--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | EDIT

2008.02.21 (Thu)

Jana Horova Nude Around Snow

click!
HQギャラリーはmysteriousgirlさんより。



80221h.jpgDaily Record
こちらは、英デイリーレコード紙の読者相談コーナーより。

Q :
実は体のことで相談があります。僕のペニスなんですが…、あまりにも大きすぎて困っているんです。身長は5フィート8インチ(約172センチ)ですけど、大きすぎて不釣り合いなんです。それのせいかとっても自意識過剰です。

21のときに一度だけ女の子とセックスしたことがあって、その時に壊れちゃったじゃないって叱られました。それからは売春婦専門です。もしペニス縮小が出来るのでしたら教えてください。手術を受けるには外国に行かなければいけないでしょうか?

A :
まず最初にお医者さんによく訊くこと。でもお医者さんは手術についてどうしたらいいかよく教えてくれるかもしれないけど、わたしはあなたの問題は別のところにあると思うの。
いい? 問題はサイズじゃないのよ。女性はいくらでも相手のサイズに適応させることはできるものなのよ。つまりはあなたの彼女を傷つけたっていうのは、あなたのテクニック不足だったんじゃないかしら。そしてそのことが妨げとなって、あなたをノーマルなセックスから遠ざけているのね。

いずれにしてもお医者さんに訊ねれば、相談に乗ってくれると思うわよ。わたしは手術なんかに頼るのは疑問だけど。

Tags : ペニス | イギリス |

babies | EDIT

2007.08.22 (Wed)

自然妊娠による世界最高齢出産記録?―57歳

70822e.jpg
Daily Mail
イギリス各紙が報じていますが、イギリス海峡のチャネル諸島に位置するガーンジー島に住む女性、ドーン・ブルック(Dawn Brooke)さんが、自然妊娠による世界最高齢となる可能性があるということです。

これは今年69歳、来年から老齢年金を受けとる資格を得られるブルックさんが、「子供を静かな環境で成長させるため」、夫のレイモンド・ブルックさん(現74歳)とともに1997年の出産以来10年間にわたって周囲にも隠し続けてきたということのようです。

男の子は1997年8月20日生まれ。ドーンさんはロンドン育ちでしたが夫のレイモンドさんとその数週間前に正式に結婚し、ガーンジー島の病院で帝王切開にて出産しました。一昨日10歳の誕生日を迎えた男の子は現在、ガーンジー島の学校に通っているそうです。

これまでの自然妊娠による世界最高齢の記録は、1956年に57歳で女児を出産したルース・キスラー(Ruth-Kistler)さん。ブラジル女性のマリア・ダ・シルバさん(65歳)と記してあるサイトもありますが、どうやら誤報のようですね。
また、 体外受精による妊娠、出産に至った世界最高齢の女性は、以前紹介したアドリアナ・イリエスクさん(出産当時66歳)でしたが、この記録は2006年12月、スペイン、南アンダルシアに住むカーメラ・ボウサダ(Carmela Bousada)さんに破られました。彼女は67歳の誕生日の一週間前に双子を出産しましたが、体外受精の際には医師に55歳と偽って施術をうけたそうです。
なお、出産の史上最少年齢は、5歳7ヶ月のリナ・メディーナさんです。

Tags : 出産記録 | 出産 | イギリス |

records Guinness | EDIT

2007.08.15 (Wed)

売春取り締まりの婦警が売春婦にとらばーゆ

70815c.jpgSundayMirror
売春婦の取り締まりなどをおこなっていた元婦警が、第二の人生を逆に売春婦として歩みはじめました。

この女性は、自称、デンマーク女優ブリジッド・ニールセン似のジュリア・スタージョン(45歳)で、現在娼婦としての営業こなし、注文があれば婦警のコスプレも披露するということです。
情報を得たサンデーミラー紙の記者は、さっそく彼女のサイトから携帯し、ロンドンにあるホテルのバーで落ちあう予定をとりつけました。

バーにあらわれた彼女は、記者が手渡した280ポンドのお金を受けとるとシャンパンを二杯あおいで記者を部屋に促します。部屋にはいるとさっさと服を脱ぎ、白いGストだけの姿でベッドに寝ころびました。記者はそれとなく彼女に身の上を訊ねます。現在二児の母だというスタージョンは経緯を語りはじめました。
「チェルシーのワーリントンで研修を受けた後に、二年半ばかりノースアンバーランドの婦警として働いたわ。私服でね。…合わなかったのよ。若い子たちは制服のもたらす力ってものに酔ってたわ。制服を着たとたんに威張りだす奴らも散々見てきたし。そういうのが厭だったってワケ」

