2007.07.29 (Sun)

まずはケンカの仲裁でこしらえた水腫の治療―吉林省の象面人男性

70729k.jpg

―城市晩報―
こちらは吉林省の公主嶺市響水鎮に住む「象面人」男性、耿立波さん(30歳)。あだ名は「老黒」。
右の額に大きな肉腫があり、垂れた目蓋は両目を覆い、鼻、口、顎は突出し、長く伸ばした髪は後ろで結わいています。髪を伸ばしているのは顔を隠すため。肉腫に阻まれた目は見えません。

母親の陳香雲さんによると、視野が狭まっていることで7歳のときに診察をうけた耿さんは、先天性緑内障と診断を下されました。さっそく手術をうけた耿さんですが、術後、額が膨らみ始めたかと思うと、急速に顔面を肉腫が覆い、変容。21歳には垂れた肉腫が目に被り、ものを見ることが出来なくなったといいます。
陳香雲さんは息子を家のなかで静かに過ごさせてやろうと外出時には必ず鍵をかけ、耿さんがとつぜんの訪問者に煩わせられないようにとの気遣い。しかしながら隣近所の人々とは世間話だけでもさせてやりたいとの願いもあって、耿さんの望む限りの付き合いはさせているそうです。

「見知らぬ人には出来るだけ会わないようにしているよ。まずは僕を見ておどろくだろうし、次いで笑い者にするからね。みな同じさ。まるで珍しい動物を見るような目で僕を見るのがわかる。でも僕も人間なんだよ。人としての尊厳だってある」
記者にこう訴える耿さんは、胸のうちで何度泣いたかわからない、妻をめとり、子供をもうけて、ごく普通の暮らしがしたいとも述べます。

二週間ほど前に、耿さんは村人のケンカの仲裁に入りました。このときに棒で殴られた耿さんは、額に指頭大の皮下出血をこしらえました。ところがこの皮下出血が揉めば揉むほど大きくなり、心配した母親の陳さんは耿さんを伴って吉林大学の脳外科に診せにいったそうです。
検査の結果は、皮下出血による顔面浮腫。なおも膨らみ続けていたので入院加療させるべきと告げられました。しかし「象面」のもととなっている神経繊維腫については、治療費との兼ね合いでまだ治すかどうかは決めてないそうです。少なくとも30数万元を要する手術は脳外科だけではなく、整形外科など多くの医師の立会診察をもとに総合的にプランが練られ、術後も数度にわたる整容手術と多くの難関が待ちかまえているのです。

しかしこうして「象面」に限らず、奇病が報じられるたびに思うのですが、メディアに載れば必ずといっていいほど篤志が寄せられ、病院側も手術費用を無料にしたりといったバックアップがなされるのは、中国のひとつ、いい面かもしれません。目を瞑ったままに報じない日本のメディアに比べれば。


HEAVEN 象人

Tags : 象面人・獅面人 | 頭蓋・顔面の疾患 | 吉林省 |

Medical | EDIT

2007.07.29 (Sun)

象の鼻のような腕―先天性黒色素痣の5歳の男児

70729d.jpg

―捜狐社区―
70729f.jpgこちらは捜狐社区に掲載されていた湖南省衡陽市の雁峰区に住む5歳の男の子、匡光達くん。左腕が喩えるならば象の鼻のように黒く変色し角質化。ところどころにまとまって強い毛が生え、腕からは異臭が漂うといいます。

母親の王小娥さんによると、医者の診断では「先天性黒色素痣(獣皮痣)」とのことで、治療費は10数万元。生まれつきのものだったことから、一時は棄てようと考えたこともあったといいます。
王さん一家は50平米の家に六人家族。貧しさもあって、光達くんの治療費まではとても捻出できません。しかしこのことを知った江西省上栗県の中醫院の院長、栄忠美医師は無料で光達くんに手術を受けさせることを決め、今年の一月に光達くんの大腿部などから採取した皮膚を患部に移植。手術は二度にわたっておこなわれ、無事成功したようです。

栄医師によるとこのような「先天性黒色素痣」は隔世遺伝で、発症率は百万分の一。現在は移植による治療しか治す手だてはないということです。


背中一面の痣と絨毛―先天性巨型色素痣?
男の子の後頭部に巨大な腫瘍、「天性色素痣」?
「パンダの手」をもつ男の子―先天性巨型色素痣
片腕だけにびっしりと生えた獣毛―9歳の女児

