2012.01.09 (Mon)

豊胸世界一? サイズ32XXX、ビシャインはドイツより (12p + 1video)

120109b1.jpg

ギネス記録による「World biggest breasts(世界一の巨乳)」、自然乳の部門は昨年で12年間トップの座を維持し続けているのは、サイズ102ZZZカップのノーマ・スティッツ(52)ですが、豊胸世界一の部門では、どうやらサイズ38KKKのシェイラ・ハーシー(31)を抜く新星があらわれたようです。

彼女の名はビシャイン。バストは59インチといいますからおよそ160センチ、おっぱいは片方で約9キロという超巨乳。生まれはドイツで鼻と舌、および臍にピアスあり。身長は169センチ。
1983年3月19日生まれの28歳。サイズ32XXXの巨乳は生理食塩水によるものだそうです。ネットでは2007年に顔を隠してあらわれ、現在では「beshine.com」にて欧州一の巨乳として定期的に画像をアップしている彼女、しかし詳細は依然不明です。

120109b2.jpg

boob celebrities | (69) comment  EDIT

2011.06.24 (Fri)

世界一の巨乳として12年目を迎えるノーマ・スティッツ

110624c1.jpg

The Sun
先月は豊胸世界一のチェルシー・チャームズ(下画像)をスタジオに呼んで話題になったイギリスのTV番組「This Morning」ですが、昨日は自然乳世界一、ギネスブックで世界一の巨乳をもつ女性として登録されてから今年で12年目を迎えるノーマ・スティッツ―本名アニー・ホーキンズ・ターナーが登場しました。

サイズ102ZZZカップ、現在、米ジョージア州住み、52歳になったアニーは、バストが膨らみ始めたころのことをこう語ります。

ひとと違ってるなんて思ってもみなかった。近所を見回しても普通の女の子だったしね。で、気づいたのは学校の教室に入ったとき。机に着けなかったのよ。体育の時間はジャンピングジャック(開脚とび運動)が2回できなかったしね。

110624c3.jpg

boob celebrities | EDIT

2011.02.19 (Sat)

「世界一の巨乳」という称号に押しつぶされた女性―シェイラ・ハーシー

110219d1.jpg

The Sun
7,000ccのシリコンを投与、世界一の巨乳として知られていた、米テキサス州ヒューストンに住むブラジル人モデル、シェイラ・ハーシー(31)が13日の日曜日、薬物過剰摂取で自殺未遂、昏睡状態に陥っていましたが、水曜日に意識を取り戻しました。

この2カ月で2度の自殺未遂。昨年6月、サイズMMMまで増大させたシェイラのバストですが、致命的な感染症が見つかり、シリコンの摘出を医師が提案。9月にいったんはサイズFFFまで縮胸させた彼女でしたが、胸が小さくなったことによるアイデンティティの喪失は、「世界一の巨乳」を自他共に任じていた彼女にとって逃れられない重しのようなものだったのかもしれません。その彼女のインタビューが英サン紙に掲載されていましたのでご紹介しますね。

「水曜日に病院で昏睡から醒めたときには何も憶えていなかったの」
「胸がないと落ち込むの。そしてときどき死にたくなるなんて気持ち、誰もわかってはくれないと思うわ。母の立場でいえばいけないとわかってるし、なんとかして平静をとり戻したいって思うのよ。娘はまだ2歳にもなっていない。でもあたしがあたしであろうとする限り、どうしようもできないの。
夫はこれまであたしのわがままに付き合ってくれた。でも今、破局を迎えていることは確か。あたしの病院代がもとで財政的な問題が大きくのしかかっていることは言うまでもないわ」

boob celebrities | (47) comment  EDIT

2008.10.31 (Fri)

ティナ・スモール物語(26)

81030a.jpg私は目の前のティーカップに手を伸ばしました。
つんと鼻を刺すようなミントの香り。でもいったん口をつけると、舌先から愉悦が全身にひろがるように感じました。
煙草をふかしながらゆっくりと煙を吐き出す私を、二人が冗談を言い合いながら見つめています。

