2008.07.30 (Wed)

temptation

80727m_20080730175851.jpg

Pics | (18) comment  EDIT

2008.07.30 (Wed)

聖火を待つ子供たちの踏み台になるパトカー―武漢

80730g.jpg
80730g1.jpg

ここは武漢。聖火ランナーがやって来るのを待つ子供たち。
日頃はこわもてのパトカーも、この日ばかりは子供たちの踏み台です。

それにしても公安車両がシトロエン?

Pics | (23) comment  EDIT

2008.07.30 (Wed)

新聞一面の半分をつかって、離れていく彼女の心をとり戻そうと「ラブレター」を掲載した男性

80730f.jpg

湖南在線
新聞一面の下半分をつかって、離れていく彼女の愛をとり戻そうと、男性が切々たる思いをつづった「ラブレター」を掲載し、話題になっています。

男性が「ラブレター」を掲載したのは、30日付けの湖南三湘都市報紙で、広告費は約5万元。気になるその内容ですが、あまりに長いので意訳要約しながらご紹介しますね。さて、男性は愛をとり戻すことができるでしょうか?
それにしても中国紙って、新聞というよりブログっぽかったりして。



ぼくは君が思うよりずっと君のことを愛している。

盈さま

時が過ぎるのは本当に早いものだと思う。君が別れようと言ってからすでにひと月が経とうとしている。

おぼえているかい?いまから十年前のことを。幼いぼくは君のことが好きでたまらなく、将来きっと君といっしょになろうって誓った。
君にあてて最初にかいた手紙。いつの日か君を飛行機で迎えに行き、七色の雲を君に見せてやるんだとぼくは書いた。ようやくその夢が叶うようになった今、残念ながら君に別れを告げられてしまった。ぼくの思いはあの頃からずっと変わらない。君への愛は不変にして永久に変わらない。

君と別々の道を歩み出してから23日が過ぎた。ぼくはこれまでの自分の過ちを悔やみながら光のない道を歩いている。依然として自分自身が見つけられないでいる。

真っ暗な部屋で、ひとり強い酒を呷っても少しも酔えない。心の奥底にあるいくつもの記憶がよみがえり、君を忘れることができない。ぼくのこの血迷った孤独な魂がひとりでどこまでたどり着けるだろう。
いちどだけ誘惑にあったよ。でもそれをはね除けてから、君のことを本当に愛してるんだとわかった。

君のことを想いながら眠れない夜をかさね、ふと微睡んだときに胸にこみ上げるような痛みを感じて目を覚ます。夜の明けるのが怖ろしく、一日の希望に充ちた朝が、果たし得なかった夢想にとって替わられる。
自身の崩壊を悟ったとき、ぼくは鐘r衡山に上った。仏説ではいちど挨拶をかわしただけの人でも、前世で500回は会っているのだそうだ。十年育んだ愛がわずか十分で壊れたことにぼくはおどろき、悲しんだ。ならば君がこの手紙をみた僅かの間で、ふたたび君の心の鐘をうつこともあるのだろうか。

一生に一人としか出会えないとしたら、ぼくは迷わず君を選ぶよ。一生に一人だけしか好きになれないとしたら、まちがいなく君を好きになるだろう。
わかってるつもりだ。独りよがりの愛で相手を制御できる訳ではない。でもぼくは変わった。いままでのぼくではないつもりだ。
君より好きになれるひとは永遠にあらわれないだろう。君はぼくのすべてであり、ぼくのものはみな君のものだ。

盈さま

ぼくの熱情を感じてほしい。そして生まれ変わったぼくをもう一度よく見てほしい。この手紙にぼくの今のありようをずっしりと込めて、あの青い空に羽ばたかせてみることにするよ。
もし君がこの手紙を読むことがあったなら、ぼくはずっと君の想う場所で待っていると思ってくれて構わない。

君にキスしよう。長からず、しかし一生続くキスを。

Weird News | (44) comment  EDIT

2008.07.30 (Wed)

ほとんど首のとれかかった女性の遺体を屍姦していた元死体安置所職員

80730a.jpgCincinatti Enquirer
ほとんど首のとれかかった女性の遺体を屍姦していた55歳の元死体安置所職員が起訴され、70万ドルの保釈金を設定されました。

死体濫用の罪で起訴されたのは、米オハイオ州ハミルトンの死体安置所に勤務していたケニス・ダグラス(55歳)。ダグラスは、1982年8月に自宅で殺害され、安置所にもちこまれたカレン・レンジさん(殺害時19歳)の遺体とセックスした容疑で今週月曜日に起訴されました。

