2012.10.15 (Mon)

サーカスから消えた曲技―ライオンドローム

121015b1.jpg

Daily Mail(英)
ほぼ直角に近い角度で木板を組み上げた円形のコース上を旋回するオートバイ。
映画『男はつらいよ』の第33作で渡瀬恒彦演じるサーカスの花形スター、トニーがやっていたこの「ウォール・オブ・デス(walls of death)」という曲技は、1910年頃よりはじまり、1930年代では全米で100以上の興行が行われるなど大流行していたといいます。

最初はコースの角度も緩く、ライダーも単独だったものが、より刺激を求める観客の声に応えようとオートバイを2台走らせてみたり、サイドカーを付けたりと年を追うごとに危険度が増していき、その結果、大きな事故も増えていったそうです。そしてその中でも最も危険で人気があったのは、猛獣をサイドカーに乗せて旋回するという「ライオンドローム(Liondrome)」なる曲技でした。

最も難しい個所は、曲技の間中、ライオンを静かにさせたまま保つこと。
1960年代まで続いたこの曲技は、ライダーの死傷事故が何件か起こったことからあまりに危険な曲技だとされ、やがて消えていきました。

sideshow | (24) comment  EDIT

2007.10.09 (Tue)

1950年代、中国国内で初めて分離手術が施された結合双生児

71009a.jpg江南都市報
画像は前世紀の50年代、70歳のときに中国国内で初めて分離手術が施された結合双生児、劉聖堤、劉聖階の兄弟です。

現在の中国では、結合双生児の分離手術は年間十例近くが行われ、それほど珍しいニュースでもなくなりましたが、その始まりは大変に難度の高い手術でした。二人が死去してから半世紀あまり過ぎた今、手術を行った北京協和医院のカルテから当時の様相を伺います。

二人が居住していたのは、江西省南康市石排上村。市街区から10キロほど離れたこの村にあって、民小組に束ねられた村民は400名ほどでした。
1887年に生まれた劉兄弟は、胸部側面が連なった状態でこの世に生を受けました。家は貧しく、また当時の産院でも分離手術を施せなかったのでしょう。連なったままの兄弟に母親は、胸の結合部を紐でくくって分離させようと試みたこともあったといいます。しかしその願いは叶わず、両手両足、頭部、そして心臓など器官もそれぞれにある兄弟は、肋骨の一部を共有させた姿ですくすくと成長しました。

当時にすれば、二人は見世物として生活するより他はありませんでした。しかし二人はこうした「芸人」としては、成功した方の部類でした。
幼い頃から南康市の街頭で父親に連れられ、人目をひいて小金を稼いでいた兄弟は、9歳のときに上海の興行会社の紹介で渡米し、その後イギリス、ドイツ、イタリアなどを転々とし、1903年に帰国するまでにかなりのお金を得ていたようです。25畝(約1.66ヘクタール)ほどの肥沃な田畑と13部屋、二棟の家を購入するまでになりました。
その後日中戦争時にには農業に従事、あとは都市部に出て再び見世物として収入を得る二人は、1906年には兄弟そろって同日に結婚してもいます。

1956年12月24日、肺結核を患った劉聖堤が危篤状態となり、北京協和医院が二人を受け入れました。中国医学史上初めて行われた結合双生児の分離手術は二人が70歳という高齢のため、また劉聖堤の病状のため難を極め、分離後4時間で劉聖堤が死去という結果となりました。しかし劉聖階はその後も十年生き、1966年、齢80歳近くになるまで健康でした。

一人が酒を飲めば共に酔い、一人が病に罹れば共にやつれたという二人は、仲もよく、人生の喜怒哀楽を分かちあいました。
歩くのはとても速く、並んで丸木橋を渡ることが出来たという二人。また小さい頃には村の子供たちに嘲笑を受けても四本の手と四本の足で対抗し、ケンカに負けたことはなかったという二人は、大人になってからは、一人が鉄砲を構えて一人が火をつけて猟をするなど上手に役割を分担して暮らしていたことが、当時を知る人々の口の端にのぼります。
それぞれの子供は今では成長し、二人のあとを継いで田畑を耕し、また北京市内で働いているそうです。

Tags : 結合双生児 |

sideshow | EDIT

2006.09.14 (Thu)

