2006.08.30 (Wed)

パンツからソーセージを出して笑いをとろうとした男

click!―edmontonsun.com―
求人難がつづけば経営者にしても従業員に対する態度が甘くなるもの。 気分を損ねるとすぐ辞めちゃう。 だから怒るに怒れない。 それでも経営者は募集を続ければなんとかお店はまわっていくとして、従業員同士はなかなか大変。 とくに女性にとってはこんなセクシャルハラスメント。 笑ってばかりではすまされない?

カナダのアルバータ州、フォートマクマレーのレストランに勤めていた女性が、勝手に辞めたとして払ってもらえなかった賃金6,300ドルを手にしました。
ハンプティーズ・ファミリー・レストランの厨房にはいっていたダイアン・カーさんがアルバータ州の人権擁護委員会に訴えたところによると、キッチンの同僚が彼女に対して行ってきたセクハラの数々はこんなものだったそう。 まずはわいせつな冗談を口にすることは日常茶飯事で、卵の殻に女性のヌードを描いて見せびらかせたり、ソーセージをペニスに見立ててパンツの中にしまい、女性従業員の前でジッパーを下ろし、とりだしたソーセージをつまんで振って見せたりと。(そういえばこんな場面、映画「ピンク・フラミンゴ」でありましたっけ)

カーさんはマネージャーに訴えましたが聞き入れてもらえなかったため、シフトを変えて当の男性と会わないようにすればとの提言も拒否、そのまま職場に顔もあらわさなかったそうなのですが、人権擁護委員会では彼女が店に来られなかったのは対策を怠った店側にあるとし、未払い分を含めた給料、6,300ドルを支払うよう命じたもののようです。

ハンプティーズでは遅まきながら、あらたに従業員を雇用するときに、セクハラ行為をしないことをサインをさせているそうですが、これって同じエッチなことを言っても空気の読める子と読めない子とでは、女子の態度も全然ちがったり。 それも差別だったりするかも。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2006.08.30 (Wed)

ティナ・スモール物語(13)

60825a.jpg学校に話をもどせば、時間は瞬く間に過ぎ、平穏そのものの日々が続きました。
勉強は出来たほうでした。 ごく早いうちからレベル0を修得できたのは、あまり人付き合いをしなかったため、勉強に専念できたということもあったのだと思います。 結果的にセレクションテストにおいて、15歳までに5つのレベル0をとったのですから、まあ誇れるキャリアなのかもしれません。
先生方は学校に残って大学進学のために勉強を続けることを勧めてくれましたが、経済的にもひっ迫していることを知ってましたので諦めざるを得ませんでした。 学校にいる間にタイプを覚えようとしたのも、早く収入を得ることが出来るからというのがその理由でした。 人付き合いを避けたのは、卒業して早く社会に出ることばかりを考えていた私自身の選択でした。 どのグループにも属さず、いわば一匹狼を貫いたのです。

それでもこの間、たった一度だけディスコに行ったことがあります。 ありったけの勇気を振り絞ってお店のドアをあけた途端、男の子の視線を全身に感じたことを思い出します。 私の出で立ちといえば、胸の膨らみを隠すため、ヒッピー風のゆるやかなスモック。 それにタイトなジーンズを穿いていました。
階上のバーでオレンジジュースを注文した私にウェイターはとりたてて不審な表情は見せず、カウンターに下がりました。 おそらく私の胸を見て、十八は過ぎてると踏んだのかもしれません。 運ばれてきたジュースに口をつけながら私はしばらくフロアを眺めていました。
階下のフロアは壁を紫がかった色で塗られ、天井には音楽にあわせて明滅する赤や青のスポットが提がり、床は半透明のタイルが並べられてこれも音楽にあわせて明るくなったり暗くなったりしていました。
照明が閃くたびに人の影が映し出され、ちょうどコマ落としの映画を見ているような感じでシルエットが動きます。 瞬く光はジュースのグラスをとった私の手にも注がれ、その不思議な感覚にしばらく身を委ねていました。

男の子たちのステップに魅了されながら、私はここに来た目的を思い出しました。 踊りにこそ来、見物にきた訳ではありません。 けれどもフロアに下りるにはあと少しの勇気を必要としました。 ジュースをたのんだ時には年を訊かれなかったし、お酒を注文してみる? 私は自問自答します。 お酒を飲めば気が大きくなるというのは級友から聞いていましたし、私自身、ディスコに限らずとても興味があったのです。 でも家では父が大酒飲みだったこともあって、母は何も教えてくれませんでした。 お酒の種類さえ知らなかった私が唯一知っている名前はバカルディ。 女の子の間ではおいしいと評判でしたし、何よりもその音の響きが私には心地よく感じられたのです。