Tags : 色素痣 | 皮膚の疾患 | 湖南省 |

Medical | EDIT

2007.07.29 (Sun)

how to fly

70729b.jpg

Pics | EDIT

2007.07.29 (Sun)

「乳溝」をあらわにするヒラリー・クリントン上院議員―中国紙より

70729a.jpg

中国新聞網
次期米大統領選の有力候補、民主党のヒラリー・クリントン上院議員(59)が、先の議会審議で大きく胸のあいた服を着用。ワシントンポスト紙のファッション欄で揶揄されたのに反発したクリントン陣営では、逆に「女性の体に焦点をあてるのは侮蔑」と声明を出していますが、これを中国紙で読むとまたちがった趣が。ちょっと訳してみますね。「乳溝」というのは「胸の谷間」のことです。



(中新網29日)女性タレントやモデルがテレビや雑誌などで乳溝を露わにしたからといって不謹慎だと怒る人はどこにもいませんが、これが次期大統領選の有力候補であり、前大統領夫人ともなると些か話はちがってくるようです。

香港「文匯報」の報道によると、先の議会審議に出席したヒラリー上院議員は、襟ぐりの大きく開いた上衣を着用し、「春光の漏れる(春光は春景色。転じてチラ見えの意)」ことに留意しなかったため、ワシントンポスト紙はこれを揶揄。これに反発したクリントン選管本部は「米社会に根付くこの無礼さと闘うためにもクリントンに献金を」と呼びかけているということです。

ヒラリー上院議員は今月18日、議会審議において高校の学費が高すぎる旨の意見陳述をおこないました。この際、同議員がピンクのジャケットの下に着用していた黒のカットソーから、乳溝が再三にわたって議会中継の映像に映ったことを、ワシントンポスト紙では同紙ファッションコラムで「甚だしく不穏当」と批判、これに対してクリントン陣営は猛反発していました。

ワシントンポスト紙は、「見えつ隠れつするVネックのカットソー、しかしその胸元には乳溝がハッキリとあらわれるという「女」を誇示したヒラリーの装いは、議会審議という場においてはいささか不適当に過ぎた」との内容でコラムに掲載し、746文字からなる記事を、同議員が意見陳述した高校の学費に絡む内容にはいっさい触れず、乳溝の話で埋めつくしました。

これに対してヒラリー選管本部では、同紙に対してただちに遺憾を表明。謝罪を求めるメールを送付しました。その内容とは、ファッションやコスメ、乳溝の話題が果たして次期大統領を選ぶのに重要なファクターとなり得るのだろうかというもの。
また声明を発表した同陣営によると、アメリカの文化に横たわるこの類の粗俗な視線は打ち壊すべきものと意気も盛んなようです。
いっぽう、ポスト紙の副編集長ライス氏は、ヒラリー上院議員がかつて大衆のファッションを揶揄した記事を書いたことを例にあげ、謝罪は考えてないと述べています。

Tags : 露出 | メディア | アメリカ |

Weird News | EDIT

2007.07.26 (Thu)

土牢に全裸で閉じ込められ、13年間「飼養」された女性

70726a.jpg

中華網ほか―
木板とレンガで囲った一間にも充たない粗末な土間。なかは暗く、灯りを含めて人が生活を営む上での品々は一切ありません。場所は陜西省戸県玉蝉郷北斑村の鄙びた佇まい。明かりとりと通風のために設けられた隙間には茨が掲げられています。
土間に座っている全裸の女性はここで13年間「飼養」されてきました。

70726c.jpg女性の名は董可妮。
今年で36歳です。結婚して子供も二人、16歳になる娘と13歳になる息子をもうけました。しかし精神病を患ってからは夫は家を出、一年に数度しか帰ってきません。残された妻子の面倒は彼女の母親がみています。
しかしながらその母親も、73歳の夫が脳梗塞を患って半身不随。66歳になる母親は気管支喘息と高血圧に苛まれながらも、ひとり動ける身として必死に家族を支えているのです。

女性が精神病に至った理由はわかりません。でも二人目の子供を産んだ産褥に家が貧しく何日も食事にありつけなかったこと、また彼女の夫が仕事先からなかなか戻らず、戻ってきたときもほとんど無一文だったあたりから女性はおかしくなりました。
もちろん土間に閉じこめられたのはそれなりの理由があります。心を病んだ女性は他人をむやみに殴り、傷つけもしたからです。

