--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2010.10.31 (Sun)

英国一勇敢な男:15人の子をもつシングルマザーと婚約した男性

101031a1.jpg

Mail Online
ジョアン・ワトソンを見て、彼女が現在妊娠5カ月だとは誰も思わないでしょう。そしてその他に14人の子供がいることも。

ピンヒールのブーツ、サイズ4のスキニージーンズを穿く彼女は、髪の手入れも化粧もおろそかにはしません。シフォンのブラウスをたくし上げても、お腹の膨らみはわずか。肌はつややかで妊娠線もありません。
「妊娠しててもふだんと全然変わらないのよ」こう答えるのは、イギリス海峡、ガーンジーで寝室が4つあるこざっぱりとした家に住むジョアン(39)です。
「今回もまた始まって、たいしたこともなく終わる。妊娠することが楽しいし、疲れは感じない。まだ体力も充分あるわ」。ジョアンが明かしてくれたところによると、彼女の通常の体重は7ストーン(約44.5キロ)で、妊娠中でも体重増加は1ストーン(約6.35キロ)以内に収まるのだそうです。

いったいどうしたら、週に35個のお弁当を作り、週に56回洗濯機をまわし、毎日おしめの換えに追われ、とびまわる子供たちと口論さえしながら魅力的でいられるのか、そうした問いかけにも彼女は「ノープロブレム」と笑って答えます。
しかし、今回の妊娠、じつに16回目の妊娠は少々意味合いがちがいます。来年3月が予定日の赤ちゃんは兄弟姉妹とは異なり、はじめて黒い髪をもって生まれてくるかもしれません。

strange | (122) comment  EDIT

2010.10.31 (Sun)

more and more (90p)

101031a01.jpg
-1-
101031a02.jpg
-2-
101031a03.jpg
-3-

Pics | (51) comment  EDIT

2010.10.30 (Sat)

夫に殺された妻が母親の夢でお告げ―タイ

101030b.jpgPhuket Gazette
こちらはハロウィン向きのお話。タイの北部、ピサノロークからのニュースです。

今月初め、妻を殺害したという容疑で27歳の夫が逮捕されました。夫の名はセネ・トーンディー。妻ラトリー(21)の遺体が先月22日にマンゴーの木の下で見つかり、見つかった遺体には頭部に鈍器で殴られたような傷がありました。

遺体が埋められている場所が見つかったのはラトリーの母親、ソムジットが見た夢にお告げがあったからでした。
ソムジットは2カ月ほど前に、娘夫婦の家を訪ねました。しかしラトリーはいませんでした。夫のセネに不在の理由を尋ねると、セネは2カ月前から姿を消したまま行方がわからないと答えました。

しかしそれからしばらくした後、シムジットの夢の中にラトリーがあらわれたのです。
ラトリーは母親に「夫に殺されたの。家の近く、マンゴーの木の下に埋まってるわ」と告げました。おどろいたソムジットは親戚を集め、娘夫婦の家の近くのマンゴーの木の下を掘り返します。ところが遺体はでてきませんでした。

その夜、ラトリーはふたたび母親の夢の中にあらわれました。そしてこう言いました。「場所は合ってるわ。でももう少し深いとこなの」
翌日、ソムジットと親戚はさらに掘り進め、ついにはラトリーの遺体を発見しました。

遺体を鑑定し今月11日に夫のセネを逮捕した警察はこう述べています。
ラトリー夫人は美しかった。そしてその美貌が、彼女と関係しようと思う男を引きつけた。そこから先はよくある話さ。仕事を終えた夫が家に戻ってみると妻がいない。ふと聞き耳を立てると表から妻の話し声が聞こえる。声のする方にこっそり近寄ると若い男が妻と親しげに話していた。
夫は妻が男と話し終えるのを待ち、家に入ったところで鈍器で殴った。庭に死体を埋めた夫は妻が行方不明になったと警察に届けたんだ。

夫は全面的に妻殺害の容疑を認めていうということです。

Weird News | (59) comment  EDIT

2010.10.30 (Sat)

中国が首脳会談拒否―中国の掲示板から

101030a.jpg

国際在線
ASEAN関連会議に出席するため、ハノイを訪問中だった中国外交部の胡正躍部長助理(外務次官補)は、29日、日本側が首脳会談に伴うべき雰囲気を壊したため、中日両国の領導人(首脳)の会談はおこなわれない、これにより生じる結果については日本側が全責任を追うべきであると述べました。

胡正躍は、中国の楊潔篪外交部長が釣魚島の帰属について釣魚島とその付近の島は昔から中国固有の領土だと主張したことを述べ、ASEANの開かれる前夜、日本の外務省が他国(アメリカのこと)と釣魚島の問題を蒸し返し、中国の所有権と領土保全の言論を抑圧しようとしたことを、「日方所作所為破壊了(日本はすることなすことみんなぶち壊してるじゃないか)」と批判しています。



というニュースは中国紙でも今朝のトップ。
で記事下の掲示板は当然のごとく反日のコメントがあふれていますが、ちょっとおもしろいのがありましたのでご紹介しますね。

Weird News | (151) comment  EDIT

2010.10.29 (Fri)

