2007.02.28 (Wed)

中国の「動物ロボット」シリーズ、ネズミの次は「鳩ロボット」

click!―中新網―
26日、山東科技大学の機器人(ロボット)研究センターは、生きている鳩の脳に電極を埋め込み、遠隔操縦でコントロールできる世界初の 「鳩ロボット」 を開発したことを明らかにしたそうです。

これはここ数年来、同大学の蘇学成教授が率いる国家自然科学基金プロジェクト、「動物ロボット」 シリーズの一環として開発されたもので、昨年の 「鼠ロボット」 に次いで、機器人研究センターの実験室で公開デモンストレーションがおこなわれました。

実験は、鳩の翼を縛ったうえで、8の字に置かれた赤い紐の上を正確にトレースできるかどうかというもので、記者の前にあらわれた研究チームの劉小峰博士は鳩の動きを見ながらリモコンで操縦、逸らせずに見事、8の字をなぞらせてみせたそうです。
蘇学成教授によると、脳に埋め込まれた電極から刺激を与えられるロボット鳩は、コンピュータ制御により、もっと複雑な命令、つまりは離陸、飛翔、転回、着陸なども可能といいます。

「動物ロボットは機械のものより優れています。 まずは動力に電力などのエネルギーを必要としないこと。 その動物そのものの環境に依存し、適合させられること。 これら利点は、多くの可能性をもっています。 たとえば鳩ロボットなら、空中からの撮影、人間の目の届かない場所からの探査など。 もちろん軍事目的でもその威力をいかんなく発揮することでしょう」 と記者団の前で語る劉小峰博士。
気になる 「動物ロボット」 シリーズ。 ネズミ、ハトときてその次は、まだ明らかにされていないようです。

strange | EDIT

2007.02.28 (Wed)

骨ガン末期の女性が結婚

click!―瀋陽晩報―
骨ガンを患って既に末期、生きる希望も見失った女性のもとにあらわれたのは、それこそ白馬に乗った王子さまだったのかもしれません。
この世で最初にして最後の愛を受け入れた女性は、昨日27日、激痛をおして病院から式場に向かい、花嫁となりました。

今年21歳になる喬艶秋さんは、遼寧省新民市公主屯鎮に住んでいます。
今から一年半前、19才の頃、両脚のあまりの痛みに耐えかねた艶秋さんは両親をともなって市内の病院を訪れました。 診断結果は骨癌。 それも末期でした。
もともとそれほど裕福ではなかった喬さん宅では、娘の治療費を捻出するために土地を売り、また方々に借金もしました。
しかしながら、治療をはじめて数ヶ月、6万元(約108万円)という莫大な負債が家族の上にのしかかっても、艶秋さんは日増しにやつれるばかりでした。 まるで病魔に魅入られたように症状は進み、50kgあった体重が30kgにまで落ちた彼女は、襲いくる痛みと毎日闘っていました。 これ以上家の足手まといになりたくない。 心の中では毎日死ぬことばかり考えていたそうです。

艶秋さんの症状は村の人々にひろく伝わりました。 ニュースを知ったなかに彼女の長男と親しかった呉保安さんがいました。
見舞いに喬さん宅を訪れた呉さんは、それから毎日仕事が終わると走って彼女のもとに訪れ、あれこれと面倒をみたそうです。 それは床から離れられない艶秋さんの痛む足のマッサージにはじまり、足や髪を洗うのを手伝い、果物をむき、傍らで本を読んでやるといった案配。
ときに呉さんの前でも挫けそうになる艶秋さんにむかって、心をしっかりもてばきっと病に打ち克てる、いつかきっと元気になるさといい続けたそうです。

呉さんにしたところで、けっして家が裕福だったわけではありません。 八十近い父。 稼ぎ手は保安さん一人でしたが、喬さん宅の窮状を知ると、村でいくつもアルバイトをしては診察費を得、骨と皮ばかりになった艶秋さんを背負い、病院にも通ったそうです。
こうして日の経つうちに、艶秋さんの表情には少しずつ明るさがもどってきました。 情が愛に変わり、やがて艶秋さんも毎日呉さんを迎えることが心待ちになりました。

