--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2007.08.28 (Tue)

ネットカフェで裸でライブチャットしていた夫の手を包丁で切断した妻

70828f.jpg重慶晩報
ネットで遊ばないと妻に誓った男性が、ネットカフェで上半身裸になりライブチャット、店に乗り込んできた妻に包丁で右手を切断された事件で、21日、成都市温江区検察院は妻の何靈を故意傷害罪で起訴しました。

この事件は2006年7月7日におこったもので、早朝4時、成都市のネットカフェでライブチャットを愉しんでいた江明さん(現23歳)がマウスにかけていた右手を後ろから包丁をもって突進してきた妻の何靈に一刀のもと、叩き切られたというもの。

温江区で調理師として働いていた江明さんと何靈が結婚したのは二年前でした。子供もでき、当時七ヶ月。二人は暇なときにはよくカップルでネットカフェを利用していたといいますが、子供ができてからは妻の何靈が育児に追われるいっぽうで、夫の江明さんは相変わらず給料をつぎこみ、ネットカフェに通い続けたそうです。
しかし江明さんが当時ハマっていたのは、モニター越しに男女が裸になって向かい合うライブチャット。夫の帰りが遅くなるたびにネットカフェに訪れては上半身裸の夫を見つけて怒りに震えた何靈は、夫に「二度とネットでは遊ばない、もし次回ネットに繋いだら手首を切る」と誓約書を書かせていたといいます。

妻に包丁で叩き切られた夫の手は下に落ち、切断面から噴出した血がモニターを真っ赤に染めたとき、何靈の頭は空白だったといいます。間もなく夫のあげた叫び声で我に返った何靈は、床に落ちた手を拾い、震えのとまらない夫に肩をかしてネットカフェを出、タクシーで病院に向かいました。
最初に病院では応急処置のみ。朝方になって成都軍区総病院に搬送された江明さんでしたが、落とされた手首は繋がったものの麻痺。指を動かすことなどは出来なくなったそうです。

なお何靈は8日の朝、病院からそのまま警察に向かい自首しています。逮捕されましたが、夫の「自分が誓約をやぶった罰だ。妻は悪くない」という嘆願と、一歳に充たない子供の世話という観点から保釈。以来家のなかでは夫の代わりに力仕事などをこなし、江明さんには毎日マッサージを施してリハビリに努めていたといいます。

何靈の裁判は27日からおこなわれますが、こういった事情から刑は軽いものとなりそうとのことです。

Tags : ネットカフェ | 四川省 |

Weird News | EDIT

2007.08.25 (Sat)

男たち70名がミネラルウォーターをぶちまけ、ネットカフェを破壊

70825c.jpg

―羊城晩報―
オープンして一時間のネットカフェを、70名を越す男たちが乗っ取り、150台あったPCにミネラルウォーターをかけるなどして破損、監視カメラなどを破壊した後、服から取りだした棒棒糖(ペロペロキャンデー)を置いて帰るという事件がありました。

事件が起こったのは広東省シンセン龍岡区金沙市場に、21日、新しくオープンしたネットカフェで、目撃者の証言によると同日夕方6時半に店が開業してから一時間後の7時40分頃、それぞれミネラルウォーターを手にした70名を越す男たちが突如として来店。「ここは予約済みだ」と大声を発し、店内にいた40名ほどの客を追い出し席につくと、ミネラルウォーターのキャップを外し、モニターやキーボードなどに中身をぶちまけて破損しました。

男たちはなおもタバコの吸い殻などを筐体に押しつけ、監視カメラを破壊するなどして暴れ、150台あったPCを壊すとめいめい服から取りだした棒棒糖を置いて帰ったということです。

店側の被害は80万元。男たちが何者なのかはわかっていません。警察では捜査本部をたちあげ、現在男たちの捜索にあたっています。

Tags : ネットカフェ | 広東省 |

Weird News | EDIT

2007.08.20 (Mon)

ネトゲで自キャラを殺されたことに腹をたて、現実に相手を殺害した男

70820c.jpg長江商報
オンラインゲームで自分のキャラが何度も殺害されたのに腹を立て、IPから相手の居場所を割り出し、現実に殺害してしまった事件の一審判決で、武漢市中級法院は殺害に加わった男5人に対し、最高で懲役15年の刑をいいわたしました。

「伝奇事件」と称されたこの事件は、2005年1月に起こったもので、当時漢口のネットカフェで、人気オンラインゲームの「伝奇」をプレイしていた余(現在逃走中)は、「我是誰」のハンドルをもつ相手のキャラと一騎打ちをし、敗れて殺されたことからはじまりました。
余は明くる日、また別のキャラで「伝奇」にアクセスしましたが、ふたたび「我是誰」のキャラと遭遇。再度の果たし合いの結果、瞬殺。
これに頭にきたのか、余はIPをたどって、「我是誰」が漢口礼門のネットカフェからアクセスしていると推測。翌日午前1時、仲間10人を連れ当のネットカフェに訪れたところ、偶然にも目の前で「伝奇」をプレイしていた李さんが「我是誰」のハンドルを使っていたところから、見つけたとばかりに殴りかかりました。

このネットカフェには李さんを知っている人も多くおり、双方のあいだで悶着が起きましたが、結局は外に逃げ出した李さんが余の仲間である陳に持っていたナイフで脇腹を刺され、出血性ショックで死亡したものです。なお、李さんを刺した陳は、店内での争いの際に李さんにサイダー瓶で頭を殴られていました。

事件に関わった余とその仲間11名のうち、逮捕されたのは5名。余を含む残る6名は現在も逃走中ですが、この逮捕された陳以下5名に対して武漢市中級法院は、3年から15年の懲役をいいわたしました。また李さんの家族には15万元の慰謝料を払うよう命じています。

警察の調べによると、余は26歳の漢川籍。「伝奇」にハマってからは数ヶ月の間、ネットカフェに昼夜を問わず通い続け、自分のキャラを「60級」まで成長させていたといいます。
武漢に来た当初はアルバイトなどで生活をしていましたが、やがて髮廊(ヘアーサロン―風俗床屋)の地回りなどで金を得、過去に数度、告発を受けていました。

Tags : ネットカフェ | 殺人 | 天津市 |

Weird News | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。