2013.09.10 (Tue)

「第6回 初めてのボディペインティング」まとめ

第6回 初めてのボディペインティング


さて、申し訳ありません。私事ですが身内に不幸があった(甥が亡くなったの(TT))こともあり、大変遅くなってしまいましたが、「第6回 初めてのボディペインティング」をまとめさせていただきます。まとめに入る前に、締め切り直前に応募されたお二方の作品をご紹介しましょう。

----

130901a0.jpg

まずはハンドルネーム「山葵」さんの作品。仕事の空き時間にマジックで描いたものとのことですが、描かれた文様はトライバルをイメージしながらも、それをはるかに超えた精緻な作品に仕上がっています。マジックあるいはサインペンでここまで描けることに脱帽です。

130901a1.jpg

今回、最後の作品は、これまでの「初めてのボディペインティング」で、圧倒的なパフォーマンスを示していただきました、凜さんの作品。ずっとお待ちしておりました。
今回の作品は、お子さんが大きくなられ、それに伴い新たにお仕事を始られ、そんな合間でのご投稿だったようです。非掲載希望とのことでしたが、やっぱこの大会、凜さんなしでは締められません。お許しください。また来年は今回の分までガンバって投稿されるとのことですので、楽しみに待ちたいと思います。

Tags : Bodypainting |

cool | (8) comment  EDIT

2013.08.29 (Thu)

「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.4

130829f.jpg

「第6回 初めてのボディペインティング」4番目のエントリーは、「第4回 初めてのボディペインティング」に応募されたハンドルネーム「暗黒少女」さんの作品です。

第6回 初めてのボディペインティング

画材はボールペン。海外サイトでよく見られる萌え絵のタトゥーを暗黒少女さんなりに表現してみたかったとのことで、実際に試してみるとわかりますが腕の角度が微妙で、紙の上に描くのと違い、難しかったことと存じます。

あとはせっかくここまで描いたのですから、色が欲しかった。すっとひと刷毛のせてみるだけで、物語性が大きく浮かび上がってもくるものです。
肌色をのせ、光源を決めて陰影を描くと背景が描きたくなってくる。そして背景が描かれることによって物語性が生まれる。その物語性に見る者は感動する。
画力は素晴らしいですから、どうぞ私たちを暗黒少女さんの描かれるラビリンス、迷宮に連れて行ってくださいね。

Tags : Pics | Bodypainting |

Pics | (5) comment  EDIT

2013.08.22 (Thu)

「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.3

130822e0.jpg

3番目のエントリーになります。題は「Nipple Cow」。推定Gカップの乳首をモーモーさんのお鼻に見立てた、ハンドルネーム「kikizombie」さんの愛らしい作品です。

第6回 初めてのボディペインティング

はい、真っ向勝負です。ある意味、ここ数年なかった体を張った作品に大きく心を揺さぶられている自分がいたりします。そうですよね、確かにここ最近は更新が滞りがちで、それでも遊びに来てくださるHEAVENファンの方々におかれましては、仰るよう、寂しい思いをさせてしまっていたのやもしれず。
ありがとうございます。「kikizombie」さんの作品に喝をいただいたような気持ちです。乞うご期待です。

「kikizombie」さんによると製作時間は1時間ほど。
アイシャドウ、アイライナー、チーク、ハイライトを使用し、最初はがっつり塗ることも考えたそうですが、牛というテーマとおっぱい感を生かすために肌色を生かしたということです。来年はまた違った発想で参加されるとのこと、楽しみで仕方ありません。

Tags : Pics | Bodypainting |

Pics | (20) comment  EDIT

2013.08.20 (Tue)

「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.2

130820d0.jpg

さて2番目のエントリーは、第4回第5回と参加いただいたTackongさん。「初めてのボディペインティング」では、もうすっかりおなじみですよね。

第6回 初めてのボディペインティング

今年、描いてくださったのは、ふくろう。ふくろうは猛禽類ですから肉食。トカゲにしてみれば、みつかってしまった時点で蛇に睨まれた蛙、あるいは最後の最後まで周囲との同化をたくらむものなのでしょうか?
昨年はマツカサヤモリが蛇に睨まれ、今年は新しく飼われたニシアフリカトカゲモドキが、ふくろうに睨まれるなんて可哀想すぎるぞー(^^;

とまあ、来年はペットたち総勢での飼い主へのリベンジが是非とも見てみたいところでもあったりするのです。

Tags : Pics | Bodypainting |

Pics | (5) comment  EDIT

2013.08.17 (Sat)

「第6回 初めてのボディペインティング」エントリー No.1

130817b2.jpg

さて、今年も「初めてのボディペインティング」幕開けです。
いちばん乗りは極楽パンダさん。耳元から胸元にかけての涼やかな渓流から滝壺にかけての調べは、思わず息を呑むような美しさです。

第6回 初めてのボディペインティング

油絵と見まごうばかりのペインティングは水彩。鎖骨の上のくぼみにたたえられた流れが踊りながら、一気に下に流れるさまの表現はパンダさんの絵心ならではと思います。流れ落ちた水が美しい胸元のふくらみをどのように流れ落ちるのか、想像をかきたてます。

そうですね、ひとつ加えるとして、たとえば鎖骨のくぼみを沼にして、小さな小さな人形たちを配してみる。首筋からの水の流れにはその小さな小さな人形たちがカヌー遊びに興じているさまを表現してみる、スポンジを緑に染めて灌木を植えてみる、水の流れを蝋で表現する、そうしたジオラマ的な遊び心もまた面白いかもしれません。

Tags : Pics | Bodypainting |

Pics | (16) comment  EDIT

2013.08.13 (Tue)

Bodypainting Jeans (29p)

130813c0.jpg

Tags : Pics | Bodypainting |

Pics | (17) comment  EDIT


 | HOME |