2010.04.25 (Sun)

脇の下にチワワを抱いた市民があらわれる―吉林省吉林市

100425f.jpg

東方IC
21日、吉林省吉林市、松花江付近で脇の下に吉娃娃(チワワ)を抱いた市民があらわれ、(吉娃娃が)時折見せるそのおかしな表情が多くの人々の注目を集めました。

Weird News | (141) comment  EDIT

2010.04.25 (Sun)

ブルカを着けたまま車を運転するのは違法―フランス

100425e.jpgThe Sun
ブルカを着けたまま、車を運転していた女性が捕まり、18ポンド(約2,600円)の罰金を言いわたされました。

女性(31)はフランスの西部、ロワール川河畔にある都市、ナントで捕まったもので、警察ではブルカのスリット越しでは視界が妨げられるという理由で、女性にペナルティを科したと述べています。

しかし女性の側では視界はどこも妨げられず、差別以外の何者でもないと逆に警察を告訴すると反論。彼女の弁護士、ジャン=ミシェル・パローノも「われわれは自由の国に住んでいる。顔を全て覆うベールは合法とされている」と訴えました。

フランスの議会では来月、公共の場でブルカの着用を違法とするかどうかの決議をおこなう予定だそうです。


仏のプールでブルキニ禁止令、イスラム教徒の女性がこれを差別だと訴え

Weird News | (48) comment  EDIT

2010.04.25 (Sun)

スペインで世界初となる全顔面移植術

100425b.jpg中新網
スペインで世界初となる全顔面移植術がおこなわれました。

全顔面移植術をおこなったのは、バルセロナにある「Vall d'Hebron University Hospital」で、同病院の形成外科主任、ジョーン・ペーラ・バレットが執刀、30名の医師団が手術に加わり、24時間の工程で移植をおこなったということです。

移植を施された患者の名前などはあきらかにされていませんが、30代の農夫で、今から5年ほど前に銃の暴発で顔の大部分を損傷していました。
事故後、男性は顔面の再建手術を9回施されましたが、いずれも上手くいかず、今回の全顔面移植に至ったといいます。

100425d.jpg

鼻を失い、あごを吹き飛ばされ、口のあるべき部分には大きく開いた穴と瘢痕組織が残るだけという状態で、男性は交通事故で死亡した男性から、皮膚、鼻、唇、あご、歯、口蓋と頬骨、そして筋肉組織まで移植されたということです。

手術がおこなわれたのは3月20日。男性はあと2ヶ月間の入院が必要だそうですが、バレット医師は、2、3週のうちに男性が話したり、微笑んだり、ものを食べることができるよう目指しているとのこと。
現在までのところ健康状態は良好だといいますが、これからは拒絶反応を抑止するために男性は免疫抑制薬を飲み続けなければならず、その結果ガンや糖尿病などが併発するという危険もはらんでいるということです。


フランスで初めての顔面全移植手術に成功
顔面を移植した女性
Face transplant
顔面移植の女性、来月より仕事に復帰
中国で男性の顔面移植
中国の顔面移植、その後
フランスで初めての顔面全移植手術に成功
アメリカで顔面の80%の移植手術が成功
アメリカ二例目となる顔面移植患者が会見

Weird News | (32) comment  EDIT

2010.04.24 (Sat)

知り合ってわずか9日でホームレスと結婚した大学講師―英

100425a.jpg

Orange
さて、たまにラブストーリー。
大学講師を務め、家も車ももっている女性が、休暇をとってLAに。そこで偶然知り合ったホームレスの男性と9日後に結婚しました。7年後、女性のお腹の中には2人目の赤ちゃんがいます。

女性の名はジョアン・セントクレア(37)。ランカシャー州ネルソンに住む大学講師、ジョアンがふと思い立ってLAに旅だったのは、30歳のときでした。
「そうね、私はそれまで何でもうまくこなしてきたわ。そしてキャリアを手に入れたの。家も、車も。でも何か欠けているような気がして仕方がなかった。そこで自分探しの旅に出かけたの。私自身がほんとうに欲しているものって何だろうって」

旅行代理店に行ったジョアンは翌日のLA行きの切符を買って旅立ちました。宿はベニスビーチにあるホステル。ところが到着して2日後、彼女の人生を変える出会いが訪れました。場所はホステルのキッチンです。相手の男性の名はダニエル・オーリック。
しかし当時24歳の彼はバックパッカーですらありませんでした。路上ライブをおこない、シンガーソングライターとして成功する夢を見るダニエルでしたが、現実はホームレス。夜、寝る場所を提供してもらうのと引き換えにホステルで働いていたのです。

