2008.02.28 (Thu)

foggy day

80228a.jpg

Pics | EDIT

2008.02.28 (Thu)

女教師をめぐって親友と三角関係に陥った男子学生が、恋敵の親友を殺害

80227g.jpg

南方網
さて二月最後のエントリーは、現在、中国紙で大反響を呼んでいる事件。
一人の女教師をめぐって親友と三角関係に陥った男子学生が、恋敵の親友を殺害してしまったという、どちらかといえば女性読者向きの事件でしょうか。

中国紙では、スウェーデン映画「(あこがれ美しく燃え(Lust och fägring stor―中国では『教室別恋』)や、台湾映画「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」にも喩えられている、青春の絶望と憔悴をそのままあらわしたようなこの事件。かなり長くなると思いますがあえて分けません。どうぞごゆるりと。



孟超は手提げ袋のなかからナイフを取り出すと、かつての親友、何小厳の背中を刺しました。「孟超…」、何はまだ信じられないといった表情で目を見ひらき、ゆっくりと孟の方に向きなおります。孟は無言で何の胸にナイフを突きたてました。足から崩れ落ち、血だまりの廊下に倒れ込む何。
2007年9月27日午後5時。場所は何の家。この日は18歳を迎えた孟超の誕生日の翌日でした。


2006年秋、当時17歳だった孟超は、貴陽六中の文科15班に編入を受けます。担任は張麗。44歳の張麗は国語を受けもち、同僚からの評によると明るく温和な性格、情熱があり面倒見のいい性格だったといいます。張麗は生徒たちからの受けもよく、親身になって悩みを聞いてくれる先生として人気がありました。
張麗のブログによると、生まれは1963年、貴州師範大学の中国語学部を卒業後、貴陽六中に赴任してから班主任(クラス担任)として15年間生徒たちを指導し、学校、そして市からも優秀な教師として表彰を受けたとあります。貴陽六中は貴州省のなかでも有名校。場所が州政府の近くということもあって、多くの役人の子女もここに通っていました。

プライベートでは、27歳に結婚、32歳で離婚を経験し、前夫との間には息子が一人。その息子は学校の寮で自活しています。その後、高校時代の男友だちと同居をはじめ、こちらとは5年を経て入籍。しかしながら新しい夫は仕事の関係で月に5日ほどしか家に帰らず、張麗は新居を構えることもなく寮に居続けました。
彼女が家庭作りというものにそれほど熱心でなかったのは、帰宅するたびの夫との諍い、ここ数年は夫が帰ってきても夫婦としての営みは全くなかったということと、夫の連れ子を義母に預けたままでずるずると時が過ぎてしまったこと、なんにしても月にわずか5日しか顔を合わせなければ、この5日のために装う気持ちがいずれ義務となり、やがては苦痛となり、後に孟超には夫をただの男友だちだと紹介したのも宜ならずといったところかもしれません。

Tags : 女教師 | 貴州省 | 中国 |

Weird News | EDIT

2008.02.27 (Wed)

古代中国の酷刑(2)――女犯

80227c.jpg

◆騎木驢。木馬の背に鉄製の棘を植えたもの。
棘は親指くらいの長さで、女犯を背に跨らせ前後に揺らす。女犯は下半身から血を滴らせ、激痛にのたうちながら惨死したという。おもに不倫に走った女性を罰するのに使用された。

80227e.jpg

◆木馬刑具。騎木驢の公開処刑版。
長大な陽具を据えた鞍を馬に乗せ、全裸に剥いた女犯を座らせ引き回す。やがて陽具は子宮から腹を突き破り、女犯は慢慢たる流血のなかで息絶えたそう。

80227d.jpg

◆幽閉。女性に対する宮刑。
ふたつ説があり、ひとつは後宮に幽閉し、文字どおり「打入冷宮(お蔵入り)」にするというもの。もうひとつは、金槌で女犯の腹部を打ち、子宮を脱垂させ、子を産めなくするというもの。

◆破身。処女の女犯に用いられたもの。
屈強な女子に女犯を押さえさせ、下半身を露わにさせて隠部に棍棒をねじ込む。破瓜の後に男子が強姦、輪姦することもあったという。

◆除晦烙印。進門寡とも呼ばれる酷刑。
屈強な女子に女犯を押さえさせ、まずは剃刀で陰毛を剃り上げ、その後、焼き鏝で夫の姓を女犯の恥丘に刻む。

◆封陰。多情な女に対する私刑というかたちで行われた。
戸板の上に女を縛りつけ、下半身を剥き、豚の血に浸した金絲で陰唇を縫い上げる。やがて性器が膿み、朽ち果てる。

◆接銅陽。こちらも私刑のひとつ。
両手を縛った全裸の女を梁に据え、下から火炉で炙りながら腿を割らせる。火炉の上には踏み板で上下する銅製の陽具。熱せられた陽具が踏み板を踏むたびに女の陰部を貫き、焼く。