しかし愛が深まれば、辛くなるのは艶秋さんです。 自分のためにいくつもの仕事をかけ持ち、くたくたに疲れている筈なのに、なお自分のもとを訪れ、面倒をみてくれる。 艶秋さんは涙ながらに呉さんにこう言いました。 あなたの足手まといにはなりたくないの。 だから…、もうここに来るのはやめて。 私のことなんか構わないでもういいから…。
後は言葉にならず泣きじゃくる艶秋さんの痩せた腕をとった呉さんは、それに対してこう答えました。 君の面倒をみたいんだ。 だから僕はここにいるよ。 いや、いさせてくれ。

旧暦の師走、この頃では毎日痛み止めの注射が欠かせなかった艶秋さんでしたが、それでも疼痛がおさまらず意識を失いました。 家族はあわてて村の病院に診せにいきます。
春節、除夜の鐘が鳴りひびく頃、彼女は極度の困憊のなかにいました。 すでに泣く気力さえ失った艶秋さんの手をしっかりと握った呉さんは、こう告げました。
「艶秋、正式にプロポーズするよ。 僕の妻になってくれ」
この言葉に艶秋さんは目を見ひらきました。
「あなた、気でも狂ったの。 私はもう死んでいく人間なのよ。 結婚なんてあり得ないわ」
「いや、二人は結婚しなければいけないんだ。 いま結婚しなければ、僕は一生悔いを残すだろう。 いいかい艶秋、できることなら僕は夫として君を看取りたい」

70228c.jpg春節明けて五日目、呉保安さんは喬艶秋さん背負って村の写真館に訪れました。 話を聞いた写真館では花嫁衣装、写真代などすべてを無料で提供したそうです。
そして昨日27日、病院の南隣にある 「新天地」 という料理屋で席をもうけ、披露宴がひらかれました。 親族のみで、かけたお金は1200元というささやかなもの。 しかし話を聞いていた村の人々が車で料理屋の前に集まり、二人の門出を祝福するために車列を組んでパレードを行いました。 「今日の艶秋ちゃんは世界でいちばん綺麗だよ!」 沿道からはそんな声もひびきました。

もっとも医者から特別の痛み止めを打ってもらっていたとはいえ、気の遠くなるような痛みに、艶秋さんの額には玉の汗。 ぶるぶると震えながら呼吸は荒く、傍らの保安さんはずっと小声で彼女を励まし続けていたといいます。
病院では、新婚の二人のために個室をひとつ提供しました。 そして院長ならびに医師たちから祝儀が手渡され、総額は9000元にも及んだそうです。 「いま、本当に幸せです。 世界でいちばん大きな愛につつんでもらって、強く生きなければ、と思います…」 と語る艶秋さん。
病室の上に貼られた大きな深紅の 「喜」 の文字は、年明けて燦々と輝く春の日差しにいま、踊っているかのようです。

strange | EDIT

2007.02.28 (Wed)

scan

70228f.jpg

Pics | EDIT

2007.02.28 (Wed)

おしゃべりをやめなかった児童の舌を鋏で切った女教師

click!―All Headline News―
イタリア、ミラノの女教師が、授業中におしゃべりをやめなかった7歳の児童の舌を鋏で切り、解雇されました。

学校名や名前などは明らかにされていませんが、女教師は鋏を手に騒いでいた男の子に対して、舌を出しなさい、そのおしゃべりな舌をちょん切ってあげるからと言ったということです。 この後、鋏が児童の舌に触れ、児童は舌先を5針縫うケガ。 北アフリカ出身の児童の家族は、この教師を告訴しました。

この件に関してフィオローニ教育相は、「まったくもってゆゆしきこと。 断じて許せるべきものではない」 としながらも、いっぽうでは、「女教師は本当に鋏で切るつもりはなかったと聞く。 女教師が叱ったときに、児童がたまたま首を振ったのが、舌が鋏に当たった原因らしい」 とやや女教師を擁護するかのような発言。

また、ロンバルディ州の教育委員会、ドミニチ氏によると、「われわれは、事件については充分な調査をおこなった。 そのうえで停職処分を科したのだが、教育相のこのような事件は二度とくり返してもらいたくないとの願いをうけて、彼女を懲戒免職にすることに決めた」 とこちらもなにか歯切れの悪い答弁。  なにかあるのかな?

