2007.08.22 (Wed)

自然妊娠による世界最高齢出産記録?―57歳

70822e.jpg
Daily Mail
イギリス各紙が報じていますが、イギリス海峡のチャネル諸島に位置するガーンジー島に住む女性、ドーン・ブルック(Dawn Brooke)さんが、自然妊娠による世界最高齢となる可能性があるということです。

これは今年69歳、来年から老齢年金を受けとる資格を得られるブルックさんが、「子供を静かな環境で成長させるため」、夫のレイモンド・ブルックさん(現74歳)とともに1997年の出産以来10年間にわたって周囲にも隠し続けてきたということのようです。

男の子は1997年8月20日生まれ。ドーンさんはロンドン育ちでしたが夫のレイモンドさんとその数週間前に正式に結婚し、ガーンジー島の病院で帝王切開にて出産しました。一昨日10歳の誕生日を迎えた男の子は現在、ガーンジー島の学校に通っているそうです。

これまでの自然妊娠による世界最高齢の記録は、1956年に57歳で女児を出産したルース・キスラー(Ruth-Kistler)さん。ブラジル女性のマリア・ダ・シルバさん(65歳)と記してあるサイトもありますが、どうやら誤報のようですね。
また、 体外受精による妊娠、出産に至った世界最高齢の女性は、以前紹介したアドリアナ・イリエスクさん(出産当時66歳)でしたが、この記録は2006年12月、スペイン、南アンダルシアに住むカーメラ・ボウサダ(Carmela Bousada)さんに破られました。彼女は67歳の誕生日の一週間前に双子を出産しましたが、体外受精の際には医師に55歳と偽って施術をうけたそうです。
なお、出産の史上最少年齢は、5歳7ヶ月のリナ・メディーナさんです。

Tags : 出産記録 | 出産 | イギリス |

records Guinness | EDIT


 | HOME |