2007.01.29 (Mon)

世界で最も若い、公的に認められた性転換者―14歳

click!
―Telegraph―
性同一性障害に悩むドイツの少年が、二年前、12歳のときからホルモン療法を受け、14歳になった現在、法的にも 「女性」 として認められました。 公的に認められた性転換の例としては、世界最若となるそうです。

少年および家族について詳細は明らかにされていませんが、「少女」 となった少年は、ドイツに在住するティム君(現在の名はキム)で、画像のようにブロンドの髪に涼しげな青い瞳をもつ彼は、将来はファッション関連の仕事に就きたいと語っています。
ティム君は、小さい頃からスカートを穿くことを好み、玩具といえばバービー人形、また二歳時から一貫して自分は女の子だと主張してきたらしく、最初のうちは両親も、これを成長段階での迷いと思っていたそうです。 ところが、第二次性徴を迎えたティム君。 とつぜん声が低くなり、うっすらと髭が生えはじめて恐慌をきたし、両親は何人もの精神科医の意見を聞いたそうです。
フランクフルト大学付属のクリニックで、青少年の人格障害(identity disturbances)を扱うベルン・マイエンブルク医師は、こう診断書に記しています。
「キムは言語や認知などもよく発達しており、感情の出現も正常である。 幼年期に感知されたという性同一性障害は、もはやキム自身の人格の一部であり、こらから男性性に向かわせるということの方が誤っているようにも思われる。 いずれにしても非常に稀なケースだ」。

以来ホルモン投与をうけ、法的にも女性と認められたティム君は、学校でも女生徒扱い。 また、病気ということで、治療には保険が適用されるそうです。 しかしながら、法律上、男性器を除去することは18歳までできません。 ティム君がもし、この先男性として成長することを望めば、18歳まではチャンスがあるそうです。

records Guinness | EDIT

2007.01.29 (Mon)

97歳の父と42歳の障害をもつ母を支える12歳の少年

click!
―査看評論―
今から24年前の1983年、海南省は儋州市に住む当時73歳の養儂さんは、人伝で手足の欠損した18歳の女性、李福煥さんを知り、結婚しました。
結婚して間もなく長男の開標が生まれ、それさえ奇跡のようなものでしたが、婚後9年に長女の石英、11年で次男の石平が誕生。 老いてなお性に飽くことがなかったのか、更に2000年、養儂さんが90歳のときに4番目の子供、開山が生まれました。

生活は貧困の極み。 行政府では農村特困補助として月に40元(約640円)の援助を施し、年があらたまる度、また季節がめぐるごとに所員を派遣。 世話に訪れているものの、97歳、すでに寝たきりとなってしまった97歳の養儂さんと、手足に障害をかかえる42歳の李福煥さん、それに幼い子供たちという家庭では、その日暮らしさえままならないようです。



「多年來心中的創傷我該向誰講。我累了,我痛了,我醉了,我哭了,我終於放棄了――ずっとずっと心のなかにある傷が癒えない。 傷はかさなり、痛くてたまらないっていうのに。 痛みに泣き叫んだところで、誰もきいてはくれない。 もう僕はとっくにあきらめたよ」

次男、石平くんのボロボロになった国語の教科書には、こんな落書きがありました。 小学校6年(2004年当時)の石平くんの国語の成績は学年でも下のほう。 ゆえに自分の感情を歌詞になぞらえて表すことしかできません。 家に帰れば、94歳の父は絶えず咳をし、床から離れることはなく、母もまた、先天的な障害のほかに栄養不足から水腫をこしらえ、こちらも滅多に床を離れることがありません。

学校は休みに入りました。 でも石平くんの日常はかわりません。 朝起きると、まず町に安い野菜を買いに行き、両親や弟のために汁をこしらえます。 汁は椀に注ぎ、まずは両親の枕許に。 それから兄弟と自分の椀に注いだ汁を味わいながら、石平くんの目線は部屋の内へ外へと注がれます。 うずたかく積まれたゴミのなかにぼうっと浮かぶ両親の影、ちらちらと動く弟の影。 たったひとつの窓から埃を浮き立たせるように照らす朝の光は、部屋の暗さをも同時に際だたせるのです。

