--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2008.04.10 (Thu)

高層ビルからの女性の飛び降りがつづく中国

80410e.jpg
80410f.jpg
80410g.jpg
80410h.jpg

大洋網
昨日夕方、広州市海珠区の新港中路麗影広場で、20代とみられる女性が、ビルの25階屋上から飛び降り、死亡しました。

女性は身元などは不明ですが、目撃者の話によると、2時半ごろにこの場所にあらわれ、下に集まった野次馬たちを煽るかのように屋上の手すりを跨いだりしていたといいます。
駆けつけた警官らは女性の説得をはじめ、救急車が現場に待機、下には救命クッションが敷きつめられましたが、女性は説得には耳を貸さず、携帯をしっかりと握りしめたままで、5時5分、とつぜん手足を大の字に広げて飛び降りました。

人々のあいだから悲鳴があがるなか、女性は落下中に逆さとなり、6階部分の張り出しに足をぶつけて両脚を膝から断裂。上着は脱げ、そのまま救命クッションの上に落ちましたが、全身骨折および内臓破裂で即死でした。

携帯は地面に着くまで放さず、説得にあたった婦警は、すこしアルコールが入っていたようだったと話しています。なお女性が飛び降りてから地面に届くまでは4秒、と元記事には記されています。連日の女性の飛び降りですが、画像のない記事もあわせると、ここのところポータルに載る分だけでも一日二、三件。週で二十件近くにもなるでしょうか。理由は先生に怒られたから、失恋など。若い世代が自信をなくしているのは世界的な傾向なのかもしれません。


オープンしたばかりのホテルから、全裸の女性が飛び降り自殺

Tags : 飛び降り、転落 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2008.04.06 (Sun)

広州の高層アパート、半裸の女性の死体が宙吊りに

80406f.jpg

南方網
高層アパートの中空で、梁にぶら下がったまま死亡している半裸の女性が見つかりました。

女性が死んでいたのは、広州市越秀区東風広場にある高層アパートで、11階と12階のあいだの梁にぶら下がるような格好で死亡しており、5日午前7時頃、目撃した住民らによって警察に届けられました。
女性は20歳代、ピンクの下着だけをつけた半裸で、駆けつけた消防隊によって13階の窓から竹竿に縄を括りつけたもので女性の腰を保持、下におろされました(上画像)。

現在、警察では女性の身元および女性が落ちた原因などを調べていますが、午前3時頃、30階附近の部屋で言い争う男女の声が聞こえたという住民らの証言があり、また保安の証言などから、女性と明け方近くに同アパートを訪れた3人の男の行方を捜しているとのことです。


洗濯物を取り込もうとして8階ベランダから墜落、鉄筋に串刺しになった女性
10階建ての病棟から飛び降り自殺した女性
判決に不服、裁判所の宿舎から裸で飛び降りようとした女
見上げれば若い女性の飛び降り自殺?の死体が天蓋に(ショッキング画像注意)


80415k.jpg追記 : その後の調べで死亡したのは、河南省洛陽に籍がある譚静さん(24歳)であることがわかりました。

譚静さんの血液から検出されたアルコール濃度がきわめて高かったこと、3人連れはいずれも韓国人で、彼女の仕事仲間であったこと、譚静さんに交接の痕が見られなかったことから、警察では自殺と判断した模様です。

なお譚静さんは、モデルから役者の道を歩んでいましたが、このところ仕事がうまくいっておらず、月収8000元という稼ぎにも不満をもっていたようです。

Tags : 飛び降り、転落 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2008.02.27 (Wed)

