--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2008.02.28 (Thu)

女教師をめぐって親友と三角関係に陥った男子学生が、恋敵の親友を殺害

80227g.jpg

南方網
さて二月最後のエントリーは、現在、中国紙で大反響を呼んでいる事件。
一人の女教師をめぐって親友と三角関係に陥った男子学生が、恋敵の親友を殺害してしまったという、どちらかといえば女性読者向きの事件でしょうか。

中国紙では、スウェーデン映画「(あこがれ美しく燃え(Lust och fägring stor―中国では『教室別恋』)や、台湾映画「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」にも喩えられている、青春の絶望と憔悴をそのままあらわしたようなこの事件。かなり長くなると思いますがあえて分けません。どうぞごゆるりと。



孟超は手提げ袋のなかからナイフを取り出すと、かつての親友、何小厳の背中を刺しました。「孟超…」、何はまだ信じられないといった表情で目を見ひらき、ゆっくりと孟の方に向きなおります。孟は無言で何の胸にナイフを突きたてました。足から崩れ落ち、血だまりの廊下に倒れ込む何。
2007年9月27日午後5時。場所は何の家。この日は18歳を迎えた孟超の誕生日の翌日でした。


2006年秋、当時17歳だった孟超は、貴陽六中の文科15班に編入を受けます。担任は張麗。44歳の張麗は国語を受けもち、同僚からの評によると明るく温和な性格、情熱があり面倒見のいい性格だったといいます。張麗は生徒たちからの受けもよく、親身になって悩みを聞いてくれる先生として人気がありました。
張麗のブログによると、生まれは1963年、貴州師範大学の中国語学部を卒業後、貴陽六中に赴任してから班主任(クラス担任)として15年間生徒たちを指導し、学校、そして市からも優秀な教師として表彰を受けたとあります。貴陽六中は貴州省のなかでも有名校。場所が州政府の近くということもあって、多くの役人の子女もここに通っていました。

プライベートでは、27歳に結婚、32歳で離婚を経験し、前夫との間には息子が一人。その息子は学校の寮で自活しています。その後、高校時代の男友だちと同居をはじめ、こちらとは5年を経て入籍。しかしながら新しい夫は仕事の関係で月に5日ほどしか家に帰らず、張麗は新居を構えることもなく寮に居続けました。
彼女が家庭作りというものにそれほど熱心でなかったのは、帰宅するたびの夫との諍い、ここ数年は夫が帰ってきても夫婦としての営みは全くなかったということと、夫の連れ子を義母に預けたままでずるずると時が過ぎてしまったこと、なんにしても月にわずか5日しか顔を合わせなければ、この5日のために装う気持ちがいずれ義務となり、やがては苦痛となり、後に孟超には夫をただの男友だちだと紹介したのも宜ならずといったところかもしれません。

Tags : 女教師 | 貴州省 | 中国 |

Weird News | EDIT

2007.12.19 (Wed)

小中学生ら23名の女子生徒に売春を強要していた教師夫婦に死刑判決

71220d.jpg金黔在線
2006年3月から、小中学生ら23名の女子生徒に売春を強要していたとして、強迫賣淫罪などに問われていた教師夫婦に死刑の一審判決が下りました。

この教師夫婦は貴州省威寧県新發郡の中学教師で、馳垚(夫)とその妻の趙慶梅。
28歳で威寧県新發郡の中学教師、馳垚のもとに嫁いだ趙慶梅は、自らも同地で小学校の代用教師として任じましたが、給料の低さに不満だったのか、構内で間食などを売っては遊興費に充てていたといいます。

そんな趙慶梅が女子生徒らを売春へと引きずりこんだのは、故郷の友人、魏雁琴とのおしゃべりが発端でした。少女売春が流行っているそうよ。結構お金になるらしいわ。こう焚きつけたのは魏雁琴。金になると聞いて趙慶梅は心を動かしました。

2006年3月、趙慶梅と故郷から訪れた魏雁琴は手はじめに、見知った夫の姪の彭という中学生とその友人の楊の二人を趙慶梅の自宅に泊め、翌日、納雍県の旅館に連れていき、二人の男性に紹介します。
男性から4900元という大金をもらった趙慶梅が次なる犯行をかさねるまでに時間はかかりませんでした。しかも夫は中学校の教師です。趙慶梅にとっては夫が宝の山を抱えているようにも映ったのかもしれません。