4本足の少女、ジョセフィーヌ・マートル・コービン

click!あちら版Wikipediaより、「テキサスの4本足の少女(Four-Legged Girl from Texas)」、ジョセフィーヌ・マートル・コービン(Josephene Myrtle Corbin)です。


ジョセフィーヌ・マートル・コービンは、1868年5月6日、テネシー州のリンカーン郡で生まれました。
彼女は二臀体(dipygus)という症状で、ウエストから下に二つの骨盤が横並びにおかれていました。 つまり画像ではもう一体の下半身が彼女の股間に結合しているように見えますが、内側の足はそれぞれの外側の足とペアとなっているのだそうです。 彼女は大小どちらの足も動かせたそうですが、内側の足は弱々しく、歩行には適さなかったといいます。

コービンは、「テキサスの4本足の少女」 としてサーカスの見世物小屋に出演していました。 19歳のときにクリントン・ビックネルという医師と結婚し、4人の子供を出産しました。 うち3人の子供と残る1人の子供はそれぞれ別の骨盤から生まれたそうです。 

「Anomalies and Curiosities of Medicine(ジョージ・M・グールド、ウォルター・L・パイル共著)」 によると、コービンの背柱は第三腰椎から二つに分かれ、その下は下肢を含む全ての器官が二つあったといいます。 排尿排便はそれぞれ時間が異なり(つまり便意や尿意は別々あったのでしょうね)ましたが、生理は同時にあったそうです。
彼女は19歳で結婚、その一年後には左側の子宮で妊娠しました。 しかしつわりがひどく、正常な出産が望めそうになかったため、妊娠四ヶ月で中絶を勧められました。
これに関して、当時彼女を診た医師はコービンに左側で孕んでいることを告げると彼女はこう答えたそうです。 「おかしいわね。 右だったらわかるけど」。
疑問に思った医師が遠回しに訊ねると、彼女はセックスするときには右のヴァギナを主に使用していたそうです。

彼女が亡くなったのは1928年。 愛する家族と友人に看取られた幸せな最後だったそうです。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

sideshow | EDIT

2006.09.13 (Wed)

3本足のストリッパー

click!アメリカには星の数ほどストリップクラブがあり、そこでは本職のダンサーのみならず、明日のハリウッドスターを夢みる女性たちが伸びやかな肢体を惜しげもなく晒して踊っています。
しかしながらただ酔客の注目を集めるというだけなら、彼女に敵うストリッパーは存在しないかもしれません。
彼女は毎日、クラブのメインアトラクションに出演していました。 「オーストラリアからやって来た驚異の三本足」 との口上を添えられて。 でもそれは偽り。 本当はフロリダ州レイクシティの出身です。

彼女の名はクラウディ・ディ(Cloudy Day)。 彼女の働くフォートローダーデールは太陽が眩しいくらいの街ですが。

ディは1974年に生まれました。 本来は双子として生まれてくる筈だった姉妹の胚がこわれ、より生命力の強かったディの体になかに取り込まれました。 ディの体をレントゲン撮影すると、いくつかの臓器や骨が余分にあることがわかります。 また彼女の左腿には、かすかながら手の輪郭さえ浮かんでいるのです。 顕著な三本目の足は、彼女の脇腹から生え、ほかの足と比べても小ぶりですが、感覚があり、驚くべきことに彼女は自分自身の力でそれを動かすことができたそうです。

「子供の頃からちゃんと使えたのよ」 インタビューで彼女はこう答えます。
「邪魔にはならなかったし。 ただ、パンツは当然合うものがなかったからあつらえるしかなかったわね。 ワンピがベストよ。 とくに(三本目の足を)紐でくくっておくようになってからはね。 でもヘンなところがぽこっと脹らんでいるワケでしょ。 それについてはちょっと困りものね」

ディは足を邪魔だとは思ってないようです。 そして彼女は将来X線技士になるべく看護学校で勉強しているのです。 踊ることについては父親の言葉からヒントを得たといいます。
「パパが子供の頃、遊園地に行くとサーカスの見世物小屋があったんだって。 そこには畸形がたくさんいて、みんなそれ見たさにテントのまわりに行列をつくったそうよ。 何の因果か…ってやつね。 そうやってお金を稼いでいる人たちがいることを知って、私は18のとき、この足を見せることを思いついたの。 貧しかったし。 迷わずにこのクラブに来て、オーナーのジェシーさんに仕事をしたいのって言ったわ。 あとは誰も見たことのない踊りをと頑張ったわね」
クラブオーナーのジェシー・ハーディン氏は、ディのショーが始まってから観客が大巾に増えたことを認めます。