曲と曲の合間にカウンターを訪れた私は、バーテンが気づくの待ち、バカルディを注文しました。 矢継ぎ早に何で割るか訊かれて戸惑いましたけれど、バーテンはウィンクを返すとパイナップルジュース割りを作ってくれました。
グラスをもってテーブルにもどり、再びフロアを眺めながらお酒をすすり始めます。 初めてのお酒は神秘的な味。 でも嫌いな味ではなく。 これも父譲りかのかもしれませんね。
フロアでは強いコックニー訛りのDJ、私が田舎育ちのためにそう聞こえただけかもしれませんが、がリクエストを読み上げていました。
「次のナンバーは愛らしい女性からのリクエスト。 ピッチピチのジーンズに挑発的な瞳。 彼女の誘いにのってみるかい? 曲はストーンズの 『パラシュート・ウーマン』!」。
笑みを浮かべたバーテンがカウンターから小さく手を振っていました。私といえば、部屋全体が音楽にあわせて回りはじめ、生暖かいものが背筋を駆け上がってくる感じ。 頭は空っぽで体中がゾクゾクし、おかしくてたまらず、一人でクスクスと笑っていました。 そして気づいたときにはフロアに下り、曲にあわせて体を揺すっている私がいました。
その時にかかっていた曲、いまでも憶えていたりします。 アバの 「ダンシング・クイーン」。 素敵なナンバーでした。


ティナ・スモール物語(12) / ティナ・スモール物語(14)

boob celebrities | EDIT

2006.08.30 (Wed)

Budapest Sex Parade

60830g.jpg

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Pics | EDIT

2006.08.30 (Wed)

飼い犬に運転させて事故った女性

click!―My Way News―
中国はモンゴル自治区の都市、呼和浩特(ホフホト―Hohhot)に住む女性が、飼い犬に車を運転させて衝突事故を起こしました。

損傷は二台の車とも軽微で、ドライバー同士――この場合片方はワンちゃんなのでしょうが――も怪我はなし。 不幸中の幸いだったようですが、なぜ犬に運転させてたかというのが知りたいところ。 女性の話では、「うちの子は、あたしが運転してるとハンドルにもたれかかって前を見てんの。 だからもしかしたら運転してみたいんじゃないかって思ってハンドルを握らせてみたのよ。 アクセルとブレーキはあたしが操作してね」 ということだそう。

対向車が来るときには止めさせたそうですが、まあ間に合わなかったのでしょうね。 なお、犬種ならびに車種、相手の車の修理費を女性が支払ったかどうかは不明だそうです。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

animals | EDIT

2006.08.30 (Wed)

【動画】NZのトップレスパレード

NZのトップレスパレード 「BOOBS ON BIKE」、これで三度目のエントリー、こちらはようつべ動画版です。
何台かのカメラで撮ったものを編集、BGMも付けてドキュメンタリー風味の仕上がり。 5分と長めですがよく出来ています。

さて、ジョンベネちゃん殺害事件、とにかくDNA鑑定だけはしなければならなかったとちょっぴり言い訳がましい検察ですが、当のカー元容疑者は周辺がいろいろと動き出しているようで、離婚した妻や兄弟には大物弁護士がつき、多額の慰謝料を請求しようと企図している様子。 カー元容疑者は、ジョニー・ディップ主演で映画化権を売り込もうというのですから、検察側はものの見事に彼の思惑にハメられたような感じ。

そんなこんなで八月も残すところあと一日。 今年の夏は最後まで雨に祟られましたね。 いまから来夏にリベンジを誓っている方も多いのではないでしょうか。
「HEAVEN」 もこの八月で一年と一ヶ月。 今月もたくさんのアクセス、ありがとうございました。

babies | EDIT

2006.08.30 (Wed)

電動丸のこで腕を刻んで自殺をはかった男

click!―Tampa Bay's 10.com―
フロリダ州ヘルナンド郡の保安官事務所では現在、電動丸のこで自殺をはかった男性について調べています。

この男性は夜もまだ明けない午前4時、フロリダ州スプリングヒルのガソリンスタンドにあらわれました。 男性の左腕はズタズタに切られ、右腕の先はなかったことから従業員が郡保安官事務所に通報しました。
駆けつけた所員らが男性の足許から続いている血痕をたどっていったところ、3ブロック先の空き家の庭でうなり声をたてていた電動丸のこを発見したそうです。
丸のこは空き家の外部コンセントにつながれており、スイッチがテープで固定されていたために動き続けていたもので、近くから男性の右手も見つかりました。

保安官事務所の調べでは、男性(35歳)は過去に精神病歴があり、最近この地に移ってきたばかりだったそう。 動機など詳しいことはタンパの総合病院に搬送された男性の回復をまってということになりそうですが、かわいそうなのは本人よりも、泊まり勤務のうえに真夏のスプラッタを現実に見せつけられたスタンドの店員かも。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2006.08.30 (Wed)