盗んだブラに携帯の番号を記して持ち主に返した男

80227a.jpg

南方網
干しておいたブラや下着を盗まれた女性のもとに、携帯の番号と「ここに電話して」とメッセージを記したブラが届くというできごとがありました。

女性はシンセンの羅湖区桂園路のアパートに住む李さん(20歳)で、自宅から近い東門の繁華街でアクセサリーなどを売るのが仕事。その李さんが初めて下着の盗難にあったのは昨年末のことでした。夜半、部屋の外に洗って干しておいたブラやショーツが何者かによって持ち去られたのです。
翌週にもショーツを盗まれた李さんは、春節の帰郷をはさんで一昨日まで、都合4度も盗難にあい、さすがに頭を抱え込んでいたところで昨日、扉の前に盗まれたブラが落ちているのを見つけました。
李さんが拾い上げると、ワイヤーが変形し、新品だったブラは見るも無惨な有様。そのうえパッドの裏には何やら文字が書いてあります。記されていたのは携帯の番号、および「MM来電♡(綺麗なおねえさん、ここに電話して♡)」との文句。

盗まれたことへの怒りがストーカーの恐怖と変わった李さんは、現在真剣に引っ越しを計画中。それにしても李さんがなぜか警察には届けず、新聞社に届け出たために携帯の番号は全国に晒され、はたまたウチのようなサイト経由で日本にまで晒されるという暗愚。ちなみに南方網の記者はこの番号に6回ほど掛けたそうですが、いずれも繋がらなかったそうです。


惚れた患者に縫合糸で自分の名前と電話番号を刻んだ女医

Tags : 広東省 | 中国 |

Weird News | EDIT

2007.11.23 (Fri)

按摩小姐の健康診断で、その8割が性病持ちと判明

71123g.jpg羊城晩報
広東省の省都、広州のサウナ店で、異性按摩に携わる女性130名の健康診断を行ったところ、その8割、100名が何らかの性病に罹っていることがわかり、検査をおこなった医師ばかりでなく、これまでに広州でサウナを利用していた男性を戦慄させています。

このサウナ店は、広州のとある大きな店で、支配人が越秀区にある病院に、同サウナで働く按摩小姐130名の健康診断を依頼。仕事柄、性病と婦人病を重点的に検査させたものです。

健診は二日間にわたって行われ、受診者はいずれも二十代の女性。初日に60名、二日目に70名と分けて検査をおこなったとのことですが、うちどの性病検査にも引っかからなかった女性は僅かに30名足らず。
あとは梅毒、淋病、非淋菌性尿道炎、尖鋭湿疣(性器いぼ)、生殖器疱疹(性器ヘルペス)、軟下疳(軟性下疳)、性病性淋巴肉芽腫(鼠径リンパ肉芽腫)などに罹患し、なかでも入院加療を要する女性が10余名いたということです。

知識のなさからか、女性たちは自分が性病に罹ったことすら知らぬ者も多く、また広州ではこうした桑拿(サウナ)、洗浴(マッサージ)、夜総会(ナイトクラブ)で働く女性は万といても、経営側は設け主義で従業員の健康にほとんど無関心のため、少なくとも半年に一回は自分で検査を受けるよう医師は提言しています。
また、コンドーム設置を「売春の放任」とは捉えず、現状に則して配布すべきで、広州は北京を学ぶべきとの意見も出ています。

とまあ、装弾数5発のリボルバーに4発弾を込めてロシアンルーレットをやってみたいという向きは、どぞ広州へ。

Tags : 中国、台湾の風俗、売春 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.08.25 (Sat)

轢断した死体を列車前部に貼りつかせたまま、駅に入ってきた列車

70825h.jpg東方網
広州―シンセン間を運行する列車が、人を轢き、轢断した死体の上半身を列車前部に貼りつかせたまま次の停車駅まで走っていたことがわかりました。

この列車は今年2月より広州―シンセン間で運行が開始された高速列車「快馬CRH」で、22日午前8時25分に広州東駅を出た後、9時5分に東莞駅に至るあいだに線路内にいた男性を轢いたらしく、東莞駅のプラットホームで改装工事をおこなっていた作業員、王さんの話によるとはいってきた列車の車輌前部のスカートは血でまみれ、また左肩から斜めに断裁された男性の上半身がスカートに貼りついていたといいます。

70825i.jpgこの「快馬CRH」は今年2月より鳴り物入りで広州―シンセン間に運行が開始された高速列車(右画像)で最高速度は250km/h。事故があった茶山付近は通常180km/hで走行していました。