「私は特別でも何でもないわ。 どこにでもいるフツーの女の子だし、なんにでもベストを尽くそうと努力するひとりの人間よ。 変わっていると思いたけりゃお金を払って見にくることね。 たいして期待には応えられないかもしれないけど、ステージで頼まれればオーストラリアのアクセントでも聞かせてあげるわよ」

ディは踊りも勉強も、両立させる道をさがしています。 そしてこの夏、彼女が19歳の夏に全国をツアーするプランを立てていました。

別のソースによるとこのツアーは成功し、彼女は2000年に引退。 家を買い、今では生まれ故郷で彼女のもうひとつの夢、X線技士を生業にしているそうです。 ただしこちらは、彼女の生まれはユタ州ソルトレークシティ。 画像が一枚だけしか残ってないところから見ても都市伝説でしょうね。


HEAVEN 結合双生児 手足が四本ずつある赤ちゃん 胎児内胎児(fetus-in-fetu)

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : 結合双生児 |

sideshow | EDIT

2006.09.11 (Mon)

二つの顔をもつ男、パスカル・ピノン

click!久しぶりにあちら版Wikipediaから。
二つの顔をもつメキシコ人(The two-headed Mexican)、パスカル・ピノン(Pasqual Pinon)です。


二つの顔をもつ男として知られているパスカル・ピノンは、1900年代の初め、サーカス黄金期の大きな団体のひとつ、Sells-Floto Circusに出演していました。
もとの職業はテキサス州の鉄道人夫。 もとより彼の頭には良性ながら巨大な腫瘍があり、これが主催者の目にとまってサーカスに誘われました。 ただでさえ怪異な容貌、しかし見世物として出すにはいまひとつのインパクトをと考えた主催者側は、この腫瘍に銀のプレートを挿入し形を整え、かつ蝋を盛って人面をこしらえました。

口上ではメキシコ生まれ、同国のパンチョ・ヴィラで家族ともども経営していた農場を失い、ビリャ懲罰遠征を果たした名将パーシング将軍に付いてテキサス州に移住したというのが生い立ち。 彼の頭の上の 「顔」 は紛れもなくピノンの第二の顔であり、かつては表情もあったものの、ピノンが二十歳のときに患った発作で驚いた顔のまま固まってしまったという、まあなんていうか今では笑い話のような口上ですね。

彼が見世物として出演したのは二年あまり。 というのは狂気が彼を蝕みはじめていたからで、これは腫瘍にいれた銀のプレートが脳を圧迫したためといわれています。 主催者側は彼の腫瘍を切除するための費用を払い、ピノンはテキサスに帰りました。
ほか、ピノンはフランス人だったとする説もあります。 一般的な結合双生児の場合は、上下逆に付くものですが、ピノンの第二の顔は同じ方向を向いています。

Tags : 結合双生児 |

sideshow | EDIT

2006.02.05 (Sun)

ビッグフットガール ファニーの生涯(上)

click!オハイオ州のビッグフットガール、ファニー・ミルズの物語です。

ファニーが生まれたのはイングランドのサセックス州。 1859年にミルズ家の長女としてこの世に生を受けました。 両親の名はジョージとサラ。 ファニーの下には五人の兄弟がいます。

彼女が11歳の時に、ミルズ一家はオハイオ州パーキンスに移り住みます。 ここで父親のジョージは、家族を養うために牧場を借りて酪農をはじめました。 子供たちはいずれも健やかに育ちましたが、ファニーだけはちがいました。 彼女は生来のリンパ浮腫(Milroy Disease)で、足の大きさは18インチ(約46cm)。 華奢な体で体重は100ポンド(y約45kg)そこそこだったといいますから、見ての通りの異形です。

歩様は歩くというより体を揺らして移動するといった具合でしたから、家族も彼女をなるべく外に出さないようにしていたのですが、いつしか近所の噂となり地方のマスコミにその存在が知れることとなります。 やがて見世物小屋の興行師がやって来て彼女を預かることを提案しましたが、父ジョージはこれを拒みました。

