2015.08.21 (Fri)

Opened Mic

150821a1.jpg

巡り合わせが悪いのかそれともよほど日頃の行いが悪いのか、MERSで訪米を取りやめ、来月3日の訪中を決めたばかりの朴槿恵大統領の前にまたしても暗雲が立ちこめました。
金第1書記が全ての前線部隊に「準戦時状態」をとるよう命じたのに対し、朴大統領は「北朝鮮のいかなる挑発も決して容認できない」として対応を指示したそうです。
だいたい夜間は20キロ以上も音が届くような巨大なスピーカーを国境に据えて北朝鮮の政治体制を批判、喧嘩を売っていたのですからこうなるのは当たり前です。漫画でしょ。大きな声で叫べば、世界はわかってくれるといった日本に対する強弁をそのまま絵に描いたように実行するこの国に嗤うよりかは哀れさばかりを感じたり。

さて金曜日。Opened Mic です。どうぞ気楽にご参加を。

Salon | (58) comment  EDIT

2015.08.10 (Mon)

「第8回 初めてのボディペインティング」

150809b1.jpg

先週は「Opend Mic」にて、ボディペインティングへの話題を振っておきながらの勝手の夏休み。申しわけありませんでした。いろいろと考えましたが「初めてのボディペインティング」、今年も開催することにしました。「第8回 初めてのボディペインティング」の開幕です。

いつものようにお題は自由。男女問わず、パートナーがいらっしゃる方は御互いにヌリヌリして、おれたちの愛の深さを見せつけてやるぞ、なんて作品も見てみたいですし、ネイルを組み合わせたりして一か所だけの可愛らしいワンポイントでも一向にOK。描きおわったら写真を撮って、bp2015@chiquita.jp(@を小文字に変えてくださいね)までお送りください。今回はその週ごとにとりまとめ、週末に一気にご紹介させていただきます。

画材については、ラテックス、リキテックス、水彩絵の具などのほかに昨今の世界のトレンドは夜光塗料に向かっているようです。また最近では保育園幼稚園でも、遊びにとりいれているところがあるらしく、小麦粉や片栗粉で食紅を溶いたりもしているようです。 (参考)Yahoo!知恵袋

応募締め切りは9月13日(日)。始まりが遅かったのと8月いっぱいはお子さんが夏休みの方が多いでしょうから、少し延ばしました。
どなたでも気軽にご参加いただけるように「初めてのボディペインティング」となっていますが、経験のある方でもプロの方?でももちろん構いません。
それと画像はせっかくのお色を綺麗に出したく、なるべく大判でお送りいただければと思います。構成の都合でトリミング、あるいはPhotoshopで明るさの調整をさせていただくことをご容赦くださいね。ダークな雰囲気を壊さないでほしいという方はその旨お知らせください。また、ご紹介するうえで、使用画材、制作時間、表現に苦労した箇所などを記していただけるとすごく助かります。
あとはサイトの性格上、掲載させていただいた画像が海外で紹介されることがあるかもしれないことをご容赦くださいまし。性器にはモザイクがかけられます。応募いただいた方のメアドは秘守いたします。

また、各エントリーに対してお寄せいただくコメントですが、皆さんに気持ちよく参加していただけるよう、作品に対しての感想ではなく、モデルとなった方自身に対しての中傷コメント、ちょっと厳しいですが「顔が寅さんだぞー」とか「夏場くらいダイエットしろよな」とかいったコメント、および運営に対してのネガティブなコメントは予告なく削除、あるいは以後のコメントを禁止させていただくことがありますので、その点だけご容赦くださいね。

そうそう、巷海外ではボディペインティング画像があふれていますので、オリジナルだということを示すために「HEAVEN」あるいは「H」とどこかに入れていただけると幸いです。

ではでは、皆さまからの力作、お待ち申しております。

Tags : Salon |

Salon | (4) comment  EDIT

2015.07.17 (Fri)

Opened Mic

150717b2.jpg

網易
抗日戦争勝利70周年のこの夏、中国ではあちらこちらで抗日パフォーマンスが花盛りです。
でもまあそのほとんどは旧日本軍を「鬼」に見立てた水鉄砲合戦など、市民も楽しめる催し。日本人としては微妙ですが、こうした記事が載るたびに「恥ずかしいからやめてほしい」といったコメントも必ず上位に来たりする中国です。
一方で、世界遺産登録間際にいちゃもんをつけた韓国は、その後静かで…というか、朝中東聯、ハンギョレ、国民日報と毎日ななめ読みしていても不景気を嘆く記事ばかりでなんかつまらなくて。

さて金曜日。Opened Micです。三連休ですね。ちょうど台風も去ったことですし、明日はお子さんを海辺へ連れての家族サービスに務める方も多いことと存じます。波打ち際ではしゃぐ子供たちを視界の片隅にとらえながら、「火花」でも読みましょうか。
古館アナの芥川賞と本屋大賞云々というニューステでの発言は理解できます。その一方で芥川賞は過去、町田康、 村上龍、古くは石原慎太郎を選んできたことを思えば、今回の又吉さんの受賞も宜なるかなと。

