--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2008.05.31 (Sat)

Come on

80531g.jpg

Pics | EDIT

2008.05.31 (Sat)

中国ホントに大丈夫? 四川地震以外にも1ヶ月にこれだけの天変地異

80531d01.jpg
80531d02.jpg

30日の発表で68858人の命を奪った四川大地震。しかしながら中国に起こる天変地異は地震だけではありません。まるで何かに憑かれてしまったかのような怪現象の数々。この5月に報じられたものだけをまとめてみましたのでごらんください。
(上は28日、水位がなお上がり続けている北川県唐家山の堰塞湖(土砂崩れによって水が堰き止められで出来たダム)に臨む禹裡郷の様子)

80531d03.jpg
80531d06.jpg
80531d04.jpg

27日から28日にかけて貴州、湖南、江西省を襲った暴風雨は、48人死亡、25人が行方不明という、嵐による災害としては今年いちばんの被害をもたらしました。当局では現在、山崩れや土石流など二次災害に警戒を強めています。

80531d07.jpg
80531d08.jpg
80531d09.jpg

23日19時、ハルビン五常市で起きた大竜巻は、1人が死亡、36名が重軽傷を負うという被害をもたらしました。家屋にいたっては443棟が損壊。直接被害による被害額でも3000万元を超えるものとみられています。

80531d05.jpg

28日、チチハルの空に大量のは砂埃が発生。街は黄色一色に染まりました。

80531d17.jpg

27日、江蘇省気象台発表によると、この日、江蘇省上空において5万回の雷が発生したことがわかりました。南京市内は、この雷のために半時間ほどは白夜同然となり、市民の間ではこれも地震の前兆ではあいかという不安が高まっています。
気象台によるとこの雷の大量発生は、20日前後から連日30度を超える蒸し暑さが続いていた南京上空に一気に寒気が吹き込んだため、極めて不安定な状態となったとのことです。これにより南京の温度は12時に30.6℃だったものが、13時には22.6℃と、1時間で8度も下降していました。

80531d10.jpg
80531d11.jpg

地震の前日、立夏も過ぎた11日。時ならぬ大雪に見舞われた河北省淶水県は名勝、野三坡百草畔森林公園の様子。もちろんこの時節の雪は開園以来初めてということです。

80531d12.jpg
80531d13.jpg

27日、陝西省宝鶏市にある宝鶏人民公園の池で大量の魚が死んでいるのが見つかりました。公園の管理人の話によると、ふだんは餌をやると競うように飛びつく魚たちが、2日前より寄りつかず、水面から頻繁に跳ねる姿が目撃されたそうです。
地震の前触れではないかと市民から問い合わせが多かったため、当局では水質検査を実施。先の地震で汚染物質が池に溶け込み、魚たちが酸欠を起こしていたものとわかりました。ただし汚染物質が何なのかは公表されていません。

80531d16.jpg

10日、江蘇省泰州市の東風路東風橋で、大量のヒキガエルが発生しているのが見つかりました。専門家の話によると、この現象はおもに最近の気温高によるもので、地震とは関係ないということです。ヒキガエルの大量発生は27日、山東省平度市の泉州路でも見られています。

80531d15.jpg
80531d14.jpg

30日付けの新華社によると、中国5番目の大きさの淡水湖である内モンゴル自治区の達賚湖(またの名を呼倫湖)の湖面が、面積にして500平方キロも後退していることがわかりました。
これは湖に流れ込んでいた3本の川のうち、昨年あたりから2本が枯渇したことによるものとされていますが、同地区附近の砂漠化も懸念されています。

strange | EDIT

2008.05.31 (Sat)

図書館のテーブルの下にもぐり込み、注射器を用いて女性の足に塩水を噴霧していた男

80531e.jpgLocalNet
図書館のテーブルの下にもぐり込み、注射器を用いて女性の足に塩水を噴霧していた男が逮捕されました。

この男は、オハイオ州コロンブスに住むドワイト・パンネル(43歳)で、シンシナティ大学図書館のテーブルに座っていた女性が足にヒヤッとしたものを感じ、下を覗いたところパンネルがテーブルの下に潜んでいたことからさわぎとなり、警察に通報されたものです。