ほかのお客さんが到着するまでまだしばらくかかりそうだったので、私たちは気晴らしに庭を歩くことにしました。犬たちも尾を振りながら私たちの後につづきます。
歩きながら、ズリフィカールさんが自らの生い立ちを語りはじめました。この家がアン女王の時代に建てられたことにはじまり、サウジアラビアに生まれ、イギリスで教育をうけたズリフィカールさんのこれまでの生涯が語られます。
「父には16人の妻がいたんですよ。そのおかげで僕には47人の兄弟がいましてね。もちろん全員知ってる訳ではありません。名前と顔が一致しない兄弟もたくさんいます。
イギリスで勉強したい旨を父に言うと、父は賛成してくれました。僕はケンブリッジに通い、専攻はエンジニアリングでした。でもどちらかというと、あまり大学では目立たないほうで、ふだんは講義そっちのけでポーカーにのめり込み、卒業する頃にはポーカーの知識のほうが豊富だったかもしれません」

「それでは今のズリフィカールさんのお仕事はエンジニアなんですか?」
ズリフィカールさんは大きく笑いながら、若い私の突拍子もない受け答えをやんわりとかわします。
「僕の職業はみんなを楽しませることです」
しかし当時のわたしは、彼の言葉を真に受けとり、ちょっとした失望さえ感じたことを憶えています。彼があえて言葉にはしなかった生いたちをぼんやりと感じとることはできましたが、それを言葉としてとらえることができなかったのです。

急に黙り込んでしまった私に対し、ズリフィカールさんは話題を変えました。
「この家は海軍大将の未亡人から買ったんです。3年ほど前にね。今夜は中東風のディナーをご馳走しましょう。もちろん僕の手作りです。きっと楽しんでいただけることと思います」
ジムのほうをうかがうと、彼はなにかもの思いに耽っているようで、私たち二人には無関心でした。
邸に向かいはじめたところで、中庭に一台の車がはいって来ました。
ズリフィカールさんを見つけたのか、車は目の前で停まると、なかから三人の男性と一人の女性が下り立ちます。私はこういうときの付き合い下手を感じながら、ズリフィカールさんの後に続きました。
しっかりよ、ティナ。わたしはまだ15歳なんだし、もっと楽に振るまっていい筈よ。自分の心にこう言い聞かせます。

まだ夕方にしても暑かったので、男性は全員半袖のシャツでしたが、女性はドレッシーに着飾っていました。髪は黒。しかし胸は豊かで、私とほとんど変わらないほどの大きさが目をひきました。
ズリフィカールさんが、車から下りた四人にわたしのことを紹介します。
「こちらはクリスティーナさん。厩舎で僕の馬の面倒をみてくれています。いや、じつはアルサバが珍しくこの女性に恋におちてしまって」
「はっはっは。無理もないでしょうな」。男性のひとりが私の胸を一瞥してこう返します。

私はといえば、この種のジョークにはまだ引っかかるものがありました。おそらくそれが表情にもあらわれたのでしょう。ズリフィカールさんが目配せをおくってよこします。
彼がなんのためにこういった仲間を引きあわせたのかわからなくなりました。友人たちの印象はいずれも遊び人といった風体です。
ただズリフィカールさんとのやりとりをみてると、それほど悪い人たちでもなさそうでした。


ティナ・スモール物語(25) / ティナ・スモール物語(27)

boob celebrities | EDIT

2008.09.15 (Mon)

ティナ・スモール物語(25)

80903k.jpgええと、リクエストを多くいただいて、北京オリンピックが終わったら、と申し上げましたお約束。「ティナ・スモール物語」再開です。じつに1年4ヶ月ぶり?
続けるとしてひと月2回のペースでしょうか。勘がもどるまでしばらく掛かりそう。このシリーズに限ってはコメント欄を閉じさせていただくことをご容赦くださいね。



