2006.11.28 (Tue)

半月で22個の電球をたいらげた少年

click!―新文化報―
先月、「10年間で1トンのガソリンを飲んだ女性」 を紹介しましたけれど、こちらは半月でなんと22個もの電球を食べてしまった16歳の男の子の話題です。



男の子は中国は吉林省敦化市の林業高専生、趙慶凱さん(16歳)。
この半月の間に22個の電球、安全ピン、ビール瓶などを食べてしまった少年がいるという情報をもとに、記者は趙慶凱さんの通う丹峰林業二中を訪れました。

学校側の許可を得て、記者は職員室で教師とともに趙慶凱さんが電球を食べる様子を取材、彼は記者の目の前で実際に電球を食べる様子を見せてくれました。
趙さんは馴れた手つきで、電球をまずは破片が散らないよう、タオルでくるんでたたき割ります。 次に粉々になったガラス片を口のなかに押し込んだ趙さんは、これをパリパリとかみ砕いては嚥下し、電球一個食するのに掛かった時間は5分。 その後は口直しと言わんばかりに安全ピンを数個、これも苦もなく飲み込みました。

趙さんが電球を食べるに至ったきっかけは、テレビで一度に16個の電球を食べる芸人を見てのこと。 この時ふと、自分にも出来ないだろうかと考えたそうです。 そこで試みたところ、どこが痛いということもない、快調そのもので以後病みつきになったのだとか。

もちろん専門家の指摘では、もし事故があったらどうするのだ、口腔内はいうに及ばず、胃や食道を傷つければ悲惨な結果となりかねないとの意見ですが、記事では延辺大学の医学院の見解としてこんな説明も載せています。
歯のエナメル質は硬性が高く、この歯でガラス片を完璧に噛み砕き、また口腔から咽喉を司る筋肉が調和のとれた働きをなせば、ガラスによって傷つけられることもない。 胃腸にたまったガラスや鉄片は、異物をとりこまないといった人体のはたらきでいずれ自然と外に排出されるだろう。
どうでしょう。 飲み込んガラスや金属片が塊をつくって胃の中に鎮座している状況も考えられなくもなく、早いところレントゲンで検査してもらっては?と余計なおせっかい?


10年間で1トンのガソリンを飲んだ女性 土をかじる少女 異食症(Pica)

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Medical | EDIT

2006.11.28 (Tue)

女子大生が「1回2,400円でどう?」―ネット経由の中国「援交」事情

click!―新文化報―
ネット経由で客を募る援交女性たちが中国でも問題視されつつあります。 密室で行われる行為ゆえ、犯罪の温床となり、女性が金品を奪われた上に殺害されるという事件も起こっています。
そんな女性たちとのやりとりが掲載されていましたので紹介しますね。



「ネットを介して客を募った女性が誘拐、殺害される」 という記事が新聞に載った翌日、記者はその実態をたしかめるため、読者の協力を得てサイトに潜入してみました。 以下は、「就任銭(お金大好きっ娘とでも訳す?)」 というハンドルの女性とのチャットの様子です。
記者 : あなたはいくつですか? それと料金は?
就任銭 : 23歳、1回150元(約2,400円)よ。
記者 : どこに行けばあなたに会えますか?
就任錢 : 紅旗街(長春市内にある地下街)のネットカフェ。
記者 : あなたの職業は? もしかして学生ですか?
就任錢 : そう、大学の4年。
記者 : ネットカフェであなたを見つけるにはどうすればいいですか?
就任錢 : このURLにアクセスしてみて。 私の動画が見られるわ。

記者は動画で顔を確認し、紅旗街のネットカフェで彼女と落ち合う約束をしました。 時間は昼の1時半。 それらしき女性(画像)を認めて声をかけると、女性は自分が就任錢だと名乗ります。
女性は先に立って小路を進み、一軒のラブホの前で止まると、「ここのラブホ、キレイで気にいってんだ。 ここでいい?」 と記者に訊ねました。 記者の返事を待つでもなく、女性は進んで中にはいると受付の30代の女性と気軽に言葉を交わします。  ここで女性は5元(約80円)でコンドームをひとつ求めました。 受付の女性は空いている部屋に案内します。

部屋は薄暗く、ダブルベッドがひとつ置いてありました。 記者は女性と並んでベッドの端に腰掛けると、ここは安全なのかどうか訊ねてみました。 女性は笑って答えます。
「もちろん大丈夫よ。 私はここ、いつも使ってるから上得意だもん。 支配人の顔も知ってるし。 とにかく大学も4年になると、お金が全然足りなくって仕方なくやってるんだけど」
女性は喋りながら上着を脱ぎ、コンドームの包みを破ると記者に手渡しました。
「さ、はやいとこ始めよっ!」

