2007.08.20 (Mon)

ネトゲで自キャラを殺されたことに腹をたて、現実に相手を殺害した男

70820c.jpg長江商報
オンラインゲームで自分のキャラが何度も殺害されたのに腹を立て、IPから相手の居場所を割り出し、現実に殺害してしまった事件の一審判決で、武漢市中級法院は殺害に加わった男5人に対し、最高で懲役15年の刑をいいわたしました。

「伝奇事件」と称されたこの事件は、2005年1月に起こったもので、当時漢口のネットカフェで、人気オンラインゲームの「伝奇」をプレイしていた余(現在逃走中)は、「我是誰」のハンドルをもつ相手のキャラと一騎打ちをし、敗れて殺されたことからはじまりました。
余は明くる日、また別のキャラで「伝奇」にアクセスしましたが、ふたたび「我是誰」のキャラと遭遇。再度の果たし合いの結果、瞬殺。
これに頭にきたのか、余はIPをたどって、「我是誰」が漢口礼門のネットカフェからアクセスしていると推測。翌日午前1時、仲間10人を連れ当のネットカフェに訪れたところ、偶然にも目の前で「伝奇」をプレイしていた李さんが「我是誰」のハンドルを使っていたところから、見つけたとばかりに殴りかかりました。

このネットカフェには李さんを知っている人も多くおり、双方のあいだで悶着が起きましたが、結局は外に逃げ出した李さんが余の仲間である陳に持っていたナイフで脇腹を刺され、出血性ショックで死亡したものです。なお、李さんを刺した陳は、店内での争いの際に李さんにサイダー瓶で頭を殴られていました。

事件に関わった余とその仲間11名のうち、逮捕されたのは5名。余を含む残る6名は現在も逃走中ですが、この逮捕された陳以下5名に対して武漢市中級法院は、3年から15年の懲役をいいわたしました。また李さんの家族には15万元の慰謝料を払うよう命じています。

警察の調べによると、余は26歳の漢川籍。「伝奇」にハマってからは数ヶ月の間、ネットカフェに昼夜を問わず通い続け、自分のキャラを「60級」まで成長させていたといいます。
武漢に来た当初はアルバイトなどで生活をしていましたが、やがて髮廊(ヘアーサロン―風俗床屋)の地回りなどで金を得、過去に数度、告発を受けていました。

Tags : ネットカフェ | 殺人 | 天津市 |

Weird News | EDIT


 | HOME |