Weird News | EDIT

2007.02.28 (Wed)

Playmate Erin Wills

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。

今日の記事を訳しながらふと思いだしたのがこちら、「新婦は身長70センチの体重20キロ」。 いずこの国でも愛が奏でる協奏曲というのは、胸をうつものですね。 それなのにどうして、数十年とたつうちにそれが憎しみにかわり、夫や妻や子供たちが惨殺されたりする事件がおこるのでしょう。

さて春節シーズンもそろそろ終わり、そろそろ中国関連のニュースに賑わいが出てきそうな気配。 今月もたくさんのアクセス、取り上げていただいたサイトの皆さま、そして何より日々通っていただいた常連の皆々さま、深く感謝です。 また来月もよろしくお願いいたします。

babies | EDIT

2007.02.26 (Mon)

家族6人を斧で斬殺した次男

click!―中新網―
春節初七、お正月もまだ七日目を迎えたばかりという中国は吉林省の長春市で一家六人が斧で斬殺、次男が犯人として逮捕されるという事件がありました。

殺害されたのは、長春市農安県朱園子村に住む董長青さん(63歳)、その妻(60代)、長男(40代)、長女(30代)、長女の娘(10代)、次女(20代)の六名。 董さん宅では、長男は結婚しておらず、長女は離婚して娘とともに実家にもどり、次女と犯人の次男、剛(29歳)をまじえて七人暮らしでした。

剛は、初級中学卒業後定職には就かず、かといって家の野良仕事は手伝わず、賭け事やビリヤードなど遊興する金は親にたかり、奔放な生活を送っていたそうです。 もちろん結婚はしていません。 日頃の生活態度から両親とのあいだに軋轢が生じた剛は、春節のあいだにも両親や兄弟たちから罵られ、これが家族殺害の動機となったようです。

事件は、年があらたまって七日目の24日、家族と朝飯をともにした剛がすっくと立ち上がって大椀に白酒を注ぎ、一気に飲み干したことから始まります。
剛が何を考えていたのかはわかりません。 ただ日頃抑圧されていた鬱憤を晴らすかのように喉仏を上下させて白酒を流し込む剛の態度に呆れたのは家族でした。
まずは母と長男が用事で出かけた後、父親と剛との間で口論がはじまります。 諍いは取っ組み合いとはならず、その場を逃げ出した剛と追う父。 しかし台所に逃げ込んだ剛の目にはいったのは斧でした。

いまや60代の父を前にして口論の末、逃げざるをえなかった三十まぢかの男の恥と、なにかといえば罵倒され続けた積年の恨みが頭をもたげます。 斧を手にとった剛は父に向かって斬りつけました。
次いで止めにはいった妹と姪を殺害した剛はもう止まりません。 用事をからもどった母と長男をやはり斧で斬殺、最後に長女を殺害して逃亡しました。

惨状は農機具を借りにきた近所の村人によって発見されました。 董さん宅は村のなかでも裕福な家庭だったようです。 住まいも相応に広かったようですが、その至る所に血だまりがあり、いずれも頭部が割られた六名の斬殺体。 あまりの惨状に腰を抜かしながらも村人は警察に届け出たのが夕4時。
村人の証言で悲鳴が聞こえなかったことから、複数の犯人も考えられるとして、警察ではさっそく60余名という人員を配置、非常線をはります。 明けて25日午前2時、現場にもどってきたのが剛でした。 自らのしでかした事の重大さに非常線をくぐって忍び込んできた剛は自殺をはかったそうです。 しかしすぐに取り押さえられ、犯行を自供しました。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2007.02.26 (Mon)