犠牲となったレンジさんは、事件当時、自宅に訪れた洗剤の戸別訪問販売、デビッド・ステファン(23歳)に暴行をうけ、半裸の上にナイフで首をかき切られた姿で見つかりました。逮捕されたステファンはレンジさん殺害は認めたものの、レイプについてはやっていないと主張。
レンジさんの体内から検出された精液が状況証拠となり、殺人と暴行の罪で死刑判決を受けましたが、ステファンは一貫して暴行については否定。これに基づき昨年体液のDNA鑑定がおこなわれ、ステファンのものではないことが証明されました。

80730b.jpgそれでは誰が?ということになったのですが、なんと今年3月にドラッグの不法所持で逮捕され、執行猶予中だった元死体安置所職員、ケニス・ダグラスのものとDNAが一致。今回の逮捕に至りました。

ダグラスは1976年から1992年までハミルトン郡の死体安置所に勤務。安置所に持ち込まれたレンジさんの遺体は、翌日の検死を控えて冷蔵保存してあったもので、体にはステファンが刺した傷が何十箇所とあり、流れ出て凝固した血液もまだ拭っていない状態でした。

ダグラスの罪状認否手続きにあたったマーク・パイプメイア検察補佐官は、「この事件を獣の営みと非難する向きもあるだろう。だが、それは獣に対して失礼というものだ。獣はこんなことはしない。彼は獣にも劣る病気だ」と述べています。
現在ダグラスは余罪を追及されていますが、警察ではその人数を「5人以下の複数」であるとしています。

Weird News | (33) comment  EDIT

2008.07.30 (Wed)

壊死した足先、毎月の低保は100元、治療費はなし

80730h1.jpg
80730h2.jpg

網易論壇
写真の男性は湖南省會同県林城鎮棕李村に住む明澤忠さん。1952年9月の生まれです。
10年前に妻が家を出、25歳になった息子はどこにいるのかわかりません。毎月100元という低保にたよって生活していますが、何より明さんの生活を苦難に充ちたものとしているのは4ヶ月前から壊死した両足。もちろん治療費はありません。

※追記にショッキングな画像がありますので、耐性のない方はごらんにならないでくださいね。


足先を壊死しながら流浪する精神病の男性に救助の手

Pics | (36) comment  EDIT

2008.07.30 (Wed)

Beijing's heat and smog

80729e1.jpg
80729e.jpg
80729e3.jpg
80729e4.jpg

―世界一苛酷な闘いが、いま、始まろうとしている―

Pics | (29) comment  EDIT

2008.07.29 (Tue)

殺害した友人の頭部をボウリングの球のように転がして遊んだ男に終身刑―オーストラリア

80729d.jpgThe Sun
酒を飲んで口論となり、相手を殺害。遺体からのこぎりで頭部を切断し、ボウリングの球として弄んでいた男性2人に終身刑の判決がいいわたされました。

これは29日付けの英サン紙が報じたもので、それによると事件は2005年にオーストラリアでおこったもの。
ブリスベンに住むジェームズ・ローガン(28歳)は、おなじく終身刑をいいわたされた友人のクリストファー・ジョーンズと共に、当時17歳の少年、モーガン・シェファードさんを自宅に招いて酒を飲み、口論となったのがことのはじまりでした。

ローガンは、酩酊状態にあったということですが、シェファードさんにナイフを用いて133回も刺傷。殺害し、そのあと首をのこぎりで切断したということです。
2人は車でシェファードさんの遺体を運び、道路脇に埋めたとのことですが、その際ローガンが遺体の頭部でパペットショーを演じたり、ボウリングの球のように転がして遊んだことをジョーンズが供述。また、このことを自慢げに話していたことが知人ら数名によって証言されました。

ローガンは死体遺棄については認めたものの殺人には関与していないと無罪を主張。しかしながらデビッド・メレディス検察官はシェファードさんの殺害を「動機だってたいしたもんじゃない。快楽殺人以外のなにものでもない」とローガンを切り捨て、最高裁でもこれを認め、終身刑が下されました。

Weird News | (36) comment  EDIT

2008.07.29 (Tue)