しかしながら、スタージョンのサイトには、こううたってもあるのです。
「夜通しナースに看病されたい? それとも婦警に拉致されてベッドの上で手錠をかけられるってのはどうかしら」
そのスタージョンが、記者の目の前で半裸の肢体をくねらせながら、ハスキーボイスでこう囁きます。抱かれたいの。抱いてよ。記者は言い訳をして中座しました。

部屋をいっしょに出たスタージョンはこうも語りました。
「生活のためにやってるのよ。辛うじてサイトを立ち上げて、なんとかまわってる。婦警に戻ろうかと考えたこともあったけどね。いまはこっちの仕事のほうが楽しいわ」

Tags : 世界の風俗、売春 | イギリス |

Weird News | EDIT

2007.08.10 (Fri)

病院での性転換手術を待ちきれず、自分でペニスを切断した男性

70810a.jpgSun
性転換手術をしようとして、NHS(National Health Service : イギリスの保健医療サービス、健保加入者には原則的に医療費無料)に二年待ちと告げられた42歳の男性が、待ちきれず、自宅で自らのペニスを切り落としました。

この男性は、英プレッチリーに住むハワード・シェリーさん。大工の棟梁として働くハワードさんは既婚、二人の子供のパパでもあったそうですが、長年性同一性障害に悩んできたというハワードさんがいったん心を決めてからは行動も早かったようです。
「これまでずっと男性の肉体のなかで悲鳴をあげている僕がいたんだ。そこでNHSで訊いてみたら手術は二年待ちという返事。途端に待ちきれなくなったよ。僕はいったんなにかをしようと決めたらすぐに行動するタイプ。で、それなら自分で(性転換手術を)やってみようと思いついたんだ」

それからはネットで「自分でペニスを切断する方法(DIY-castration あるいは self-castration)」について調べる日々。やがて決心したハワードさんは妻のジャネットさんが外出したのを見計らって、「手術」をはじめました。
「まずはキッチンナイフの消毒、殺菌。それを終えたらペニスに輪ゴムを巻いて、しっかり止血したよ。ナイフを入れ、すべて切り終えるには6分かかった。痛みは半端じゃなかった。でもその激痛のなかで、途中で止める気にはならなかった」
こう語るハワードさんは、切断後、これで身も心も女性になったと感じたそうです。

切断したペニスと睾丸を布に包んでごみ箱に投げ入れたハワードさんは、車で5マイル先のストーク・マンデビル病院(Stoke Mandeville Hospital)に向かいました。そこで事情を話し、手当を受け、三日の後に退院となります。しかし妻のジャネットさんは家を出ていきました。
「ハワードのことはまだ愛しているわ。でもああいう極端な行動に走ったことが許せなかったのよ」

ハワードさんは現在、女性ホルモンを摂取しながら、タイで膣造成術を受けるためにお金を貯めているということです。


男性から女性への性転換手術

Tags : ペニス | 性転換 | 自傷 | イギリス |

Weird News | EDIT

2007.08.03 (Fri)

ティーンの少女7人に監禁、暴行。セックスを無理強いさせられた17歳の少年

BBC
17歳の少年が、同じく十代の少女数名に監禁され、殴る蹴るなどの暴行を受けた末にセックスを無理強いさせられ、その模様を携帯で撮影されるという事件の初公判が、英ロンドンの刑事裁判所でひらかれました。

陳述によると、事件は昨年の3月8日に起こったもので、被害者の少年(現在は18歳)が加害者の少女にお金を借りていたことが拉致監禁、暴行のきっかけになったといいます。
借金のことで詰め寄られた少年は、まずは少女の言われるままにロンドンのサウスイースト、ウールウィッチ街区にある建物の一室に連れ込まれました。部屋にいたのは16から17歳の少女7名。ここで少年は少女らから壊れた箒の柄などでさんざいたぶり、打ちすえられます。結果、少年は打撲による腎損傷。その後服を脱ぐよう命じられた少年は、少女の一人とセックスするよう強いられ、その様子を携帯におさめられました。

少女たちは少年を都合3時間半にわたって監禁、暴行をおこない、少年が所持していた携帯、クレジットカード、オイスターカード(日本でいうSuica)、現金などを奪い、少年を解放。その後少年は現場から999(日本でいう119番)にかけたそうですが繋がらず、結局暴行があった事実を警察に通報したのは、事件後数週間たってからのことでした。

