--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2007.08.28 (Tue)

立体交差の桁下を掘って、鉄筋を盗み出す男たち

70828e.jpg

重慶晩報
27日、重慶市渝中区牛滴路の立体交差の桁下で、20名を越える男たちが、地中に埋まっていた鉄筋を掘っていたことがわかりました。

鉄筋を掘っていたのは、拾荒匠(くず拾い)の男たちで、ハンマーやスコップなどをもって立体交差の桁下を掘り起こし、埋まっていた鉄筋を「宝」と称して不法に持ち帰っていた模様です。
男たちのなかには金属探知器をもっているものもおり、橋脚のまわりを二メートルほどの深さでコンクリートを穿っては、鉄筋を盗んでいました。

さっそく現場に取材に訪れた記者に対して、汗の噴き出した顔をうれしそうに歪め、「へへへ、また一本み~つけた」と手に持った親指ほどの太さの鉄筋を示すのは、作業をしていた張徳明さん。穴には掘っている最中にも石やコンクリートの塊が崩れ落ちてきますが、張さんは「宝」探しに夢中で意に介さない様子。
訊くと一日30キロは鉄筋を掘るという張さんは、この牛滴路の立体交差下でもすでに四日掘り続け、掘り起こした鉄筋は近くの廃材買い取り業者に売ったといいます。
記者の見たところ、小一時間のあいだに張さんらは十数本の鉄筋を掘り起こしており、これらの鉄筋を売ったお金は作業に関わった男らに平等に分配されるとのことでした。

何かあったらどうするんだと問う記者に対して、「あんたには関係ねーだろ」と答える男たち。記者が調べたところ、すでに桁下には二十数ヶ所にわたって穴が穿たれています。朝の六時から作業をはじめるというくず拾いの男たちのなかには、直接橋脚に穴をあけて鉄筋をほじくり出すという猛者もいるとのこと。
こうしたことがこれまで明るみに出なかったのは、まず現場が辺鄙な場所にあること、そして周辺住民が報復を怖れて届け出なかったことも理由にありそうです。

専門家いわく、雨などで水位があがった場合に橋脚の基部が崩壊する怖れがあるというこの男たちの愚行。市政設施管理局はさっそく調査に乗りだしました。

Tags : 中国市井百態 | 重慶市 |

Weird News | EDIT

2007.08.08 (Wed)

班尼路(Baleno)のチラ見えスポット

70808a.jpg重慶晩報
班尼路(Baleno)といえば、中国ではティーンから二十代前半の若者をターゲットとするカジュアルブランド。リーズナブルな価格で急成長したブランドですが、その班尼路重慶旗艦店に設えられた階段が、走光点(チラ見えスポット)として話題になっています。

ここ、班尼路重慶旗艦店。売り場の一階から二階に上がろうとする女性は、あたりをキョロキョロと見まわし、あたりに男性がいないことを確かめてから一気に駆け上がらなければいけません。
というのは、この店に設えられている階段は、いわゆる「蹴上げ」がないストリップ階段で、ミニを穿いた女性が上がろうとすれば確実にスカートのなかは丸見え。しかもお誂えむきに階段下にはベンチが置いてあるというのですから、ネットなどでこのことを知った男性が一日中ウロウロと。

重慶班尼路では、そのような苦情をうけたことはないが問題があるとすれば近々のうちにも改善したいと述べています。重慶ではほかにもこうしたチラ見えスポットが多くあり、たとえば南坪歩行街にある安踏体育(アンタスポーツ)ショップでは店外から試着室の入り口が丸見え。解放碑郵便局そばの階段などと、まあ中国のマスコミも暑運および夏場で、五輪以外はいささかニュース枯れのようです。

Tags : 中国市井百態 | 重慶市 |

Weird News | EDIT

2007.07.26 (Thu)

切っても切っても伸びる腫瘤―重慶市の象面人男性

70724o.jpg

―重慶晩報―
こちらはこの十年間のうちに三度も顔面にできた腫瘤を切除しながら、切るたびに以前より上まわって成長するという男性。

この男性は重慶市栄昌県古昌鎮に住む劉興権さん(48歳)で、十数年前に右頬にできた小さな肉腫を放っておいたのがきっかけだったそうです。肉腫ができたときにはいずれ治るだろうと気にしないでいたところ、みるみるうちに成長。数ヶ月で右顔面を覆い尽くしてしまいました。
さすがに人が避けるようになったので、栄昌県人民醫院で診てもらうと腫瘤は良性のもので、成長しても悪性にはならないという診たて。でもこれではあまりということで、切除してもらいました。

しかしながら1年半後にはふたたび元の大きさに成長。劉さんは病院に訪れ、腫瘤の摘出手術を受けました。このようにして十年間に三度腫瘤を切除した劉さんですが、いまではごらんの通り。まるで髭のように切るたびに大きさを増す腫瘤は30センチの長さで鎖骨にまで垂れさがり、ほとほと困り果てた劉さんは腫瘤のもととなる原因をとり除いてくれる医師を現在、捜しています。