本日の営業は終了いたしました―中国の物乞い (22p)

101029c01.jpg

Pics | (159) comment  EDIT

2010.10.29 (Fri)

まるでガントレット、麻薬カルテルの襲撃に遭い撤退する警察署―メキシコ

101029b.jpg

NY Daily News
画像は、20分に及ぶ襲撃で1,000発の銃弾を浴び、6個の手榴弾を投げつけられ、車両6台が破壊、白とオレンジに塗られた署の建物が穴だらけにされたメキシコ北部、ヌエボレオン州ロス・ラモーンズの警察署。

この地域は、ゼータとガルフカルテルというドラッグギャング2つの勢力による縄張り争いが激しい場所で、新しい署は3日前から稼働。しかし先週同州サビナスにある署の建物が、手榴弾を投げつけられという事件が発生、それから1週間も経たないうちに新しい署も襲撃されました。

今回、襲撃による負傷者はいなかったというもの、14人の署員らは恐れをなして辞職する方向。メキシコ情報部筋によると、今夏だけでもカルテル同士の抗争など麻薬関連の犯罪で、約30,000人が命を落としたということです。

Weird News | (93) comment  EDIT

2010.10.29 (Fri)

いってててててて!

101029a.jpg

南アフリカのクルーガー国立公園。赤ちゃんゾウはこの後群れの仲間に助けられたそうです。

Pics | (59) comment  EDIT

2010.10.28 (Thu)

太極図にドラゴンのはずが…友人に40センチものペニスのタトゥーを入れられた男―豪

101028d.jpgOrange
友人の背中に16インチ、約40センチものペニスのタトゥーを入れた男が訴えられました。

この男は豪クイーンズランドのイプスウィッチ近くに住む21歳で、この男と友人関係にある被害者の男性(25)は最初タトゥーを入れることには興味がなかったといいますが、話をしているうちに乗ってきて、ドラゴンと太極図を入れてほしいと言い出したいいます。

現場にはもうひとり一部始終を見ていた男性がいましたが、被害者男性がタトゥーを入れられている間も「すっげーいいじゃん」と述べるのみ。これですっかり信用した被害者は、「しばらくは表に出ないように、誰にも見せないように」と男に言われ、引き上げました。

帰宅した被害者は同居している女性に背中を見せました。女性はこう言ったそうです。
「それって、あなたが思い描いてるのとはちがうんじゃない?」
ペニスには男性がゲイであることを示す文句も入れられていたといいます。

友人の男は、身体障害を引き起こす暴行、および侮辱容疑で告発をうけました。(画像はイメージです)

Weird News | (109) comment  EDIT

2010.10.28 (Thu)

店のオーナーにペニスへの輪投げを強制されたとして、ウェイトレスが告訴―オレゴン州

101012a.jpgmsn ほか―
レストランのオーナーに、「ペニスへの『輪投げ』ゲーム(ring toss game on penis)」を強要されたとして、レストランに勤めていた女性従業員が、オーナー夫婦を訴えています。

このレストランはオレゴン州にある「マーカム・イン」という名のレストランで、ここでウェートレスとして3年間働いたジェシカ・ウェバーの訴えによると、「レディス・オンリー」とうたって催したプライベートパーティーの最中、オーナーのワード・フレデリック(46)が裸になり、勃起したペニスに輪投げをするよう勧めた後、従業員のウェバーにもゲームに参加するよう強いたということです。

また客を含むレストランの従業員は、フレデリックの妻、ジュリーからセクシャルなアンケートに答えるように強制され、パーティーがはじまり、Gストを外したフレデリックのペニスのサイズを測り、ローションを塗ってこするようにも求めたとウェバーは訴えています。

1年前にレストランを辞めたウェバーはセクハラや不当解雇などの理由で、慰謝料として90万ドル(約7300万円)を要求。これに対してフレデリックの側ではパーティーがまだ終わってないのにウェバーが店から出、戻ってこようとしなかったと反論しています。
ちなみにフレデリック夫妻は、レストランの広告で「あたたかく魅力的。ご家族様大歓迎」だとうたっていました。

Weird News | (22) comment  EDIT

2010.10.28 (Thu)

2歳の幼女の陰部にテニスラケットの柄を突っ込んだ「継母」に懲役5年―浙江省

101028b.jpg西部網 ほか―
2歳の幼女の陰部にテニスラケットの柄を突っ込んだ「継母」に懲役5年の判決が下されました。

事件が起こったのは昨年8月16日のことでした。仕事を終えて帰宅した喻は、トイレで娘の婷婷(2)がけたたましく泣きいているのを聞いておどろき、婷婷の体をしらべて下半身にまだ血も固まっていない裂傷があることに気づきました。
急いで病院に連れていったところ、傷は思いのほか深く、医者からただの怪我ではないことを告げられました。あきらかに誰かから暴行をうけたものだといわれたのです。喻に心当たりがあるとすれば、同棲している女友だち以外に考えられませんでした。

Weird News | (84) comment  EDIT


 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。