「女の子が僕をつかまえてこう言ったんです。『こいつがさあ、あたしから金借りて返さないんだよね』。そしたら女の子みんなで殴りかかってきて…。みんな太い声で…まるでハイエナみたいに吠えてました」
法廷でこう宣った少年は、最初警察に通報した時には男性の4人組に襲われたと話していたそうです。

Tags : 性的虐待 | 強姦 | イギリス |

Weird News | EDIT

2006.12.13 (Wed)

イギリスで売春婦ばかり5人の全裸死体が発見される

click!
―Mirror.co.uk―
英サフォーク州イプスウィッチで、わずか11日の間に売春婦ばかり5人の全裸死体が発見され、19世紀末に世間を騒がせた 「切り裂きジャック」 の再来かと市民の恐怖を募らせています。

事件は今月初めにイプスウィッチ郊外の森や小川などで次々と見つかった3人の他殺体に類似した点があったため、ひき続き警察が捜査を続けていたところ、12日、同所で2名の死体が新たに見つかったもの。
被害者女性は、右からタニア・ニコルさん(19歳)。 市郊外の団地で母や兄弟とともに住み、肩までのブラウンヘアーにスリムな体躯の彼女は、10月30日に家族から失踪届が出されていました。 遺体は8日、沼地で見つかり、全裸。 近所の評判では、礼儀正しく言葉遣いの丁寧な女性で、売春を生業としていることは知られていませんでした。

右中はポーラ・クレンネルさん(24歳)。 遺体は12日、レヴィントンで見つかりました。 3人の子の母親でもある彼女は、家を出てからイプスウィッチ周辺に数室の部屋を借りて生活していたそうです。 警察から連絡がとどいた父親は、娘が売春して暮らしていることは知らなかったといいます。 彼女は友人でもあるゲンマさんの遺体が見つかったときにテレビ局のインタビューに応じています。

左中は、アネット・ニコールさん(29歳)。 12日、クレンネルさんと同じくレヴィントンで遺体が見つかった彼女は、最初に3名の死体が見つかった後で失踪届が出されました。

左は、ゲンマ・アダムスさん(25歳)。 最初に遺体が見つかったのが彼女です。 先月14日に失踪届が出され、今月2日に遺体が水路で発見。 18の頃にヘロインに手を出し、家を出て彼氏と同棲する傍ら、薬代を稼ぐために売春をはじめたようです。

61213d.jpg右は、アンネリ・オルタードンさん(24歳)。 森で全裸の遺体が発見されました。 警察の話では住所不定、両親はコメントを拒んでいるようです。

検死に付された死因はまだ特定できていないようですが、いずれも窒息死との情報があり、また遺体はどれも全裸ながら、乱暴された跡はないようで、被害者女性たちの遺留品は見つかっていません。
警察では、現地で過去に性犯罪履歴をもつ男性、400名をリストアップしました。 しかしながら、女性たちの遺体が埋められるなど隠されることもなく、そのままに放置されているところから、警察に対して恨みをもつ者の犯行または挑発とも見ているようです。 またいっぽうで、現地に土地勘のない港湾労働者などをあたっているとの情報もあります。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : シリアルキラー、猟奇殺人 | 世界の風俗、売春 | イギリス |

Weird News | EDIT

2006.02.24 (Fri)

英国売春事情

click!当局の発表によると、スコットランドでは約6,000人の女性が、不当に扱われて売春を強いられているのだそうです。

サウナやマッサージ・パーラーで体を売る約7,000人の娼婦、うち八割の女性は東欧、バルト海沿岸のリトアニア、エストニア、ラトビアなどからウェイトレスあるいは掃除婦として連れてこられたもの。
介在するのは東欧の暴力組織で、まずは女性たちを英国に入国させ、売春婦に仕立てるためにパスポートを取得させます。

大半は処女のうちに連れてこられた女性は、ここで怯えるままに一日60人を超える男性にレイプされ、逃げ出す気力を一気に失くさせられてしまいます。 彼女たちを脅かすものは暴行ばかりとは限りません。 逃げ出せば故郷に住む家族を死に至らしめるという脅しも背負わさせます。 売春婦に仕立てられると、東欧の暴力組織から英国地元の暴力組織へと商品のように売られるのです。

こうした女性たちは、街娼として立つことはありません。 監視の行き届くサウナなど室内にて長時間働かされ、表に出ることも滅多に許されません。
英国では、ここ二、三年で、マッサージ・パーラーやサウナで売春する女性がほとんどこういった他国からの女性に占められるようになったということです。 暴力組織の資金調達の目的でこうした 「性の奴隷」 が増えることは忌まわしいことですが、その他にHIVや肝炎など性に関連した疾病が蔓延する危険もあります。