70724p.jpg

―法制晩報―
先にお伝えした体重40キロ、うち腫瘤だけで15キロもある湖南省の世界最大「超級象面人」男性、黄春さん(31歳)ですが、24日の8時半より切除にはいり、輸血用血液4000mlを用意し、医師10名による2時間半の手術は無事成功したようです。

難度の高い手術を指揮したのは、広州復大腫瘤医院「Percutaneous cryoablation―凍結融解療法」の専門家、牛立志医師。心配された出血は800mlで済んだそうです。
最初の大きなヤマを越えた黄春さんですが、これから本格的な整形、整容手術を受けねばなりません。


超級「象面人」男性、治療に広州復大腫瘤医院が名乗り
顔から垂れる15キロの肉塊、行きづまる家族の暮らし
HEAVEN 象人

Tags : 象面人・獅面人 | 頭蓋・顔面の疾患 | 重慶市 |

Medical | EDIT

2007.07.26 (Thu)

バスの空席をめぐって老人と口論になった少女が老人をビンタ

70724m.jpg―重慶晩報―
バスの空席をめぐって老人と諍いになった少女が、老人に対してビンタをふるい、憤慨した乗客に窘められるという騒ぎがありました。

老人は重慶市九竜坡区楊家坪港の団地に住む張民さんで、今年76歳。
張民さんは妻と小さな孫を連れ、市内の小児科にかかるためにバスに乗り、いちばん後ろの席に座りました。老人の席の隣には小さな包み。あとから孫を抱いて乗ってくる妻を座らせてやろうとの気遣いです。ところが老人の前にとつぜんポニーテール、ジャージ姿の16、7歳の少女が立ちはだかると、かまわず包みの上に腰を下ろしました。

「ここには人が来るんです」。老人はそう言って少女を窘めましたが少女は聞こうとしません。孫を抱いた妻がステップを上がってきました。張民さんは語気を強めました。「ここには老人と子供が来ると言ってるんです」

ここで大きな音がしました。乗客はみな振り返りました。少女が老人の頬を思い切りはたいたのです。「なななな、なんと…」。怒りに震えた張民さんは思わず杖を振り上げましたが後に続く言葉がでません。ここで張民さんは信じられない言葉を聞きました。
「你管老子的、老不死的――なんだよ、やろうってのか? このくたばり損ないが」
少女は拳法の構えをして張民さんを威嚇します。居あわせた乗客たちはここで少女をとめると、座っていた一人の男性客が立ち上がり、わかったわかった、ここに座っていいからと少女を促しました。
しかし、「どうしてこんな子に座らせてやることあんのよ」と今度は席を譲った男性客までもがほかの乗客につるし上げられ、バスが発車してからも不満の声が聞こえます。

少女は席を譲ってもらってからも「いま喋った奴、あとでぶっ殺す」とにらみをきかせ、ついには窘めようとした男性にも、「你讓給老子的座位就是老子的了、你憑舎管老子?”――おまえはおれさまにここを譲ったんだろ。ほかになんか文句あんのか?」と口汚く罵る始末。少女は新華路で下りていったそうです。

中国のバス、荒れています。 (画像は、案内板を照らす太陽電池を盗まれたバス停を補修する公交車の係員。こうして壊された案内板を補修するだけでも、市内だけで1年に400万元以上(6000万円)かかるそうです)

Tags : 中国市井百態 | 重慶市 |

Weird News | EDIT

2007.07.08 (Sun)

太腿に彼氏の名を彫った娘が、父親に叱られ逆ギレ。包丁で太腿を削ぐ

70708a.jpg―重慶晩報―
彼氏の名前を腿に刺青した女子大生が、父親と口論となり、ナイフで自らの腿肉を削りとるという事件がありました。

6日零時40分頃、重慶市の医療救護センターに、李となのる男性からこんな電話がかかってきたそうです。
「娘が太腿の肉をナイフで削いだ。急患でかかりたいんだが、すぐに来てもらえないだろうか」
住所は重慶市の沙区梨樹灣。すぐに救急車がまわされ、女性は病院に搬送されます。傷は右太腿の外側、4センチほど刃物で削いだ跡があり、そう深くはありませんが、白い肉の上に血が滲んでいます。ことの起こりはこうでした。

李さんの娘は22歳。現在、市内の大学に通っています。
昨晩の帰宅は夜の11時。遅くなった娘を咎めようと声をかけた李さんは、娘のローライズの腰のあたりにタトゥーがはいっていることに気づきました。
「おまえ、何をいれたんだ! ちょっと見せなさい」。
娘がジーンズを脱ぐと腰から太腿にかけて、太陽を模した紋章と「超」という字が彫られています。「超」というのは娘の彼氏の名字でした。憤慨した李さんは、娘に平手打ちをくらわせてこう叱ったそうです。
「いいか。その超とかいうお前の友だちがどうこう言うんじゃない。もし将来、別の男と結婚することになったら、おまえ、その刺青どうするんだ。ずっと恥ずかしい思いをするんだぞ」。なおも平手ではりとばした李さんは、納得いかない表情の娘に向かってこう続けます。
「おまえはお父さんの娘なんだぞ。おまえの体はお父さんがあげたものだ。おまえが傷つける権利などないわ」
これを聞いて今度は娘が激昂しました。卓上からフルーツナイフを掴むと腿にあて、李さんの止める間もなくざっくりと削いで、その肉を差し出したのです。
おどろいた李さんがここで120番(日本の119番)に電話したというのがことのあらましでした。