甘粛省文県劉家坪小学校

80729c1.jpg
80729c2.jpg
80729c3.jpg
80729c4.jpg

網易論壇
こちらは甘粛省の国家的貧困県とされる文県の劉家坪小学校。
粗末な身なりの子供たちが、露天にこしらえたかまどの上の大鍋で煮ているのは、とうもろこしをすり潰した粥。野外炊飯などといった気のきいたものではなく、毎日の食事をみんなで手分けしてつくっているのです。
劉家坪郷には小学校がひとつしかありません。全校生徒は104人。そのうち60人が寮住まいです。

Pics | (26) comment  EDIT

2008.07.29 (Tue)

タウナギを用いてオナニーしていた男性の尿道にタウナギが潜り込んで病院へ

80729b.jpg現代快報
タウナギをもちいてオナニーをしていた男性の尿道に、タウナギが潜り込んでとれなくなり、病院で摘出されるというできごとがありました。

連日の蒸し暑い真夏の夜。寝苦しく、ひとり悶々としているうちに衝動を抑えられなくなったという南京在住の王さん(30歳)は、この日、風呂桶のなかに昼間買ったタウナギを放すことを思いたちました。
ぬめぬめと身をよじるタウナギ。王さんは目を輝かして素っ裸の股間にタウナギを遊ばせます。ところが王さんが快感に身を委ねていると、タウナギがつるっと王さんの尿道に潜りこみました。

あわてた王さん。必死に手でタウナギの胴をつかみますがぬるぬると滑るばかりで捕まえられません。そうこうしているうちに、胴は細いものの全長40センチもあるタウナギはほとんど尿道のなかに没してしまいました。
まあ、そのうち小便といっしょに出てくるだろうと思ったという王さんでしたが、タウナギはいっこうに姿をあらわしません。2、3日して下腹部の疼痛に見舞われた王さんはようやく病院に行く決心をしました。

診断の結果は、タウナギは膀胱内ですでに死亡しているとのこと。また王さんの疼痛も激痛に変わってきていたところから、病院ではすぐに手術を開始。王さんに麻酔をかけて膀胱鏡を尿道口から挿入。約1時間もかけてぬるぬると滑るタウナギの頭を膀胱鏡の先端につけた鉤ではさんで、ようやく取り出しました。

鼓樓病院泌尿外科の孫磊医師によると、この2年で異物を挿入して病院を訪れる患者が10人ほどいたそうで、藁や、ボールペンの芯、葦の茎などを挿入した患者はあってもタウナギというのははじめてとのこと。
孫医師は、異物は手術でも完全にとりだすことが不可能な場合もあり、このようなことは冗談でもやってはいけないと述べています。なお王さんに彼女はいませんでした。


24歳の女性の膀胱から結石に覆われた長さ9センチの耳かきが見つかる
30歳の女性がペンを用いて尿道オナニー。とれなくなって開腹手術
性器にペンキャップを挿入、取れなくなった8歳の女児

Weird News | (52) comment  EDIT

2008.07.29 (Tue)

Dreamgirl Lada Enjoying Herself In Pool

80729a.jpg
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。

画像に題名をつけていただく「Caption this」シリーズ。思わぬ反響におどろきました。最初は書き込んでいただいたなかでセンスのいい題名をお借りしようとも思ったのですが、どれをとっても楽しいキャプションばかり。これはこのままでいきましょうね。ありがとうございます。楽しませていただいておりますわん。

で、なるほどと。もしかしたら、みなさまとHEAVENとのコラボ企画もあり?ってことで、画像投稿による企画。
たとえば、「Wet T-shirts contest」、あるいは「超ローライズ選手権」、「初めてのボディペインティング」とか、夏休み企画として、やってみるのもおもしろいかもですね。
なにかアイデアをお持ちの方がいらっしゃいましたら、どうぞコメント欄にお書き込みください。また、HEAVENでそんなのやっちゃあダメだよなんて意見の方もどうぞ。

さて、猛暑の7月にひき続いてバケーションの8月。はやくも夏バテなんて方もいらっしゃることと。来月はいよいよ北京オリンピック。競技はメディアにお任せして、ウチではできるだけその周辺事情についてお届けできればと思っています。

月末にはまだちょっと間がありますが、今月も〆のご挨拶。
今月もたくさんのアクセス、ならびに記事を取りあげていただいたサイトの皆さま、そしてなにより日々アクセスいただいたご常連の皆さま、今月もありがとうございました。そしてコメント欄にも多数のお書き込み、ありがとうございました。いったん書き上げてしまうと滅多に過去記事をあたることはなかったのですが、今月はすべてのコメントを拝見させていただいております。で、吹いたりして。わお、キーボードが。

babies | (15) comment  EDIT


 | HOME |  NEXT