40人の妻と60人の子供をもつ新興宗教の教祖が逮捕

click!―CBS NEWS―
オサマ・ビン・ラディンなどが名を連ねているFBI作成の 「10大指名手配犯リスト」 にも載せられていた、モルモン教の分派FLDSのリーダー、ウォーレン・ジェフス教祖(50歳)が逮捕されました。 容疑は信者の既婚男性に未成年の少女を紹介し、「聖なる結婚」 などと称して買春行為をさせたもの。
当局の発表によると、一夫多妻の妻の一人、ナオミ・ジェフス(32歳)をともなったジェフス容疑者は、月曜の夜、弟のアイザック・ジェフス(32歳)に車を運転させていたところを捕らえられたそう。 車はキャディラックのRV、エスカレードで、ナンバーを識別できないようにしていたことからネバダ州のハイウェイパトロールに職質され、かつらをかぶって変装していたジェフス容疑者ですが身元がわれて今回の逮捕につながったようです。

このFLDSというのは、「Fundamentalist Church of Jesus Christ of Latter-day Saints」 の略で、1830年にアメリカで創始され、現在全世界では1200万人の信者数をかぞえるというモルモン教(日本名―末日聖徒イエス・キリスト教会)から分派したもので、モルモン教の主流派が1890年に連邦政府と対立して多妻婚を廃止した際に独立したものです。 信者数は1万人。 ユタ、コロラド、アリゾナの各州から集った信者たちは、モルモン教の教義とともにもともと是とされていた多妻婚を信奉しています。 また妊娠中絶も禁止していることから、ジェフス容疑者の父ルロン・ジェフス(2002年に98歳で死亡)に至っては65人の子供をつくり、ジェフス容疑者も40人の妻と60人の子供をもうけていると言われています。

多妻婚の教義として、男性は最低でも3人以上の妻をめとらねばならず、これは違法は違法なのですが、取り締まるべき法律がなかったことからFLDSはこれまで黙認されてきたという背景があったようです。
ところが、亡くなった父の妻たちを自分の妻としてひきとったジェフス容疑者のような例はあっても、実際には信者の中、壮年男性が複数の未成年の少女をめとり、性的虐待に至るケースが多かったそう。 もちろこうした 「結婚」 によって教団は信者たちから莫大な収入を得たことでしょうし、結婚がレイプの隠れみのになっていたことは自明ですよね。
そんなワケで教祖の指名手配へとつながったのですが、教祖の逮捕でFLDSが解散するかどうかは微妙。 あらたな 「胴元」 が生まれればイタチごっこかも。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2006.08.30 (Wed)

couple

60830d.jpg

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Pics | EDIT

2006.08.30 (Wed)

素っ裸で女性宅に侵入し、足をくすぐる男

click!―WFTV.com―
フロリダ州のニュー・スミルナビーチの警察は、素っ裸で女性宅に侵入し、女性の足をくすぐっては逃げていく男を捜しています。

愉快犯とはいえちょっとキモかったりするこの男の犯行は、5年前から何度となく報告されているそうで、今回の事件は週末のニュースミルナビーチで起こりました。
被害にあったのはケイティ・ドライブさん。 自宅で長椅子に横になり、そのまま眠りに落ちてしまった彼女がふと目を醒ますと、足許に素っ裸の男がうずくまり、ドライブさんの足をくすぐっていたそうです。
そこでドライブさんが悲鳴を上げると、男は股間を手で覆ってダッシュで逃げたとのこと。

「また戻ってくるかもしれないし。 犯されたといっても過言ではないわ。 ひとの家に勝手に上がり込んだんだし」 というのは、近所に住むキャシー・ライトさん。
なおドライブさんは、眠るときにカギをかけたのかどうかは憶えてないとのこと。
だから、なぜいちいち脱ぐ?

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2006.08.30 (Wed)

世界最高齢のカポビジャさん、死去

click!―BostonHerald.com―
ギネスブック認定の世界最高齢、マリア・エステル・カポビジャ(Maria Esther Capovilla)さんがお亡くなりになりました。 116歳でした。

エクアドルに生まれたカポビジャさんの生年はチャップリン、ヒトラーと同じ1889年の9月14日。 結婚した年は、アメリカが第一次!世界大戦に参戦した日というのですから、その長寿があらためて知れようというもの。 お亡くなりになったのは日曜で、その二日前から肺炎にかかり、入院していたグアヤキルの病院で最後のときを迎えたそうです。

いわゆる 「良家の子女」 として生まれたカポビジャさんは、エクアドル軍の大佐を父にもつスペイン貴族の出。 若かりし頃は手芸や絵画、ピアノにダンスと一通りはこなす才媛だったそうです。 結婚は1910年、お相手はオーストリア人の水兵、アントニオ・カポビジャさんでした。 子供は5人、孫が4人、9人の曾孫に2人の玄孫(やしゃご)がいて、夫とは1949年に死別。 ここのところの20年ばかりはいちばん年上の娘、ヒルダさんと静かな余生を送っていたということです。

これにより、現在世界最高齢は、米テネシー州のエリザベス・ボールデンさん(115歳)、男性ではプエルトリコのエミリアーノ・メルカド・デル・トロ(Emiliano Mercado Del Toro)さん(115歳)ということになります。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

records Guinness | EDIT


 | HOME |  NEXT