供述によると、パンネルは腹這いで図書館のテーブルの下を徘徊。被害者の女性の足元にたどり着くと、もっていた注射器で女性の足に塩水を噴霧していたとのことで、警察ではパンネルを窃視および暴行、不法侵入などの容疑で逮捕、今週木曜日に裁判がひらかれました。

法廷では弁護人が逮捕に値する行為ではなかったと主張していますが、それよりパンネルがなぜ見ず知らずの女性の足に塩水をスプレーして歓んでいたのかは明らかにされていません。
現在パンネルは保釈金を75,000ドル(約790万円)に設定され、拘置中とのことです。

Weird News | EDIT

2008.05.31 (Sat)

三千年に一度開花するという優曇婆羅花(うどんげの花)が河南省で見つかる

80531c.jpg

人民図片網
経典によれば、三千年に一度しか咲かないといわれる優曇婆羅花(うどんげの花)ですが、29日、河南省周口市の民家にて開花しているのが見つかったそうです。

淡白く小さな鐘状の花は、1ミリほどの大きさ。茎は髪よりも細い金絲のごとく。花心はこれも淡い乳白色で綻びは40房ほど。夕べに咲き、夜に満開で朝には萎むという優曇婆羅花は、花名の由来もサンスクリット語で「瑞祥霊異」の意。三千年に一度の開花は、世に降りた金輪王(轉輪聖王)が衆生を救済していることをあらわすのだそうです。

優曇婆羅花は、97年に韓国で発見されたことが報じられて以来、昨年10月にも山西省で開花したニュースが報じられましたが、専門家の話によれば正体は草蛉(クサカゲロウ)の卵なのだそう。画像のように他の植物のうえに放精されることもあれば、ガラス、金属片といったものの上にも「咲く」ことがあり、ゆえにインドでは花筋の見えない仏像の上にも咲いたことから、いつしか伝説の花となっていったのかもしれません。

Weird News | EDIT

2008.05.31 (Sat)

vagina bicycle taxi

80531a.jpg

JALOPNIK
フィンランドのアーチスト、ミモザ・ペールは常日頃こう思っていたにちがいありません。
――この世のモニュメントは男性自身であふれていると。

彼女の言い分はもっともです。でもそれだからといって、ヘルシンキの目抜き通りを週に三度、彼女の体から遊離した巨大なヴァギナタクシーを走らせて対抗するのは、われわれの理解の範疇にはないものと言わざるを得ません。
いろいろな意見はあって然るべきでしょう。議論がなされ、その結果は結局、雄々しく反り立った男性器が好戦的なイメージを表すのに対し、女性器ゆえ反戦というテーマを具象化したもの、といったありふれた結論に収束されるかもしれません。なんといっても彼女はバイクタクシーの漕ぎ手である前に、アーチストなのですから。

有史以来、男性器は彫像においても臆さず露わにされてきました。女性が女性器をシンボライズすることを止める理屈はありません。
ミモザ・ペールに非はありません。ただ、巨大なヴァギナが白夜の街を走るのを見るとき、われわれはちょっとした眩暈を覚えるかもしれません。

80531b.jpg

strange | EDIT

2008.05.30 (Fri)

rooster cat

80530d.jpg

Pics | EDIT

2008.05.30 (Fri)

豊胸した胸をバスの扉に挟まれた女性。咄嗟に「あたしの胸は豊胸なのよ!」

80530b.jpg東亞経貿新聞
ここのところ中国では、公交車(市営バス)の扉に手や足を挟まれるという事故が相次いでいるようですが、27日、長春で、バスの扉に豊胸をした女性が胸を挟まれるというさわぎがありました。

これは28日付けの東亞経貿新聞が伝えたもので、27日14時半頃、市内に住む張さんが長春市萬福街から友だちに会うため南湖大路行きのバスに乗車したときのことです。

6年前に「注射隆胸」により豊胸手術をしたという張さんは、術後万が一の事故に遭うことを怖れ、移動もタクシーを使うなど、これまで生活のうえでも充分に注意を払ってきました。つまりはバスには乗り慣れていなかったのでしょう。
また運悪く、張さんの乗ったバスは降車ボタンのないタイプ。下りる筈の停留所を通り越してしまったことに気づいた張さんは扉に駈け寄り、手すりに腕を絡ませながら「降りまーす」と叫びます。

急ブレーキで停まるバス。ところが反動で降車口のステップに落ちかけた張さんは勢いよく開いた扉の蛇腹に大切にしていた胸を挟まれました。思わず大声で叫ぶ張さん。
我是假胸!――あたしの胸は豊胸なのよ!