「どうぞお掛けください」。
ズリフィカールさんが革の肘掛け椅子を指さします。言われるままに腰をおろした私は、暖炉の上に飾ってある天使の絵に目をとめました。

背に翼をもった男の子が手に持った弓に矢をつがえています。まるで絵の中から飛び出して、こちらに向かっていまにも矢を射らんとするその表情に、私は思わず夢ではないかと頬を抓ったものです。

「じつは、ここでは週に三回掃除をしに来るお手伝いさんと庭師と運転手のほかには、だれも雇ってないんです。うちのことはほとんど僕ひとりでやるんですよ。でも僕自身それを楽しんでもいるんです」。
そう言ってキッチンに向かったズリフィカールさんの気さくな態度に、私はおどろくと同時に好感をもちました。
と、そこに庭に面した扉から、毛づやのみごとな3頭のグレイハウンドが部屋に入ってきました。犬たちは私には構わず暖炉の前に跪きます。少したって腕にタトゥーを施した赤毛の男性が入ってきました。

「おう、もしかしてクリスティーナさんかい? おれの名はジム。モハメドはいるかい?」
「彼はキッチンです」。そう答える私に、たいして興味もなさげの男性はグレイハウンドをあやしながら続けます。
「ああ、たぶん奴さんの好きなミントティーを煎れてるんだ。はっはっは。奴に何かされなかったかい?」。そこにズリフィカールさんがトレイをもってもどってきました。
「クリスティーナさん、彼の言うことは気にとめないでください。なにしろ彼の言葉遣いの悪さといったら、ポン引きでさえ逃げ出す始末ですから」。

訝しげに見る私の視線にジムは笑って返します。私は場を楽しむことに決め、微笑みを返します。ズリフィカールさんが紅茶を注ぎ、そのエキゾチックな瞳で私を見やりました。
「ここを自分の家だと思ってくつろいでください。もちろん気に入っていただければの話ですけれど」。
「とんでもありませんわ。まるで雑誌のなかでしかお目にかかれなかった世界が現実にあるなんて」。
私の言葉にうなずくと、ズリフィカールさんはこう続けます。
「ここで気の知れた同士でわいわいやるのが好きなんです。もちろんプライバシーは完全に保たれますし、もちろん隣からだって邪魔は入りません。なぁ、ジム?」

ズリフィカールさんは宅の上にあったシガレットケースから煙草を一本とると、私に勧めました。ふだん煙草を嗜まない私ですが、勧められるままにそれを受け取ります。いっとき悪い予感が胸を過ぎりました。彼は私に目を置いたまま、言葉を続けます。
「もうすぐ友人たちがきますよ。きっと今までに見たこともないような魅力的な女性を前にして、びっくりすることでしょうね。クリスティーナさん、あなたにもきっと楽しんでもらえることと思います」


ティナ・スモール物語(24) / ティナ・スモール物語(26)

boob celebrities | EDIT

2007.05.14 (Mon)

ティナ・スモール物語(24)

click!約束の木曜日。
その日は朝からどれほど時のたつのが待ち遠しかったことでしょう。昼食を終えた私は、りビングと自分の部屋を何度となく行ったり来たり。服とお化粧のチェックに余念がありませんでした。
窓から射し込む陽の光は、日頃の馬の世話で灼けたなかにも上気した頬を映し出します。

ブルーのメルセデスが到着したのは3時1分前でした。運転手はイギリス人です。彼はすべて心得ているという表情で車のドアをあけ、私を後部座席に招きいれました。
メルセデスは、田舎道を走っていることを忘れさせるほどスムーズに、ウォージングの方向に向かいます。30分ほどたってからようやく運転手にものを訊ねられるほどまで落ち着いた私は、あとどのぐらいで着くの?と訊きました。「もうまもなくですよ、お嬢さん」。まもなく重たげに葉を繁らせた木が道に覆い被さるなか、行く手におおきな邸が映ります。アルサバの馬主、ズリフィカールさんの邸でした。