年の離れた兄は結婚し、商売をしていますが、年中忙しく、滅多に訪れることはありません。 街に出ていった姉は週に一度は帰ってきて、石平くんに50元をわたします。 この姉からお金をもらう時が、石平くんのいちばんうれしいとき。 うまく遣りくりすれば、服を一着買うことだってできないとはかぎりません。
冷蔵庫代わりに甕でいぶすため、その煤で部屋中は黒く汚れ、たったひとつ部屋を照らす電灯も煤垢で暗く、用をなしません。 石平くんは昼間はともかく夜は教科書の文字を追うことさえできないのです。

石平くんは暗い家でなす術がなく、むしろ学校がはやくはじまることを望んでいます。 ときには兄の営む電器屋で修理を手伝うこともある彼は、壊れたCDプレーヤーにたまに入ったままになっているCDを取りだして再生し、歌詞を紙に書き写すことを憶えました。 小さな小さな魂が共感する歌詞は、少しだけ毎日の寂寞にあって、彩りを添えてくれます。 教科書に落書きしたのもそれゆえ憶えた歌詞でした。

いまいちばんの願いはと訊くと、石平くんは小さな声でこう答えました。
一度でいいから、父に日なたぼっこをさせてあげたい。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

strange | EDIT

2007.01.29 (Mon)

へへっ

70129e.jpg

Pics | EDIT

2007.01.29 (Mon)

おしっこを漏らしたばかりに殺された珍珍

click!―北京朝報―
おしっこを漏らした女の子を麺棒で殴り、結果的に死に至らしめた養母に、6年の懲役がいいわたされました。

おしっこを漏らしたのは、珍珍(4歳)で、養母は北京市で働く盛(37歳)。 盛は、夫の史との間に二人の男の子がいましたが、2002年に縁があって、珍珍を養子としてひきとることを決意。 以来、珍珍をかわいがっていた様子ですが、男の子二人は珍珍をいつも苛めていたそうです。 というのも、珍珍はまだちっちゃいということもあってか、年中粗相をし、おしっこを我慢できずにズボンのなかに漏らしてしまうことはしょっちゅう。 寒くなっては漏らす回数も増え、うんちまで漏らしては泣くこともしばしばだったといいます。

日頃、珍珍はかわいいものの、おしっこを漏らすことには耐えられなかったという盛は、昨年2月13日の晩、いつものようにズボンのなかにおしっこを漏らしてしまった珍珍を打ち、手にあった麺棒で尻を何度も打ちすえたそうです。
ところが翌朝、目を醒ますと、珍珍の目は見ひらいたまま。 首もあらぬ方向にねじ曲がっていたため、救急車を呼んで病院にはこんだところ、すでにぐったりとしていた珍珍は、夜中のうちに死亡していたことがわかりました。 ここで臀部の痣などをみた病院側から警察に通報があり、盛はその場で警察に捕らえられました。

検察側の論告によれば、麺棒での殴打が直接の死因に結びついたものではないとはいえ、被告盛の教育方法は単純にして粗暴、もともと心筋炎に罹っていた珍珍の異状に気づかず、肺炎を併発させて死に至らしめたのは、児童虐待の罪に充分問えると考えられるとのことで、盛は有罪、実刑判決が下されました。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2007.01.29 (Mon)

Stunning Zdenka Podkapova

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。

最近、ギネスブック関連に手がまわらず、史上最年長、67歳で出産した女性や、世界最高齢の男女ともの訃報などお伝えしきれませんでした。 というより、メディアで紹介されそうなニュースはそちらお任せで、アジアン・ディープな世界にひた潜っていた怠惰もしばし反省。 とはいえ同じ時間を割くのなら、ウチでしか読めないニュースをと、ええ、これも言い逃れですね。

