2014.09.21 (Sun)

more and more (159p)

140920a0.jpg

Tags : Pics | more_and_more |

more and more | (37) comment  EDIT

2014.09.21 (Sun)

「第7回 初めてのボディペインティング」エントリー No.3

140920b0.jpg

さて今年3番目のエントリーにして最終は、白パンダさん。投稿いただいた作品は「金魚すくい」。

130817b.gif

それにしても今年の夏は短かった。週末にでも晴れればたいていは浜で甲羅干ししている筈なのに、今年はお盆前から雨か曇天、よくて薄曇り。花火は台風で中止になるし、夏バテにかかったんだかかからなかったんだかモヤモヤしているうちにすでに宵の秋風。ボッとしてるうちにもうお彼岸。鰹も鰻も高かったし、野菜は今でも高いし、安いのはお米だけ。

とまあ、愚痴ばかり申し上げてもキリがありません。この夏に花咲く可能性もあったロマンスの機会を来年に延期された皆さんとご一緒に、パンダさんに癒やしていただきましょうか。

ということで、橙いろの麗しき金魚は娘さんのたなごころに。掬われて命めざましく奔放に身を躍らせる金魚より、わたしはあどけないご令嬢の掌に癒やされました。画材はアクリル。製作時間は40分、だそうです。ありがとうございました。

140920b1.jpg

cool | (6) comment  EDIT

2014.09.08 (Mon)

深圳興行平板撐大賽 (4p)

140908a0.jpg

網易

なんてことはないんです。うつぶせになって肘と爪先だけで体を支えればいいだけです。
で、何分持ちこたえられるかという競技が中国の深圳で行われました。最高齢の64歳を含め300名が参加しました。

結果、1位は画像の2番目と3番目の男性、職業はペット店のオーナーで、記録は64分20秒。賞金の1000元(約17,000円)を獲得しました。
そうそう、64歳の参加者の記録は34分だったといいます。あなたは何分持ちこたえられますか? まさか1分もたなかった、な~んて方はいらっしゃらないでしょうね ちなみに世界記録は4時間1分だそうです。

Pics | (15) comment  EDIT

2014.09.07 (Sun)

more and more (116p)

140907a0.jpg

Tags : Pics | more_and_more |

more and more | (26) comment  EDIT

2014.09.02 (Tue)

more and more (150p)

140902a0.jpg

more and more | (30) comment  EDIT

2014.08.24 (Sun)

Puffy nipples (47p)

140824b0.jpg

パフィー・ニップル(Puffy nipples):
膨らんだ、あるいは腫れた、突出した乳首の意。Atomic nipples とも呼ばれる。乳首が円錐状をしていることから乳房全体が尖って見え、乳房が上を向いて反ることも多いことから、Puffy nipples を含めた乳房の形状を Banana boobs と呼ぶこともある。
Puffy nipples のフェチは世界中でも多く、アメリカでは一般的に感度が高いと思われている。なお、日本では一部、業界などで「ロケットおっぱい」などと呼ばれている。

現在のように、巨乳のほかに Tiny tits(微乳)や Saggy tits(垂れ乳)、Suckable tits(吸い付きたくなるような乳房)と、あらゆるフェチの存在が認められるようになるまでは、プレイボーイやペントハウスなど、男性誌のセンターを飾る女性は Puffy nipples の持ち主の割合が多かったといわれている。

― 啓民書房刊『大いなるメタモルフォーゼを遂げた乳房 100選』より。

Tags : Pics |

Pics | (31) comment  EDIT

2014.08.24 (Sun)

more and more (132p)

140824a0.jpg

more and more | (11) comment  EDIT

2014.08.24 (Sun)

「第7回 初めてのボディペインティング」エントリー No.2

140824c1.jpg

さて今年2番目のエントリーは、怖いこと好きさん。初参加いただいた作品は「エーミールの蛾」。

130817b.gif

題材となった蛾は、ヘルマン=ヘッセの有名な短編『少年の日の思い出』から。ご存じない方は数分で読めますのでこちらをごらんになってくださいね。
ああ、なるほど。少年がエーミールの部屋から盗み出し、ポケットに入れて潰してしまった蛾はこんな紋様をしていたのだなとわかると、子供の頃には宝石にも思えたものたちの記憶が堰を切ってあふれ出しました。

わたしたちはかつて誰しも、それがとるにたらないものだったにせよ、価値を見いだす天才でした。でも大人になるにつれ、価値をお金という物差しで計ることに馴れてしまいました。
今となっては、エーミールの施した「赦し」に、ただひと言「すまん」と言って謝ればよかったのだと気づきます。
しかしそうした考えにも至らないほどの、あの日得た熱情をいま一度思い返すために薄墨で掌に刻んでみる。そっとそおーっと扱わないと、自分にとって都合のいい解釈がすぐに頭をもたげます。

140824c2.jpg

使用画材はリキッテクスと木炭、黒の油性ぺんで、制作時間は1時間と30分くらい、だということです。

140824c3.jpg

cool | (13) comment  EDIT


 | HOME |  NEXT