メルセデスは邸の中庭で停まりました。ズリフィカールさんがにこやかな表情で近づいてきます。運転手がドアを開け、中庭に降り立った私はしばし邸に見とれました。
佇まいはフラットな長方形に窓が九つついているといったつくり。中庭にはよく手入れされた芝があり、ペアの孔雀が放し飼いにされています。家の右手にはこちらからみると迷路にも似たバラ園があり、そこからただよう芳香があたりの空気を甘美に染め上げ、それでいてどこからともなく響く小滝の音が清涼さを添えているといった感じ。
「ようこそ、クリスティーナさん」。快活な声が響きました。

「どうです? 気に入っていただけましたか? 私はこの緑の美しさでイングランドを愛しているんですよ。私の故郷といえばどこまでも続く赤茶けた砂漠にたまのオアシス、この国に舞い戻って自宅にもどるとき、丘が一面の緑で覆われているのをみて、まさに天国に紛れ込んだような錯覚におちいることさえあります。どうです? 満更ではないでしょう?」
「ええ、素敵過ぎて言葉もありませんわ」
「まずはお茶をいっぱいどうぞ。それにあなたにぜひ会っていただきたい、私の大切な友人たちがいます」

玄関からホールに通された私は、艶やかに磨かれたフローリングに反響する靴音を楽しんでいました。ところどころに置かれた美しい文様のラグがアクセントとなり、壁際には絵画や東洋の磁器などがなにげなく置かれています。「富裕」というものの正体を目の当たりにした私は、気も失わんばかりでした。


ティナ・スモール物語(23) / ティナ・スモール物語(25)

boob celebrities | EDIT

2007.03.21 (Wed)

ティナ・スモール物語(23)

70321h.jpg突然ドアをノックする音が響きました。続いて幾分間の抜けたアイルランド訛りの声が聞こえてきます。
「二人とも、お取り込み中かい? そろそろ夜が明けるよ」
マイケルさんです。私たちは向き合い、咄嗟にお互いの口に手をかざして笑いをこらえます。ロウェーナは笑い出しそうになるのを肩を震わせて耐えていました。
「いまね、ロウェーナがすっごく可笑しい話を聞かせてくれたとこよ」
「そうかい。じゃあロウェーナにもう戻るよう言ってくれ。で、後でおれにもその話、聞かせてくれよな」
階段を下りる音が聞こえてきました。私たちは急いで上着をつっかけると息を整えて部屋を出、リビングに向かいました。明るくなった空に照らし出されたロウェーナの表情は、なにか懐かしいものに変わりつつありました。二人の友情のはじまりでした。

デリックのオーナー、モハメド・ズリフィカールさんが厩舎に立ち寄ったのは、ちょうどそんな頃でした。大きなアメ車を厩舎に横付けして訪れたズリフィカールさんをバートさんが出迎えます。デリックの馬房をひとまわり案内した後に、バートさんがいろいろと説明しているようです。
ズリフィカールさんの装いといえば、格式ある英国調。トラディショナルなネクタイを締め、シルクのシャツを身にまとい、肌の色を除けば完璧なまでの英国紳士でした。