傷は大動脈まで及ばず、比較的軽傷だったため、娘は李さんに伴われて翌朝には退院しました。この事件に関して心理カウンセラーは、偏執的な面をもつ子供には、正面から対峙して衝突することは禁物、また李さんの娘はカウンセリングをうけるべきと述べています。 (画像は内容とは関係ありません)

Tags : 自傷 | 重慶市 |

Weird News | EDIT

2007.07.06 (Fri)

重慶でつづく盗ガス、恐々と暮らす市民

70706c.jpg華竜網
ごうごうと不気味な音が響くのは、重慶市綦江県、石壕炭鉱天池社区の建物の庭です。
これは相当量のガスが大気中に漏れているためで、現場から約3キロ離れた村に住む村民たちが組織ぐるみで、ガス管から「盗ガス」。
そのずさんな「工事」によって漏れたガスがいつ引火、爆発しないかと建物付近の住民は毎日おののきながら暮らしています。

見たところ、路上に敷設された直径300ミリのガス管の途上、1.5メートルぐらいにわたって16箇所ほど穴が穿たれ、そこからビニールパイプが伸ばされています。
このビニールパイプはひとつに括られ、針金でゴムを巻かれて樹上あるいは地中、水道管に結わかれ農家の軒先に送られているのです。
現場付近には小学校などもあり、これから夏休みにはいって外で遊ぶ子供たちを心配する親たちは、先月末ひそかにおこなわれた、この「工事」に頭を悩まし、いつ事故が起こらないかと気が気ではありません。
盗ガス先は、ガス管が補修されるたびに変更され、いわばいたちごっこ。しかし村に近い場所ではビニールパイプにも疲労があらわれ、漏れている場所もあるといいます。この付近ではあぜ道でうっかりとタバコを吸うこともできません。

盗ガスはここ三年来、重慶のメディアに取り上げられ、爆発事故、あるいは住民の避難騒ぎなども起こり、重要視されてきました。
しかしながら、当局は見て見ぬふり。というのは、当座ガス管を管理している石壕炭鉱は、いわば国有資産たるガスそのものを盗まれたからといってその相手を処罰できないのです。これまでにも石壕炭鉱はガスの管路進行を妨げたという理由で、分岐管の没収、撤去などをおこなってきました。しかし、こうした盗ガスをおこなっている村民自体には直接には手がだせません。

この石壕炭鉱でガス管によって送られる生活用途のガスのうち、じつに7割は盗ガスされているとの統計もあります。

70706d.jpg

Tags : 中国市井百態 | 重慶市 |

Weird News | EDIT

2007.06.24 (Sun)

重慶で「按新治管法」初の逮捕者。最新KTV事情と「裸陪服務」

70624c.jpg国際在銭
一週間ほど前のニュースになりますが、「裸陪服務」について書かれていましたのでこちらでご紹介。

13日午後11時、重慶市九竜地区石坪橋のKTV(カラオケルーム)内で淫猥行為をおこなっていたとして、男性3名女性3名が逮捕されました。これは旧法の罰則を強化した「按新(治安管理処罰法)」が今年3月から施行されて以来、重慶市では初の逮捕者となります。

逮捕された男性3名はいずれもスポーツ関係者で、うち1名は重慶では有名なサッカーチームの監督でした。
当局によると、同KTVでは「裸陪服務」がおこなわれていると市民から通報があり、これをうけて査察、逮捕者がでたということです。

まずは一般人を装った警官が、このKTVに入店。10人ほど若い女性が待機している広間に通されました。女性らは胸に赤や緑の札を付けており、店側の説明によれば、緑の札は「お持ち帰り可」、赤の札は不可とのことだったそうです。ただしどちらも「裸陪服務(裸でつきそうサービス)」まではおこなうとのこと。この札をつけた女性らから相手を選ぶようにいわれ、料金として一人あたま300元徴収されたといいます。
警官はこの後カラオケルームに案内され、途中、「貸し切り」の札がかかっている部屋から嬌声が廊下に漏れていたことから、身分をあかして部屋に踏み込み、客の前で全裸で踊っていた女性3人を含む6名全員の逮捕となりました。

供述によると、女性らは客とジャンケンをして男性が負ければ酒を飲み、女性が負ければ服を一枚ずつ脱ぐというルールで遊び、最終的に全裸になった女性が男性に酌をしたり曲にあわせて踊ったりというものでした。
新法施行前は、女性らがコンドームをもっていれば売春目的ということで摘発をうけていたようですが、今回は「裸陪服務」そのものも科とされるわけですね。なお、今回捕まった男女は、それぞれ500元の罰金。サービスを提供した店側には1万元の罰金が課せられました。

下はKTVでの「裸陪服務」の様子。

70624d.jpg

Tags : 中国、台湾の風俗、売春 | 重慶市 |

Weird News | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。