さてさて、来月はどんなニュースが 「HEAVEN」 を賑わすでしょうか。 今月もたくさんのアクセス、ならびに取り上げていただいたサイトの皆さま、そして何より日々通っていただいた常連の皆々さま、深く感謝です。 ありがとうございました。

babies | EDIT

2007.01.27 (Sat)

過食症の女性にSMダイエットを施した精神科医

click!―News Corporation―
過食症の女性患者を治療のためと称して服を脱がせ、犬用のエリザベスカラーを首につけて尻を鞭で打った精神科医の公判がひらかれました。

この精神科医は、西オーストラリア州の州都に住むブルース・ビートン(64歳)で、2005年3月、過食症の治療で訪れていた女性患者(当時24歳)に対し、ビートンいわく 「彼女の心のうちに規律をもうけるため」 にスパンキングなどの暴行を加えたということです。

セラピーに臨んだ女性は、まず服を脱ぐよう指示され、下着を脱ぐことまでは拒絶するとワイヤーハンガーで叩かれたそうです。 次いで犬用のエリザベスカラーを着用させられ、彼氏とのセックスについて、また彼女自身がふだん思い浮かべる性的な妄想を話すよう強要。 拒むと九尾の鞭(cat o'nine tails)で尻を打ったといいます。
その後警察に届け出、警察側では証拠を得るため、三度目のセラピーに臨む女性のバッグに隠しカメラとレコーダーをセット。 スパンキングの音がドア越しに12回響いたところで、警官が踏み込み、ビートンの逮捕となったものです。

しかしながら、半強制とはいえ、二度目のセラピーでは、鞭打ちの後に長椅子に寝かせられ、セックスにまで至ったという二人。 またビートンの供述では、最初に鞭を持ち込んだのは女性のほうで、これに乗じた彼が、エリザベスカラー、手錠、スクールウェアを次回のセラピーに持ってくるよう言いつけたともいわれています。 九尾の鞭は、ビートンが彼女のために誂えたもので、ピンク色でした。
女性は、過食症以外にもドラッグを常用し、鞭に関しては、18歳の誕生日にもらったものとしています。 事件が明るみになればなるほど、最初伝えられていた性的虐待の要素は消え、まるで薬代欲しさに精神科医を陥れようとの女性の企みにも映りますが、公判はしばらく続きそうです。

Weird News | EDIT

2007.01.27 (Sat)

病んだ妻の足を切断、自分で手術を施そうとした夫

click!―燕趙都市報―
医学の心得が全くないにもかかわらず、長年連れ添った妻の足を鋸で切断、手術を施そうとした男性がいます。
この自己判断の 「手術」 の結果は、切断面が癒合せず、このことを知った現地行政府が妻を緊急入院させ、応急手当を施すに至りました。

妻の足を鋸で切断した男性は、山西省平遥県に住む雷普貴さん(62歳)で、妻は梁淑雲さん(58歳)。 左画像は現在、平遥県第二人民醫院で治療を受けている梁淑雲さんの切断された腿を掲げて示す雷普貴さんです。

金属工場に働く雷普貴さんが、妻の足を切断しようと思い立ち、実際に手術をおこなうまでにはそれなりの経過があったようで、まずは自宅の畑で農作業に従事していた梁淑雲さんが、1996年の夏に倒れたことからはじまります。 病院の診断では脳腫瘍。 この後2001年に心臓病をも患った梁淑雲さんは寝たきりになってしまいました。 経過は思わしくなく、2003年には左足の爪先から変色がはじまると、2005年には脛までが壊死。 「妻の足が一日一日ボロボロになっていくのを見るに忍びなかった」 と雷普貴さんは語ります。

以下は記者と雷普貴さんとの一問一答です。
「なぜ病院にいらっしゃらなかったんですか?」
「病院に行けば金がかかる」
「実際、どのように手術されたんですか?」
「ひざの関節に沿って裏から切った。 まず腱を切ってそれからボロボロになった肉をよけた。 使ったのは普段、髭を切ってる小刀だ。 傷には硫黄を塗った」
「あなたは医学を学んだことがありますか?」
「いや、ない。 字も満足には書けん」
「手術は成功したと思いますか?」
「まあまあだったと思う。 ここに来る前に肉もずいぶん盛り上がったし、ただ、骨が少し飛びだしていたから、毎日傷口をきれいに洗わなければならなかった」
「何で洗ったのですか?」
「病院でつかうような食塩水は高くて買えなかったから、自分で作った食塩水で洗った」

