2005.11.30 (Wed)

ピーナッツ味のキスで死んだ女性

click!ピーナッツアレルギーの女の子が死んだ原因は、ピーナッツバターを嘗めたボーイフレンドのキス?!

死亡したのは、秋深まるケベック市から150マイル北、サゲネーの街に住むクリスティーナ・ディフォルジュさん(15歳)。落ち葉舞うカナダの秋にボーイフレンドと交わすキス。 甘くとろけるようなこの味は…うん? もしかしてピーナッツ!

呼吸困難をおこして担ぎ込まれた病院で調べたところ、彼女は大のピーナツアレルギーで、ボーイフレンドがキスの前にピーナッツバターを塗ったスナックを食べていたことが判明。
アナフィラキシー・ショック(劇症型のアレルギー反応)を緩和させるためにアドレナリン注射などさまざまな手だてが講じられましたが、その甲斐なく死亡してしまったそう。

ピーナッツアレルギーというのは、ここ十年で広がってきたアレルギーらしく、症状は顔や喉の腫れ、発疹、また稀にはディフォルジュさんのような呼吸困難や痙攣など激しい全身性の反応を起こして死に至ることもあるというコワ~い病症なのだそうです。
アメリカではすでに150万人の患者がいるようで、毎年このピーナッツアレルギーで50~100人が亡くなっているとか。 また赤ちゃんにこのアレルギーがあった場合にはピーナッツオイルを含んだベビーオイルで命を落とすこともあるそう。 怖いですね。 他のアレルギーと同じく理由はまだはっきりわかってないそうです。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Medical | EDIT

2005.11.30 (Wed)

東京にパンダ犬あらわる

click!こちらはNBC4のサイトに取り上げられているちょっと珍しいパンダ柄の犬。 お散歩している街は…、おっと、東京。

この見事なパンダ柄のワンちゃんは、東京のとあるペットショップに住んでいるワンちゃんで、犬種は、最初動画を見てシーズーと思ったのですが、プードルとマルチーズとのミックスなのだそう。
性格は子供のうちはやんちゃでよく吠えたそうですが、最近では穏やかになったとか。 またペットショップで飼われているためか、噛み付きを防ぐため犬歯を抜いているそうです。 動画はこちら

で、肝心のパンダ柄なのですが、コロンボちゃんのもともとの色はホワイト。 ただ目のまわりに隈のような染みがあったために、店主のKensuke Hirakawa氏が一計を案じてパンダ柄に染めたもののようです。 この柄を保つために一ヶ月に一回、染め直すとか。 な~んだ、道理でねぇ。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

animals | EDIT

2005.11.30 (Wed)

Turkey

51130e.jpg

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Pics | EDIT

2005.11.30 (Wed)

身振り手振りで演奏するギター

click!以前、顔の表情で操るギターというのがありましたけど、こちらは身振りで操るいわばDDR版ギターの話題です。

このシステム、「バーチャル・エアギター・プロジェクト」 を開発したのはアキ・カネルヴァさんらフィンランドのヘルシンキ工科大学のチーム。
操作方法は、コンピュータが画像のような 「プレイヤー」 の手や指のの動きを読み取ってリフやフレーズに勝手に変換してくれるというのですから、「ほうきギター」 が現実のものとなりそう。 実際にはコンピュータが認識しやすいようにちょいと派手めな手袋をつけなくてはいけないそうですけれど、ギターを弾いたことがあるなしに関わらず、奏でられる音が同じというのがウリ。

でもねぇ、ハーフからクォーターのブルージーなチョーキングニュアンス。 ビブラートのかけ方にしたって人それぞれ。 音楽性がどーのこーのと絡みたいのは私ばかりではないかも。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2005.11.30 (Wed)

おっぱいローソク消し

click!こちらは数日前に一部で出まわったおっぱいローソク消し。
元ネタというか山咲あかりさんクレジット付きの動画がこちらでアップされていました。 ちょいとググってみると公式ファンサイトもあるようで、バストのサイズは101cm。

さて今日で11月も終わり。
東京の秋景色も終わりに近づき、変わって街にはクリスマスのイルミネーションが華やかになってきました。
ネットの巷では、「こちらのサイト」 が人気。 しかしヤフーのトップに晒されると一日で100万アクセス行くというのが怖すぎ。
えと、風邪が流行っているようですのでお気をつけて。 今月もアクセスありがとうございました。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

boobs | EDIT

2005.11.29 (Tue)

