--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2007.11.07 (Wed)

女神ラクシュミの生まれ変わり? 8本の手足をもつ女児

71105i.jpg

BBCほか―
四本の手、四本の足、都合八本の四肢をもつインドの女児が、寄生結合体の分離手術をうけることになりました。

この女児は、ネパールとの国境近いビハール州の生まれ。今年二歳になったラクシュミ・タトマ(Lakshmi Tatma)ちゃん。結合双生児のなかでも頭蓋結合体(Craniopagus)に次いで稀な坐骨結合体(Ischiopagus)といわれるもので、結合双生児全体のなかでも約6%といわれています。

ラクシュミちゃんは下図のように臀部で合わせ鏡にしたように癒合していますが、寄生体のほうに頭部はありません。またその名前からもわかるようにヒンドゥー教の美と豊饒、そして幸運を司る女神ラクシュミから命名され、女児が生まれてからその姿形ゆえに、村人たちには崇め奉られてもきたようです。

しかし日常生活では余分の四肢はさすがに不便極まりなく、両親も切除を願っていたところ、シャラン・パチル医師を筆頭とするカルナータカ州の州都バンガロールの医師団が援助の手を差し伸べました。
分離手術は現地時間6日、40時間におよぶ工程が組まれているといいます。

71105m.jpg
80321p.jpg

Tags : 結合双生児 |

Medical | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。