ちょうど洗い終えた勒を干したところで、バートさんとふと目が合いました。
「クリスティーナ! ちょっと来てくれ。紹介しよう。アルサバのオーナー、ズリフィカールさんだ」
服を軽く手ではらった私は、二人のもとに走り寄りました。ズリフィカールさんは完璧な英語でこう話しかけてきました。
「初めまして、クリスティーナさん。今、バートさんから聞いたんだが、君がアルサバの面倒をみてくれたそうだね。それもどうやら君ならではの奇跡だったと聞く。まずは感謝したい、ありがとう」
「いえ、素晴らしかったのはアルサバのほうですわ」
「はは。確かに素質はあるんだがこれが気まぐれでね。友人を選ぶっていうのか、神経質なところが玉に瑕だったかな。いずれにしても、君がアルサバの数少ない親友のひとりとして認められたということだ。いつか家に来てくれないか? 私が飼っている他の動物たちもお目に掛けたい」
「お申し出、うれしく給わります」
半信半疑でしたが、ズリフィカールさんはバートさんに私の仕事の都合を訊くと、その場で二日後に私を車で迎えにくるということに話が決まりました。このときの私といえば、急な展開になかば夢見心地でした。無理もありません。今でいうならセレブの邸宅に、それまでそうした世界に全くといっていいほど縁のなかった15歳の村娘が招かれたのですから。


ティナ・スモール物語(22) / ティナ・スモール物語(24)

boob celebrities | EDIT

2007.02.24 (Sat)

ティナ・スモール物語(22)

70224c.jpg「う、うん。 でも私は経験ないの。 一度だけ、うちの兄が彼女を部屋に連れてきたときに、何だかそれらしきものをやってたかな」
「ふうん。 それ聞いてたんだ。 どんな感じだった?」 と私。
「そんなこと言えないわ」
「そこまで喋っといて、それはないなー」
ロウェーナの頬は薄く染まり、目はキラキラと輝いていました。 それを見て笑う私に、今度は彼女のほうから攻撃をしかけてきます。
「あんたはどうなのよ。 これまでにファックの経験は?」
訊いてきた途端、ロウェーナは笑い転げました。 質問の意はともかく、大胆にもファックと口走ってしまったことに対して可笑しかったのかもしれません。 二人ともまだそれほどまでにうら若き乙女だったのですから。
答を探しながら私も頬が熱くなるのを感じます。

「私もまだ」
「そうかしら? モテたと思うわよ」
「ううん。 ここに来る前は女子校だったの。 それに私の生まれた村では同い年の男の子がいなくって。 ああ、そう、格好のいい男の子って意味でね。 一度だけ、顔中ニキビだらけ、髪は脂だらけの男の子に追いかけられたことがあるわ。 それもアレ…を出しながらよ」
「お、ちんちん、のことね?」。 ロウェーナはすっかりくつろいだ様子でした。 調子にのった彼女はこう訊ねます。
「私ね、いままであなたほど大きな、その…、もった女の人を見たことがないわ」
「おっぱいのことね」。 今度は私が出し抜きました。
「そう。 あなたの胸をさわってみたいって男の子は、いっぱいいたと思うの」
「いたわ、一人だけ。 スクールバスでさわられて、頭にきたからコンパスで背中、刺しちゃった」

彼女は笑いました。 その表情はやがて幾分憂いを帯びたものに変わっていきます。
「私ももっと大きかったらなって思うわ」。 ロウェーナはそう言って自分の薄い胸を見下ろしました。
「でもね、見ての通り、楽じゃないわよ。 代われるもんじゃないわ。 この胸のせいで、12の頃から仰向けに寝たことがないの。 もちろん横向きにもね。 走るのだって億劫で、遅刻しそうになったってバスを追いかけることもできなかったわ」
「わかるわ。 今まであなたほど大きい人、見たことないもん」
「見てみる?」。 私が訊くと彼女は大きく首を振って頷きました。
「うん! 私のも見る?」

私は立ち上がって上着を脱ぎはじめました。 下はノーブラです。 ブラを着けているとリラックスできない私は、夕方にはいつも外していたのです。
上半身裸になった女二人が向き合います。 ロウェーナを見ると痩せた胸はまるで少年のようで、その真ん中に、喩えるならば葉巻の吸い口のような大きな乳首がそなわっていました。 彼女の顔はやや火照り、その表情はおどろきに包まれていました。
「…なんか、言葉が出ないわね。 世界七不思議の次、八番目か九番目あたりの不思議ね。 乳首なんてまるで空飛ぶ円盤じゃない?」
互いの胸におそるおそる手を触れ、躁的な笑いが長く部屋を充たします。 ふと彼女の瞳に目をやった私は、その瞳に決して笑いのせいばかりではない、潤みがあることに気づきました。


