--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2007.07.09 (Mon)

乳房をカミソリで切り落とした少女。落ちた乳房は犬が咬んでボロボロに

70709b.jpg雅虎
「雅虎(中国YAHOO!)」といえば、このところは「女屍解剖全過程」だの「印度嬰児水葬悪俗全過程」だのと、ウチでさえ載せるのをためらうような画像が、平気で掲げられていたりするのですが、その雅虎の科学カテに今月1日に取り上げられ、一週間近くトップを独走していた記事。すこし時間がたっていますが、あまりにも凄まじい猟奇事件ですので紹介しますね。

事件そのものは昨年10月24日に起こったものです。

10月25日付南海網によると、彼氏と別れて悲観した女子高生が、自分の乳房をカミソリで切り落とすという痛ましい自傷行為を起こしました。
女子高生は、海南省昌江県に住む許さん(17歳―新華網によると珍珍さん)で高校二年。
許さんは、数ヶ月前から付き合いのあった彼氏にこの日別れを告げられてから、情緒不安定となり、自らの両の乳房を切り落としました。
乳房を切り落とすには父親のカミソリを使用。両親が不在だった24日の晩8時頃、乳房のまわりからカミソリを入れては少しずつ肉を削ぐといった方法で両の乳房を完全に除去し、切り落とした乳房はごみ箱に棄ててしまっていました。

帰宅した両親のうち、母親は凄惨な現場の状況を見て卒倒、父親は顔面蒼白で血まみれになった許さんを抱き起こし、省邊防(国境警備)病院に運びました。許さんはショック症状をおこしていましたが、応急手当の後、生命の危機は脱したということです。
許さんが棄てた乳房は、家族よりも先に飼い犬が探しあてたのか、すでにボロボロ、一塊の肉片にかたちを変えていたといいます。許さんは双乳を失いました。

意識を取りもどした許さんに記者が訊ねたところ、後からひとに自分の行為を聞かされても、両の乳房を失ったことに対する後悔はないと言い切りました。
これに関して省邊防病院の医師は、許さんには失恋のほかに勉強でも悩みがあったことなどを挙げて、数々のプレッシャーが彼女を押しつぶしたもの、保護者は子供の心理状態を常に頭におくべきで、子供の挫折と困難を評価することが肝要だと述べています。

この事件、新華網によると、許(珍珍)さんは、美貌でしたが幼い頃に小児麻痺を患い、左足があまり利かなかったようです。成績は中位で、この左足の障害からあまり人とは付き合わず、どちらかといえば自閉気味だったといいます。
また、自らの乳房を切り落とすことで、自殺をはかったのかどうかは不明ですが、カミソリを入れている間、不思議と痛みは感じなかったと許さんは述べています。
(画像はイメージです)

Tags : 乳房 | 自傷 | 猟奇 | 海南省 |

Weird News | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。