80227f.jpg
古代中国の貞操帯。



中国古代死刑大全 : 凌遅
古代中国の酷刑


破身封隠吊睾丸(奇酷網)
古代女性虐待器具(太平洋遊戯網)

Tags : 刑罰、刑具 | 中国 |

weird | EDIT

2008.02.27 (Wed)

盗んだブラに携帯の番号を記して持ち主に返した男

80227a.jpg

南方網
干しておいたブラや下着を盗まれた女性のもとに、携帯の番号と「ここに電話して」とメッセージを記したブラが届くというできごとがありました。

女性はシンセンの羅湖区桂園路のアパートに住む李さん(20歳)で、自宅から近い東門の繁華街でアクセサリーなどを売るのが仕事。その李さんが初めて下着の盗難にあったのは昨年末のことでした。夜半、部屋の外に洗って干しておいたブラやショーツが何者かによって持ち去られたのです。
翌週にもショーツを盗まれた李さんは、春節の帰郷をはさんで一昨日まで、都合4度も盗難にあい、さすがに頭を抱え込んでいたところで昨日、扉の前に盗まれたブラが落ちているのを見つけました。
李さんが拾い上げると、ワイヤーが変形し、新品だったブラは見るも無惨な有様。そのうえパッドの裏には何やら文字が書いてあります。記されていたのは携帯の番号、および「MM来電♡(綺麗なおねえさん、ここに電話して♡)」との文句。

盗まれたことへの怒りがストーカーの恐怖と変わった李さんは、現在真剣に引っ越しを計画中。それにしても李さんがなぜか警察には届けず、新聞社に届け出たために携帯の番号は全国に晒され、はたまたウチのようなサイト経由で日本にまで晒されるという暗愚。ちなみに南方網の記者はこの番号に6回ほど掛けたそうですが、いずれも繋がらなかったそうです。


惚れた患者に縫合糸で自分の名前と電話番号を刻んだ女医

Tags : 広東省 | 中国 |

Weird News | EDIT

2008.02.27 (Wed)

ハードコアポルノに出演した婦警が懲戒免職

80227b.jpgAnanova
ポルノ映画に出演したハンガリー婦人警官が懲戒免職させられました。

この婦人警官は、リヴィア・コバックス(36歳)で、ブタペスト警察に所属、本番行為のあるハードコアポルノに出演していたのを見つけた同僚が上司に告げ、発覚したものです。

映画のなかでコバックスが演じた役は、サディステックな婦人警官で、手錠や警棒といった小道具を使いながらセックスに興じるというもの。しかしながらどうやらコスは本物だったらしく、制服を穢したという理由で懲戒免職となったようです。

コバックは、「クビなんて関係ないわ。ニュースが報道されたおかげで、あっちこっちのプロデューサーからオファーを受けてるの」と強気です。
(画像は内容とは関係ありません)

Tags : 婦人警官 | ハンガリー |

Weird News | EDIT

2008.02.26 (Tue)

car wash lady

80226f.jpg

Pics | EDIT

2008.02.26 (Tue)

南寧と桂林であらたに二人の「象面人」

80226d.jpg

中新網
中国新聞網の記事として、中国各紙が広西壮族自治区の南寧市と桂林市であらたに二名の「象面人」が見つかったと伝えています。

水墨画そのもののような風景がひろがる今や世界的な観光地、広西壮族自治区の桂林ですが、かつてこの地区では12歳の少女、屈琳珠さんと22歳の男性、歐貴峰さんという二名の象面人が見つかり、2006年10月23日に上海市第九人民病院でともに手術を受けました。
その広西壮族自治区の南寧市と桂林市であらたに二名の「象面人」が見つかりました。桂林市の街区に住む女性、林小華さんと南寧県に住む男性、何良さん(上画像)です。

林小華さんは1974年生まれ。現在33歳です。6歳のときに左顔面にできた指先ほどの肉瘤が年齢とともに成長し、現在では象の耳のように垂れさがった腫瘤が左肩ばかりか乳房まで覆うほどになりました。
赤黒く腫れた腫瘤は絶えず流れ出す膿とともに痛みを伴い、その痛みは針を刺すような激痛。父は彼女の病状がひどくなってから家を離れ、現在の小華さんは母親と二人きりで暮らしているといいます。もちろん高額な治療費などのあてはありません。

小華さんの窮状を知った桂林市の僑弁では、前回、屈琳珠さんと歐貴峰さんが見いだされたときにアメリカ国内で寄付を募り二人に手術を受けさせた、サンフランシスコ在住の著名な画家、高建武に連絡をとり、再び寄付を募る手筈を調えました。
診断によると、小華さんはリンパ血管瘤。整容も含めて3回の手術が必要で、手術費用は約10万元。診断をおこなった桂林医学院附属病院では、彼女の窮状を鑑み、20%までは手術費を減免できるとしています。