ティナ・スモール物語(21) / ティナ・スモール物語(23)

boob celebrities | EDIT

2007.02.21 (Wed)

ティナ・スモール物語(21)

70221j.jpgバートさんからデリックを任されたことは、毎日の仕事に張りを与え、また私自身も厩舎での生活に、次第に居心地のよさを感じるようになりました。
まるで生まれて初めて動物に接したように甲斐甲斐しく世話をし、目の前にひろがる大草原をともに駆け抜ける歓びが、サウスダウンズの丘に降り注ぐ太陽のように私を包みこみます。

デリックは、その愛すべきキャラのほかにいろいろな表情を私に見せてくれました。 誇り高く知的で、それでいて優しく。 ユーモアのセンスさえありました。 私はよくワラの山のうえに落とされたものです。 そんなとき、デリックはまるで、してやったりといわんばかりに笑っているようでした。
草原から海岸へと足を伸ばし、何マイルも何マイルも歩いた私たち。 天候に恵まれ、雄大な草原がどこまでも続いて見える日は、私はよくデリックの手綱をといて放してやったものです。 デリックは、名前を呼ぶとすぐに私のもとに飛んできました。 まるで私たちは親友のようでした。

デリックと過ごす時間の他は、けっこうな重労働でしたけれど、充分に耐えられるほどのものでした。 だんだんと皆のなかに溶け込んでいくうち、ロウェーナとも話す機会が増えました。

こんなことがありました。
その日夕食を終えた私は、自分の部屋で仏教本を読んでいました。 釈迦の生涯についてつづったもので、釈迦族(ゴータマ)の王子として生まれた釈迦は、彼を溺愛する父親のもと、何不自由なく育てられたのだそうです。 しかし、そのことが彼を外界から孤立させ、ために彼自身苦悩することとなります。 当時インドは混乱と争いのなかにあり、無常を感じた彼は若くして出家の決意をします。 そこまで読んだところで、ふとドアをノックする音が聞こえました。
「どうぞ」。 ロウェーナがドアにこつこつと頭を打ちつけながら入ってきました。
「ああっと、読書中? お邪魔だったかしら?」
「ううん、大丈夫。 時間ならいくらでもあるし」
「なに読んでるの?」
私は彼女に本を差し出しました。 タイトルを目で追った彼女は、いくぶんシリアスな表情で私にこう訊ねます。
「あなたって仏教徒だったの?」
「ううん、そういうワケじゃないけど、他の宗教にも興味があるの」
「神を信じる?」
「それはね。 ものごとにはすべて因果関係があって、その関係がある種の法則性をもっているということは感じるわ。 だから神は存在するんだと思う」

ふたりの話は、音楽から人種問題、自然界から雪のひとひらについてまでひろがりました。 ロウェーナは知的で、思った以上によき話し相手でした。 それは以前にもときおり見せてくれた、彼女の筆になるカリカチュアからも感じていました。 私は、以前公園で語らった中国の老人(ティナ・スモール物語(7)参照)のことも彼女に話しました。

いつしかとっぷりと更けた夜が、喋り明かす女ふたりにあやかしの兆しを運びこみます。 言葉の代わりにハミング、それが合図でした。
「ね…、その…、最後までいったことある?」 ロウェーナが訊ねます。
「エッチのことね?」 私が訊くと彼女は顔を赤らめました。


ティナ・スモール物語(20) / ティナ・スモール物語(22)

boob celebrities | EDIT

2006.12.06 (Wed)