取材中に、点滴を打たれている梁淑雲さんがたびたび呻きます。 彼女は数ヶ月前に言葉も失ったそうです。
記者が質問を続けるうちに、雷普貴さんは、鋸で妻の足をひいたのは医療資格のない、「土医生(診療機関の少ない田舎などで医療行為をおこなうもぐりの医者)」 だったことを明らかにしました。 手術にあたった土医生は、ふだんから仲のよい間柄、雷普貴さんに後のことはすべて自分が責任を負うからと頼まれ、雷普貴さん家族立ち会いのもとで妻の足を切断したのだそうです。

しかしながら、土医生の問題は別として、四肢の切断といった大きな手術を病院や診療所で行えなかったのは、医療費の高さゆえ、農村ではひとり重病人を出すとたちどころに窮してしまうといった現状もあるのです。
雷普貴さんの家では、梁淑雲さんが倒れて後、いちばん下の初級中学に通っていた娘、雷紅星さん(15歳)を含め、子供たちをすべて中退させざるを得ませんでした。 2003年に太原の病院に診せにいった際には2万元(約32万円)。 そのときに足の切断について医師に訊くと、5,000元(約8万円)必要とのことだったそうです。 ひきかえ、例えば雷紅星さんがアルバイトに出て、一ヶ月に稼ぐお金は800元(約1万3,000円)にしかなりません。 これでは薬代がやっと。 裁くことのできない闇が中国にはまだまだ多くあるようです。

strange | EDIT

2007.01.27 (Sat)

swan's nip slip

70127e.jpg

Pics | EDIT

2007.01.27 (Sat)

真っ昼間の路上で半裸になり、水浴びをする女性

click!―資訊時報―
昨日26日、広州でも暖冬なのか最低気温は7度どまり。 それでも身震いするような寒さ、衆目のなかで女性がとつぜん半裸になり、水浴びをはじめました。

場所は中山大道崗頂付近、華師人民銀行前の歩道橋。 お昼前の11時といえば、そろそろ街も買い物客などでにぎやかになり始める頃。 ひとりの女性があらわれて、いきなりズボンを脱いで道端に駆け寄ると、花壇用の水栓をひねって水浴びをはじめたそうです。
ひっきりなしに身震いしながら水を浴びる女性は、通行人らが見守るなかを髪まで洗い、終わると街路樹の後ろに隠れて体を拭き、きちんと服を着けて、なにごともなかったように出てきました。 現場に居合わせた記者が、どこから来たのと訊ねると、女性はうすく微笑み、こう答えたそうです。 「流浪する通行人よ」。
中国は中国である前に、大陸なのかもしれませんね。 男性が商店街の水栓を使って水浴びをするのはニュースになりません。

strange | EDIT

2007.01.27 (Sat)

Sensual Ariel

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。

先にお伝えした 「16歳の少女の乳首を噛み切り、膣にスチールパイプを埋めた男」 ですが、その後の犯人の供述により、新しい事実が判明したようです。
それによると、少女は市内に住む友人女性、友人男性らとともに当日は夕飯を食べにいき、その帰りに犯人の韓登兵と友人男性の肩がふれ、口論になり、韓登兵が平手打ちをくらわされたのが直接の動機だったそうです。 その後、ビールや白酒などで酔った韓登兵が美容室の前を通りかかった際、たまたま少女と友人女性が店先で会話しているのを見つけ、男性もいなくなったところで報復の機会をうかがっていたとか。
また、少女の膣に突っ込まれたスチール製のパイプですが、その後の調べで、美容室の便所にあったモップの柄だったこともわかりました。

babies | EDIT


 | HOME |  NEXT