咄嗟とはいえ、いらぬ恥をかいたうえにずきずきする痛みが残り、家族に伴われて病院で診てもらったところ、肩に挫傷がみられた他は乳房の破裂もなかったとのことですが、張さんが憤慨するのは運転手の態度。
「ひどいのよ。あたしを終着まで連れていったと思ったら、病院に連れていくでもなしの放ったらかし」。

これに対してバス側では張さんの診察費、治療費を立てかえ、また運転手に対しては張さんを罵った罰として数日間の停職処分とする旨を伝えましたが、張さん自身はまだ胸が破裂する怖れを抱きながら、その大きな胸をドキドキさせているようです。


豊胸材「奥美定」の有毒物質に悩める女性たち―中国全土で30万人
豊胸した胸が蜂に刺されてぺっしゃんこ
乳ガンに漢方医の処方した薬を塗って、おっぱいが破裂

Weird News | EDIT

2008.05.30 (Fri)

「誰でもホールインワン」のすり鉢ホールとパー7の世界最長コース。北朝鮮金剛山ゴルフ場が正式オープン

80530a.jpg

網易体育
韓国、現代グループの現代峨山が開発に携わった北朝鮮の金剛山ゴルフ場が28日、正式オープンしましたが、その内容の荒唐無稽さに、中国紙にもこのゴルフ場を「超級荒謬的(超でたらめ)高爾夫球場」と笑われているようです。

このゴルフ場は、「願生高麗国、一見金剛山」――朝鮮人なら誰でも一生に一度は訪れたいと願う南北朝鮮の景勝、金剛山にオープンしたもので、開発を手がけたのは韓国の企業、現代峨山。敷地面積176万平方メートルに18ホール、宿泊設備やレストランなどを備えたゴルフ場は、38度線から数キロの距離で、かつての砲兵陣地跡に建設されました。

ところがこのゴルフ場、さすが韓国企業と1ラウンドで11のホールインワンを記録したという金正日の国のコラボとあって、世界でも類をみないホールが2つ。
ひとつは世界最長、1016ヤード(929メートル)、パーがなんと7という超ロングコースの12番ホール。現在、というより有史以来最長のコースなのだそうです。
もうひとつは、「漏斗洞」といわれる3番ホール。これはホール全体がすり鉢状を呈していて、誰が打っても余程のことがないかぎり、一打で真ん中の穴に吸い込まれるというホールインワン専用コース。

正式オープンは28日ですが、1700-3500万ウォン(日本円にすると170万円から350万円)するという会員権はこれまで2000名が購入。コースをまわれるのは当面、会員に限定されるようです。
しかしながら、1000億ウォン(100億円)という開発費の元をとるために、このゴルフ場を含めた総合リゾート施設を建設して金剛山を世界有数に観光地に育て上げるという計画もあり、資金繰りが気になるところ。

まあ、他人事とはいえ、世界最大のホテルならぬ世界最大の廃墟を作ってしまった実績もありますから、この金剛山ゴルフ場が、「世界最長の廃コース」とならないことを祈るばかりでしょうか。


世界最大の廃墟―北朝鮮柳京ホテル

Weird News | EDIT

2008.05.28 (Wed)

サンフランシスコのマスターベータソンで、日本人男性が二冠

80528f.jpgSF Weekly
25日にサンフランシスコで行われた本家、「セックスと文化センター」が主催するマスターベーションマラソン、第7回マスターベータソン(Masturbate-a-Thon)ですが、今回は日本人参加者が3名参加するなど盛況で、記録の更新もあった模様です。

日曜日のお昼頃、ミッションストリートの1519番地には目印としてピンクの日除けが掲げられ、集まった参加者は、まずは参加費用として20ドルをセンターに寄付。競技がおこなわれる三つの部屋ではそえぞれ長丁場に備えて菓子などスナック類が山積みとなっていました。
主催者から開会が告げられると、ライブカメラもスタンバイ。ブランケットが敷かれた参加者それぞれのスペースで全裸、あるいは上にTシャツをかぶっただけの参加者がそれぞれ自分のモノをしごきはじめます。