南寧に住む何良さんは、1975年生まれの32歳。同じく右頬にできた肉瘤が成長したという、こちらは神経繊維腫ですが、いまだ経済状態が思わしくなく手術を受けていない様子。
「HEAVEN」で以前取り上げた記事では、何良さんは南寧にある貿易会社の女性経営者が援助を申し出たとありますから、こちらはその後、破談となったのかもしれません。
なお、前回に画家の高建武が寄付金を募り、手術を受けた屈琳珠さんと歐貴峰さんですが、切除には成功したものの、歐貴峰さんの方は残念ながら病症が再発したと伝えられています。


HEAVEN 象人

Medical | EDIT

2008.02.26 (Tue)

乳房にまで垂れさがる腫瘤――27歳の「象面人」女性

80226e.jpg

新文化報
こちらは上と同じく神経繊維腫の「象面人」女性。
すでに二児の母である彼女は、子供たちに常日頃、こう言われて泣かれます。「お母さん、僕たちから離れないで」。

女性の名は王紅さん(仮名)。内モンゴル自治区に住み、今年27歳を迎えます。
彼女の首筋の線維腫と黒色斑は幼時からあり、入学すると級友に「黒脖子(黒い首)」とからかわれました。また四季にわたって着用しなければならなかった詰め襟の服は、この病気のお陰で着られず、そのこともまた級友たちの誹謗の理由となりました。
彼女もまた多分に漏れず、家は貧しく、そのため子供心にでも両親に手術をせがめなかったといいます。卒業後は家でじっとしている日々が続きましたが、家庭には恵まれ、早くに結婚し、二児をもうけました。しかし、その後も首の線維腫は成長を続け、現在では呼吸困難とともに難聴にも悩まされているそうです。

息継ぎさえ苦しいときには横になって体を休める王紅さん。その傍に5歳と3歳になった息子二人が駈け寄ります。ぜいぜいと喘ぎながら堪える彼女の姿に急を感じるのかもしれません。二人は王紅さんの手を腕をとると、「お母さん、僕たちから離れないで」と泣くのです。
死にたくない…。学校に行っていた時分からこの病のおかげで何度となく自殺を考えたという王紅さんでしたが、今は子供たちに励まされて必死に病魔と闘う毎日です。

彼女を診た吉林大学中日連誼医院の顕微整形外科主任の高慶国医師によると、王紅さんは血管神経性繊維瘤で、腫瘤としては良性のもの。マイクロ波による切除の治療費は数万元とのことでしたが、縁戚が王紅さん一家の窮状を伝え、治療費は減免。近く手術を受けることとなったそうです。


HEAVEN 象人

Medical | EDIT

2008.02.26 (Tue)

ヒトラーの描いたディズニーキャラ? ノルウェーの博物館館長が主張

80226a.jpg

Ananova
既報ですが、ノルウェー北部にある戦争博物館の館長が、大戦中、ヒトラーが描いたとされるディズニーイラスト数点を発見したと述べています。

これらのイラストは、館長のWilliam Hakvaag氏がドイツのオークションで落札したもので、イラストに描かれているキャラは、1937年に公開されたディズニーの「白雪姫」や「ピノキオ」などの登場人物。
たとえば上の画像の左隅に「A.H.」と署名がありますが、これが館長いわく、ヒトラーが他に描いた絵の署名と一致するというのが根拠のようです。また、ピノキオを描いた方には署名は残されていませんが、同じタッチの水彩画だそうです。

もともとヒトラーは、不合格とはなりましたがウィーン美術大学を受験し、一時は画家を志してもいました。風景画や静物画(下画像)、裸婦など多くの絵が残されていると同時に贋作も多いようです。二年前にイギリスでオークションにかけられたヒトラー作の水彩画19点とスケッチ2点は、118,000ポンド(約2,500万円)で落札されました。


Rare colour photograph of Hitler's birthday

80226b.jpg

art flash games | EDIT

2008.02.26 (Tue)

Fuckin Hot Girl Julia

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。



80226c.jpg網易論壇
先月末に中国紙で報じられた「雪の路上で跪き、彼女の折檻を受ける男性」の図。
紙面で報じられてから既にひと月が経つというのに、相変わらず中国の掲示板やブログなどでひろまる一方で、ひょっとするとネットではここ一、二ヶ月の最大の話題かもしれません。リンク先の一連の画像もこのニュースのパロディのひとつ。女性が身につけている紅いジャケットというのがポイントのようです。

まあ、こんな話題が興味をもたれるというのも、先にアップした中国のSM事情にもみられるように、世界でも名だたるSM好きという中国人の国民性にもよるのかもしれません。中国でも報じられたこちらのゴスのカップルはそれほど話題にはならなかったようですから、あくまで男性が苛められるというのがデフォのようですね。

さて、ちょっと早いですが、今月の〆のご挨拶。
たくさんのアクセス、ならびに記事を取りあげていただいたサイトの皆さま、そしてなによりご常連の皆さま、今月もありがとうございました。サクラの蕾も脹らんで春はすぐそこまで。

babies | EDIT


 | HOME |  NEXT