2008.06.30 (Mon)

post-it

80630h.jpg

Pics | EDIT

2008.06.30 (Mon)

隣の娘を襲おうとして母親にナイフでペニスをかき切られた男―ウガンダ

80630f.jpgNew Vision
隣人女性の娘を襲おうとした男が、母親にナイフでペニスをかき切られるというできごとがありました。

事件はアフリカのウガンダ、ムバラ県カシャリ郡の村でおこったもので、この村に住む女性、キョムギシャからひとづてに娘を襲った隣人をつかまえたという報せをうけた長老のキョムカマのもとに、見知った顔の村の住人、ムガルラがひょっこりと現れたのがことのはじまり。
キョムカマに迎えられたムガルラでしたが、いつものような元気はなく、ただ股間をおさえて子供のように泣きじゃくっていたことから、長老は訳を訊ねました。

ムガルラは長老から何を訊かれてもただ首を振るばかりで、泣きじゃくったまま答えません。ムガルラの股間から出血していたのに気づいた長老が手をどかすよう諭すと、ムガルラはおずおずと裸の股間を晒しました。そこにあるべき筈のものがありません。ムガルラは朝方9時、キョムギシャにやられたと声をつまらせて長老のキョムカマに訴えました。

長老がキョムギシャの家に出向いて話を訊くと、娘が襲われたのは彼女がバナナ農園で草むしりをしていたときのことだといいます。
「末の娘の悲鳴が聞こえたの。最初は猛獣かなにかに襲われたんだと思ったわ。それであわてて飛んでいくと、娘の上に男が乗ってるじゃない。うちの裏の茂みよ。それも素っ裸で。あったまに来たから草むしりに使ってたナイフで、ちんちんを切っ飛ばしてやったの」。

キョムギシャがかき切ったムガルラのペニスを遠く草むらのなかに抛り投げたため、現場はムガルラのペニスを探そうとする村人で一時おおさわぎとなったそうです。ペニスは村人たちが探しはじめて一時間もした頃、見つけた犬がくわえて持ち去ろうとしたため、村人がこれを打ち、犬の餌になるのだけは避けられたといいます。

事件は地元の警察にとどけられ、ムガルラは病院に連れていかれました。
彼を診た医師の話によると、とどけられたペニスには一部欠けた部分があるため、接合はできないとのこと。つまりは尿を排出するために根幹部を形成する必要はあるが、男性としての機能が再生されることはないだろうと答えたそうです。

追記 : 7月3日付けのNew Visionによると、県警は自宅にいたキョムギシャを不法に人を傷つけたという容疑で逮捕したとのことです。なおムガルラに襲われたキョムギシャの10歳の娘ですが、診断の結果、処女膜は破瓜されておらず、強姦は未遂に終わったことがあきらかにされました。

Weird News | EDIT

2008.06.30 (Mon)

地鉄内穿超短旗袍的女孩

80630ds.jpg

捜狐社区
地鉄(地下鉄)に乗る、超短旗袍(チャイナドレス)を着けた女性。
ただ短いよりもスリットがはいっていたほうがセクシー? それにしても椅子の固そうなことといったら。

Pics | EDIT

2008.06.30 (Mon)

エレベーターのなかで小便、耐えがたい悪臭のなかで夏を迎えるマンションの住民

80630a.jpg

西部網
エレベーターのなかで小便をする人間があらわれ、むせかえるような悪臭と床板が腐食し、マンションの住民が困っているようです。

このマンションは福建省福州五鳳蘭亭にあるマンションで、ここ3年来、3日から5日おきの頻度でエレベーターのなかで小便をする者があらわれ、画像のように床板が腐食。住民たちは夏を迎えて耐えがたい悪臭に悩まされています。

マンションに居住する世帯は、そのほとんどが2005年に入居。エレベーターのなかで小便の跡が見つかるたびに住民たちはエレベーターをいったん止め、情報を募ったりしてきましたがまるで効果はなく、また半月もするとふたたび小便した跡があらわれるといった次第。
鼻にツンとくる臭いがきつくなってからは、マンションでは低層階の住民はもっぱら階段を使用するようになりましたが、高層階に住む住民はそうもいかず、なかにはエレベーターのなかでもどしてしまった住民もいたとか。

住民たちは消毒薬や芳香剤などをエレベーター内に撒布。壁には「禁止在此處小便(ここで小便するべからず)」と貼り紙をしましたが効果はなく、寄付を募って監視カメラを設置するべく話し合っていますが、いずれにしても住民たちはこの夏は、アンモニア臭ただよう「臭い夏」を迎えねばならないようです。

それにしても3日から5日おきの小便で床板がこれほどボロボロになるというのもちょっと信じられなかったり。
…あ。いまはひょっとしてみなさんランチタイム? 失礼。

Weird News | EDIT

2008.06.30 (Mon)