「第一印象はあまりよくなかったわ。『ザ・シンプソンズ』は好き勝手かって訊かれて、私が見たことないって言うと急に不機嫌になったの。でもそのままフランクに話を続けて、彼にとって大切なものを訊ねた頃からお互い、少しずつ変わったように思うわ」
ダニエルは自分の夢を語り、ジョアンに弾き語りを聞かせ、ホームレスであることも告げました。ジョアンはストリートに戻ろうとするダニエルを引きとどめ、自分の部屋に招きました。ファーストキス。続く5日間、2人は互いを知り尽くそうと夢中で語り合ったといいます。ダニエルはこう言いました。「僕たち、これから結婚するって知ってる?」。
ジョアンは「もちろんよ」と返しました。

こうしてLA到着後、9日目にして裁判所に結婚届けを出したジョアンは語ります。
「パラレルワールドに潜り込んだみたいな感じ。家から何千マイルも離れたところで、人生最良の時を過ごしている自分がいる。それも信じられないような巡り合わせで」。
ジョアンとダニエルは薬指にタトゥーを入れ、結婚指輪の代わりとしました。そしてその夕方はダニエルが全財産50ドルを奮発し、2人はレストランで食事をとりました。

夢を追い続けるダニエルのために、ジョアンは最初アメリカに永住しようと考えます、しかしグリーンカードの取得には何年もかかることを知った彼女は、ダニエルと共に英米間を行き来しているうちに英国にもどることを決意しました。子供が生まれたからです。

現在、2人の子供、エリヤは4歳。今年11月に出産予定の2人目の子供を妊娠しているジョアンは、マネージャーとして夫のダニエルを支え、「ゴーストタウン」レーベルを立ち上げ、多くのシンガーやミュージシャンの面倒をみています。
「偶然の出会いはそれまでの私の人生を全然ちがうものにしてくれた。みんな、分別のある暮らしをしなさいって言うけど、心の赴くままにトライしてみるっていうのも価値があるものなのよ」

Weird News | (39) comment  EDIT

2010.04.24 (Sat)

more and more (84p)

100423a01.jpg
-1-
100423a02.jpg
-2-

Pics | (46) comment  EDIT

2010.04.23 (Fri)

20年前に鞭で叩いた生徒に報復された校長―英

100423g1.jpgMail Online
「おれのことを覚えているかい」
20年前に鞭で叩いた校長を叩きのめし、片耳の聴力を損なうなど障害を負わせた元生徒に有罪が宣せられ、3年間の懲役が言いわたされました。

襲われたのは、キーラン・ヒーキン(58)。
現在、英ランカシャー州バーンリーにあるセント・ジョンズ・RC(ローマンカトリック)小学校の校長で、ホイットワースの市長をも務めたヒーキンが、昨年2月、ロッチデールのインド料理店で持ち帰り用のカレーを待っていたところ、ひとりの男に「おれのことを覚えているかい」と訊かれた後、叩きのめされました。

100423g2.jpg男はヒーキンの元生徒、ジャーメイン・ブレン(26)で、ブレンはヒーキンに暴行を加える際にこう言ったといいます。「おまえは6歳のおれを鞭で叩いた。おれはずっとおまえに会えるのを待っていた」
鼻から頬骨にかけて、眼窩、そして顎の骨にひびの入ったヒーキンは、4枚の金属プレートで頭蓋を支えなければならないほどの重傷で、片耳は聞こえず、いまだもって味覚も臭覚も失われているといいます。

襲われた直後のヒーキンは、妻のアンジェラ(57)以下、レベッカ、ダミアン、エドワードの3人の子供のことも認識できない状態でした。

21日におこなわれた裁判で、ヒーキンを襲ったブレンは罪を認め、懲役3年がいいわたされました。裁判が終わって後、ヒーキンはこう語りました。
「怪我はしましたが、私はジャーメインを許します。いかなる報復も考えていません。子供の頃の彼は憶えていますが、その後長いこと会ったことはありませんでした。彼はしばしば学校から追い払われていました。
敬虔なキリスト教徒として、私は彼を許すことに決めました。子供たちに対し、ずっと「許し」というものを教えてきたのが私の仕事だったのですから」