スーツケースのタグで殺人が発覚

51128b.jpgこちらロンドンのおマヌーなバラバラ殺人犯のニュース。
殺人ならびに死体遺棄の罪で、判決が言いわたされるのを拘置所でおとなしく待っているのは、ダニエル・アーチャー(55歳)と名前ばかりはなかなかのダンディな男。

ロンドン中央刑事裁判所の検察官の論告によると、この男、北ロンドンにある弟のアパートに街で買った女ナスラ・イスマイルさん(27歳)を連れ込み、イタした後に殺してしまったそうな。 とここまではよくある話。

ところが殺害したあとで急に怖くなったのか、男はとりあえずイングランドの北へ逃げる。 ニュースを聞いたり新聞を隅から隅まで目を通したものの、死体が見つかったというニュースはない。
これはうまくやれば逃げられるとでも思ったのか、三週後にアパートに戻ってくるとそのままになっていた女の死体を切り分け、そばにあった弟のスーツケースにひっ詰めてリーゼンツ運河に投げ込んだのだそう。 だが、おそらくしっかり者の弟さん、スーツケースのタグに自分の住所から名前からキチンと書き込んでいたために、ぷか~りと浮かび上がってきたスーツケースから男の身元は一瞬にして割れ御用となった次第。

男は、「あの女がナイフをもって飛びかかってきたから殺っちまったんだよぅ」 と弁明しているそうですが、まあ、こんななんでもかんでも行き当たりばったりの無計画に生きてる輩は十年でも二十年でもムショ暮らしが必要かと。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2005.11.29 (Tue)

女教師が教え子にキスして有罪

click!こちらは教え子に悪戯してしまった女教師のニュース。

「いい? 先生がキスしてあげる…」 な~んてAVみたいなシチュを演じて有罪となったのは、イングランドはシェフィールドのハイスクールに勤める地理専攻のシェリー・ホワイトさん(25歳)。

調べによると、ホワイトさんは一度は授業中に戸棚の陰で、二度目は放課後と二度にわたって男子生徒と口づけを交わしていたそう。
日本でしたらドラマなどにも幾度となく描かれてきたシーンですが、これがあちらだと未成年に対する性的虐待で速攻逮捕となっちゃうんですよね~。 ちなみに相手の男の子はラグビー部で身長は180cmオーバーの立派なガタイ。

判決は2,000ユーロで12ヶ月の停職処分を受けたホワイトさんの言い分は、「だってあの子がいきりたったモノを私に押しつけてきたのよ」。
これに対してサリー・カヒル裁判官(女性)は、「それはあんたがカレを挑発したからじゃない。 罪つくりなことをしたのはあんたの方よ。 あんた大人でしょ? もっと現実をわきまえなさいよ」 とまあ、そんなことを 「被告はなんたらかたら…」 と小難しい言い回しで宣ったそうですが、女同士の罵り合いにも見えなくはない裁判。 ホワイトさんも日本の高校に赴任すればよかったのに。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Weird News | EDIT

2005.11.29 (Tue)

Baby gibbon

51126c.jpg

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Pics | EDIT

2005.11.29 (Tue)

長い棒

click!いけないなあ、安易だなあと思いながら日々こうして時間のマキを気にしつつニュースねたに詰まれば、ついすぐに先が読めるような動画を紹介してしまいますが、やっぱりどこかで半端してるというような思いは心の底で疼いていたり。

こうしてネットで拾ったものを紹介するにしても私自身がフィルターになっているんですよね。 何を「選んで」、何を「見せないか」。 その自粛が自分の中でのラインだというと、おこがましくもあり呆れもしたり。 そんなたいそうな人間でもあるまいし。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

babies | EDIT

2005.11.29 (Tue)

真面目に働くわんこのCMをひとつ

click!こちらは、とある日本企業の海外版コマーシャル。

「これ」を宣伝するのにどうしてこんな哀しげなわんこストーリーを語らなければならないのか、とまあ後になって考えたりしますけれど。
やっぱり男の子は額に汗して心で泣いてそれでもじっとガマンで働かなくっちゃ。 ああ年の瀬多忙。 これからが本番。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

animals | EDIT


 | HOME |  NEXT