土間に入れられた女性は、夏はこうして素っ裸。冬は一枚の麻袋にくるまるそうです。食事は母親がビニール袋に入れて土間に差し入れますが、女性は食べることもあれば床にまき散らすこともあるといいます。そのために土間の床はビニール袋が幾重にも堆積しています。見たところ、陽の光にずっとあたらなかった肌には染みが浮き、骨粗鬆症か足は幾分変形し、その視線は滞ったまま動くことはありません。
13年間、こうやって面倒をみるしかなかった母親は、取材に対して涙に暮れます。

70726b.jpg

Tags : 拘束・収監 | 精神疾患 | 陝西省 |

Weird News | EDIT

2007.07.26 (Thu)

切っても切っても伸びる腫瘤―重慶市の象面人男性

70724o.jpg

―重慶晩報―
こちらはこの十年間のうちに三度も顔面にできた腫瘤を切除しながら、切るたびに以前より上まわって成長するという男性。

この男性は重慶市栄昌県古昌鎮に住む劉興権さん(48歳)で、十数年前に右頬にできた小さな肉腫を放っておいたのがきっかけだったそうです。肉腫ができたときにはいずれ治るだろうと気にしないでいたところ、みるみるうちに成長。数ヶ月で右顔面を覆い尽くしてしまいました。
さすがに人が避けるようになったので、栄昌県人民醫院で診てもらうと腫瘤は良性のもので、成長しても悪性にはならないという診たて。でもこれではあまりということで、切除してもらいました。

しかしながら1年半後にはふたたび元の大きさに成長。劉さんは病院に訪れ、腫瘤の摘出手術を受けました。このようにして十年間に三度腫瘤を切除した劉さんですが、いまではごらんの通り。まるで髭のように切るたびに大きさを増す腫瘤は30センチの長さで鎖骨にまで垂れさがり、ほとほと困り果てた劉さんは腫瘤のもととなる原因をとり除いてくれる医師を現在、捜しています。



70724p.jpg

―法制晩報―
先にお伝えした体重40キロ、うち腫瘤だけで15キロもある湖南省の世界最大「超級象面人」男性、黄春さん(31歳)ですが、24日の8時半より切除にはいり、輸血用血液4000mlを用意し、医師10名による2時間半の手術は無事成功したようです。

難度の高い手術を指揮したのは、広州復大腫瘤医院「Percutaneous cryoablation―凍結融解療法」の専門家、牛立志医師。心配された出血は800mlで済んだそうです。
最初の大きなヤマを越えた黄春さんですが、これから本格的な整形、整容手術を受けねばなりません。


超級「象面人」男性、治療に広州復大腫瘤医院が名乗り
顔から垂れる15キロの肉塊、行きづまる家族の暮らし
HEAVEN 象人

Tags : 象面人・獅面人 | 頭蓋・顔面の疾患 | 重慶市 |

Medical | EDIT

2007.07.26 (Thu)

バスの空席をめぐって老人と口論になった少女が老人をビンタ

70724m.jpg―重慶晩報―
バスの空席をめぐって老人と諍いになった少女が、老人に対してビンタをふるい、憤慨した乗客に窘められるという騒ぎがありました。

老人は重慶市九竜坡区楊家坪港の団地に住む張民さんで、今年76歳。
張民さんは妻と小さな孫を連れ、市内の小児科にかかるためにバスに乗り、いちばん後ろの席に座りました。老人の席の隣には小さな包み。あとから孫を抱いて乗ってくる妻を座らせてやろうとの気遣いです。ところが老人の前にとつぜんポニーテール、ジャージ姿の16、7歳の少女が立ちはだかると、かまわず包みの上に腰を下ろしました。

「ここには人が来るんです」。老人はそう言って少女を窘めましたが少女は聞こうとしません。孫を抱いた妻がステップを上がってきました。張民さんは語気を強めました。「ここには老人と子供が来ると言ってるんです」

ここで大きな音がしました。乗客はみな振り返りました。少女が老人の頬を思い切りはたいたのです。「なななな、なんと…」。怒りに震えた張民さんは思わず杖を振り上げましたが後に続く言葉がでません。ここで張民さんは信じられない言葉を聞きました。
「你管老子的、老不死的――なんだよ、やろうってのか? このくたばり損ないが」
少女は拳法の構えをして張民さんを威嚇します。居あわせた乗客たちはここで少女をとめると、座っていた一人の男性客が立ち上がり、わかったわかった、ここに座っていいからと少女を促しました。
しかし、「どうしてこんな子に座らせてやることあんのよ」と今度は席を譲った男性客までもがほかの乗客につるし上げられ、バスが発車してからも不満の声が聞こえます。