Weird News | (114) comment  EDIT

2010.04.22 (Thu)

1日10時間あまりも紐でくくりつけられる幼児たち―浙江省

100422f1.jpg

Mail Online
こちら一連の画像は、浙江省海寧市のレンガ工場で撮られたものです。

中国でも経済発展が最も顕著にあらわれている開発区、尖山新区をもつ海寧市ですが、出稼ぎに来ている窯工たちの中で、まだ幼い我が子を工場の扉や窓に紐でくくりつける者たちが少なくありません。

育児をする時間も余裕もない打工(出稼ぎ農民)たちは、幼児が工場の中をむやみに走りまわって事故に遭うことを恐れ、ゴム紐でくくりつけるのです。保育園や託児所の料金は中国では大学の学費よりも高く、また数もありません。
幼児たちは平均、10時間近く紐でくくりつけられるのです。

いちばん下の画像は、ショッピングセンターの外に鎖でつながれた幼児。障害をもつ幼児の母親は道ばたでゴミを集め、父親は無免許で三輪車(自転車タクシー)を走らせます。
不憫に思った通行人が警察に通報。警察では幼児の鎖を解くよう父親に命じました。またこの話を聞いた地元の保育園の理事長は、幼児を3年間、無料で預かることを申し出ました。理事長によると、3年間の保育料は40,000元だといいます。

Weird News | (139) comment  EDIT

2010.04.22 (Thu)

女性が動物園の堀に落としたサングラスをパンツ一枚になって拾う男―上海

100422d1.jpg

新民網
17日、上海動物園の東北虎エリアで、女性が落としたサングラス(墨鏡)を、連れの男性がパンツ1枚になって堀に飛び込み、探しまわるというできごとがありました。

このカップルの名前など詳しいことは不明ですが、女性が落としたサングラスは3000元するもので、連れの男性は係員に虎を檻の中に閉じ込めるよう指示すると、服を脱いで堀に飛び込んだということです。

この日の上海の気温は最高で16度。まだまだ冷たい水の中に果敢に飛び込んだ男性ですが、「生命の安全を考慮して虎を檻に入れることを優先した」という係員によると、サングラスは見つからなかったそうです。

100422d2.jpg
100422d3.jpg


Weird News | (40) comment  EDIT

2010.04.22 (Thu)

酒に酔った十代の女性らが路上ですれ違った男性とケンカになり、相手を死亡させる―ロンドン

100422a.jpg

Times Online
酒に酔った十代の女性らが、路上ですれ違った男性とケンカになり、相手を死亡させた事件の裁判がオールド・ベイリー(中央刑事裁判所)ではじまりました。

事件は昨年9月に起こったもので、場所はロンドン、トラファルガー広場。
当時17歳のルビー・トーマス(画像左)とレイチェル・バーク(画像右)、および2人の友人、ジョエル・アレキサンダー(18)が、被害者のイアン・ベイナム(下右画像)とすれ違いざまに「ファッキング・ファゴッツ(ホモ野郎)」と罵倒したことがきっかけとなりました。

時刻は午後10時。ベイナムはオープンゲイ(ゲイであることを公然にしている同性愛男性)で、その日は男性のパートナーといちゃつきながら広場横の舗道を歩いていたといいます。その2人を罵倒したのが、大学でセラピストになるべく学ぶトーマスでした。

100422b.jpgパートナーに引き止められたベイナムでしたが、トーマスを叩いたことからアレキサンダーが介入。アレキサンダーがベイナムの顔をなぐって路上に倒すと、トーマスとバークが仰向けのベイナムの上に乗って踏みつけました。その後2人の女性は意識を失ったベイナムの胸と頭をなおもくり返し力一杯蹴り続け、結果的に脳損傷による死に至らしめたということです。
また、バークは現場から逃げ出したベイナムの連れ、ブラウンをも追いかけて暴行をくわえ、ブラウンに身体障害を引き起こしたとされています。

陪審に提供されたCCTVの画像では、夕方サウスロンドンの自宅を出たトーマスらが、アルコール飲料の缶を手に街のあちこちをぶらついている姿も映っていました。

100422c.jpg

検察側のブライアン・オールトマンQC(上級審理を担当する裁判官―Queen's Council)は、法廷でこう述べています。
「事件はロンドンのまさしく中心、この都市で最も有名なオープンスペースのひとつ、国立美術館があり、ネルソン記念柱のあるトラファルガー広場で起こりました。卑劣な暴力を目の当たりにした目撃者は、まるでキューブリック監督の『時計じかけのオレンジ』にも場面を喩えました。そこで何が起こったかといえば、気の滅入るような酒の上での無思慮なふるまい。しかし彼らがしたことは、反社会的という言葉を遙かに超えた行為でした」