一種悲鳴に似た声、荒い息づかい、そしてオーガズムを迎える参加者たち。この模様はスタッフにより、ドキュメンタリー映像も撮影され、それ故に数十人の参加者のなかにはただしごくだけではなく、カメラに向けてポールダンスをしながら励んだり、歌をうたったりといったパフォーマンスを披露しながら自慰をおこなう強者もいたようです。

競技のほうは、日が暮れる頃にはファンをまわしても部屋中に異臭が充ちていたというなかで、まずモーゼに似た風貌でインドのスピリチュアルな愛の技法、タントラセックスをマスターベーションにもちこんだ男性がなんと31回のオーガズムを得、これまでの記録(6回 2006年ロンドン)を大巾に更新しました。
また女性では、28歳の性感マッサージ嬢、キティキャットさんがディルドー(張り型)とバイブレータグラブを使用、本競技となる耐久マスターベーションマラソンにおいて、7時間(これまでの記録は6時間30分 : 2004年サンフランシスコ)という記録を打ち立てたようです。

しかしながら今回、特筆されるべきはなんといっても日本から参加した3名の若者でしょう。
ともにはるばる東京から参加したというNorihiro Taneichi さんと Masanobu Satoさん、それにTsuyoshi Yoshidaさんは、TENGAとよばれるオナカップ、マスターベーションデバイスをともに使用。8時間40分という昨年の記録をSatoさん、Taneichiさんがともに破り、とりわけTaneichi さんは、 射出距離コンテストでも優勝、今回二冠を制するといった圧倒的な強さを見せつけました。

時差ボケと睡魔がいちばんの強敵だったと語るのはTaneichi さん。彼らが使用したマスターベーションデバイス、TENGAは参加者のひとり、Yoshidaさんが語るようにこれから全米のマーケットでヒットを記録するかもしれません。


2008年マスターベータソン in サンフランシスコ&コペンハーゲン
マスターベーションマラソン2007 in サンフランシスコ、詳細決まる
マスターベーションマラソンがロンドンで開催

追記 : 訂正です。Taneichiさんが獲得したのは、射出距離ではなく、「イクために最も遠いところから来たで賞(farthest distance come to come)」でした。お詫びして訂正いたします。なお最終的な記録は9時間33分でした。現在のワールドレコードとなっています。

Weird News | EDIT

2008.05.28 (Wed)

宝石盗難事件で出張ヌードメイドに容疑

80528h.jpgWFTS-TV
米フロリダ州、ヒルズボロ郡の保安官事務所は、住民の4万ドルにも及ぶ宝石類を家から持ち去られたという訴えに対する容疑者として、この住民宅によばれたヌードメイドの行方を捜索しています。

訴えたのは名前などはあきらかにされていませんが、同州のシュヴァールの住人で、妻が外出したのを機にクレイグスリスト(地域密着型情報サイト、日本でいうタウンページ)からヌードメイドを派遣してくれる業者を探し出し、家によんだといいます。
ところが、妻が帰宅したところ、宝石類がなくなっていることに気づき、夫を問い詰めた結果、ヌードメイドを頼んだことを白状し、警察に被害届を出しました。

…いえ、まあそれだけの記事なのですが、昨年のいま頃アップした記事、「イギリスに全裸で家事をこなす出張メイドサービスがお目見え」で紹介したヌードメイドは、いまやアメリカの地方都市にでもあるサービスとなってしまったことにわずか一年で隔世の感。


さて、月末にはまだちょっと間がありますが、今月も〆のご挨拶。
今月もたくさんのアクセス、ならびに記事を取りあげていただいたサイトの皆さま、そしてなによりご常連の皆さま、今月もありがとうございました。

今月の中国紙は四川大地震関連で一色でした。3日間の黙祷日も終え、ようやく昨日、今日あたりから通常の記事が社会面でもトップにのぼるようになってきましたでしょうか。依然ダム崩壊の危機なども続いていますが、徐々に落ち着きをとり戻しているような気配。
オリンピックを目前に控えた6、7、8の3ヶ月でまだ何か起きるような気がするというのは杞憂でしょうか。ともあれお隣ですからまず最初に影響をうけるのはわが国。一日も早い現地の復興とともに、この期間、無事に過ぎることを祈らないではいられません。

Weird News | EDIT


 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。