自分の姪を売春させられた筈の夫、馳垚でしたが、妻に丸め込まれ、そればかりか同僚教師をも犯行に誘います。まずは海龍およびその妻、李輝艷を仲間に引き入れました。
それから数日、夫から四人の女子生徒を紹介された趙慶梅は、今度は李輝艷と謀って女子生徒を六盤水市の旅館に連れていきました。

こうして3月から6月の間に趙慶梅、魏雁琴、李輝艶、新たに仲間に加わった黄敏、徐小艷らは、23名(うち22名は中、小学生、14歳未満がうち6名)の女子生徒に売春を強要、また馳垚らそれぞれの夫らは直接犯行には加わらなかったものの、犯行に積極的に加担したとして同じく強迫賣淫罪の罪に問われました。

事件は省各クラスの領導(幹部)および公安により重要案件とみなされ、事件後、逃亡を謀った趙慶梅は全国にA級指名手配。懸賞金10万元をかけられて、一年後の今年8月10日に逮捕されたものです。
裁判は威寧県の中級人民法院でおこなわれ、主犯格と認定された馳垚と趙慶梅はともに死刑(緩期二年執行)、政治権利剥奪、財産没収が言いわたされました。また最初に仲間に加わった海龍とその妻、李輝艷には懲役11年と13年がそれぞれ言いわたされています。
ほかこの事件で逮捕されたのは、男性客らを斡旋したとされる李龍香以下14名。こちらは無期から一年までの懲役が言いわたされました。なお趙慶梅に犯行を吹き込んだ魏雁琴は現在もまだ逃亡中です。

12月14日午前、判決が下される直前に受けたインタビューで、その表情を強ばらせた趙慶梅は、自らの罪の重さを反省し被害者家族に申し訳ないとのコメントを残していました。

Tags : 中国、台湾の風俗、売春 | 貴州省 |

Weird News | EDIT

2007.07.11 (Wed)

お尻から足首が生えている男児

70711d.jpg

網易
こちらは、貴州省水城県に住む「有脚没腿」―お尻に足首が直接生えている7歳の男児。

記者は雲南省の南窑火駅近くのホテルで30歳代と思われる男性と落ちあいました。
男性のそばには、毛布を敷き、その上にすやすやとうつ伏せに眠っている幼児がひとり。見たところ、上半身はごく普通ですが、下肢は両方ともに腿はなく、腰から直接足首が伸びています。

男性の名は張雲達さん。男児は張さんの息子で張江竜。まだ7歳とあどけない顔つきの江竜くんは、生まれたときから腿がなかったといいます。
張さんが記者に残疾証(障害者手帳)を見せて言うには、当初は義足を付けるべく役所から通知があり、張さんが水城県の病院に訪れたところ、医者からはこの状態では義足は無理だといわれたそうです。ということは、現地政府指定の病院であつかってもらえば、いくらかの補助が出たのかもしれませんね。張さんいわく、他の病院で義足を付けたとしても高価で、とても払うことができないそう。
また、張さんの妻は、このことが原因でか、一年前に忽然と姿を消したままだともいいます。

張さんが雲南を訪れたのは妻を捜すためで、いまは息子から目が離せないために他人様の善意にすがって生活するよりほかにないと首を振ります。
ふだんは息子との会話も弾むという張さんですが、同じ年頃の子供たちが就学年齢を迎えているのをみると、胸が痛むとか。江竜くんの将来については今は考えられないと語る張さんです。

Tags : 手足・指の疾患 | 貴州省 |

Medical | EDIT

2007.07.08 (Sun)

背中一面の痣と絨毛―先天性巨型色素痣?

70708b.jpg

―中国経済網―
こちらは、貴州省貴陽市烏当区に住む二歳の女児。
「容貌清秀、口歯清晰」といいますから、顔かたちは涼やかで、しゃべる言葉もはっきりしている女の子ですが、背中はごらんのように一面の青痣のうえに絨毛がびっしりと生えています。

祖母が語るには、娘、つまり子供の母親は浙江省で知り合った男性と結婚、男児一人に女児ひとりを産み、現在祖母が二人の面倒を見ているそうです。祖母と娘は先天母斑だとし、あまり気にかけてないそうですが、心配しているのは娘の父親。ただし大きな病院で診てもらいたくても余裕がありません。また、先に生まれた男児にも小さな母斑が顔にあるそうですが、体にはないそうです。
伯父や伯母など一族のなかにも母斑は見られず、ここにきて奇異と感じた家族は、診てくれる医者をさがしています。


「パンダの手」をもつ男の子―先天性巨型色素痣 片腕だけにびっしりと生えた獣毛―9歳の女児

Tags : 色素痣 | 皮膚の疾患 | 貴州省 |

Medical | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。