裁判は続きます。

Weird News | (81) comment  EDIT

2010.04.21 (Wed)

実の娘を15年間にわたって性的に虐待。4人の子供を産ませていた49歳の父親―ミズーリ州

100421c2.jpgKansasCity.com
実の娘を15年間にわたって性的に虐待。4人の子供を産ませていた(うち3人は死亡)49歳の父親の裁判で、陪審は第二級謀殺、死体遺棄、法廷強姦(性的同意年齢未満の子供に対する性行為)などすべてのカウントにおいて有罪と評決しました。量刑は6月7日に宣告されます。

実の娘を15年間にわたって性的に虐待していたのは、米ミズーリ州キャス郡に住むダニアル・ラインハート(49)で、娘のアシュリー・ラインハートに対し5歳のときから性的虐待を続け、4人の子供を産ませていました。

判決文が読まれる間、ラインハートは黙して動かず、しかし目には涙をあふれさせ、また証言台に立ったアシュリーも、20年という人生でこれまでにどれだけのものを失ったか、そしてまだ怯えながら毎日を暮らしていることを涙ながらに訴えました。
「面倒をみてくれる父も母ももういません。そのことがただ悲しいです」

100421c3.jpg

母親のリンダ・ラインハートは、幼児を危険にさらした容疑など2つのカウントで、8月に裁判がひらかれる予定です。当局によるとリンダはアシュリーとラインハートとの関係を知りながら、嫉妬さえもっていたといいます。しかし彼女は娘の分娩を手伝いました。

事件は、ラインハートが当時暮らしていたキャス郡の農場から、幼児2人の遺体の入ったクーラーボックスが発見された発覚しました。逮捕されたラインハートですが、収監中の独房から娘に宛てた手紙が見つかったことから事件の全貌もあきらかになってきました。
「To my feonsay(フィアンセ), I love you a hole bunch…」ではじまる娘へのラブレターの中で、ラインハートは娘が育てている自分の子供について言及しました。

DNAが一致、現在4歳の子供と死亡した幼児のいずれもがラインハートの子供だと確定され、ラインハートは罪を認めました。しかし彼はそれを薬のせいにしました。「後頭部が腫れ上がったような感じがして、その後のことについては何も覚えていないんだ」

8グレード(中学2年)で中退させられたアシュリー、そしてラインハート、母親のリンダはピックアップトラックにつながれたトレーラーで町から町へと、長期の放浪生活を続けました。アシュリーが4人の子供を出産したのはトラックの運転席だったといいます。
家族が放浪を終えたのは2005年。ラインハートの両親が遺した農場に移り住んでからです。ここで幼児の死体が発見されたのです。

「子供が高熱を出したとき、私は父に医者に連れて行ってくれるよう頼みました。私は寝ずに二晩起きてました。ちょっとの間ウトウトして、そして目を醒ましたときには腕の中にいた子供はすでに死んでいました」

「これ以上、父のセックスの奴隷でい続けたくはなかったんです」
すべてのカウントが有罪と認められたラインハートですが、彼の最大の罪、娘から半生を窃盗した罪は裁かれることはありません。


「イギリス版フリッツ」がまた1人―33年間にわたって実の娘をレイプし続け、2人の子供を産ませていた父親
豪州版フリッツ―30年間にわたって娘を強姦し続け、先天的欠損の子供4人を産ませていた父親
アルゼンチン版フリッツ―娘3人を長期にわたって犯し続け、うち1人に7人の子供を産ませていた父親
コロンビア版フリッツ―娘を30年レイプし続け、11人の子を産ませた父親
イタリア版フリッツ―25年間にわたって娘をレイプし続けた父親が逮捕
娘を24年間にわたって地下室に監禁、7人の子供を産ませていた父親が終身刑
イギリス版フリッツ―実の娘2人を28年間にわたって強姦、19回妊娠させ、7人の子を産ませていた父親
娘を24年間にわたって地下室に監禁――解放された子供たちの現在の様子
娘を24年間にわたって地下室に監禁、7人の子を産ませていた父親

Weird News | (61) comment  EDIT


 | HOME |  NEXT