Tags : Opened_Mic |

Salon | (27) comment  EDIT

2015.07.10 (Fri)

Opened Mic

150710a1.jpg

画像は、韓国のガールズグループ「STELLAR」。もう何でもあり?
一方、赤い服つながりは、チルプン女王様。この服は一昨年7月に第一回観光振興拡大会議に出席したときに着ていた服で、彼女自ら「投資活性化服」と名づけたものです。
MERS、干ばつ、そしてギリシャ危機や中国株の暴落による影響をうけつつある現在、萎縮した消費や投資を回復させるためにあらゆる手だてを尽くさなければならない、と勝負服を着ての閣議登場でした。

さて金曜日。Opened Mic、フリートークの時間です。どうぞお気軽に参加くださいね。

150710a2.jpg

Tags : Opened_Mic |

Salon | (17) comment  EDIT

2015.05.02 (Sat)

米メディアから見た東アジア

150502a1.jpg

これまで韓日の間で外交摩擦が生じた場合は、ワシントンに駈けつけ、日本に圧力をかけるよう要請することが、私たちの対日外交戦略の大きな柱であった(中央日報)
http://joongang.joins.com/article/682/17719682.html

とするこれまでの韓国の外交を見直そうとする社説が、今週は朝中東を中心とする韓国の保守系メディアに多く掲載されました。
この一文だけでも、韓国は官民ともども慰安婦カードを自覚しながら外交戦略に使っていたことはあきらかで、今回の安倍首相の米議会での演説には左派のハンギョレ新聞は逆ギレ。
「今は米国とも冷却期間を設けるべきだ。今年予定された朴槿恵大統領の米国訪問もキャンセルしなければならない」などとの極論を掲載する始末。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/20506.html

Tags : Salon |

Salon | (12) comment  EDIT

2015.04.10 (Fri)

基本的価値を共有せず、日本の領土を不法に占拠している国

image7.jpg

7日に発表された外交青書や、その前日に発表された中学校教科書検定の結果を要約すると、日本にとって韓国は「基本的価値を共有せず、日本の領土を不法に占拠している国」ということなのでしょう。
これに対して韓国側は、李完九首相が、文化庁の説く「任那日本府説」を批判した以外、青瓦台も目立った動きはなく、逆にメディアは対日外交の練り直しを掲げる始末。それとともに米国が日本を偏重し始めたという恨み節ばかりが社説として掲載されています。

米中の綱引きにあってさんざ引き延ばし、中国が示した期限ぎりぎりにAIIBに駆け込み加入した韓国は、加入を見送った日本をあざ笑いました。しかし日本が仮に参加した場合、中国に次ぐ規模の基金を出資する可能性があることが報じられてから大人しくなりました。

今週の初め、韓国外交部の尹炳世長官は韓国を「米国と中国というクジラたちを手なずけた、意気揚々としたエビ」に喩え、誇らしげでした。この国の反日脊髄反射的な外交に、ようやく日本は揺るがなくなったのだと思います。
ただ個人的には同じ自由主義のアジアの盟友、いや同士として、精神的にも成長してもらいたいと願うばかりです。
(挿し絵:チキータ)

Tags : Salon |

Salon | (13) comment  EDIT

2015.04.03 (Fri)

まさかのAIIBの加盟、53か国

150403c.jpg

駆け込み参加表明で、中国が期限を切った3月末時点でのAIIBの加盟国は予想を大幅に超えて、まさかの53か国。
それこそ鬼の首を取ったように喜んでいる中国ですが、これだけ多くの国が参加すると、版図拡大、やりたい放題を目論んでいた中国としては融資の審査にも各国から透明性を求められ、はからずも運営について再考すべき状況となってしまったのかもしれません。

とはいえ、雪崩を打つように参加国が増えたということは、アジアでの覇権争いに日米が躍進著しい中国の後塵を拝したということに他なりません。反省すべきかつ戦略は立て直すべきで、いっそ日米韓同盟を廃して日米北鮮同盟を将来的に視野に入れた方がいいんじゃないかと。核ももってるし資源は山ほどあるし、って過激すぎます? (画像 by チキータ)

Tags : Salon |

Salon | (35) comment  EDIT

2015.03.19 (Thu)

結局、メルケル首相は何しに来たの?