乗務員の話によると金網で覆われている軌道内に人がいるのを発見、警笛を発したということですが、停車しなかったのは後続の列車の運行に支障が出るからとのこと。衝撃は感じられなかったそうです。事実、列車が入ってくるなりホームは一時封鎖され、男性の遺体処理後、10分後の9時15分には東莞駅を出発しました。
男性は中年で動機は自殺とみられています。列車は東莞駅での停車が長びいた理由として、乗客には赤信号のためとアナウンスしていました。
「快馬CRH」による広州―シンセン線は開業してから、これで人身事故は3件目。死者は4人目となりました。

Tags : アクシデント | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.08.25 (Sat)

男たち70名がミネラルウォーターをぶちまけ、ネットカフェを破壊

70825c.jpg

―羊城晩報―
オープンして一時間のネットカフェを、70名を越す男たちが乗っ取り、150台あったPCにミネラルウォーターをかけるなどして破損、監視カメラなどを破壊した後、服から取りだした棒棒糖(ペロペロキャンデー)を置いて帰るという事件がありました。

事件が起こったのは広東省シンセン龍岡区金沙市場に、21日、新しくオープンしたネットカフェで、目撃者の証言によると同日夕方6時半に店が開業してから一時間後の7時40分頃、それぞれミネラルウォーターを手にした70名を越す男たちが突如として来店。「ここは予約済みだ」と大声を発し、店内にいた40名ほどの客を追い出し席につくと、ミネラルウォーターのキャップを外し、モニターやキーボードなどに中身をぶちまけて破損しました。

男たちはなおもタバコの吸い殻などを筐体に押しつけ、監視カメラを破壊するなどして暴れ、150台あったPCを壊すとめいめい服から取りだした棒棒糖を置いて帰ったということです。

店側の被害は80万元。男たちが何者なのかはわかっていません。警察では捜査本部をたちあげ、現在男たちの捜索にあたっています。

Tags : ネットカフェ | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.08.22 (Wed)

でこぼこ頭の父――自分の頭蓋をアルコール漬けにし食器棚に(1)

70823e.jpg

―大洋網―
画像の男性は王睦泅さん(52歳)。広東省汕頭市澄海区に住むごく普通の村人です。
毎晩彼は眠りに就く前に食器棚に置いてある瓶を手にとり、じっと眺めます。広口の瓶には黄色い液体。そしてそのなかにはゆらゆらと白い骨片が漂っています。この骨片は王さんの頭蓋骨なのです。

2004年5月。雑貨屋を営んでいた王さんの家に強盗がはいりました。五月の爽やかな風が舞うなかでうとうとと居眠りをしていた王さんがはっと目を醒ましたときには、値打ちのある品々はあらかた持ち去られ、人相の悪い男たちばかりが数人、凶器を携えて王さんを伺っていたそうです。あわてて男たちに取りすがった王さんでしたが、頭を殴られ、そのまま人事不省となりました。

帰宅した家族が王さんを病院に運びます。診断の結果は脳腫瘍でした。脳底内に血腫、また左硬膜下にも血腫ができ、頭皮には裂傷がありました。頭蓋内の血餅を除去する手術が行われ、王さんは命長らえました。
いま、毎晩王さんが飽かず眺めているのはこのときに開けた頭蓋なのです。

手術を終えた王さんは順調な回復をみせましたが、いかんせんお金がありません。病院からの催促にも借金の目処をつけるにも疲れ果てた王さん一家は、病院から言いわたされた期限で退院させることにしました。頭蓋は王さんの手許に残されたままです。もう一度頭皮を切りひらいてそれを頭に入れるにはあと、3、4万元必要だったのです。
王さんは、家に持ち帰った頭蓋骨をアルコールに浸し、食器棚に起きました。アルコールに漬けておけば消毒になる。そう思ったからでした。

