばんは体の関係。常に不足よ。これからもずっとだわね」 だとのことです。


…ええと、東京タワーは現在独身のようです。もっともあと何年か待って、第二東京タワーの方が狙い目かもしれません。

strange | EDIT


 | HOME |