ここで記者の携帯に電話が掛かってきました。 事前にもう一人の記者と打ち合わせて、二人が部屋にはいったら緊急の用が出来たと電話をいれる手筈になっていたのです。 女性は不満そうな表情でふたたび服を着ると記者とラブホを離れ、ネットカフェのある方に姿を消しました。

人口柄、売春婦の数も桁外れに多い中国。 しかしネット経由で客を募る女性たちはわりとあっけらかんとコンドームの着用を男性に促すなど、意識の変化もみられるようです。 ということでお次は、昨年一年間で22%もエイズ患者の増大した中国の性文化事情。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : 中国、台湾の風俗、売春 | 吉林省 |

Weird News | EDIT

2006.11.28 (Tue)

まずは娼婦たちにコンドーム着用を呼びかけ―中国

click!
―BBC NEWS―
12月1日の 「世界エイズデー」 を前に、広州疾病コントロールセンターでは、繁華街のレンタルームを利用して売春する女性たち、カラオケバーやナイトクラブ、ヘアサロンに勤める女性たちを相手に、エイズの怖ろしさとコンドーム着用の徹底、およびコンドーム無料配給をはじめています。

中国では売春は表向き違法ですから、役所主導というとまず参加者がいないため、係員はまず彼女たちの使う符号を憶えるなり、まとめ役の女性を食事に誘ったりして、彼女たちの側に立った医師のボランティアという立場で講義するのだそうです。
もちろん女性たちは、コンドームがエイズ以外にも性病予防に役立つことは知っていますが、客が厭がるために、一般的には着用せずにことを行う方が多いとか。

中国政府も売春行為を取り締まるよりもまずコンドーム着用を呼びかけるのは、現在180,000人(認定患者数 : 183,733人)といわれる中国のエイズ患者数。 それも昨年一年だけでおよそ22%、40,000人(同39,644人)もの急増という背景があります。 また、中国当局の推定によれば実際には、650,000人のエイズ患者が潜んでいるものといわれ、事態は深刻化しています。
娼婦の数だけで1,000万人ともいわれる中国。 五輪を前にして知識の普及は急務です。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : コンドーム | 中国、台湾の風俗、売春 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2006.11.28 (Tue)

extreme skull tattoo

click!

Pics | EDIT

2006.11.28 (Tue)

Hunter Royce Sexy Sunshine

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。

川面に沿って枝垂れる木々の葉も赤く色づく頃、街ではすでにクリスマスイルミネーションの絢爛な灯りがあふれていたり。 LEDの青が流行りとなればどこもかしこも青だらけで、かえって電球色の飾りが新鮮に映ったりもしますけど、それぞれに工夫を凝らした電飾が気持ちを華やかにもしてくれます。 プレゼント額の相場は、男性が5万円、女性が2万円と聞きますけれど、案外中途半端な額で選ぶのに迷うところではないでしょうか。 PS3とは言わずとも、誰かロデオボーイ2を贈ってくれないかな~っと。

babies | EDIT

2006.11.26 (Sun)

便所に産み落とされた赤ちゃん、7時間後に救出される

click!― 揚子晩報―
22日午後、江蘇省常州新区にある病院の便所を使用した19歳の女性が、その場で突然の出産。 産み落とした赤ちゃんを下水に流してしまうという騒ぎがありました。

赤ちゃんを流してしまったのは、安徽省に住む銭と名乗る女性。 この日何人かの友人の付き添いとともに内科に来院。 腹部に疼痛を訴えたそうなのですが、病院側では妊娠と判断。 まずは尿検査と便所に向かわせたそうです。
ところがこの女性、しゃがみこむなり出産が始まってしまったのか、便所のなかで赤ちゃんを産み落としてしまいました。

この病院の便所はどうやら横溝式で、各仕切り内の(中国の便所は一般的に扉がないとされます)溝にまたがって用を足すものだったらしく、赤ちゃんは落ちた後、水流で溝を流れ、直径10センチの下水本管への接続口で詰まってしまったようです。

発見したのはこの病院の便所掃除をしている女性で、溝に大量の血とどこからか微かに赤ちゃんの泣き声が聞こえたことから病院に報せ、病院から通報のあった消防署では、消防車3台を向かわせて救助にあたりました。
署員らは傾斜のついた下水本管口に通じる溝で赤ちゃんらしき影を見つけましたが、さすがにそのあたりでは上から手を伸ばしても届かず、まずは火鉗(ひばし)にガーゼを捲き、竹竿をそえて赤ちゃんを摘みとろうとしたそうです。 ところが赤ちゃんとともに流されてきた糞便が下水本管口に詰まり、ぬるぬると滑ってどうにも掴めません。 署員らは次に溝の隣に深さ1メートルの穴を掘り、ここからようやく助け出したという次第のようです。 救出された赤ちゃんは女児で、心拍、呼吸ともに弱々しいながらも命は助かったようですが、この世に生まれ落ちた途端に汚水に漬され糞尿まみれになったのですから、何らかの影響は残るかもですね。