貴州省で数万人規模の暴動。公安局舎やパトカーが焼かれる

80630c.jpg

zaobao
30日付け新加坡《聯合早報》によると、貴州省甕安県で28日、15歳の少女が強姦殺害された事件をめぐって警察が容疑者を早期に釈放したことに不満をもった市民数万人が、県政府庁舎やパトカーなどに火を放つなどの暴動をおこしたとのことです。

事件のもととなったのは、甕安県に住む李樹菲(15歳)さんが今月21日の晩、川原に呼び出しをうけたまま戻らず、死体となって発見されたというもの。李さんの家族は少女が殺害された現場にいたとされる容疑者2人を公安に届け出ましたが、公安では2人を逮捕したものの、翌日には釈放。この取り扱いに憤った住民たちの県政府および公安局に対してのデモが暴動に発展したということです。

殺害された李さんの遺体には強姦された跡があり、また殴られたと思われる傷もあったそうです。
動機としては、李さんが今年春におこなわれたテストの最中、答案をカンニングしようとした容疑者の少年をはねのけたことが理由だともいわれ、また容疑者の少年はネットでは副県長の息子だともいわれています。
AFPによるとこの事件では李さんの親戚の教師1人が何者かによって殺害、容疑者の再調査を願い出た学生らも公安職員によって殴打を受けていました。

暴動は公安局舎が約1000名の学生によって一時占拠され、十数台の執法車輛が焼き討ちにあった後、局舎の1階から3階部分までが焼かれました。これに対して公安側は催涙弾などで学生たちに応戦。火が放たれたことから消防車も出動しましたが、学生らは消火栓を止めるなどして鎮火を遅らせました。
暴動の鎮圧にはおよそ1500名の武警およ暴警が出動し、市民1名が死亡したほか200名が検挙されています。

この事件に関連して、新華社ほかポータルでは、貴州省において少女の死因に不満をもった人々が暴動をおこしたと短い記事で報じたものの詳細については触れていません。事件に関する掲示板は閉じられ、また谷歌(中国版グーグル)でも、現在検索結果に制限が設けられています。

Weird News | EDIT

2008.06.29 (Sun)

HAHAHAHAHA

Pics | EDIT

2008.06.29 (Sun)

20歳の女性を強姦殺害、女性の舌と乳首を噛みちぎった男

guangdong.gif中新網
今日の網易の社会面トップです。
20歳の女性を強姦殺害、その後に舌と乳頭を噛み切った男の公判が、昨日、広州市中級人民法院でひらかれました。

29日付け中新網によると、事件がおこったのは昨年9月13日で、現場は広州市越秀区の麓景路にある黄田マンション内の一角。男は清遠市に住む小卒、無職の朱煥強(32歳)で、2005年に広州市に出てきていました。

警察にマンションの下の庭に若い女性が横たわっていると通報があったのは、13日の午前2時。女性は着衣が乱れ、また意識もなかったことから警察では事件と断定。非常線をはり、現場付近をうろついていた朱を容疑者として連行しました。また女性は救急車が到着した後に死亡が確認されています。

朱の供述によると、前の日に妻と口論となった朱は外に出、晩の7時頃から友人と飲みはじめて、深夜1時には帰宅の途についたとのことです。ところが、通りかかった黄田マンションに管理人の姿が見えず、ふらふらと足を踏み入れた朱は、マンションの一階階段付近で呼び鈴を押そうとしていた女性、蔡さん(20歳)を見つけ、後ろから忍び寄りました。

朱は蔡さんに近づくと後ろから抱きかかえて胸をもんだ後、振り返った女性の唇を強引に奪い、叫び声をあげる彼女の首を絞めて団地下の草むらに連れ込みます。朱が述べるには、蔡さんも引っ掻いたり足で蹴るなり抵抗したようですが、力およばず、そこで意識を失いました。
朱は、蔡さんを死んだものと思い、衣服を脱がして強姦。その後に蔡さんの舌と乳首を噛み切りました。

裁判では、まず手口の残忍さから朱に精神鑑定が必要かどうかが問われましたが、朱自身がこれを否定。また妻の陳金鳳から、2005年に広州に来たこと、事件前夜は諍いがあったもののふだんは夫婦仲がよく、夫婦生活もうまくいっていたことなどの証言を得、争点は強姦罪が成立するかどうかに絞られました。

弁護側は、朱の供述の「首を絞められた蔡さんが死んだと思った」という点を強調。ふだんよりも量を過ごしていた飲酒の影響で朱の判断力が落ちていたことを理由にあげ、「死亡した後」に蔡さんを犯し、舌ならびに乳頭を噛み切ったものであるから強姦罪は構成されない、屍姦、つまりは単なるわいせつ罪にあたると説明。