当局では、対策としてロシア系あるいは東欧からの入国者には、緊急連絡先を記したカードを空港で配りはじめたそうです。
しかし何よりも、こうした女性を買い、セックスを楽しみながら、その金が暴力組織に流れこんでいるなどと理解しない英国人男性が真実を知ることが急務なのかもしれません。

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : 世界の風俗、売春 | イギリス |

Weird News | EDIT

2006.01.28 (Sat)

娼婦にペニスを噛まれた男

click!こちらは客のペニスに噛みついて重傷を負わせた売春婦の裁判です。

事件のあらましは、昨年9月3日のこと、ブレッド・オイリー氏がひと晩の愉しみを求めて、ロンドンのブラウンズウッド・ロードに車をまわしたことから始まります。

オイリー氏が舗道の縁石にそって車を停めると、すぐさま駆け寄ってきたのは、ホルボーンに住む娼婦、ルイーズ・ジョウェット被告(22歳)。 「hello, stranger」と挨拶したというのですから、日本語で 「あ~ら、おにいさん、いらっしゃい」 とでも言ったのでしょう。 検察側によると彼女はオイリー氏を以前から知っていたといいますが、それはそれ。 二人の間で交渉が成立すると、オイリー氏が前金を払って二人はなかよく車に乗り込みました。

行く先は郊外、そこから60マイル(約100km)離れたオイリー氏の自宅です。
途中、ケータイでドラッグを購入したジョウェットとオイリー氏が家に着いたのは午前二時。 彼女がドラッグを使ったあとで二人はシャンパンをあけ、ベッドイン。 まずは第一戦といったところ。
ところが、セックスの最中、ジョウェットが別にお金をねだり、オイリー氏がそれを拒んだところ、いきなりペニスに噛みついてきたのだそう。

噛みついたとはいっても、おそらく口でしながらそのまま歯をたてたのでしょうね。 オレイリー氏は、本人いわく 「言いようのない」 痛みを味わいながら、獣のようなうなり声をあげてペニスに噛みつく彼女の口をなんとかこじあけ、顔をはたいたのか頭を小突いたのか、ともかく手を上げて彼女を打ち、帰したのだそうです。 その後自分で救急車を呼んだのだそうですが、あたり一面血の海。
傷の程度はかいてませんが、千切れたまではいかなくともかなりの重傷だった様子。

と、ここまでは検察ならびにオイリー氏側からの言い分。
ルイーズ・ジョウェット被告はこれら全てを否定。 オイリー氏とはそれまで面識はなく、家には付いていったもののレイプされ、上に乗るよう強いられたので、自分にできることは相手のペニスを噛んで拒むことだけだったと言っているとか。
うーん、午前二時に郊外遠く離れた見知らぬ男性の家でドラッグ&シャンパンねぇ。 ちと苦しい?

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : ペニス | 猟奇 | 世界の風俗、売春 | イギリス |

Weird News | EDIT

2006.01.17 (Tue)

男性から女性への性転換手術

click!【ショッキング画像注意】
男性から女性への性転換手術、男性器をカットして膣造成を行うオペの画像です。

画像の主は英国のハンプシャー州に住むアン・ジェーン・メトカーフさん(40歳)。 男性では現在三万人に一人といわれる性同一性障害だったメカトーフさんは、いちどは結婚して二人の子供がいるそうです。 しかし自分自身のなかで拡がる葛藤に耐えきれず、手術を決意したのが三年前だそう。 その時の画像ですね。

術前に陰茎が小さくみえるのは、あらかじめ乳房の隆起など女らしい体をつくるためにホルモン投与をしていたのかもしれません。 睾丸陰茎ともにカットし、カテーテルをいれて尿道口を確保したあとに、陰茎の皮膚でしょうか、これを袋状にして膣をつくるようですね。 あとは癒着がおこらないよう型枠を填めてと。  画像では確認できませんけれど、現在もっとも進んだ方法では亀頭の一部の神経組織をつかって陰核をつくることも出来るそうです。


性転換した夫が元妻と同性婚 性転換した女性が女性と結婚 性転換と陰核陰茎形成術

テーマ : 海外こぼれ話 - ジャンル : ニュース

Tags : ペニス | ヴァギナ | 性転換 | イギリス |

Medical | EDIT


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。