--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2013.10.30 (Wed)

公務出張中にセックスして怪我をしても労災は適用されません―オーストラリア

131030a0.jpg

Miami Herald

公務での出張中に泊まったホテルで恋人とのセックスの最中、照明が落ちてきて怪我をした女性が労災の認定を求めていた裁判で、オーストラリアの最高裁判所はこれを認めない判決を言い渡しました。

訴えていたのは30代の女性公務員で、シドニーの南160kmほどのところにある田舎町、ナウラ (Nowra) での会議に出席するよう上司に言われ、2007年11月26日、会議の前夜は現地で宿泊するよう勧められたといいます。
女性は、恋人同伴で向かったのか現地で恋人と落ち合ったのかは不明ですが、投宿先のホテルで恋人と一夜を過ごし、その際に、ガラスの照明器具が天井から外れて落ち、目や鼻、歯などを負傷するという事故に遭いました。

女性はこの事故が原因で鬱病にかかり、仕事が続けられなくなったとして公務員労働災害補償機構(Comcare)に労災認定を求め、いったんは受理されたものの後に支払いが拒否されたため、訴えたということです。

裁判の焦点は、女性が公務中であり、指定された投宿先で事故に遭ったということで補償を受けるべきだとする弁護側と、滞在中の宿泊者の一般的な行動、食事や睡眠、シャワーを浴びるといった行動の最中に遭った事故ではないために認められないとする公務員労働災害補償機構の主張との争いで、これまで4年間にわたって審理が続けられてきました。

女性は一審で敗訴、昨年連邦裁判所で行われた上告審では勝訴しましたが、今回の最高裁では「とくに業務に関連する行動中ではなかった」ことで補償は認められないという判決が下されました。

Tags : Weird_News | Australia |

Weird News | (30) comment  EDIT

2013.08.20 (Tue)

尿道に長さ10センチのフォークを詰めてしまった70歳の男―オーストラリア

130820b0.jpg

Metro (UK)

画像は「性的な満足を得ようとして」長さ4インチ(約10センチ)のフォークを柄の方から尿道に挿入。取れなくなってしまって病院を訪れた男性のレントゲン写真。

男性は、詳しいことは不明ですが、オーストラリアのキャンベラに年金で暮らす70歳で、病院では男性に全身麻酔を施した後、大量の潤滑剤とピンセットを使ってフォークを取り出したということです。

事例は、ハフィントン・ポストによると、今月初めに発行された国際外科学会(International Journal of Surgery)の学会誌にレポートが掲載されたということです。

You might also like:
マスターベーションしていて長さ12センチの安全ピンを尿道に詰めてしまった男―ガーナ
尿道に1.1メートルもの長さの電源コードを挿して自慰をしていた60歳の男―広州
角質化した皮膚を食べさせようとタウナギを桶に入れ、一緒に入浴した男性の尿道にタウナギが潜り込む―湖北省
長さ85センチの縄跳び用の縄を尿道に押し込んで抜けなくなった男性―重慶市
タウナギを用いてオナニーしていた男性の尿道にタウナギが潜り込んで病院へ


Tags : Medical | Australia | Masturbation |

Medical | (12) comment  EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。