ティナ・スモール物語(20)

click!それからの数日、私は与えられた日課を毎日同じようにこなしました。 朝食を終えたら馬房の掃除、寝ワラの取り替え、お茶がはいってお昼までは鞍洗いといった案配です。 仕事の間にアルサバの様子を見にいく癖がついた私は、角砂糖をそっとポケットに忍ばせては、たびたび馬房に足を向けました。
アルサバはといえば掌の角砂糖を舐めはするものの、あいかわらず首を垂れ、目は虚ろ、まるで立っているのが精一杯という状態でした。 ところが何日か経つうち、ふとアルサバが柵の上から顔を突きだし、私のポケットを鼻面で探ろうとしたのです。 これに力を得た私は、アルサバにこう話しかけました。
「いい? これから二人だけの時には、あなたのことをデリックって呼ぶわ。 昔ね、デリックという馬がウチにいたの。(デリックはティナが4歳の頃、家にあった木馬の名前。 「ティナ・スモール物語」 参照)」 アルサバの耳がピシッと唸りました。

その日の午後、私はバートさんにアルサバがどんな馬なのか、もう一度訊ねてみました。 バートさんは不審そうな表情で私の顔を覗き込みます。
「ん? どうしたんだね? あれに乗ってみたいのかい?」
心を決めた私は、ゆっくりと頷きました。
「そうだなあ。 あんたは乗馬経験はほとんどないようだが、しかしダメという理由も見つからんでな。 どうだ、やってみるか? サイモンとロニーをヘルプに付けよう」
私はさっそく馬房に飛んでいき、デリックを馬場に連れ出しました。 引き綱をひいて馬場に馴れさせると、サイモンさんとロニーさんに手伝ってもらい、鞍に跨って手綱をとります。 馬場を数周するうちにデリックの歩みが自然に早まり、ウォークからトロットへと、それも不慣れな私を気遣うように駈けるのが背中越しに伝わってくるのです。 いったん厩舎の前でスピードを緩めたデリックは、鼻息を鳴らしながら首を振り、これまでに見たこともなかった生き生きとした瞳で鞍上の私を見上げました。 その瞳の底知れぬ深さ。 雄々しく天を仰いだデリックは私を乗せたまま、キャンターで馬場をまわります。 夏の午後の日差しは甦ったデリックを祝福するかのように輝き、草いきれにつむじ風が巻き起こって虫たちが右往左往するさままで見えるようです。
いつの間にか厩舎で働く仲間がみな集まり、柵越しに私とデリックを見ていることに気づきました。 みな微笑んでいました。

最後に馬場をひと回りしてデリックから下りると、バートさんが迎えにきてくれました。
「いやあ、驚いたね。 いったいどんな魔法を使ったんだい、ティナ? 実際、あんたも知ってのことと思うが、われわれがあらゆる手を尽くしてもどうにもならなかった馬なんだ。 あんたのお陰でまた輝ける日がとり戻せそうだ。 しかし不思議だ」
そう言うとバートさんは私の胸を一瞥し、こうも言いました。
「おほん。 その、キミは、言うなればオトコを奮い立たせる素養があるのかもしれないな。 きっとアルサバはあなたほどのご婦人を乗せたことがなく面食らったんだろう。 まあ、いずれにしても彼を甦らせたのはあんただ」
バートさんは快活に笑いながらデリックの引き綱をとり、もう片方の手で私の肩に手をまわすと言いました。
「わかった、ティナ。 今からキミをこの馬の専属トレーナーに認定しよう。 アルサバに毎日乗ってほしいんだ。 だんだんと馴れてきたら、ウッドチップのコースから坂道へと乗りだしてくれてもいい。 こうなった以上、馬主さんには最上の状態で見てもらいたいんだ。 三週後にはイングランドに戻ってくる。 きっと大喜びさ。 さ、とりあえず今日のところは鞍を外してやってくれ。 お疲れさん」


ティナ・スモール物語(19) / ティナ・スモール物語(21)

boob celebrities | EDIT


 | HOME |  NEXT