これに対して検察側は、朱が蔡さんの舌と乳頭を噛み切ったのは、姦淫行為のひとつの流れのなかでおこなったことゆえ、強姦罪が成立する、また判断力が落ちていたとしても、首を20分絞め続ければその結果はどうなるかわかろうというもの。朱の行為は明らかに蔡さんの口を塞ぐためにやったものと考えられ、故意殺人罪も成立すると述べました。

現在、審理は続いていますが、蔡さんの遺族は当時、マンションの管理人が不在で彼女が助けを求めても応えられなかったとして、管理会社に対しても34万元の慰謝料を求めています。


別れ話をもち出した彼女にキレ、性器に煮え湯を注ぎ、乳首を切り落とした男
16歳の少女の乳首を噛み切り、膣にスチールパイプを埋めた男
お仕置きと称して乳首をライターで焼かれた万引き少女

Weird News | EDIT

2008.06.29 (Sun)

「女体盛り」がクリーブランドにもやってきた

80629a.jpg

St. Petersburg Times
照明の落とされたラウンジにつめかけた人々が息を呑む気配がつたわります。視線を集めているのは黒い着物を着た女性。その着物を肌にそって滑らせると、同じく黒のGストと胸には愛らしい花弁をかたどったパスティーズ。

ラインを強調させるだけにとどめた照明。テーブルの上に横たわった女性の右腿、そして左腿、胸と笹の葉がおかれ、その上に巻き寿司をのせていくのは、シェフのケア氏(35歳)。
さあ、ショータイムのはじまりです。ずらりと並んだ客の頭上でミラーボールがまわり始め、ヒップホップやテクノなど、クラブ系の音楽が流れるなか、皿となった女性のまわりでスキンピーな装いの女性二人が踊り出しました。

寿司をサーブするのはケア氏の役目。アイス・トングに似た「寿司ばさみ」で、女性の上の寿司を客のもつ小さな皿にとりわけるのです。
月初めの火曜日のみにおこなわれるこのイベント。今年3月のミネアポリスに続き、クリーブランドにも「女体盛り」がやってきました。

芸者文化の一環として数百年の昔、日本で始まったといわれる「naked sushi(女体盛り)」は、最近になって急速に広まりつつあります。
フロリダにおいては、ケア氏が、グレイグースウォッカのボトルキープに195ドル(約20700円)もかかる高級クラブ、「ダーティ・マティーニ」でとりいれたのが最初となりました。そのケア氏は、最終的な目標は「Bushi Sushi(武士寿司?)」として、女体盛りビジネスを全米に展開させることだといいます。

Culinary Institute of America(米国の名門料理学校、調理師のハーバード大学といわれる)を1998年に卒業したケア氏は、プライベートなパーティに「naked sushi」をホスティングするサービスをはじめました。ロス、シカゴ、そしてニューヨークととびまわっていたのもこの頃です。
2000年にはフロリダ州のセーフティハーバーで、「ユニバーサル・メコ」という名の店をひらきますが、2年後には氏いわく「経営が悪化したため」、やむを得ず撤退。
再スタートをきった彼は、自分の女友だちにさえも「naked sushi」のモデルを頼み、やがては一回で500ドルを超えるサービスに仕立て上げました。

80629c.jpg日本ではじまったとされる「nyotaimori」は、いまでは本国でさえもプライベートな催しに限られるか、赤線地帯でのみ(原文のまま)賞することができるといいます。

中国では非衛生的および女性蔑視との理由で(同じく原文のまま)禁止されました。1990年代にアメリカにわたったnyotaimoriは、映画「ライジングサン」で取り上げられてから有名になりましたが、2003年にはシアトルでnyotaimoriを売りものとしていたレストラン、「Bonzai Pub」が婦人団体からの講義をうけて閉店に追いやられるなど、トラブルも生んできました。

しかしながら最近では、こうしたnyotaimoriに対する抗議活動は沈静化。
このイベントの日、「ダーティ・マテーニ」の外でも抗議活動はあったようですが、暴力沙汰には至らなかったといいます。
女体盛りもおひらきとなった11時まで、皿となった女性に触れた客はなく、大声もあがらず、静かにイベントは幕を閉じました。official mood adjuster、いわゆる店の用心棒も出番はなく、なにも問題はなかったと、6フィート5インチ(195センチ)、375ポンド(170キロ)の巨体を揺るがしながら、45歳のマイク・スコットが答えます。

「これまで見たことがないからという理由で反対する人も多いと思う。だけどまずは見てからものを言ってほしい。どんだけ粋だか。きっといちど見ればわかってくれると思うよ」。ケア氏は語ります。(中ほどの画像は参考画像)


米ミネアポリスの日本食レストランで「女体盛り」のサービス開始
nyotaimori あるいは body-sushi
中国の「女体盛り」―1セット74,000円
「女体盛り」を出すシカゴの寿司店

strange | EDIT

2008.06.29 (Sun)