7月の最後の日の夕方。王さんは中庭の日だまりのなかで小さな腰掛けに座っていました。口を結んだまま、じっと佇む王さんに幾分涼しくなった風がそよぎます。それでも短パン一丁の王さんの体にはうっすらと汗が滲んだままです。
自分のことすらなかなかできない王さんは、こうして昼はプラスチックの腰掛けを尻に敷いたまま、できるだけ家から離れて過ごすことを覚えました。家族に面倒をかけまいとの想い。
静かな中庭でひとり過ごす王さんの趣味は竹製の蠅叩きで蠅を追うことです。時折の王さんの動きを除いて、ときは静かに静かに流れていきます。

Tags : 開頭手術 | 頭蓋・顔面の疾患 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.08.22 (Wed)

でこぼこ頭の父――自分の頭蓋をアルコール漬けにし食器棚に(2)


中国で大反響を呼んだ記事の続きです。

王さんは子供の頃、小児麻痺をこじらせたために下肢に障害を負っていました。しかし努力の人だった王さんは、高校中退後、商売を覚え、タバコ、豆乳、唐黍などを売りながら、両親と四人の妹、一人の弟を成人させるまで家を支えたのです。
しかしそれからも苦労の連続でした。下肢が不自由だからと嫁をもらうことを諦め、それでいて37歳のときには女児を一人引き取って育ててきました。ガス爆発で家が全壊したこともありました。そんななかで雑貨屋をひらいたのは、「娘」のためでもあったのです。

努力は無駄ではありませんでした。育ての親、王さんの苦労を見て育った「娘」は、夏休みにはアルバイトで金を稼ぎ、生活の足しにと差し出したそうです。わたしは年相応の責任を担うつもりです。どんな苦労も厭いません。娘は16歳にして立派な女性に育ちました。


記者は汕頭大学附属第二病院脳外科に訊ねてみました。
それによると、もちろんそういった状況ならば頭蓋は早く嵌めたほうがいい。
しかし記者がアルコール漬けの頭蓋のことを話すと、さすがにそれは使いものにはならないそうです。合金、あるいは有機ガラスなどで代替するほかはないだろうとの答えでした。

王さんの「娘」、王曉鸞さんのノートにはこんな書き付けがありました。

題 : でこぼこ頭の父

小さい時 : 小児麻痺を患って、下半身不随になる。

小学校 : 杖をついて学校に通い、成績は良かったものの学友のいじめを受ける。

17歳 : 父の高一。家にはお金がなく、中退して家族を養いはじめる。

40歳 : ガス爆発で家がぺしゃんこになる。家族の火傷を治療するため、山のような借金に追われる。

47歳 : わたしの通っていた小学校の近くに雑貨屋をオープンした。

49歳 : 雑貨屋に強盗が入り、打たれた父は重傷となる。

52歳 : 頭蓋骨はまだ詰めていない。働くことができない。

Tags : 開頭手術 | 頭蓋・顔面の疾患 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.08.13 (Mon)

賭け事をやめない夫に腹をたて、金槌で殴った末にペニスを切断した妻

70813i.jpg広州日報
賭け事をやめない夫に腹を立て、夫の頭を金槌で殴ったすえにペニスを切断した妻が起訴されました。

起訴されたのは、広東省河源市竜川県の農家に住む(40歳)で、警察の調べによるとは今年5月21日、同県の竜潭発電所建設現場で働く夫、曾が仕事帰りに賭け事をしていたことを知り、口論となりました。

夫婦はこの建設現場の寮に居住。しかしながら曾のギャンブル好きに閉口したは、二度と賭け事をしないと誓約書を夫に書かせており、その戒めを破ったことからの怒りは醒めやらず、また夫の過去の女癖の悪さも思い出してはキレてしまったようです。

夜がうっすらと明けはじめる午前4時、は熟睡していた曾の頭部を金槌で数度殴り、人事不省となった夫の下腹部から菜刀でペニスを切断し、ごみ箱に棄てました。
騒ぎは壁の薄い寮ゆえ隣人の知るところとなり、修羅場に訪れた隣人の見たものは床の上に昏倒し、下半身を血で染めた曾さんの姿でした。
隣人は呆然としていたを促して、警察と救急車を呼ばせ、曾さんは明け方のうちに搬送されて命だけはとりとめたものの、脳には障害を残したといいます。
故意殺人未遂罪で逮捕されたは、昨日起訴され、現在公判を待っています。