状況が一変したのは、1885年、父が亡くなってからでした。
見世物小屋に入ってもいいから家族の生計を立てるために働きたいと願い出る彼女に、ミルズ一家も渋々承知します。
隣家の婦人メアリー・ブラウンに付き添われた彼女は、アメリカ東部の町をまわり始め、彼女を嫁にもらう男性には 5,000ドルと手入れの行き届いた農場を進呈しようという父親からの提言(実際には農場などはなく、父自身も亡くなっていましたが)をでっち上げたことで次第に有名になっていきました。
もちろん持参金目当てでしたが、結婚を希望する男性はひきも切らず、そうこうしているうちに彼女もついに結婚することになったのです。


ビッグフットガール ファニーの生涯(下)

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

sideshow | EDIT

2006.02.05 (Sun)

ビッグフットガール ファニーの生涯(下)

60204b.jpgしかしながら男性側の打算に充ちた結婚の内情は容易に察することができます。 彼女が結婚したのはウィリアム・ブラウンという男性でした。 彼女の付き添いを務めたメアリー・ブラウンの兄弟です。 彼女とは二十歳も年が離れているウィリアムは、早い時期に英国から移住してきた裕福な家族のうちに生まれました。 土地を間借りしていた彼女の父とはちがって、ウィリアムの父は22エーカーもの農地を所有し、事実上この地では勝ち組に入っていたのです。

父の死後、土地や財産はウィリアムほか三人の姉妹に分け与えられましたが、妹が結婚し、ほかの兄弟が学校の教師を職に選んだ頃から、ウィリアムにかかる負担が重くなりました。 それでも最初のうちは農地の生産性を維持しようと懸命でしたが、「貧乏くじを引かされた」 ウィリアムは、自身限界を感じていました。
一人家に残っていたメアリーがファニーの付き添いとして、東部の町をまわり始めたのはちょうどそんな時期だったのです。

ウィリアムにしてみれば、持参金の話はデタラメだということは先刻承知です。 しかしながらファニーは実際、見世物小屋で働くことで大きな収入を得はじめていました。 こうして金に目がくらんだ46歳の男、ウィリアムは26歳のファニーにプロポーズすることになったのです。
とはいうものの、ファニーがウィリアムを愛し、これがごく普通の幸せを得られるチャンスだと思っていたかどうかはわかりません。 彼女には彼女なりの打算、ウィリアムの持っていた土地が手に入るという考えがあったかもしれません。
何れにしても質的に異なる二人は、1886年に結婚しました。 やがてファニーは妊娠します。

ファニーの子宮に命が宿り、夫婦でお腹の中の赤ちゃんの動きを確かめている頃が二人にとっていちばん幸せな時期だったのかもしれません。 しかしその幸せは長くは続かず、1887年の夏、ファニーは既にお腹の中で息をひきとった赤ちゃんを死産します。
これを機として二人の間に気遣いがなくなり、関係が冷えてきたのでしょう、ファニーは死産の四ヶ月後には早くも興業に戻っています。
ファニーを少しでも想うのなら、ここで引退させるのがウィリアムの役目だったでしょう。 しかし、彼はもう気概を失っていました。

ファニーはその後五年間興業を続けましたが、晩年には浮腫が悪化、動くことも出来ずに1899年、39歳の短い生涯を終えました。 確たる証拠はないのですが、この彼女がのたうち苦しんでいる時期にウィリアムは彼女と離婚したともいわれています。
ファニーの遺骸はオークランドのサンダスキーにある墓地に埋められ、一方のウィリアムは70歳まで生きました。


ビッグフットガール ファニーの生涯(上)

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

sideshow | EDIT

2005.11.22 (Tue)

首を切られて18ヶ月生きた鶏

click!今日は、あちら版Wikipediaネタから。
「Mike the Headless Chicken」のご紹介。


マイクと名付けられた雄鳥は頭を刈られてから18ヶ月も生きていました。
「Mike, Mike - where's your head? Even without it you're not dead!(マイク、マイク、おまえの頭はどこ行った? なくたって別に構わないだろうけどさ)」という子供たちの囃し歌にうたわれているのがこのマイクです。