20歳のときから58年間にわたって、男を演じ、家族を養ってきた女性

80627n.jpg

New York Times
アルバニアのPache Koqiは、いまから60年前、男になろうと決めた日のことを思い出します。当時18歳だった彼女は、長い黒髪をばっさりと切り落とし、スカートからからズボンに履き替え、猟銃を背負いました。その日、Koqiは結婚、子供、そしてセックスを一生涯あきらめることを決心したのです。

何世紀ものあいだ、男性の数が足りなかったアルバニアでは、女性がこうして男性を装うことはごく普通のことでした。Koqiの場合は、父が殺され、彼女が家長の跡を継がねばならず、残された家族を養うためと父の仇討ちを全うするために、生涯処女を貫くことを選んだのです。
今日のようにネットが発達し、MTVが全世界の若者の支持をうけている現在では、アルバニアにおいても彼女のように性別を騙る女性はいません。彼女と同じように男を演じ、生涯処女を貫くことを決めた女性はわずかに40人足らずしか残っていません。

かつてアルバニアにおいては女性の地位は低く、男性の半分にも充たないものとされてきました。子供を産み、家をまもる女性はその処女の値段さえ、牛12頭分に見積もられました。
家長制度の発達した農耕社会では、戦争や疫病で家長が死に、男の後継ぎがいなかった場合は、残された家族に待っているものは欠格者としての烙印です。父が殺害されたKoqiの家では、ときの共産政府に兄弟4人がそろって抗ったために、それぞれ投獄、獄死を迎え、20歳の彼女が家督を継ぐしかなかったのです。
女としての人生の歓びを棄てた彼女は、男として生き、4人の義姉とその子供たち5人、そして母を58年間にわたって扶養してきたのでした。

80627o.jpg彼女の生い立ちを知る人々のいる村から一歩足を踏み出すと、そこには「男性」としてのKoqiがいました。
「誰もわしが女だとは知らなんだ。好きなときに好きな場所に行くことができて、誰にも馬鹿にされん。いつも男と一緒だったし、女とはどうやって話したらいいのかもわからん」。
股を大きく開き、野太い声でそう語るKoqiは屈託なく笑います。

古くからの慣わしとして、父親を殺された後継ぎは、必ず仇を討たねばなりません。そして殺人の罪を犯せば収監されます。
5年前に釈放された父の仇は、Koqiの15歳の甥が撃ち殺しました。そしてこの甥は仇の家族によって殺されました。「ずっと父親の仇を討つことばかり考えておった。しかしいざこうなってみるとずいぶんと後悔しとる。結局わしの甥も殺されたんじゃからな。けれども目には目をじゃ」。

今年78歳になったKoqiは家長として、絶大な権力をもちます。首都ティラナに住み、建築業に携わるKoqiの家では、彼女が吠えると姪がすぐさま卓のグラスにブランデーを注ぎます。また甥も姪もKoqiの承諾なしに結婚することはできません。
Koqiはこう言います。「いま、アルバニアでは男女同権じゃ。男女の比率も近づきつつある。今の時代なら、わしも女として生きるのもおもしろいと思っとるよ」

strange | EDIT

2008.06.29 (Sun)

盗撮された女子寮は隣のホテルからも丸見え。四面楚歌の女子大生

80629g.jpg

大衆網
いまだ中国でも大きく報じられている「海南師範大学女子寮盗撮事件」。学校側では懸賞金をかけ、現在男子学生3名が警察の聴取にあっていると報じられたまま、進展はしていないようですが、盗撮された女子寮に関してあらたな事実がわかりました。

これは28日の大衆網の報道によりわかったもので、盗撮された女子寮は男子寮から20メートルの距離にあったことは知られていますが、向かい側のホテルからも20メートルの距離にあり、女子大生はいわば四面楚歌のなかで学校生活を送っていたようです。

大衆網によると、記者が今回の事件の取材で同ホテルに訪れたところ、従業員のほうも記者の来意をわかっていた様子で、記者を5階の518号室に案内。客室の窓から海師大女子大生の日常生活が手にとるように見えることを明かしてくれたそうです。

このホテルにはふだんから常連客がおり、そのほとんどは男子学生。学生らは女子寮がよく見える5階のこの部屋を希望し、女子寮の方からもホテルの窓から客が双眼鏡、あるいは望遠レンズで狙っている姿を何度か目撃していたことも明らかになりました。

来年度からはここを男子寮とするとの通達が大学側からあったようですが、ずさんといえばずさん、おおらかといえばおおらか。女子寮をのぞける穴場の情報など、それこそ中国の奥深い、迷宮のようなネットに潜ればいくらでも見つかるのかもしれません。

Weird News | EDIT


 | HOME |  NEXT