少女は席を譲ってもらってからも「いま喋った奴、あとでぶっ殺す」とにらみをきかせ、ついには窘めようとした男性にも、「你讓給老子的座位就是老子的了、你憑舎管老子?”――おまえはおれさまにここを譲ったんだろ。ほかになんか文句あんのか?」と口汚く罵る始末。少女は新華路で下りていったそうです。

中国のバス、荒れています。 (画像は、案内板を照らす太陽電池を盗まれたバス停を補修する公交車の係員。こうして壊された案内板を補修するだけでも、市内だけで1年に400万元以上(6000万円)かかるそうです)

Tags : 中国市井百態 | 重慶市 |

Weird News | EDIT

2007.07.26 (Thu)

your imagination

70724q.jpg

Pics | EDIT

2007.07.26 (Thu)

中国版「クレヨンしんちゃん」?

70724l.jpg―重慶晩報―
先に段ボール肉まんねつ造報道で話題となったCCTVですが、こんどは同局で子供向けに放映しているアニメが日本のアニメの盗用ではないかと批判の声があがっています。

問題となっているのは、CCTVが今年5月から放映を開始した「大嘴巴dudu(duは口へんに都)――日本語にすると「大きな口でぶーぶー」)というアニメで、画像の5歳の幼稚園児が主人公。ほかに登場人物としては、鐺鐺、小恩、阿魚、阿威などが出てくるそうです。

画像をみる限りまったくのコピーというわけでもないようですが、現在ネットなどで指摘を受けているのは、主人公の行動からキャラ、また脇役のキャラ設定も「クレヨンしんちゃん(中国では「蝋筆小新」)」とうり二つというその内容。また音響効果などは、「ジャングルはいつもハレのちグゥ(中国では「熱帯雨林的暴笑生活」)からパクったのではないかというもの。なかにはキャラの造型さえも、アニメ版「一休さん」そのままという指摘もあがっているようです。

ネットなどのこうした指摘を踏まえて、「大嘴巴dudu」の製作会社に問いただしたところ、このような解答を得ました。
「大嘴巴dudu」は、アフレコを入れたものを最終的に台湾に送って完成させたものです。ご指摘いただいた「クレヨンしんちゃん」の構成と似ているという点についてですが、これは登場人物が5歳という設定上、生活圏はさほど広くなく、身のまわりに起こったエピソードもどこにでもあるような事柄ばかりです。「大嘴巴dudu」は完全に当社オリジナルで、その背景などもごらんになっておわかりのように中国のものです。

いっぽうCCTV側では現在調査中とのことで解答を保留しています。
フォーラムなどでは、一話一話、台詞まわしから登場人物の所持品に至るまで例をあげて、筋はまったくのコピーだと批判があがっています。

Tags : アニメ | メディア |

strange | EDIT

2007.07.24 (Tue)

オールヌードでスタンドに現れる謎の金髪女性

click!

Reuters
ドイツ東部の小さな街、デーミッツで、オールヌードでスタンドに立ち寄るミステリアスな女性が話題となっています。

この女性は髪はブロンド、身に着けているものといったら、ブレスレッドの他には背中一面のタトゥーだけ。足元はゴールドのヒールをつっかけた女性は、画像のように背も高くほっそりとした体型で、年齢は30歳前後。よくこのスタンドに現れては乗ってきたフェラーリに給油した後、タバコを買っていくのだそうです。

スタンドの従業員、イネス・スウォボダさんによると、「とても感じのいい女性」で、以前にも全裸姿でスタンドに立ち寄ったことがあるとか。ほかのお客さんからの苦情は受けていないそうで、またドライバーが誰なのかは不明。
画像は、その場にいたお客さんの一人が機転をきかせてシャッターを押したものでドイツ国内のメディアで大きくとりあげられたそうです。というか、先ほど見たら凄まじい勢いで世界のメディア、ブログにアップされていました。

Tags : 露出 | ヌーディスト | ドイツ |

Weird News | EDIT


 | HOME |  NEXT