2007.08.20 (Mon)

ネトゲで自キャラを殺されたことに腹をたて、現実に相手を殺害した男

70820c.jpg長江商報
オンラインゲームで自分のキャラが何度も殺害されたのに腹を立て、IPから相手の居場所を割り出し、現実に殺害してしまった事件の一審判決で、武漢市中級法院は殺害に加わった男5人に対し、最高で懲役15年の刑をいいわたしました。

「伝奇事件」と称されたこの事件は、2005年1月に起こったもので、当時漢口のネットカフェで、人気オンラインゲームの「伝奇」をプレイしていた余(現在逃走中)は、「我是誰」のハンドルをもつ相手のキャラと一騎打ちをし、敗れて殺されたことからはじまりました。
余は明くる日、また別のキャラで「伝奇」にアクセスしましたが、ふたたび「我是誰」のキャラと遭遇。再度の果たし合いの結果、瞬殺。
これに頭にきたのか、余はIPをたどって、「我是誰」が漢口礼門のネットカフェからアクセスしていると推測。翌日午前1時、仲間10人を連れ当のネットカフェに訪れたところ、偶然にも目の前で「伝奇」をプレイしていた李さんが「我是誰」のハンドルを使っていたところから、見つけたとばかりに殴りかかりました。

このネットカフェには李さんを知っている人も多くおり、双方のあいだで悶着が起きましたが、結局は外に逃げ出した李さんが余の仲間である陳に持っていたナイフで脇腹を刺され、出血性ショックで死亡したものです。なお、李さんを刺した陳は、店内での争いの際に李さんにサイダー瓶で頭を殴られていました。

事件に関わった余とその仲間11名のうち、逮捕されたのは5名。余を含む残る6名は現在も逃走中ですが、この逮捕された陳以下5名に対して武漢市中級法院は、3年から15年の懲役をいいわたしました。また李さんの家族には15万元の慰謝料を払うよう命じています。

警察の調べによると、余は26歳の漢川籍。「伝奇」にハマってからは数ヶ月の間、ネットカフェに昼夜を問わず通い続け、自分のキャラを「60級」まで成長させていたといいます。
武漢に来た当初はアルバイトなどで生活をしていましたが、やがて髮廊(ヘアーサロン―風俗床屋)の地回りなどで金を得、過去に数度、告発を受けていました。

Tags : ネットカフェ | 殺人 | 天津市 |

Weird News | EDIT

2007.08.20 (Mon)

女の窃盗犯が、追っ手をくらまそうと幽霊のふり

70820e.jpg毎日新報
団地に盗みにはいった女の窃盗犯が、追っ手をくらまそうと幽霊に扮して警官らを脅すという事件がありました。

事件は一昨日の深夜におこったもので、天津市寧河分局鎮北署の警官が付近をパトロール中、団地の路肩に停めてあった見馴れない赤の夏利(ダイハツ・シャレード)がいきなり発進、スピードをあげて現場から立ち去ったのを見たそうです。

不穏を感じた警官は団地内を捜索。ねじまわしなどの工具が床に落ちているのを発見。警官をみてあわてて走り去った夏利の様子から、窃盗犯がこの団地に侵入、盗みを行おうとしていたと推測し、署に連絡して現場付近を警戒するよう手配しました。
この団地のロケーションといえば、辺鄙を絵に描いたような場所。だだっ広い荒れ地に団地がぽつんと建っているのみで、周りには大きな墓場が一箇所あるだけ。赤の夏利を目印にすれば、おのずと網も狭まってこようというもの。

果たして、墓場近くを捜索していた警官の耳にひたひたと足音が届きました。闇のなかにぼうっと浮かぶのは黒っぽい上衣の痩せた人影。手には電動車(電動バイク)のバッテリーのようなものを二つ提げています。しかし人影も警官の存在に気づいたのか、バッテリーを投げ出して向こうの方角に走り去ってしまいました。
容疑者を発見したとの報があたりの警官たちに届き、墓場の捜索がはじまりました。鬱蒼と茂る草いきれにときおり聞こえる虫の音。警官らは汗だくになって墓の陰などを懐中電灯で照らしながら捜索にあたりましたが、行方はなかなか掴めません。
そのなかで、とある警官が目の前でじっとしゃがんでいる人影を見つけました。

「そこにいるのは誰かね? 警察の者だ。 出てきなさい」。警官がなかば震える声で人影に問うと人影は答えました。
「うん? 好みのタイプね。こっちにいらっしゃいよ」。全身黒ずくめ。痩せた人影は女性でした。ごくりと唾を飲み込んだ警官は引きつった声で訊ねます。「われわれは人民警察です。あなたはどなたですか?」懐中電灯で照らした容姿は30前後。しかし顔をよく見ようと光を顔に当てた途端、女性はその場に倒れました。あわてて駆け寄って抱き起こした警官の腕のなかで、女性は目を激しく瞬きました。
「え、あ? ここはどこ? あ、わかった。また「母」が乗り移っていたんだわ。ねえ聞いて。あたしの母親はこうやってあたしによく乗り移るのよ。きっと自分の墓に墓参りさせるためだわ。それにそれと…」
事態を飲み込んだ警官は頭を振って女性を署に連行しました。

女性はすべてを自供しました。また背の高い草むらから赤の夏利も見つかりました。
女性の名は張暁麗。現場には下見をしたうえで犯行に及んだそうで、現場に工具を残して逃げたのは、それによって警官の注意をそちらに引きつけ、逃げる時間を稼ごうと思ったとのこと。しかし思いのほか早く手がまわり、幽霊に扮したのは女性にしても窮余の一策だったようです。

Tags : 中国市井百態 | 天津市 |

funny | EDIT


 | HOME |