150319.jpg

ってお題で絵を描いているうちに4日もたってしまいました。わーん。

椅子とかボトルとか★とか、ほとんど切り貼りで仕上げたにもかかわらず、マウスで描くっていうのはやっぱ、手間の嵐ですね。てか、頭が悪いのか、レイヤの使い方がいまいちわかってません。次に描くときはもう少しうまくできるといいな。タブレットとペン、欲しいなー。

さてそうそう、メルケル首相がじつに8年ぶりに来日したのは、やはり次回G7の議長国として、G7メンバーからAIIBに参加する国が複数出ると思うが日本はどうするのか、ということとTTIPの設立に関して、妥結が間近いTTPで日本の戦略を参照したかったこと、ひいてはTTIPにカナダとともに日本が参加した場合、どういう点を留意するのかといったこともドイツとしては訊いてみたかったのやもしれず、そこはそれ、わざわざ14時間もかけてアジア1か国に訪問したことの意義は、直近の経済問題以外にはあり得なかったということだと思ってみたりもするのです。

まあとにかく韓国が騒いでくれたおかげで、日独首脳会談の本来のテーマはかすみ、ドイツ紙でさえ(確証は得られていないが)と括弧つきで、「日本は第二次大戦中、20万人の韓国人女性を慰安婦として強制連行した云々」と報じる始末。
とまあ、そんなことはどうでもいいのですが、韓国はおそらく今月末にもAIIBへの参加を発表し、そのかわりにTHAARDの配置をなんとかなしくずしに中国に認めてもらおうという魂胆。

一方で米国は、韓国がTHAARDを承認しなければ、アジアの安保には日本を印豪と組ませ、承認すれば日韓関係を是が非でも修復させようとするのがひとつ。いずれにしてもオバマ大統領では肩の荷が重すぎますから次の政権に期待するとして、まだまだ世界は戦争をしたがっているのです。

Tags : Salon |

Salon | (13) comment  EDIT

2014.07.31 (Thu)

Godzilla 雑感 & HEAVEN 9周年

140731a.jpg

えっと、「Godzilla」を観てきました。

ハリウッド版というか、ゴジラ対ギャ…、もしかしたら大映が制作したのではないかと見紛うその内容は、123分の上映時間のうち、ゴジラが登場するのはわずかに20分。それもほとんどは背中のトゲトゲを海面に突き出しながらサンフランシスコに向かって泳ぐ場面で、大半はもはや退屈すぎて感情移入もできない、兵士と家で待つ妻といったハリウッド定番のクライシスムービーで、およそ100分は、小説でたとえるならば、『創作の極意と掟』で筒井康隆のいう「遅延」によって邪魔されます。
怪獣の全身がほんの一瞬、映ったかと思うと画面が切り替わり、ハワイの高架鉄道でのアジア系の少年のエピソードに変わります。観ている方はイライラします。そんなこんなでIMDbの読者レビューはよくありません。概ねトップ3番目のレビューと同意見です。

ゴジラは好きで全作品を観ています。好きなのは第1作と11作目、坂野義光がゴジラを空に飛ばせた「ゴジラ対ヘドラ」。
ただ、酷評ばかりの「Godzilla」ですが、同意しながら、今回のゴジラの最後の闘いっぷりには度肝を抜かれたことも事実。「あああっ」と思わず声が出てしまいました。けなしておいて持ち上げたりと節操はないですが、あの絵のみでハリウッド版第2作目のゴジラに惚れてしまったかも知れません…。


すみません。前振りが長くなりました。HEAVENはこの8月で9周年を迎えました。10年目に突入です。
昨今は毎日のようには更新できず、それでも多くの方にアクセスいただいていることにひとえに感謝致します。さて、8月といえば、恒例の読者参加企画、「初めてのボディペインティング」月間です。
じつは、こちらからお流しする記事はほぼモアモアのみといったこの数か月の甘えたに、皆さまからの投稿を募ってもいいのかという自問に苛まれました。
でもね…、1回目から6回目までのすべての作品をあらためて拝見させていただいているうちに何だか、熱いものがこみあげてしまって…。

ずいぶん癒やされました。気づくと口角はずいぶん上の方にありました。
そんな訳で今年もやってみよーかなと思っています。詳細については明日、記事にします。

Salon | (47) comment  EDIT

2014.02.06 (Thu)

Opened_Mic

140207a0.jpg
網易

平壌市内にある孤児を対象とした児童養護施設を訪れた金正恩氏。朝鮮中央通信が発表した写真です。
金正恩氏はここで「朝鮮では、子供たちは『国家の王さま』と言われる。両親のいない子供たちは『国家の大黒柱』になればよい」などと語ったということですが、氏は赤ん坊が寝ている部屋に入るのにも靴を履いたまま。随行員たちも土足のまままです。『明日ママ』の施設長は、108つの煩悩を解放した後に本当の愛を知るかもしれませんが、子供たちのもとにニコニコ近づいてくる金正恩氏は結局、民の暮らしなど土足で踏みつけたところで傷む心は永遠に持てないのかもしれません。

それと、話は変わりますが、先週のお話の続き。SONYがパソコン事業からの撤退、およびテレビ事業のリストラを発表しました。韓国勢への敗北が露わになり、かつて時代を率いた寵児は舞台の袖に追いやられました。代替えでDELLやLENOVOを検討しながら、ふと目が潤んでしまったり…。何が「ものづくりニッポン」? 口惜しいなあ…。


さて週末、ちょっと早いですが Opened Mic、フリートークの時間です。どちらさまも気軽に書き込んでみてくださいね。まずはフィギュアの団体戦までもうすぐです。

140207a1.jpg

Tags : Salon | Opened_Mic |

Salon | (161) comment  EDIT


 | HOME |  NEXT