2013.11.11 (Mon)

240年前に制作された自動筆記人形「The Writer」(7p + 1video)―スイス

131111b0.jpg

―Mechanical Marvels: Clockwork Dreams―

画像は、240年前に制作された自動筆記人形「ライター(The Writer)」。
スイス生まれの時計職人、ピエール・ジャクウェット・ドローズ(Pierre Jaquet-Droz)によって1770年代に制作されました。最大で40文字からなる文章を自動で筆記することができるそのメカニズムは、現在でも完璧に稼働します。

もちろん人形が筆記する文章はあらかじめ入力することができるほか、文字列に加えて筆圧までもコントロール、また、その文字をいちいち目で追う姿がこのロボットをより魅力的に映します。そして、文章をプログラミングできるということこそ、現代のコンピュータの原型であるともいえます。

ジャクウェット・ドローズは、ほかに「ミュージシャン(the Musician)」、「画家(the Draughtsman)」という2つの人形を製作しました。現在は3体ともスイスのヌーシャテル(Neuchatel)にあるアートアンドヒストリーミュージアムに展示されています。

Tags : Pics | Gadget | Switzerland |

Gadget | (15) comment  EDIT

2013.10.07 (Mon)

騙し騙されるのは当たり前。中国のラブドール通販 (11p)

131007d0.jpg

Dezinfo.net

画像はロシアのサイトから。中国のアダルト通販ネットショップから、充気娃娃(ダッチワイフ)の広告です。

でまあ、ロシア人はその精巧さに驚いていますが、あまり詳しくなくて申し訳ないのですが、中国最大のネットショップ「海宝網」の「王中王成人用品商城」に掲載されている画像は、おそらくはオリエント工業あたりから拾ったものなのでしょう。しかもわざわざ、日本の工場で独占委託生産などともうたっています。

フルシリコンなのにポンプが付いてくるのはご愛嬌として、価格は200元(約3,200円)弱。
百度知道(Yahoo!知恵袋に似たサービス)では「王中王の画像はすべて日本のラブドールゆえ、掲載されている画像とはギャップがありすぎ。間に合わせだけならまあまあかもしれない」ともコメントが付けられています。

Tags : Gadget | China |

Gadget | (21) comment  EDIT

2013.10.03 (Thu)

世界最小のシャンデリア

131003d0.jpg

シャンデリアといえば豪華絢爛。最近ではシーリングファンの付いたお手軽価格のものが多く出まわっていますが、こちらはもっともっとミニサイズ。なんと電球サイズのガラスシェイドの中にしっかりと真鍮製のシャンデリアが収まっているというのですから驚きです。

Read more...

Tags : Gadget | UK |

Gadget | (7) comment  EDIT

2013.10.02 (Wed)

わずか6秒で歯磨き完了―ブリジデント(Blizzident)

131002bo.jpg

Daily Mail (UK), blizzident.com

歯ブラシで歯を磨くと約3分。電動歯ブラシで磨くと約2分。理想は毎食後に磨くことですがつい面倒になることも事実。それをわずか6秒で済ませられるアイテムが話題です。

商品名は「ブリジデント(Blizzident)」。歯科医が作ったひとりひとりの口腔の形に合わせたマウスピースを3Dプリンタにより復元。歯列の内側部分にデンタルフロスの役目を果たす微細な毛を植えて、これを噛んだり左右に歯を摺り合わせることでブラッシングを行う仕組み。

すでにアメリカでは販売を開始、歯列の型どりから作成までトータルで299ドル(約3万円)で作ってもらえるそうです。メンテナンスは年1回。フロスの交換に159ドル(約16,000円)というのですから安いもの。
マイ歯ブラシならぬマイ・ブリジデントを持ち歩く人々も今後増えるかもしれません。

131002b1.jpg

Tags : Gadget | Cool |

Gadget | (17) comment  EDIT

2013.07.10 (Wed)

Penis-Spouted Teapots (6p)

130710a1.jpg

The Spicy Potter (blog), Etsy

一連の画像は、ニューヨーク在住のアーティスト、ロバート・スコルソ(Robert Scorso)の作品。
自らを「スパイシーポッター(The Spicy Potter: 香ばしい陶芸家)と呼ぶ、スコルソが焼いた亀頭型の注ぎ口のついたティーポットは、Etsy (エッツィー:世界最大級のハンドメイド専門ショッピングサイト)で販売されてもいる。

ちなみに上のティーポットは13,829円。下から2番目のコーヒーマグなら2,600円で手に入る(送料は別)。もちろんどれもが一点ものだ。これを使えば、お茶会はわざわざ三月ウサギの庭園で催すまでもなく、会話が途切れることもないだろう。

ただ、相手が外国人であなたの大事なお客さまなら、フロイト的失言(Freudian slips: 無意識の感情や気持ちが現われたいい間違い)には気をつけたい。

"Would you like have a spot of 'pee'?"(ちょっとおしっこにしませんか:「tea(お茶)」と「pee(おしっこ)」の言い間違い)

Tags : Gadget | US |

Gadget | (11) comment  EDIT

2013.01.21 (Mon)

ドイツ発、パンキーなデザインのレッグウエアが人気


Daily Mail(英)
ドイツのブランニュー・ブランド「URB Clothing」が4カ月前に打ち出した、パンキーなデザインのレッグウエアが人気です。
メルティング・タイツとも呼べるこのデザインは、通常のストッキングの上にラテックスやベビーパウダを配したもので、その工程ゆえ製品ごとにわずかに模様が異なっているそうです。

価格は30ポンド(約4270円)、イギリスで求めるとこのほかに送料として5ポンドかかります。

Tags : Gadget |

Gadget | (30) comment  EDIT


 | HOME |