Tags : ペニス | 猟奇 | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.07.24 (Tue)

「活猫水煮―生きた猫の水煮」を食べる(1)

70724h.jpg
―新快報―
中国で猫肉というと、一般には筒井康隆の「乗越し駅の刑罰」のもととなった、挽いた猫肉を団子にして煮る「猫肉丸」が有名ですが、こちらは「猫の水煮」。それも生きたままの猫を煮立った湯に浸けるという「水煮活猫」の調理の過程を、広州の餐館に潜入取材した新快報の記者が伝えています。



中国南部の海浜域。一年を通して寒暖の差は少なく、雨量に恵まれ、山水ゆたかな中国の南の玄関は、内外の文化が融合し中国でも独特な嶺南文化を創り上げました。この文化習俗を受け継いだのが広東です。広東料理というのは雑食、悪食がその大きな部位となっているのは、アジアの食文化の集大成であるからなのかもしれません。(参考 : 「猿の脳みそ」を食べる(1)(2)

広東人は伝統的に猫を食してきました。滋養強壮、通経活絡(経絡の活性化)、消痰などに効果があるという猫肉ですが、広東料理のレシピに猫肉として記載があるわけではありません。
「竜虎斗」―名前のとおり、虎に喩えた猫肉と竜に喩えた蛇肉を葱生姜、サトウキビなどで臭み抜きをして誂えた菜に使われるのですが、その名をみても猫肉が広東人にとっていかに崇拝を受けてきたかがわかろうというものです。

記者はまず猫肉を提供している店を調べようと、広州愛猫網から「竜虎斗」を看板にしている老舗酒楼の名簿を取り寄せました。結構数があります。そのうちの一つ、広州市街の長寿西路にある「蛇餐館」は創業百年の歴史をもつ有名店のようです。ほかにも「頭啖湯」、「知青第一村」など有名店が数多あり。そのうちの一店に問い合わせたところ、「竜虎斗」の値段は150元から380元までとまちまちだそうです。肝心の猫は禽畜批發市場(食肉卸売市場)から取り寄せるということですが、夏場には人気がなく、食して体が温まる冬場に人気となるのだとか。
ところが「竜虎斗」をあたっているうちに、生きた猫を水煮にして食べさせる店があるというとんでもない情報に突き当たりました。さっそく記者は現地に飛びます。

広州番禺区の蓮路から一本奥にはいった小路、ひっそりとした佇まいの「食肆(日本語でいうと「食い道楽」)」というのがその店。
事前に伺ったところ、ここの経営者は「竜虎斗」を調理して二十数年の経験があるというベテランで、猫肉に関してはいわばオーソリティ。その彼がその味を最大限に引き出す調理法が「活猫水煮」だというのです。
表に出ている古びた黒板に、チョークで「猫肉10元/斤、猫脳の30元/斤、猫腸の50元/斤」などと記されているのを見てキュッと胃の縮こまる感覚をおぼえた記者は、勇気を奮って店に入りました。出迎えてくれたのは体格のいい女将。まるで遠来の客と見抜かれているかのようにあたりがやわらかです。

聞くとこの店では猫選びからはじまるのだといいます。猫舎は店の裏、一間ほどの檻のなかに20匹ほどの猫がひしめいているといった案配。記者はここで以前取材した禽畜批發市場を思い出しました。あれと同じ、ほの暗い灯りに照らされた姿かたちも判然としない小さな生き物がひっきりなしに啼き続け、漂うのは糞尿の悪臭。さすがに選びかねていると猫舎に飛び込んだ調理人が、一匹の猫の首根っこをペンチで挟んで出てきました。


「活猫水煮―生きた猫の水煮」を食べる(2)

Tags : 猫肉 | 屠殺 | 広東省 |

weird | EDIT


 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。