○不幸なできごと
1945年9月10日、コロラド州フルータの農夫ロイド・オルソンは、義理の母親が夕餉の支度をはじめ、妻が目配せをしたのを合図に裏庭に向かいました。 母親は鶏料理が得意で、その鶏をしめるのはオルソンの役目だったのです。
後にマイクと呼ばれる五ヶ月半の雄鳥を捕まえたオルソンは、手斧でその首を撥ねます。
小気味いい音を立てて転がる首。 だがどうしたことか、首を撥ねられた雄鳥はもがいて立ち上がるとそのまま庭を横切り、鶏小屋の方角に向かって走っていってしまいました。
ここでちょっと注釈を入れると、鶏は首を落としても、ものによっては十メートルくらい平気で走りまわるそうです。 したがってオルソンは雄鳥が走っていったのを見てもさして驚かなかったでしょうね。 いずれにしてもこの晩、雄鳥が卓にのぼることはありませんでした。

明けて次の日の朝、オルソンは鶏小屋で撥ねられた首を羽根の下にくるみ、うたた寝している雄鳥を見つけて目を見張りました。 最初はまさか生きているとは思わなかったでしょうから、鶏がない首をもたげて毛繕いする様子や物音に反応するさまを見て腰を抜かしたかもしれません。
雄鳥が未だ命長らえているばかりか、首がないという不自由だけで他の鶏と変わらぬ仕草をおこなう姿にうたれたのか、オルソンはこの鶏を生かし続ける決心をします。
餌はトウモロコシをよくすり潰したものと水を混ぜ、点眼器を使って食道に垂らしました。 雄鳥はたまに喉を詰まらせて暴れることもありましたが、そんな時には捕まえてスポイトで水を押し込めばなんとかなりました。 また雄鳥は首がないにも関わらず、止まり木にとまり、朝は時を告げたのです。 ただし声は出ません。 喉をごぼごぼと鳴らすだけでした。
また雄鳥は他の鶏と同じように成長もしました。 首を撥ねられた時に2.5ポンドだった体重は最後には8ポンドまで大きくなったのです。

○マイクには世間の声は届きません
いつしかマイクと名付けられた首なし雄鳥の噂は広まり、双頭の牛などの畸形動物たちと一緒に見世物小屋で晒される生活がはじまりました。 マイクの写真は何十という雑誌や新聞に掲載され、人々をあっと驚かせました。 しかしながらマイクの付き人となったオルソンのもとには動物愛護協会などから連日のように抗議が寄せられます。
人々はマイクを見るのに25セントの料金を払い、絶頂期には月に4,500ドルも稼ぎ出していました。 塩漬けにされたマイクの首は傍らに飾られましたが、それはマイクの首ではありませんでした。 マイクの首は猫に食べられてしまって既にこの世には存在してなかったからです。
ともあれ、こうしてマイクが暮らしている間、痛みを感じていたかというと、これがそうでもないようです。 後の研究によれば、マイクは首がないだけで極めて健康体であり、傷からの痛みはほとんどなかったことが報告されています。

○マイクの死
そんなマイクにも命火の尽きるときがやって来ました。
1947年3月のことです。 見世物小屋の興業からいっとき羽を休めるために家に向かっていた先のアリゾナ州フェニックスのモーテル。 マイクは喉を詰まらせました。 オルソンは興業先にスポイトを忘れてきてしまったためにマイクを救うことはできませんでした。
オルソンは後に否定していますが、マイクには2年先の予定まで組まれていて、もう生きるのは充分だったのかもしれません。

死後の解剖で、マイクは斧がそれたために頸動脈から一気に血が噴き出すことがなく、切断面で血液が凝固し血管を塞いだこと。 また脳幹と片方の耳が無傷で胴体内に残ったことが死に至らなかった理由だったことがわかりました。 生命維持のための反射運動などは、鶏の場合ほとんど脳幹で処理されるのでこういう奇跡的なことが起こったようです。

○マイクズ・フェスティバル
毎年5月の第三週末、フルータではマイクを偲んでフェスティバルが開かれます。 こちらはビンゴゲームやマイクに因んだグッズを販売したりと町では大きな祭典になっているようです。



関連サイト :
Mike's website
Mike's fan club
BSLIANG's Assumption on Mike (マイクの生に対する推論―中国 : おすすめ)

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

sideshow | EDIT


 | HOME |