ガチョウのお告げで孫娘を刺し殺した女

click!―CNN―
よちよち歩きの孫娘を刺し殺した女性が、法廷で無罪をいいわたされました。 理由は、事件当時、ガチョウからスピリチュアルメッセージを受けたと主張した被告の心神喪失が認められたからとのこと。

この女性は、コロラド州アラパホー郡に住むキャロル・リン・パパス(53歳)で、事件は2005年10月29日におこったもの。
当時、息子の家を訪れていたパパスから警察にこんな通報があったそうです。
「わたし、やっちゃったの…、赤ちゃんが泣いてるわ。 どうしよう…」
警察官が現場に駆けつけると、パパスはまだ呆然と受話器を握りしめたまま。 両手は血にまみれ、そばには息絶えたまだ1歳9ヶ月のマディソンちゃんが横たわり、刃わたり8インチ(約20cm)の凶器のナイフも傍に落ちていました。

ところが警察でパパスを取り調べたところ、殺害は認めたものの、動機に関しては住まいの上空を通り抜けたガチョウが、あの子を殺せと告げたと一点張り。 法廷では2005年中に少なくとも6回の精神病院への通院歴があったこと、また幼児殺害の六週まえにも通院していたことが証明され、このたびの無罪判決となったようです。 パパスは州立の精神病院への収容をいいわたされました。

Weird News | EDIT

2007.02.26 (Mon)

scissors in the hair

click!
enlarge

Pics | EDIT

2007.02.26 (Mon)

11歳の少女が全裸の男に連れ去られ、暴行される

click!―WEWS-TV 5 Cleveland―
米ウエストバージニア州、ウィーリング署とFBIは、11歳の少女を誘拐、性的暴行をはたらいた全裸の男を追っています。

当局によると事件が起こったのは先週の火曜日で、時間は夜の8時40分頃。 名前は明らかにされていませんが、友だちとコンビニの裏路地を歩いていた11歳の少女が男に後ろから声をかけられたそうです。

少女が振り返ってみると、男は足元にブーツを履いただけの全裸。 少女は駈けて逃げましたが、恐怖で足がもつれたのか男に捕まり、数十メートル引きずられてピックアップトラックの助手席に。
詳細はあきらかにされてませんが、この後暴行を受けた少女は40分後に解放されました。 逃げおおせた少女の友人は母親に報告、母親から警察に通報がありました。 また解放された少女は近所の家に逃げ込み、襲われたことを告げ、警察に保護されました。

同一犯のものと思われる犯行は事件の二日前にも起こっており、18歳の女性が同じくブーツとコートを身にまとっただけの男に襲われましたが、こちらは女性が自宅に逃げ込んだため、未遂で終わっているようです。
「ウチの管轄で、よりによって素っ裸で女の子を襲う不届き者がいるとはけしからん」
こう述べて怒りをあらわにしてみせるのは、ウィーリング署のギャリー・ガウス警部補。
男は20代なかばで身長は5フィート10インチ(約180cm)くらい。 ピックアップトラックは黒っぽい色だったということです。
こんな輩が今から出没するようでは、アメリカでも春は早いのかもしれません。

Weird News | EDIT

2007.02.26 (Mon)

Sexy Eve Oiled Up By Mcnudes

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。

click!―WCPO-TV 9 Cincinatti―
はみだしニュース。

昨年11月に米オハイオ州ノースベンドの川岸で見つかった女性の遺体です。 警察では今もって身元不明のために、遺体の画像を公開して情報を募ることにしました。
女性は黒いスカートに黒のブラウス、パールのネックレスを身につけ、暴行の形跡は見当たらないとしています。 もし心当たりのあるという方がいらっしゃいましたら、どうぞリンク先の画像をお検めください。 ただし、ひとつ警告しますが、画像は克明な女性の遺体です。

babies | EDIT


 | HOME |  NEXT