--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2007.08.30 (Thu)

生きたロバのしゃぶしゃぶから猿の脳みそまで―中国最残忍的名菜

70830j.jpg

さて、八月最後のエントリーは夏バテで食欲をなくした皆さまへのささやかなプレゼント。題して「中国最残忍的名菜―中国の残忍な料理一覧」です。
それぞれのメニューの下に記されている星は、あちらでの残忍度評価。
さあ、シェフが腕をふるって仕上げた珠玉の一品。秋に向かって皆さまの食欲の増進になれば幸いでございます。



70831a.jpg
まずは十位から。炭烤乳羊。これは出産を間近に控えた母羊を炭火でじわじわと焙り、なかまで火が通ったところで開腹。お腹のなかの乳羊(子羊)を取りだして食べるというもの。皮ごと食べられ肉の柔らかさは絶品だそうです。
残忍度 : ★☆☆☆☆

九位。脆鵝腸。よく肥えたガチョウの肛門のまわりを小刀でぐるりと抉ります。そこから人差し指をガチョウの腹腔内に挿入。腸を指に絡めて抜き取り、これを食べるというもの。もちろんガチョウは生きたまま。臭味は何で消すのでしょうか。
残忍度 : ★☆☆☆☆

70831b.jpg
八位。醉蝦。名前のとおり酔ったエビ。これは生きたエビを酒に漬け、いわば酔死したエビをそのまま食べるもの。ぷりぷりとした食感とともに酒の芳香をも味わえて一挙両得?
残忍度 : ★★☆☆☆

70831c.jpg
七位。風乾雞。字義はニワトリの陰干し。調理というか処理にスピードが要求されます。まず生きたニワトリの羽根をむしって毛抜きをし、腹を割って調味料とともに具を詰め、ふたたび閉じるというもの。ニワトリは放血させずに生きたまま逆さに吊り下げられます。吊られたニワトリは苦しいのか、息が絶えるまでグウグウとずっと啼いているそうです。
残忍度 : ★★★☆☆

70831d.jpg
六位。龍須鳳爪。龍須―龍のヒゲというのは鯉のヒゲのこと。鳳爪というのはここではニワトリの足。この二つに肉を添えて煮込みます。もちろん両方とも生きたままの鯉やニワトリから取りますから、一羽のニワトリからは片足だけを刻み、庭にはびっこの鶏、池にはヒゲのない鯉があふれることになります。
残忍度 : ★★★☆☆

70831f.jpg
五位。烤鴨掌。これはわりと有名でしょうか。アヒルの水かきです。油を塗った鉄板の上に調味料を垂らし、その上で生きたアヒルを歩かせるというもの。バタバタと忙しなく鉄板の上を歩くうちに、神経の集まった水かきが油でじんわりと焼かれ、美味。だそう。
残忍度 : ★★★★☆

70831h.jpg
四位。鉄板甲魚。甲魚というのはスッポンのこと。鍋に水と調味料を入れ、スッポンを泳がせてとろ火で煮詰めます。湯が煮立ってくるにつれ、スッポンの苦しむ様子が会席した客の興味の中心に。調理を終えてはらわたまでスープの滲みた肉は、体が温まり、比類のない旨さだとか。
残忍度 : ★★★★☆

70831e.jpg
三位。活叫驢。ロバの肉のしゃぶしゃぶです。これは繋いだロバを見ながら客が食べたい部位を指定。コックが目の前で小刀を用い、ロバの身を削って客に出すというもの。さながら中国で最も残忍な処刑法といわれる「凌遅」そのものです。
残忍度 : ★★★★☆


中国古代死刑大全 : 凌遅
小学生や幼稚園児の見ている前、路上でロバを屠殺、解体ショー

70831i.jpg
二位。三吱兒。生まれたばかりのネズミのおどり食い。「吱」は日本語に直せばチューチュー。つまりは皿に入っているネズミを箸でつまんだときに一回ネズミがチューと啼き、調味料を振ったときにチューと啼く。更に口のなかに入れたときにチューと啼くところから、「三チュー児」。
残忍度 : ★★★★☆

70831j.jpg
さて一位は、いわずと知れた猿の脳みそ。ご存じない方に説明しますと、客はまるく穴の開いた卓を囲むように座り、穴からは猿が剃られた頭を半分がたつき出している。客はそれぞれに金槌をもって猿の頭蓋を割り、キーキー喚いては恨めしげに客を見る猿の脳みそを蓮華ですくって食べるという涼味満点の食材。
もちろん残忍度は中国人にしても評価は★★★★★の五つ星、とのことです。


「猿の脳みそ」を食べる(1)
「猿の脳みそ」を食べる(2)
猿の脳みその食べ方

70831k.jpg
昨年三月、甘粛省天祝県で見つかった121体の猿の頭。

weird | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。