2007.07.11 (Wed)

溺水した少年の捜索を千人の野次馬が傍観。まき起こる嘲笑

70711b.jpg
―蘭州朝報―
9日夕5時、黄河に面する蘭州市の雁灘で、仲間といっしょに水遊びをしていた16歳の少年ひとりが溺水。その捜索状況を1000人以上の野次馬が集まりながら傍観、少年を助けようと河にはいった市民4人を嘲笑するというできごとがありました。

少年らは雁灘にある牛肉麺館(牛肉麺―牛筋などからダシをとり、太麺、具は牛の角煮など)に勤めるアルバイト店員で、この日は6名が連れ立って砂嘴から涼みがてらに川に飛び込みだようです。ところが泳いでいるうちに二名が溺れ、一名はすぐに同僚らによって助けられましたが、もう一人、16歳の少年が水没。行方がわからなくなりました。

店員らはここで警察に通報、現場には警察官らとともに消防署署員も駆けつけ、現場付近にいた羊皮筏子(羊の皮を膨らませて作った「いかだ」―昔ながらの黄河をわたる交通手段、橋が架けられてからは専ら観光用)の客らと連携をとって捜索にあたりました。
しかし、この筏客たちは当初、店員らの連絡によって駆けつけた牛肉麺館のマネージャーの救援要請には打撈(引き上げ)費用を数千元と吹っかけ、交渉がまとまるまで救助には向かわなかったといいます。

捜索は難航し、夕7時半を過ぎる頃になっても少年の姿は見当たらず、ここに至って男性4名が服を脱いで川に飛び込み、捜索に協力しました。
ところがこの様子を橋の上などで眺めていた野次馬たちからは、進展しない救助作業にときおり侮蔑したような声や拍手がおこり、水にはいった男性が噎せると嘲笑がまき起こったといいます。

少年は8時20分、遺体となった姿で発見されました。(下画像―男性が竹竿で漕いでいるのが羊皮筏子)


水難事故に駆けつけた救助隊。「料金が足りない」と救助拒否、後に男性の水死体が発見される 自殺をすると笑われる国

70711c.jpg

Tags : 中国人気質 | 中国市井百態 | 甘粛省 |

Weird News | EDIT


 | HOME |