--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2008.02.28 (Thu)

女教師をめぐって親友と三角関係に陥った男子学生が、恋敵の親友を殺害

80227g.jpg

南方網
さて二月最後のエントリーは、現在、中国紙で大反響を呼んでいる事件。
一人の女教師をめぐって親友と三角関係に陥った男子学生が、恋敵の親友を殺害してしまったという、どちらかといえば女性読者向きの事件でしょうか。

中国紙では、スウェーデン映画「(あこがれ美しく燃え(Lust och fägring stor―中国では『教室別恋』)や、台湾映画「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」にも喩えられている、青春の絶望と憔悴をそのままあらわしたようなこの事件。かなり長くなると思いますがあえて分けません。どうぞごゆるりと。



孟超は手提げ袋のなかからナイフを取り出すと、かつての親友、何小厳の背中を刺しました。「孟超…」、何はまだ信じられないといった表情で目を見ひらき、ゆっくりと孟の方に向きなおります。孟は無言で何の胸にナイフを突きたてました。足から崩れ落ち、血だまりの廊下に倒れ込む何。
2007年9月27日午後5時。場所は何の家。この日は18歳を迎えた孟超の誕生日の翌日でした。


2006年秋、当時17歳だった孟超は、貴陽六中の文科15班に編入を受けます。担任は張麗。44歳の張麗は国語を受けもち、同僚からの評によると明るく温和な性格、情熱があり面倒見のいい性格だったといいます。張麗は生徒たちからの受けもよく、親身になって悩みを聞いてくれる先生として人気がありました。
張麗のブログによると、生まれは1963年、貴州師範大学の中国語学部を卒業後、貴陽六中に赴任してから班主任(クラス担任)として15年間生徒たちを指導し、学校、そして市からも優秀な教師として表彰を受けたとあります。貴陽六中は貴州省のなかでも有名校。場所が州政府の近くということもあって、多くの役人の子女もここに通っていました。

プライベートでは、27歳に結婚、32歳で離婚を経験し、前夫との間には息子が一人。その息子は学校の寮で自活しています。その後、高校時代の男友だちと同居をはじめ、こちらとは5年を経て入籍。しかしながら新しい夫は仕事の関係で月に5日ほどしか家に帰らず、張麗は新居を構えることもなく寮に居続けました。
彼女が家庭作りというものにそれほど熱心でなかったのは、帰宅するたびの夫との諍い、ここ数年は夫が帰ってきても夫婦としての営みは全くなかったということと、夫の連れ子を義母に預けたままでずるずると時が過ぎてしまったこと、なんにしても月にわずか5日しか顔を合わせなければ、この5日のために装う気持ちがいずれ義務となり、やがては苦痛となり、後に孟超には夫をただの男友だちだと紹介したのも宜ならずといったところかもしれません。

Tags : 女教師 | 貴州省 | 中国 |

Weird News | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。