なお赤ちゃんは少なくとも七ヶ月で、女性は妊娠していたことを知らなかったとこれまで妊婦検診も受けておらず、現在情緒不安定気味だそうです。

Weird News | EDIT

2006.11.26 (Sun)

人を撃ったことがあるかい?と訊いた義兄を撃ち殺してしまった女

click!―News 4 Jax―
男が腹ちがいの妹に撃ち殺されました。
殺されたのは米フロリダ州ジャクソンヴィルに住むジェイムズ・ローズ(36歳)で、殺害したのは男の腹ちがいの妹、メリッサ・ジンク(30歳)。

調べによると、22日の深夜、オリバー・アベニューにあるローズの家を訪れていたジンクは、ローズが仲間と30,000ドルの強盗を企んでいることを知り、それなら私も仲間に入れてと頼んだそうです。
ああ、いいよ、だけどお前、人を撃ったことがあるかい? と答えたのはローズ。 首を振るジンク。 もちろんジンクは人を撃ったこともなければ銃にさわったこともなかったのでしょう。 ローズから手渡された銃をいじっているうちに引き金を引いてしまい、弾はローズの脳天を直撃しました。

通報を受けた署では、ジャクソンヴィルの医療センターに救急ヘリでローズを搬送。 しかし間もなく死亡したそうです。 警察では殺人容疑でジンクを逮捕。 保釈金は75,000ドルに設定されましたが、金曜日に時点で依然拘留されたままのようです。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2006.11.26 (Sun)

upside down

61126f.jpg

Pics | EDIT

2006.11.26 (Sun)

本棚と壁の隙間に逆さまに落ちて死んでいた女性

click!―Boston.com―
二週間前に行方がわかならなくなっていた女性が、自宅本棚の後ろで逆立ちしたまま死んでいるのが見つかりました。

死亡していたのは米フロリダ州パスコ郡のメリッサ・ウェーバーさん(38歳)で、家族の母および姉妹と同居。 姿がみえなくなったのは先月末のことで、28日に母に言葉をかけて以来まるで神隠しにでも遭ったように行方がわからなくなっていました。

ところが、彼女の姉妹がたまたま本棚の裏をさぐったところ、女性の足が見え、懐中電灯で覗き込んだところ、ウェーバーさんが逆さになった状態で本棚と壁の隙間に落ちて死んでいることがわかりました。
家族の話によると、数日前から家の中で異臭があったことには気づいていたそうですが、ウェーバーさんはてっきり誘拐されたものとして警察に届け出たまま。
事故がおこった原因は、姉妹ともに普段から本棚によじ上ってはテレビのアンテナ腺を調節する癖があったそうで、身長160センチ、体重45キロのウェーバーさんはバランスを崩して棚の裏にはまりこみ、そのまま身動きがとれずに死亡したものと思われるそうです。 また本棚の高さは180センチあったそうです。

「どっかに行っちゃったと思っていたのに、すぐそばにいたのね。 小柄なほうだったから、あの高さじゃどうにもならなかったのよ」 母は語っています。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2006.11.26 (Sun)

美容師同士が客の取り合いでケンカ、コームで目を貫く

click!―北京娯楽信報―
ショッピングセンターやファッション、コンピュータ関連のスポットが立ち並ぶ北京は西単大街で、お店同士の揉めごとから一人の美容師がコームで眼球を刺されるという事件がありました。 刺された美容師は重体とのことです。

24日12時頃、地下鉄西単駅近辺に店をかまえる美容室の店員、郝さん(仮名)が同じく同僚の女性、婷(仮名)さんと、駅出入り口でリーフ配りをしていたところ、競合店の店員が口論を吹っかけてきたそうです。 二人が働いていた美容室は最近オープンした店ですが、開業当初の客足が悪く、二人はオーナーの言いつけで客引きをしていたとのこと。
ところが婷さんと通りかかった競合店の従業員のあいだで口論がはじまり、郝さんが彼女をかばって前に進み出たところ、10数名の相手方店員に囲まれ、殴る蹴るの暴行を受けました。 うち店員の1人が持っていたコームの枝で郝さんの左目を刺傷、郝さんの眼窩を深々と貫いた枝は郝さんの脳にまで達しました。

郝さんは天壇病院の脳外科に運ばれましたが、枝は7センチもの深さで突き刺さっており、脳を傷つけているところからすぐに抜くことは出来ず、現在も刺さったままの状態だそうです。 天壇病院では頭蓋をあけての手術は生命が危ぶまれるとしていますが、かといってコームは雑菌が多く、感染症も考えられることから取り出さざるを得ず、苦慮の選択を強いられているようです。
なお警察では、容疑者をほぼ特定。 さらに当時の状況を詳しく調べて逮捕に踏み切ることを述べています。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT


 | HOME |  NEXT