--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2007.09.26 (Wed)

公園の噴水に性器を貫かれて裂傷を負った女子大生が、建設局に賠償請求

70926a.jpg

東方今報
公園の噴水広場で遊んでいた女性が、噴き上がった噴水に下半身を貫かれ、膣と腸に裂傷を負ったとして公園を管理する建設局を訴えていた裁判で、一審で提示された賠償額を不服とした女性が、南陽市中級人民法院に上訴しました。

この女性は河南省の女子大生、李梅さん(19歳―仮名)で、事故に遭ったのは昨年の夏休み。同省の西峡県にある親戚の家に滞在していた李梅さんは、友人らとともにオートバイで男女4人で市街地にある時代広場に向かいました。
ここの広場には音楽とともに噴水が立ち上がる仕掛けがあり、訪れた人々は音楽がはじまると歓声をあげて行ったり来たり。李梅さんらもそれにつられて噴水の中心部に足を向けたといいます。
ところが運悪く、演出がクライマックスを迎えたときに李梅さんが立っていたのは、高さ50メートルの噴水主噴流の噴き出し口(下画像)。スカートを穿いていた李梅さんは高圧の水流を下着一枚でまともに受け、地面に放り出されます。全身びしょ濡れになりながら倒れ込み、下腹部を抑えて呻く李梅さんの足許には夥しい血が流れ、これを見た友人らはすぐさま彼女を市街の病院に運びました。

西峡県人民病院の急診科に担ぎ込まれた李梅さんは、失血性ショックをおこしており、まずは輸血。その後検査の結果、水流による腟壁裂傷が直腸膣瘻(rectovaginal fistula)をひき起こしていたことがわかりました。
直腸そのものの損壊も大きかったために病院では、膣壁の修復とともにS字結腸に腸瘻を設けるなどして対応。しかし予後の経過は芳しくなく、李梅さんは入院生活中、ずっと点滴によって過ごしていたといいます。

70926b.jpg今年3月、ようやく回復に向かって自宅療養に切り替わった李梅さんでしたが、将来、夫婦生活や出産などに影響がでるかどうかはわからず、時代広場の管理者である西峡県建設局に対して189,184元(うち3万元は慰謝料)という巨額の損害賠償を求める訴えをおこしていました。

7月に行われた裁判では、西峡県建設局の管理責任と李梅さん側の判断能力、また測量による噴水広場の安全性などが争点とされましたが、噴水広場に柵を設たり、音楽がはじまる前に放送による警告などがなかったことから建設局の落ち度を一部認めたものの、事故そのものは李梅さんの過失とし、27,570元の賠償請求を認めました。
昨日25日、この判決を不服とし、李梅さん側は南陽市中級人民法院に正式に上訴しました。


膣から便が…。会陰切開から直腸膣瘻を併発させて訴えられた医師

Weird News | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。